香川伸行

香川伸行

(スポーツ)
かがわのぶゆき

元プロ野球選手。アマチュア野球指導者。通称「ドカベン」。
右投右打、ポジションは捕手。背番号は2番。


1961年12月19日生まれ。徳島県阿波町生まれ。大阪府大阪市出身。
浪商高校で牛島和彦とバッテリーを組み、1979年、春夏連続で甲子園に出場。
スラッガーとして甲子園を沸かせた。


1980年、ドラフト2位で南海ホークスに入団。1年目より一軍定着、同年7月8日には初打席本塁打。50試合に出場した。
1983年、規定打席不足も打率.313を記録、ベストナインに輝く。
1980年代のホークス正捕手として、チームを支えた。


1989年、現役引退。
1990年、RKB毎日放送の野球解説者となる一方で、讃岐うどんの通信販売を手がけた。
マスターズリーグ・福岡ドンタクズの選手としても活躍。


2005年、福岡県粕屋郡に野球専門学校プロフェッショナル・ベースボール・スクールを開講。
2006年、福岡県の硬式野球クラブチーム「福岡ミサキブラッサムズ」の監督に就任。
2014年9月26日、心筋梗塞で死去。享年52。

関連キーワード

ネットの話題: 香川伸行

人気

新着