六波羅探題

一般

六波羅探題

ろくはらたんだい

承久の乱後、従来の京都守護に替えて設置された鎌倉幕府の出先機関。朝廷監視と西国御家人の統括を任とした。

北方と南方の二人体制が基本で、南方が不在の場合もあった。初代は承久の乱の大将を務めた北条泰時北条時房がそのまま就任している。