語族

(読書)
ごぞく

言語の、系統に基づく分類グループ。
共通の祖語から分岐した子孫である諸言語をまとめた呼び方。
これに対して、共通の祖語を持たない(持つと証明されていない)場合のグループは「諸語」と呼ばれる*1

語族はさらに語派、語群に細分化される場合もある。階層構造にして示せば以下の通り*2

  • 語族
    • 語派
      • 語群

主な語族(一部)

インド・ヨーロッパ語族
ウラル語族
アウストロアジア語族
アウストロネシア語族(旧マレー・ポリネシア語族)
シナ・チベット語族
アフロ・アジア語族(旧ハム・セム語族)
ナイル・サハラ語族
ニジェール・コンゴ語族
コイサン語族
ドラヴィダ語族
ケチュア語族
マヤ語族

*1:ただし、「○○諸語」は、「○○語族に含まれる諸言語」の省略形として使われている場合もある

*2:ただし、実際にはこの通りでないことも多い。さらに「語派」「語群」を「語」と表記しているケースも多い。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ