FC3S

FC3S

(一般)
えふしーさんえす

マツダのスポーツカー、二代目サバンナRX-7の車両型式。通称FC。
昭和60年から平成3年まで生産された。
先代SAより大幅な高性能化を計り、その結果重くなり、ミドルクラスのスポーツカーとなる。
(この代より、メーカー自身でスポーツカーと呼ぶようになる。)
平成元年を境に前期型後期型とに分けられ、馬力やテールランプの意匠などが異なる。
ボディバリエーションに、カブリオレも。(カブリオレの型番は"FC3C")
→RX-7

  • 特別仕様車としてアンフィニ I〜IVという限定生産モデルがあった。2シーター化、アルミボンネット、BBSアルミホイール、アルミホイールテンパータイヤ等を装備。III・IVは量産型より10馬力プラスの215馬力を発生した。
  • ポルシェ944に似ていると揶揄されたが、当時そのポルシェとイーブンに比較されることは、日本車としては凄いことだった。
  • 実際にはそれほど似ていないとも言われるが、似ていると言う声が強い。
  • 「頭文字D」の高橋涼介は白のFCに乗っていたため、「赤城の白い彗星」と呼ばれていた。ゲーム版ではアンフィニIIIとされている。
  • 日本仕様はターボモデルのみ。米国仕様はNAモデルがメイン、後にターボモデルを追加。

新着ブログ: FC3S