Hatena::ブログ(Diary)

田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

2018-11-17

On my way to Kyoto

On my way to Kyoto (with Morihiro--what's in it for me??).

See the pics of Mt Fuji! Just gorgeous! I bet the weather in Kyoto is gorgeous too.

f:id:A30:20181117104541p:image

f:id:A30:20181117104640p:image

sobriety 復習

 JALANAは飲酒をめぐる相次ぐ不祥事を受け、アルコール摂取に関する規制を厳格にすることを発表しました。

JAL, ANA to tighten alcohol rules after pilot drinking scandals

Japan Airlines Co. and All Nippon Airways Co. pledged Friday to administer more stringent alcohol tests for pilots and use new testing equipment in response to recent drinking incidents involving flight crew.

中略

In a report submitted to the government, JAL said it will introduce new breathalyzers at overseas airports this month and penalize pilots who fail sobriety tests.

以下省略

https://www.japantimes.co.jp/news/2018/11/16/national/jal-ana-pledge-new-measures-pilot-drinking-scandals/#.W-9WkoFcWaM

 sobriety /səbrάɪəṭi/ を取り上げます。この単語の後ろにtestsが続いていることから、同じ文の中で使われているbreathalyzersを使った「酒気検査」を意味するのではないかと考えました。

 まず『ウィズダム英和辞典』を引いたところ、「酒によっていないこと、しらふ;禁酒」とありました。また、LDOCEでは“when someone is not drunk”と定義されています。sobriety testsは「酒気検査」を表していると考えて良さそうです。

 ちなみに、sobrietyの第2義には「真剣さ、まじめ」という意味がありました(『ウィズダム英和辞典』)。形容詞、そして動詞の意味を持つsoberの語源は「飲食に節度のある」だとありました。sobrietyの第2義はここからきているのだと思います。(Blue Sky)

Still waters run deep 復習

Spider Eatersより気になる表現を見つけました。本日は”Still waters run deep”を取り上げます。ちなみに、同じ文脈に”Great wisdom appears dull-witted”という表現もありました。

まず、New Oxford American Dictionaryで”Still waters run deep”を調べてみると、”a quiet or placid manner may conceal a more passionate nature.” とありました。このことから「能ある鷹は爪を隠す」を訳語として当てるのも適切ではないかと思われます。(WREN@Nebraska)

scratch one’s back 復習

今回紹介するのは scratch one’s back です。これは、RiverdaleというAmerican teen drama television seriesを視聴していた際にメモに書き記した表現で、直訳すれば「背中をかく」となりますが、当然ながら別の答えがあります。以下で確認していきます。

初めにThe Free Dictionaryを参考にすると、“To provide one with a favor; to do something generous, helpful, or beneficial for someone. Usually implies that the favor is expected or hoped to be returned in the future.” と定義されています。

続いてThe Cambridge Dictionariesを引いたところ、‘you scratch my back and I’ll scratch yours’で “used to tell someone that if they help you, you will help them.” と載っていました。

まとめると、「相手が背中(自分の)を掻いてくれるなら、自分も背中(相手の)背中を掻いてあげる」となり、相手の行動に相応して自分の行動を決定することを指しています。つまりは日本語の諺でいうところの「魚心あれば水心」であるかと思われます。

P.S: Synonymとして挙げられるのは “retaliate” “recompense” などで、これらの単語は正規授業が始まってから頻繁に目にしてきたものの、“You scratch my back and I’ll scratch yours.” が正式な英語の諺だと知らなかったので非常に印象に残りました。cf. feel in return, pay one’s dues (bro-taro-world @ Calgary)


retaliate 復習 - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

make up for - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

retaliate - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

lesion 復習

医師免許を持たず、客にタトゥーを入れたとして罪に問われた男性が無罪判決を勝ち取りました。

The district court reasoned "the treatment could possibly cause a skin lesion or allergy," and tattooists need medical knowledge and expertise to understand the risks and properly judge and deal with situations.

以下省略

https://japantoday.com/category/crime/court-acquits-tattooist-for-operating-without-medical-license

取り上げるのはlesion /ˈliːʒən/ です。文脈から「怪我」であると推測しました。

ジーニアス英和辞典』(第五版、大修館書店)には「傷、損傷、(危険な)病変、組織障害、機能障害、外傷、脳損傷」とあります。また、LDOCEでは “damage to someone’s skin or part of their body such as their stomach or brain, caused by injury or illness” と定義されています。「英・語・源」をみると語源はラテン語のlaedere(=to strike, knock)であることが分かりました。

タトゥーは美術的、装飾的な意味を持つとされ、医療行為には当たらないというのが今回の重要な点でした。今後、彫り師という仕事に対する見方が変わるような裁判であったように感じます。(seventh-dan)

lesion - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

knife-wielding 復習

Female supermarket employee stabbed in Kyoto, man apprehended

KYOTO -- A man suspected of stabbing a supermarket employee in this western Japan city on Nov. 16 and then fleeing from the scene has been taken into custody, police said.

中略

The knife-wielding assailant fled after the attack. Police launched a search and later took the man into custody in the same ward.

https://mainichi.jp/english/articles/20181116/p2a/00m/0na/027000c



今回気になったのは、knife-wielding です。文脈から、「ナイフを所持した」と予測しました。以下で確認していきます。

まず、wielding をLDOCEで引いてみると、wield で “to have a lot of power or influence, and to use it” や、“to hold a weapon or tool that you are going to use” と載っていました。単に道具を使うのではなく、武器として使うことが伺えます。

また『ウィズダム英和辞典』には、「〈人が〉(権力・影響力など)を握る、振るう、〈武器・道具など〉を使う、持つ」とありました。

よって、knife-wieldingは、「ナイフを振り回す」と解釈できそうです。過去のブログにも取り上げられていました。(Otoyo)

brandish - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

knife-wielding manとknifeman - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から

palatable 復習

 The tech giant claimed to be bringing the world together for the benefit of humanity. The truth is far less palatable (Skip the rest)

https://www.google.co.jp/amp/s/amp.theguardian.com/commentisfree/2018/nov/16/facebook-big-company-tech-world-truth

 今回取り上げる語は、palatable /ˈpalətəb(ə)l/ です。文脈から「信頼がある」と推測しました。以下で意味等を確認していきます。

 まず意味を Cambridge Dictionary でみると、“Palatable food or drink has a pleasant taste” とあり、LDOCE には “an idea, suggestion etc that is palatable is acceptable” と定義されていました。

 次に語源を ONLINE ETYMOLOGY DICTIONARY でみると、“1660s, "good-tasting," from palate + -able.” とあり、palate を調べると “late 14c., "roof of the mouth," from Old French palat and directly from Latin palatum "roof of the mouth," perhaps of Etruscan origin [Klein].” と記載がありました。

 以上のことから、palatable は「好ましい」という意味を持つことがわかりました。(OkaUchi)

palatable 復習 - 田邉祐司ゼミ 常時英心:言葉の森から