静寂(しじま)を待ちながら RSSフィード

2017-12-31

2017年のご挨拶

今年も暮れる。

ドラマ(大河と「ひよっこ」、「カルテット」「居酒屋ふじ」「監獄のお姫さま」その他)とか、本とかラジオ、後「新しい地図」始動、など、色々楽しい出来事があった。メガネびいきの、升田アナ卒業が寂しかったなー。
が、なんせ自分が翻弄された一年だったため、やっとまともに休めた今、筆をとる元気がない。
少し休んで、年明けにつらつら書きます。

今、別なプラットフォームに移行してる最中です。過去記事で残して起きたいのは向こうに上げこっちを消すか、ここはこのままで置いておくか、迷っております。

今年も、お世話になりました。ご迷惑や不義理をお詫びします。来年もよろしくお願いいたします。

2017-08-04

高橋一生の本棚

2017年8月4日、NHKにて放送の「あさイチプレミアムトーク」、ゲストの高橋一生さんが、自宅の本棚を紹介。
f:id:CultureNight:20170804134403p:image
あまりに魅力的かつ強烈だったので、一冊ずつ確認してみました。

以下、30冊以上あります。
分かったものだけで恐縮ですが、どうぞお納めくださいませ。

宇宙の地図

宇宙の地図

続きを読む

2017-01-12

いろんな性癖(「ご本、出しときますね?」新春SP)


こんにちは。年が明けましたね。
昨年は色んな世界が激動でしたが、今年はどうなるんでしょう。多くの人が笑顔で、たとえ思う通りにいかなくても、何となーく笑って生きていけるような世の中になってほしい。
個人的には「健康」「地道」「努力」「(多大なる)睡眠」を目標にする所存です。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

………
年末年始のTVでは、2017年1月2日22:00〜、BS JAPANにて放送された、文筆系トークバラエティ「ご本、出しときますね?」SP、とっても良かったですね。

f:id:CultureNight:20170112195607p:image:w360
MCはオードリー若林さん。
ゲストは朝井リョウ直木賞作家)、西加奈子直木賞作家)、村田沙耶香芥川賞作家)、綿矢りさ芥川賞作家)。
作家ならではの視点で語られる世相の話、本の話。全てが面白かった。
朝井さんの「2年後に出ててくるであろう、社会学として読まれる青春小説作家との対談に今から備えている」話に爆笑し、綿谷さんが岩波の「育児百科」を紹介しているのを見て、時の流れを感じた。西さんの「今、世間で自分に無関係でいられる出来事なんて何ひとつない」という見解に心の豊かさを感じ、村田さんが「ワイドショー(のどぎついニュースを)見ると吐いてしまう」に、妙に納得させられた。

中でも、自分がハッとしたのは性癖、性犯罪関連のお話。
皆さんの意見をざっくり。
「たまたま自分が世間から咎められる性癖を持っていないだけ。もし矯正させられたらむっちゃ辛いと思う(西)」「性犯罪者の更生プログラムが知りたい(朝井)」。「そういう人を、小説で救えると思う(村田)」「漫画などで、そういう表現を規制し過ぎてはいけない、抑止力になっているはず(朝井)」。
皆、安直に非難をしなかった。もし自分がそうだったなら、という視点。他人事ではなく「自分事」として捉えていた。作家とはこういう生き方をいうんだな。すごく感銘を受けた。

で、考えました。

続きを読む

2016-12-31

2016年のご挨拶

今年ももう終わりですね。毎年思うが、あっという間だ。という事は、「もう年末か」「早い」「やばい」とか言ってるうちに、人生も終焉を迎えるのであろうか。諸行無常ですね。


………
2016年エンタメは、「揚!」って感じでしたね。特にドラマがすごかった。
自分にとっては、「真田丸」と野木亜紀子さん(「重版出来!」「逃げるは恥だが役に立つ」脚本)の年でした。
真田丸、本当に面白かった。三谷さんの脚本、細やかな演出、堺さんを始めとする素晴らしい役者陣、全てがかみ合っていた。毎週こんなに楽しい作品が、家に居ながらにして観られて良いのかと。ツイッターの皆さまの知識や「丸絵」なんかも、視聴の楽しみを増してくれました。
あと、野木亜紀子作品が爆発してましたね。どちらも、社会に翻弄され、漫然と生きる人々をグサリと刺す良作。でも読後感は爽やかで、多幸感に溢れていて。才能ある作家なのだなー。すっかり彼女のファンになりました。

他にも良い作品は沢山。

続きを読む

2016-08-20

虚構とは(SMAPのこと)

信じられないほど、ご無沙汰しております。今年初の更新が、お盆明けになろうとは。無精を恥じます。
頻度は落ちても時々書かなきゃと、思ってはいるものの…、な現状です。まあ、細々のんびり、気長に続けていきます。

…………
さて、先週末(2016年8月14日)、信じられないニュースが飛び込んできました。

SMAP応援してくださる皆様へ

http://www.johnnys-net.jp/page?id=text&dataId=1110


結成28年、デビュー25周年の記念イヤー初頭からゴタゴタがあり、結局今年で解散という形に。オリンピック甲子園で湧く列島に大きなショックを与えました。
作家の朝井リョウさん曰く「SMAPインフラ」。電気ガス水道スマップ、でしたっけ(あやふや)。それくらい国民に浸透し、なくてはならない存在であると。さすが戦後最年少直木賞作家、上手いこと言います。佐藤健に髪型を真似されただけのことはある。*1
趣味嗜好が多様化し、ジェネレーションギャップありまくりのこのご時世に、誰もが知る、ということの凄みたるや。こんなスター、もう二度と出ないのではないでしょうか。
すでに憶測やリークでさまざまな報道がされていますよね。戦犯探しというか。正直、本当のことは私には分かんないです。
ただ思うのが、「フィクションのあり方」*2について。
秀逸なコラムを拝見しました。以下、引用します。

続きを読む

*1:映画「何者」の主役として役作りする際、原作者である朝井リョウ氏をモデルにしたのだそうです。

*2:by cero

Connection: close