隠し念仏

隠し念仏

(一般)
かくしねんぶつ

鎌倉時代中期の浄土真宗の僧で親鸞の実子の善鸞がはじめたとされる秘密主義的な仏教信仰のこと。しかし、一部では真言密教系の念仏に真宗系の念仏が習合したものとも言われている。本願寺などからは異端視されている。東北地方を中心に広まっていた。