スマートフォン用の表示で見る

文學界

キーワードの候補

3件

読書

文學界

ぶんがくかい

第二次。

昭和期の文芸雑誌。 1933 年 10 月,林房雄武田麟太郎小林秀雄川端康成らを編集同人として文化公論社から創刊。この年には《行動》《文芸》も発刊され,文壇で〈文芸復興〉が言われた時期にあたる。初期の《文学界》はプロレタリア文学側から〈転向〉した林らと芸術派の小林らが共同編集したので, 〈呉越同舟〉と評されたりもした。 36 年から文芸春秋社の発行となる。当時の代表的な掲載作には小林秀雄ドストエフスキイの生活》,北条民雄《いのちの初夜》,岡本かの子《鶴は病みき》等があった。同人にはさらに横光利一島木健作河上徹太郎中村光夫,井伏箆二,三好達治亀井勝一郎らが加わったことから,〈文壇強者連盟〉とみられ,昭和 10 年代の文芸誌としては文壇有力者の活動の拠点であった。 44 年,休刊。第 2 次大戦後は旧同人丹羽文雄石川達三らが加わって文学界社から再刊 (1947‐48)。なお 49 年,文芸春秋新社 (現,文芸春秋) から発行されて今日にいたる《文学界》も,その後継誌とみられている。

「ネットで百科」より

読書

文學界

ぶんがくかい

第一次。

明治期の文芸雑誌。 1893 年 (明治 26) 1 月創刊,98 年 1 月終刊。全 58 冊。他に《うらわか草》1 巻を臨時に発行した (1896 年 5 月)。主宰者は星野天知。 4 号まで発行所を女学雑誌社としたのは, 《赤表 女学雑誌》と交互に刊行された《白表 女学雑誌》 (《女学雑誌》の文学芸術部門) から,この雑誌が独立したことによる。 5 号以降は文学界雑誌社と改称し,名実ともに文学の自立を指導理念とした。最初の同人は,理論的中核となった北村透谷島崎藤村平田禿木 (とくぼく),戸川秋骨,天知とその弟星野夕影 (せきえい)。のちに戸川残花,馬場孤蝶が加わった。ロマン主義的な個性の重視と社会的関心の持続とによって,同人それぞれの才能を開花させた注目すべき雑誌であったが,透谷の死後,上田敏 (柳村) が同人となり,芸術至上主義的傾向を強めたとされている。 樋口一葉の《たけくらべ》を連載し,田岡嶺雲大西祝 (はじめ) の寄稿を仰ぐなど豊かな展開を示した。

「ネットで百科」より

読書

文學界

ぶんがくかい