Double Famous

(音楽)
だぶるふぇいます

ダブルフェイマス

Member

青柳拓次、栗原務、栗林慧、高木二郎、細窪洋介、藤田文吾、坂口修一郎、岡田真由美、広河 J 民、畠山美由紀


1993年結成。
友人たちと主宰したイベント "Brilliant Colors"(下北沢Zoo/Slitz)での月1のライブをベースとして、ゆるやかに活動を開始。遠く離れた島や大陸、山峡や街角の音楽を自分たちの暮らす土地へと引き寄せ、その時々にメンバーたちがむさぼり食べていた諸々雑多な音楽とともに消化させ紡ぎ出された音楽は、東京発のエキゾチックミュージックと呼ばれるようになり、ダンスホール楽団として日本各地を気の向くままに訪れる。

結成から5年を経た1998年、オリジナル、カバー、ヴォーカル、インストゥルメンタル、そして遊びながら作ったインタールードから織りなされた 1stアルバム『ESPERANTO』を発表。2001年には初の日本語曲「夜来香」のカバーを含む2ndアルバム『SOUVENIR』を、2003年には Double Famousの正ヴォーカリストである畠山美由紀ほか、EGO-WRAPPIN'の中納良恵、Leyonaと3人の女性ヴォーカルを迎えたライブアルバム『Livein Japan』をリリース。2005年の4thアルバム『Brilliant Colors』では、メンバー9人が自作の楽曲を持ち寄り、それぞれが自分の楽曲をプロデュースした。

FUJI ROCK FESTIVALや朝霧JAMなどの野外フェスに出演するほか、土地土地の美味や美酒を味わいながら、日本各地の演奏旅行をマイペースに行っている。

そして、2008年はバンド結成15周年のアニバーサリーイヤー。2002年よりソロ活動専念のため休止していた畠山美由紀も改めて合流。3年ぶりとなるニューアルバムに、全国各地へのライブツアーへと鋭意準備中。


現在は
坂口 修一郎 (trumpet)
藤田 文吾 (tenor sax)
岡田 "KAYA" 真由美 (alto sax, flute)
高木 二郎 (bass)
細窪 洋介 (percussion)
栗原 務 (drums)
の6人を中心に活動。

Album

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ