田中章

(スポーツ)
たなかあきら

70年代のプロ野球選手。通称「七色」。
右投右打、ポジションは投手。背番号は10→15→38番。

1944年7月20日生まれ。千葉県出身。
千葉経済大学付属高校から日本通運浦和に入社。
1967年、近鉄バファローズのドラフト4位指名を拒否。

1969年、ドラフト2位で読売ジャイアンツに入団。

1971年、広野功浜村孝との3対2の交換トレードで、高橋明梅田邦三と共に西鉄ライオンズに移籍。

リリーフ投手として一軍に定着し、活躍。


1973年、太平洋クラブライオンズにて先発として定着。

「七色の変化球」で投手陣を支えた。


1976年、無償トレード*1で大洋ホエールズに移籍。

1977年、現役引退。

*1:1975年に移籍入団した江藤慎一のトレード要員として、1年後に譲渡。

田中章

(一般)
たなかあきら

タレント。

1994年にうな加藤とコンビでプリンプリンを結成、その1年後にはNHK新人演芸コンクール大賞を獲得した若手実力派。
ボキャブラ天国シリーズで人気を呼び、テレビの“タモリ倶楽部”などでも活躍。
東京のお笑い第4世代では注目度No.1で志村けんや萩本欽一にも認められる実力派。
横山ノックの元相方、横山アウトの次男である。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ