秋田蘭画

(アート)
あきたらんが

江戸中期、秋田地方で興った洋風画派。秋田藩主佐竹曙山(しよざん)が鉱山改革のために招いた平賀源内の指導により興る。小田野直武・佐竹義躬(よしみ)らが知られる。司馬江漢よりも早く、日本の洋画としては先駆的であったが、江戸末期に滅びた。秋田派。

三省堂提供「大辞林 第二版」より

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ