茶草場農法

茶草場農法

(動植物)
ちゃくさばのうほう

(Traditional tea-grass integrated system )
秋から冬にかけて茶園周辺の「茶草場」(採草地)で刈り取った草などを木の根元に敷く伝統農法のこと。2013年5月30日、国連食糧農業機関(FAO)は、世界的に重要な地域として「静岡の伝統的な茶草場農法」を世界重要農業遺産システム(世界農業遺産)に認定した。採草地では多様な動物・植物の持続的な生存が期待される。

新着ブログ: 茶草場農法