渤海国

(読書)
ぼっかいこく

年代:698年〜926年
領土:中国東北部、朝鮮半島北部、ロシア沿海州
民族:靺鞨族(ツングース系諸部族)、高句麗遺民
建国者:大祚栄

略史

668年の高句麗滅亡後、営州に囚われていた大祚栄が、唐の混乱に乗じて東方に脱出、現在の吉林省付近で勢力を拡大し、698年に建国した。建国当時の国号は震(震国)。
唐や日本などと国交を結び、713年には玄宗皇帝から冊封国として渤海郡王を認められて、国号も渤海としている。
以後、唐の諸制度に学んだ国家を建設、周辺諸国との交易によって栄えた*1。新唐書は「海東の盛国」と讃え、東西南上中の五つの京を持っていたとしている。
926年、契丹族国家の遼*2耶律阿保機の遠征によって滅ぼされた。

*1:日本にも渤海使を34回派遣し、一方日本からも遣渤海使を13回派遣している

*2:本当は遼じゃなくてまだ大契丹国ですが

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ