青騎士

(読書)
あおきし

1911年にロシア人の芸術家ヴァシリー・カンディンスキーによって作られた新芸術の組織。名前は当時彼らが好んだ「青」「馬」「騎士」から由来する。
活動としては短命であったが、大きな特徴として、「青騎士」展に参加する作家たちに特別な芸術傾向や同一行動を課すことがなく、芸術家も20世紀の美術の発展に重要な役割を果たす人物が非常に多いため現代美術を語る上で外すことの出来ない活動の一つである。

主な参加芸術家

  • ヴァシリー・カンディンスキー
  • ブルリューク兄弟
  • フランツ・マルク
  • アウグスト・マッケ
  • ガブリエーレ・ミュンター
  • ハインリヒ・カンペンドンク
  • アルノルト・シェーンベルク
  • アンリ・ルソー
  • ロベール・ドローネー
  • パウル・クレー
  • アルフレート・クビーン
  • パブロ・ピカソ
  • ジョルジュ・ブラック
  • アンドレ・ドラン
  • モーリス・ド・ヴラマンク
  • ミハイル・ラリオーノフ
  • ゴンチャローヴァ夫妻
  • カジミール・マレーヴェチ
  • 『鉄腕アトム』青騎士の巻

原作:手塚治虫
「あおきし」と読む

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ