目代

(社会)
もくだい

日本の平安時代中期から鎌倉時代にあった遙任国司が現地に私的な代官派遣した家人などの代理人のこと。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ