生態学会

(サイエンス)
せいたいがっかい

1953年設立。
生態学を扱う学会。

生態学とは、生物と環境の間の相互作用を扱う学問分野である。生物は環境に影響を与え、環境は生物に影響を与える。生態学研究の主要な関心は、生物個体の分布や数に、そしてこれらがいかに気候や地質など非生物的な環境と生物的環境に影響されるかにある。

学会誌は、Ecological Research、生態誌、保全誌。
Ecological Researchは1,3,5,7,9,11月の年6回発行。
生態誌は3,7,11月の年3回発行。
保全誌は7,11月の年2回発行。
大会は通常、毎年3月末におこなわれる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ