花と蛇

(読書)
はなとへび

団鬼六による大河SM小説。
端整な面立ちに滴るばかりの艶めかしさ……。遠山財閥の令夫人・静子が誘拐された。彼女を待っていたのは、鬼畜による調教の数々だった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ