百味ビーンズ

()
ひゃくみびーんず

J・K・ローリングの小説「ハリー・ポッター」シリーズ、およびそれを原作とする同名の映画作品に登場する架空のお菓子。バーティー・ボッツの百味ビーンズ(Bertie Bott's Every Flavour Beans)。

概要

さまざまな風味が付いたゼリービーンズのような見た目のお菓子が箱に詰められて販売されており、魔法使いの子供の間では一般的なお菓子。チョコやフルーツ味から鼻くそや目くそ、ゲロ味などが含まれており、外見では判別しにくい。小説「ハリー・ポッターと賢者の石」の最後の場面でアルバス・ダンブルドアが鼻くそ味を食べているシーンがある。

現実世界での販売

2001年、映画「ハリー・ポッターと賢者の石」が映画化され、その後蛙チョコレートと共にマスターフーズ・リミテッド社により商品化。
2002年7月、ジェリー・ベリー社により、芝生味や石鹸味、ミミズ味、耳くそ味、ゲロ味を再現したものを商品化。
現在では2010年にアメリカのフロリダ州オーランドの「ユニバーサル・オーランド・リゾート」内に、2014年7月に大阪の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」内にオープンした「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」内で購入できる。

主な味

  • チョコ味
  • ペパーミント味
  • ハッカ味
  • マーマレード味
  • イチゴ味
  • ココナッツ味
  • コーヒー味
  • 煎り豆味
  • 胡椒味
  • ホウレンソウ味
  • 芽キャベツ味
  • トースト味
  • カレー味
  • イワシ味
  • 草味
  • レバー味
  • 臓物味
  • 鼻くそ味
  • 耳くそ味
  • ゲロ味
  • 犬のヨダレ味
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ