企業法務戦士の雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2016-07-23

[][]悲しい引き立て役

地元マツダスタジアムで「日米通算200勝」を達成した、ということで、夜のスポーツニュースは広島の黒田博樹投手を称えるムード一色だった。

イチロー選手のシュールなコメントもあったものの、メジャーリーグで先発ローテーションを張れる地位をなげうってカープに戻ってきたこの選手の心意気にケチを付ける余地は皆無だし、そんな男気がまさに実ろうとしているシーズンにこういう記録が達成される、というのもめぐり合わせとしては素晴らしいことだと思う。

で、そこまでは良かったのだが、残念だったのはこの試合で黒田投手の引き立て役になってしまったのがタイガースだった、ということ。

もう長らく湿っている打線はこの日も変わらない“持ち味”を発揮し、ここ数試合、決して調子が良くなかった黒田投手相手に7回で9三振。

そんな貧打線を抱えるチームで、先発投手が3回途中7失点でノックアウトされるような展開になってしまうともはやどうしようもないわけで、全く抵抗できないまま0‐7、という惨敗を喫するに至った。

これで今シーズンのカープ戦は、4勝13敗。

自らが最下位に低迷する要因になっているのみならず、カープに11ゲーム差の大独走を許す原因にもなってしまっているこの星勘定のひどさを一体どう理解すればよいのだろうか*1

今季の監督が、選手としての最充実期にFAで移籍してカープを優勝から長らく遠ざける原因を作ったあの金本知憲氏だけに、長年縦縞一筋のファンとしては「今さら古巣に罪滅ぼしかよ・・・」と悪態の一つも付きたくなる。

ちょっとでも結果が悪いと、すぐに選手を入れ替えて毎日猫の目のようにラインナップを変え*2、不甲斐ないピッチングをしたエースに喝を入れるだけならまだしも時代錯誤の“罰投”で160球以上も投げさせて晒し者にしてしまい、ブルペンに至ってはマテオ投手、藤川投手等々、起用法が全く安定しない。

完全に同世代で、カープ時代には俊足強打でチームの看板として並び立っていた元同僚がリーグ優勝監督に向けて大きく足を踏み出している中、名門チームの将として焦る気持ちは分からないでもないが、“我慢することを学ぶ”ことも名将になるための大切な要素のはずで、一足先に引退してコーチとしての経験をみっちり積んだ敵方の緒方孝市監督に比べると采配の未熟さが際立ってしまっているのはどうしたものか・・・。

ヘタに読売に逆転優勝されるくらいなら、このままカープに独走してもらった方が自分の精神衛生上はベターだし、人間は急には変われない以上、今季に関しては望むかどうかにかかわらず、金本監督率いるタイガースが、カープ相手に“引き立て役”の役回りを脱することはほぼ不可能だろう。

そして、こんなひどいシーズンだからこそ、選手たちには“我慢”する苦しさを来季の糧にしてほしいし、(もしチャンスがあるならば)*3金本監督にも・・・と思わずにはいられないのである。

*1:タイガースの場合、巨人相手にも5勝10敗、と大きく負け越しているので、ここは“平等”に負けている、ということなのかもしれないが・・・。

*2:今季ようやくブレイクしたにもかかわらず、“猫の目”に翻弄されてしまっている原口捕手の起用法などを見ていると、心の底から気の毒に思えてならない。

*3:個人的には今シーズン終了を待たずに休養→退団の可能性もあると思っているが。

2016-07-15

[]6年余の歳月を経て示された答えと制度の意義と。

平成22年4月、改正検察審査会法施行後初の強制起訴がなされてから6年3カ月。

事故発生の時から数えると、実に丸15年近い歳月が流れたこのタイミングで、遂に最高裁が「明石市朝霧歩道橋雑踏事故」をめぐる元明石警察署副署長の業務上過失致死傷被告事件に対して、最終的な結論を示した。

「2001年に兵庫県明石市花火大会で11人が死亡した歩道橋事故で、業務上過失致死傷罪に問われた県警明石署の元副署長、榊和晄被告(69)について、公訴時効を認めて有罪か無罪を判断しない「免訴」の一、二審判決が確定する。最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)が12日付で、検察官役の指定弁護士の上告を棄却する決定をした。」(日本経済新聞2016年7月15日付朝刊・第43面)

第一審(神戸地判平成25年2月20日)が示し、控訴審大阪高判平成26年4月23日)も結論において是認した「(公訴時効の完成により)被告人を免訴する」、という判断は最高裁においても覆ることはなかったのだが、本件には「業務上過失致死傷罪の共同正犯の成否」という結論を左右する重要な法的論点が存在していたこともあり*1最高裁HPにアップされた決定文(最三小決平成28年7月12日(平成26年(あ)第747号))*2には、相当なボリュームで決定理由が記されている。

その意味では、一審判決の時点で指定弁護士側にとっては相当苦しい状況だったにもかかわらず*3、あえて上告審まで争った意義はあった、ということなのかもしれない*4

だが、最高裁決定が示した以下の結論は、職業検察官の判断を乗り越えて6年余も訴訟を維持し続けた訴追側にとっても、それに応じざるを得なかった被告人・弁護人側にとっても、少々酷に過ぎるように思えてならない。

「被告人とB地域官が刑訴法254条2項にいう「共犯」に該当するというためには,被告人とB地域官に業務上過失致死傷罪の共同正犯が成立する必要がある。そして,業務上過失致死傷罪の共同正犯が成立するためには,共同の業務上の注意義務に共同して違反したことが必要であると解されるところ,以上のような明石警察署の職制及び職務執行状況等に照らせば,B地域官が本件警備計画の策定の第一次的責任者ないし現地警備本部の指揮官という立場にあったのに対し,被告人は,副署長ないし署警備本部の警備副本部長として,C署長が同警察署の組織全体を指揮監督するのを補佐する立場にあったもので,B地域官及び被告人がそれぞれ分担する役割は基本的に異なっていた。本件事故発生の防止のために要求され得る行為も,B地域官については,本件事故当日午後8時頃の時点では,配下警察官を指揮するとともに,C署長を介し又は自ら直接機動隊の出動を要請して,本件歩道橋内への流入規制等を実施すること,本件警備計画の策定段階では,自ら又は配下警察官を指揮して本件警備計画を適切に策定することであったのに対し,被告人については,各時点を通じて,基本的にはC署長に進言することなどにより,B地域官らに対する指揮監督が適切に行われるよう補佐することであったといえ,本件事故を回避するために両者が負うべき具体的注意義務が共同のものであったということはできない。被告人につき,B地域官との業務上過失致死傷罪の共同正犯が成立する余地はないというべきである。」(決定PDF4〜5頁)

これまでの第一審、控訴審判決が、被告人の花火大会警備体制における役割や関与度合いを認定しつつ、それに照らした被告人の予見可能性や義務違反の有無を個別に評価して結論を出していた(結論としては被告人の「過失」の存在を否定し、「業務上過失致死傷罪は成立しないのであるから・・・公訴時効の進行を停止させることはない」とした)のに比べると、今回の最高裁決定は、より手前の“そもそも”論で結論を出してしまっている。

本件で被告人に対して言い渡されてきたのは「無罪」判決ではなく、あくまで「免訴」判決である、ということを考えると、被告人の「過失」の有無にまで踏み込むことなく「共同義務の不存在」という一点で共同正犯の成立、ならびに公訴時効の停止を否定した最高裁決定の方がすっきりとしていることは間違いないし、今後、同種の事案で強引に起訴に持ち込まれることを入口段階で抑制する、という意味でもこの決定の意味は大きいと思うのだが、

「一定の責任ある地位にある者として、(事故防止の観点から)どの時点において何をすべきだったか?」

という、本件を強制起訴にまでもつれ込ませた関係者の最大の関心事、かつ、控訴審までの攻防の中心だったポイントは、最高裁決定の論理に忠実に従うならば「被告人の公訴時効期間が経過した時点で、もはや議論する必要がなかった」ということになってしまいそうだ。

平成13年の雑踏事故は、11人が死亡し、183人が傷害を負う、という同種事故としては近年例をみない重大事故であり、徹底的な原因究明と責任の追及を求めた被害者(遺族)、関係者の心情は十二分に理解できる。

そして、徹底的にそれに応えようとした結果が、第一審、控訴審での被告人の「過失」認定をめぐる激しい攻防であり、判決における詳細な事実認定だったと思うのだけれど、全てが終わって裁判所の最終的な結論(というかスタンス)が示された今となっては、全ての関係者が、「刑事訴訟」という舞台が目的達成のためにふさわしかったのか? という疑問に正面から向き合わないわけにはいかないように思う。

これまでの過程をつぶさに見れば、

「強制起訴による裁判で新たに明らかになった事実もあった。市民目線を取り入れた制度の意義は示せたと思う」(日本経済新聞2016年7月15日付朝刊・第43面)

という指定弁護士のコメントに全く理がないということはできないだろう。

ただ、その「意義」を示す大義のために、本来の公訴時効完成後も長きにわたって「被疑者」「被告人」の地位に据え置かれる、という犠牲が払われたことにも目を向けなければ、制度のあるべき姿を客観的に見つめ直すことはできないわけで、今回のケースを機に、今後、様々な場面で判断を迫られる関係者が、より賢明で犠牲の少ない選択を行うことができるようになることを自分は願ってやまない*5

*1:本件事故に関しては、現地警備本部の指揮官であった元・明石警察署地域官らが起訴され、最一小決平成22年5月31日によって業務上過失致死傷罪の成立も認められていたから、ここで元地域官の間に共同正犯が成立すれば、事故後10年近く経って起訴された元副署長についても、刑訴法254条2項により公訴時効停止、有罪判決となる可能性はあった。

*2http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/020/086020_hanrei.pdf

*3:一審判決後の状況についてはhttp://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20130221/1367729104参照。

*4:少なくとも理論的観点から様々な見解が示されていた「不作為型過失犯」の共同正犯の成否について、最高裁レベルの事例が蓄積された、ということの意味は大きいし、明文上は余りにシンプル過ぎる“回答”ゆえに、今後、学者を中心に各種評釈等での議論の盛り上がりが生じることも予想されるところである。

*5:もちろん、そのためには刑事手続き以外の方法で真相解明に近付けるより実効的なルートが整えられる必要があるし、各種メディア等において、被害者の感情をミスリードしない賢慮が徹底される必要もあるわけで、短期間でそこまでたどり着けなければ、また同じような事態が繰り返される可能性はある。

2016-06-30

[]2016年6月のまとめ

相変わらず、気が付けばあっという間に、という感じで過ぎていった1カ月。

この1カ月に関しては、例年と同じようなことをやっている時間が多かった反面、年ごとに重みを増している新しいジャンルの仕事や、立場の変化に応じた異質な仕事も多数舞い込んできているわけで、もはや“忙しい”という言葉では到底形容できないような状況にある。

でも、そんな時だからこそ、「人に笑われてきたことを達成」してみたい、というささやかな野心も、ふと頭をもたげたりもするわけで。

1年後か、はたまた2年後か、その時自分が何をしていて何を語っているのかは全く想像もつかないのだけれど、1週間寝て起きても気持ちが動いていなければ、また一歩、新しいところに足を踏み出してみようか、と思う次第。

<検索語(単語)ランキング>

1.↑ 著作権 120

2.↑ 裁判 77

3.↑ 企業法務戦士 74

4.圏外弁護士 72

5.↓ 札幌ドーム 64

5.↑ 法務 64

7.圏外判例 59

8.圏外法務部 58

9.圏外職務発明 50

10.圏外商標 47

検索ワードの方は、波乱が多かった先月のランキングから、また通常モードに戻った雰囲気である。

ジュリストに世紀の対談が掲載されたことだし、職務発明の話も、そろそろ書かないといかんですね・・・。

2016-06-29

[][]“伝説”が幻になってしまった寂しさ。

昨年のクラシック2冠馬で、今年は凱旋門賞での好勝負も確実視されていたドゥラメンテが、一転して「競争能力喪失」、引退、という悲劇に見舞われた。

宝塚記念の入線後、自力では戻って来られず、詳細な診断結果を待たずに「凱旋門賞断念」が直ちに発表されていた、という状況を見れば、ただ事ではないだろう、ということは概ね想像が付いていたものの、想定されていた中では最悪に近い結果だけに、ため息しか出てこない・・・。

自分は、昨年のダービーでの圧倒的な勝ちっぷりを見た時に、この馬にただ者ではない何かを感じたし*1、骨折で一頓挫した後も、中山記念優勝、そして、ドバイでの惜しまれる2着、と、十分なパフォーマンスを発揮していた。

マリアライトに足元を掬われた宝塚記念にしても、上がりタイムはメンバー中最速で、この馬らしさは十分発揮していただけに、ゴール後のアクシデントが招いた今回のアクシデントは、本当に残念でならない。

9回走って5勝、2着4回。

ケガもなく淡々と走って勝ち星を積み重ね続けたディープインパクト*2に比べると、戦績が見劣るという指摘もあるかもしれないが、同世代世代を超えて“好敵手”になれるような馬がほとんどいなかったディープと、1年後にドバイG1やら天皇賞やらを制覇する馬たちとしのぎを削ってきたドゥラメンテとでは状況が異なるところもある。

そして何より、主戦のM・デムーロ騎手が絶賛していた、最後の直線での弾けるような瞬発力が、実際のレースでの着差以上に強さを感じさせていた*3

「出ていれば勝てた」と断言できるほど凱旋門賞が生易しい舞台ではないことは百も承知であるが、欧州の馬たちにどんなに包まれても、最後の最後の爆発的な脚だけで、その包囲網を突破できるんじゃないか・・・という期待は十分できた馬だっただけに、全てが夢の彼方に消えた今、何とも言えない気分になる。

今は、何とか“ポスト・ドゥラメンテ”の馬たちが発掘され、その馬たちが、叶わなかったドゥラメンテの夢をかなえてあげてほしい、と、ただただ願うのみである。

*1http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20150601/1433685812を読むと、当時の感動が蘇る。

*2:敗れたのは3歳末の有馬記念と、凱旋門賞だけ、である。

*3:今年の春先のデムーロ騎手のインタビューでのやり取りは、ほとんどがドゥラメンテへの絶賛と、それを追うリオンディーズへの期待、といったもので構成されていたのだが、その両方を事実上失ってしまった今、同騎手の落胆は察するに余りある。

2016-06-26

[][]マリアライトの激走で蘇ったツンデレの記憶。

かつては、同じオールスター戦でも、有馬と比べると極めて地味な存在だった宝塚記念

あのメジロパーマーなどは、半年前にこのレースを勝っていたにもかかわらず、有馬記念では全く人気にならずに15番人気で大穴を開けたし、その後も、マーベラスサンデーメイショウドトウダンツフレームのように、善戦続きだけど大舞台でなかなか勝てなかった馬が、メンバーが落ちたこのG1で、最初で最後のタイトルを取る、というケースが比較的多かった。

ところが、最近では、「阪神2200m」というスタンダードな舞台設定や、6月末という開催時期ゆえに秋以降に備えた絶好のステップレースになる、という巡りあわせもあってか、相当なメンバーが揃うようになってきた。

特に、今年は、春先に国内のレースをパスして海外に遠征していた馬たちにとっても、ちょうど良いローテーションになった、ということで、ドバイ帰りのドゥラメンテラストインパクトワンアンドオンリーに、香港帰りのラブリーデイサトノクラウンといった実績馬たちが勢揃いし、それを、国内で盤石の地位を築きつつあるキタサンブラックが迎え撃つ、という、極めてハイレベルな戦いが予想される顔ぶれになっていた。

個人的には、ドゥラメンテキタサンブラックの4歳馬2頭はこれまでの傾向からしても鉄板で、残り1頭の枠をめぐってステファノスとか、アンビシャスあたりの新興勢力が争うんだろうな、と思っていたのだが・・・。

続きを読む

カスタム検索