片倉重長

(一般)
かたくらしげなが

1584生〜1659没

伊達政宗の家臣。政宗の軍師・片倉景綱(初代・小十郎)の長男。二代目小十郎。
(4代将軍・家綱の諱に憚って改名するまでの名は片倉重綱)
大阪夏の陣では、政宗の配下として後藤又兵衛を討ち取る成果を見せる。
その勇猛ぶりから「鬼の小十郎」の異名を持つ。
一方で、真田幸村の子女を保護した。幸村の次男・大八を「片倉守信」と名乗らせ
自らの所領から1000石を給したという。
非常に美男子で、小早川秀秋に追い掛け回されていたらしい。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ