蘆刈

(読書)
あしかり

谷崎潤一郎の作。初出:昭和7年11月〜12月「改造」
「大和物語」、謡曲「蘆刈」などにとりあげられた悲恋の物語をモチーフとして、それを現代にうつしかえ、谷崎一流の美的世界を描き出した作品である。
幻想的、夢幻的な美しさという点では、谷崎の作品中でも随一で、読者をその美の世界に溶かしこんでいく手腕は驚異的である。(「読書への招待」旺文社)

春琴抄・蘆刈 (読んでおきたい日本の名作)

春琴抄・蘆刈 (読んでおきたい日本の名作)

蘆刈・卍 (中公文庫)

蘆刈・卍 (中公文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ