金沢貞顕

(一般)
かねざわさだあき

鎌倉幕府十五代執権。北条氏庶流金沢顕時の子。
六波羅探題・寄合衆・連署など重職を歴任し、執権北条高時の出家に伴ってその後任に選ばれたが、その選に漏れた高時の弟・北条泰家の圧力を受けて辞任・出家している。
幕府滅亡に際し、一族とともに自害を遂げた。


彼が金沢文庫に遺した膨大な書状は、鎌倉時代末期の貴重な史料となっている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ