銀河戦

(ゲーム)
ぎんがせん

銀河戦とは、将棋のテレビ棋戦のひとつ。囲碁将棋チャンネル主催。
1991年度創設で、2000年から公式戦となる。
持ち時間がきわめて少ない早指し戦である。毎年8月から9月にかけて、決勝トーナメントが行われる。

概要

予選・ブロック戦・決勝トーナメントからなる。

予選

ブロック戦に出場する棋士を決定するもので、将棋会館で非公開で行われるが、タイトル保持者、前年度決勝トーナメント進出者、順位戦上位者は免除となる。持ち時間は各25分で、切れたら1手30秒。

ブロック戦

予選免除者と予選通過者と女流棋士2名、アマ(アマ王将、凖アマ王将、アマチュア銀河戦優勝者、同準優勝者)の合計96名を8つのブロックに分け、各ブロックでパラマス式トーナメントを行う。持ち時間は各15分で、切れたら1手30秒。その他に各10分の考慮時間あり。

決勝トーナメント

ブロックの最終勝ち残り者と最多勝ち抜き者各2名の計16名でトーナメントを行う。持ち時間は各15分で、切れたら1手30秒。その他に各10分の考慮時間あり。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ