NewFM2

NewFM2

(一般)
にゅーえふえむつー

ニコンのマニュアル式一眼レフ銀塩カメラ。1984年発売。2001年販売終了。
先代モデル「マニュアルニコン」FMの後継機、FM2をマイナーチェンジしたモデル。
最大の特徴は機械制御式マニュアル機であることと、最高速4000分の1秒・シンクロ速度250分の1秒(無印FM2では最高200分の1秒)という高速シャッターが使えること。
電池不要のマニュアル機として、写真の基礎を学ぼうという写真学生や、長時間露光を多用する天体写真愛好家の他、当時のフラグシップ機を凌ぐ高速シャッター速度・シンクロ速度ゆえ、日昼でもフラッシュ撮影が必要なスポーツカメラマンや報道カメラマンにも愛用者が多かった。

基本に忠実な機械式フルマニュアル機として多くのユーザーに愛され、17年にわたるロングセラー機となった。FM3Aはこの後継機。

LEDによる三点式露出計は「暗いところでも露出計が読める」「適正露出が一目で分からない」など、使用者によって好みが大いに分かれるところ。
姉妹機として絞り優先AEを搭載したFE2がある。

主な仕様

  • 型式:機械制御式35mm一眼レフレックスフォーカルプレーンシャッターカメラ
  • マウント:ニコンFマウント(フランジバック46.5mm)
  • 測光方式:TTL開放測光方式中央部重点測光
  • シャッタースピード
    • マニュアル:Bulb,1〜1/4000秒機械制御式
  • シンクロ速度:1/250秒

リスト::ニコンの一眼レフカメラ

新着ブログ: NewFM2