空港急行

(地理)
くうこうきゅうこう

南海本線、空港線の難波〜関西空港間で運転している列車種別。
関空の開港に合わせて1994年に新設された。急行が停車しない春木に停車するが、これはもともと関空開港前に春木に停車していた急行を関空発着に変更したいきさつがあるため。
ほぼ終日運行され、30分間隔で運転している。6両か8両編成。日中は泉佐野で和歌山市方面の普通列車と、また岸和田で特急「サザン」と連絡している。

停車駅:難波、新今宮、天下茶屋、堺、羽衣、泉大津、春木、岸和田、貝塚、泉佐野、りんくうタウン、関西空港

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ