Laurent Garnier

(音楽)
ろーらんがるにえ

フランスにテクノ・シーンを築いた男。
Laurent Garnierは、87年当時にシカゴから大量輸入されてきたアシッド・ハウスの
洗礼を受け、イギリスはマンチェスターのパーティ「Hasienda」でDJ活動を開始。
フランスに帰国した91年に、自身のレーベル「Fnac」を設立する。
後にDerrick Mayの「Fragile」レーベルにもライセンスされた、
フレンチ・テクノ史上に燦然と輝く大傑作「Acid Eiffel」はここで生み出された。
94年にはレーベル名を「F Communications」に変え、Frederic Galliano
St. GermainMr. Oizoといったフランスの優秀なアーティスト達を世に送り出し、レーベルオーナーとしての才能も発揮。
デトロイト・テクノの“希望”とシカゴ・ハウスの“快楽”が同居した、
シンプルでメロディアスなサウンドには、彼の長年に渡るDJプレイの技と経験が活きている。
そして、その卓越したミックス・テクニックは「世界一のテクノDJ」として賞賛を浴び続けている。


(参考:Listen Japan)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ