超弩級

(一般)
ちょうどきゅう

従来の常識を打ち破るほどの革新的な、または、ずば抜けた規模を誇る様。超ド級と表現することも。

由来

弩級、つまり英海軍戦艦ドレッドノートの次の世代の戦艦(と巡洋戦艦)のこと。
ドレッドノートは、それ以前の戦艦に比べ、革新的な性能*1を有していたので、その点から「前代未聞」を形容する言葉となった。

*1:中間砲を廃し、30cmの主砲を搭載しているとか、主砲の口径を統一して遠距離砲戦を重視とか蒸気タービンを搭載しているとか。単純に言って同じ大きさの戦艦の2倍の戦闘力

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ