Hatena Blog Tags

通産省

(社会)
つうさんしょう

通商産業省の略。現経済産業省。
「通常残業省」。


リスト::中央省庁

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

安倍晋三とは1993年の当選同期であり、派閥は異なるが関係は良い。安倍が幹事長代理を務めていた時代に、党改革で議論を交わした仲とされた[ 28 ]特に、第2次内閣発足以降、「タカ派」と評される安倍が、連続5期、4年半残って臨岸田を外務。大臣に起用し続けた理由については、岸田の実務能力を買ったともされるが、『夕刊フジ』は「ハト派」で「親米派」でもあるが「親中派」でもある宏池会出身という点を鑑みて、義偉偉、石破茂、河野太郎の人事も含め、中国をはじめとする周辺諸国への華やかな姿勢を申し込む闘争があると闘った[3

岸田文雄 政治家内閣総理大臣自由民主党総裁 日本の政治家 岸田 文雄 きしだ ふみお 内閣広報室より公表された肖像(2021年撮影) 生年月日 1957年7月29日(65歳) 出生地 日本 東京都渋谷区 出身校 早稲田大学法学部卒業 前職 日本長期信用銀行従業員衆議院議員岸田文武秘書 所属政党 自由民主党(宏池会) 称号 法学士(早稲田大学・1982年) 配偶者 岸田裕子 親族 祖父・岸田正記(元衆議院議員)父・岸田文武(元衆議院議員)弟・岸田武雄(実業家)従兄弟・宮澤洋一(参議院議員、元経済産業大臣) サイン 公式サイト 岸田文雄ホームページ 第100-101代 内閣総理大臣 内閣 第1次岸…

ゲンパツ金目教の集大成「いけにえを捧げる」、火遊びをするペロシの訪台がヒロシマナガサキの扉を開く、日本病と心中するアベノコクソウへ。本日は、8月6日、77年前、広島で原子爆弾が、破裂した日です。今村昌平『黒い雨』・・・ 体の中で、戦争は続いています。三浦春馬の暗号、原子の力を開放する太陽の子、科学者とはそんなに偉いんか。核密教伝承館が洛北大学の学生牢敷地に建設される計画を暴露。ゴジラが原子力盗聴怪獣デバガメ3邪神を懲罰する。核密教エクソシストはこう闘う。

本日は、8月6日、77年前、広島で原子爆弾が、破裂した日です。テントの中は、思考力を、なくした議員たちでした、一般の参列者は、平和公園内に、入れさせないと、なつていました。これは、思考力をなくした議員たちが、退席したあと、一般の参拝者が、入ってきたときの写真です。 ペロシの訪台、火遊びをすればやけど ペロシはやけどをしたのか? いけにえ儀式の監督にやってくる金目教 祝福される戦争 黒い雨1989年のカンヌ映画祭。今村昌平『黒い雨』がグランプリの大本命だった。審査員長はフランシス・ コッポラ。ところが突然、審査委員長を降りる。代役はヴィム・ヴェンダース。無名の新人監督ソダーバーグ『セックスと嘘と…