納采の儀

納采の儀

(一般)
のうさいのぎ

納采の儀とは、皇室の儀式のひとつ。
一般の結納にあたるものだが、実際には、納采の儀が一般に広まり「結納」となった。
仁徳天皇が皇后を迎える際に贈物をされたのが起源とされている。

ネットの話題: 納采の儀

人気

新着

新着ブログ: 納采の儀