copyleft

(一般)
こぴーれふと

コピーライトの対立概念ではない。コピーライトをどう取り扱うかという態度、手法、考え方。

フリーソフトウェア財団の創始者であるリチャード・ストールマンにより提唱された概念。コピーレフトでは、そのソフトウェアを再配布する人は変更の有無を問わず、配布される人にもそれをコピーし変更を加える自由を与えなければならないということを主張する。

コピーレフトという概念をライセンスとして実装した例としては、GNUプロジェクトで使われているGNU GPL(一般公衆利用許諾契約書) およびGNU LGPL(劣等一般公衆利用許諾契約書) などが挙げられる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ