鎮守府将軍

(社会)
ちんじゅふしょうぐん

主に日本の奈良時代から平安時代にかけてあった令外官の官職の将軍。北辺の防衛のために置かれた鎮守府の長である。源頼朝が征夷大将軍となって以降、事実上無名化したが、建武の新政下において鎮守府将軍の職が再び置かれることとなり、北畠顕家などが叙任された。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ