高木仁三郎

(読書)
たかぎじんざぶろう

高木仁三郎(たかぎじんざぶろう 1938.7.18-2000.10.8)

日本の科学者。
群馬県前橋市出身。東京大学理学部化学科卒業。理学博士(東京大学)。
専門は核化学。

日本原子力事業(日本原子力事業総合研究所核化学研究室)、東京大学原子核研究所助手、東京都立大学助教授を経て、1973年に同大学を退職。
以降は、1975年に原子力資料情報室を設立するなど、反核・脱原発の理論家、市民科学者として活動した。論文、著書多数。

amazon:高木仁三郎
『高木仁三郎著作集』全12巻(七つ森書館)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ