NARASAKI

(音楽)
ならさき

ミュージシャン。ギタリスト、音楽プロデューサー。
本名は奈良崎伸毅。別名義に渡五郎やqwertyなど。愛称はナッキー(nackie)。


COALTAR OF THE DEEPERSのヴォーカル兼ギタリスト、リーダー。レコーディングではヴォーカルとギターの他にも、プログラミングやベースなどのメイン作業を手掛けている。オルタナ系と呼ばれるタイプの音楽を得意とし、ジャンルとしては、デスメタルやシューゲイザー、中でもDinosaur Jrの音楽から強い影響を受けたという。
大槻ケンヂ率いるロックバンド・特撮では、ギターとサウンド・プロデュースを担当。他に、Sadesper Record*1やRUNAWAY BOYS(kyo and nackie)*2といったユニットでも中心的なメンバーとして活動している。
近年では、CM音楽や「アクエリアンエイジ」「デッドマン・ワンダーランド」などアニメのサントラ、「Paradise Kiss」「俺こそ正義だ!クラッシャーカズヨシ!」といった映画のサントラ制作の他、上杉昇、Astrobrite、Plastic Tree、メトロノーム、ロマンポルシェ。といった他ミュージシャンの音源にもギターやプロデュースなどで参加。特に、アニメ「さよなら絶望先生」「俗・さよなら絶望先生」のOPテーマである、大槻ケンヂと絶望少女達の「人として軸がぶれている」「空想ルンバ」では、演奏陣が同一である特撮と同じように、ギターとプロデュースを担当し、作曲・編曲も手掛けている。

*1:Melt-Bananaの元ドラマーでCOALTAR OF THE DEEPERSにもサポートとして参加している大島昌樹(WATCHMAN)とのテクノ・ユニット。NARASAKIの名義は渡五郎

*2:D’ERLANGER、DIE IN CRIES、BUGでヴォーカルを務めるKYO(磯野宏)とのユニットで、NARASAKIはnackie名義。BUCK-TICKのトリビュートアルバム「PARADE〜RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK〜」に一曲参加。ライヴ「BUCK-TICK FEST 2007〜ON PARADE」にはCOALTAR OF THE DEEPERSのメンバーにKYOを加えた形で行われた

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ