Hatena Blog Tags

田村章

(読書)
たむらあきら

重松清のペンネームの一。*1フリーライター。雑誌記事のほか、ドラマや映画のノベライズ、芸能人本などの構成を多数手がける。重松清は田村章のことを「売れっ子」と評す。
田村章=重松清だと知れ渡った後も、長きにわたり女性自身の名物連載「シリーズ人間」を担当していた。その理由は、重松の学生時代の友人Sにある。
彼は当時ほとんど仕事がなかった重松に、女性自身での仕事を紹介した。だが、そのために、Sと重松の関係は、学生時代と変わってしまう。そんな関係にもどかしさを感じていた1989年、Sは自殺する。女性自身の仕事を失ったとしても、生活に困ることはない現在、書き続けるのは、「Sとの接点を、もはやそれは思い出としか呼べなくても、ずっと持っていたかった」からだと、エッセイで書いている。

主なノベライズ作品

主な構成担当作品

  • 1995/2『だからこそライターになって欲しい人のためのブックガイド』(中森明夫、山崎浩一と共著)ISBN:4872332024
  • 1998/4『アメイジング・グレース』(陣内孝則著)ISBN:487728222X
  • 1999/3『あした命はもっと輝く!』*2ISBN:4334972144

*1:名前は母方の祖父から取っている

*2:「シリーズ人間」の傑作選

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ