スマートフォン用の表示で見る

北条泰時

社会

北条泰時

ほうじょうやすとき

鎌倉幕府三代執権北条義時の長男。幼名金剛。

源頼朝烏帽子親となり、はじめ「頼時」と名乗る。

当事、北条義時嫡子でなく江間小四郎義時と名乗り、さらに泰時自体長男とはいえ、妾の子であったため生まれた時点では北条家の中でも傍流中の傍流であったが、『牧の方事件』で父が北条家当主となり、また父・義時の前妻の子も、後妻の子も正妻の子にかかわらず、諸般の事情で跡継ぎとしては都合が悪くなり、最終的には父・義時の急死後(※急死ゆえ遺言がなかった)、叔母の北条政子の強い後援により、伊賀氏の乱を起こし、後妻の子の政村の外戚を葬り、独力で義時を継いで北条本家当主となる(※先妻の子は、比企の乱で滅んだ比企氏の娘でかつ、その長男・朝時は当時の将軍の源実朝の怒りをかい失脚中だった)。

御成敗式目』を制定したことで有名。