馬込文士村

(読書)
まごめぶんしむら

大正末期から昭和初期、東京の馬込から山王にかけての一帯(現在:大田区南馬込、中央、山王)に多くの文士、芸術家が住んでいて、互いの家を行き来し交流を深めていた。当時の馬込は武蔵野の面影を色濃く残し、静かな田園風景が広がっていた。
そのため、いつしかこの辺りを「馬込文士村」と呼ぶようになった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ