MTSAT

(サイエンス)
えむてぃーさっと

運輸多目的衛星(Multi-functional Tranport SATellite)。関係者の間では「ウンタモ」と呼ばれている。
次世代の航空保安システム用人工衛星、兼、気象衛星。日米間北太平洋ルート、アジア太平洋地域の航空交通に貢献する予定。
1号機は打ち上げに失敗したが、新1号機 (MTSAT-1R、愛称「ひまわり6号」)は2005年2月26日に、新2号機(MTSAT-2R、愛称「ひまわり7号」)は2006年2月18日に、ともに打上げ成功。
まずはひまわり6号が単独で気象衛星として運用を開始した(2005年6月29日)。同2号機 (MTSAT-2) を静止軌道に投入して2機揃った段階で、航空関係の運用を開始する予定。

打上げ年 和名 英名 愛称
1999年 運輸多目的衛星1号 MTSAT-1 なし(打上げ失敗)
2005年 運輸多目的衛星新1号 MTSAT-1R ひまわり6号
2006年 運輸多目的衛星新2号 MTSAT-2 ひまわり7号
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ