企業法務戦士の雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2016-12-04

[][]今日は孝行息子になれなかった兄弟。

おそらく、日本中央競馬のG1の中ではもっとも知名度が低く、地味なレースといっても過言ではないであろうチャンピオンズカップ

今年も最後の挑戦になるはずだった一昨年の覇者・ホッコータルマエがレース直前に負傷引退。

さらに、あのクロフネの日本レコードに迫る好タイムで武蔵野Sを制したタガノトネールが衝撃の予後不良、と役者が次々といなくなり、前走勝った馬が2頭しかいない*1、という寂しいメンバーとなってしまった。

そんな中、微かに期待を盛り上げてくれたのが、あの天皇賞馬・ヘヴンリーロマンス米国で産んだアウォーディーラニの兄弟がどこまでやれるのか、という話題。

特にアウォーディは、昨年秋にダート路線に転向してから、武豊騎手が騎乗して6連勝。前走はJBCクラシックで初の交流G1タイトルまで奪取し、今一番旬のダート馬という感もあっただけに、個人的には、勝てるかどうかではなく「どこまでちぎって勝てるか」が焦点だ、と勝手に思い込んでいた。

実際レースが始まってからも、モンドクラッセ、コパノリッキーあたりがかなり速いペースで引っ張り、直線に入って力尽きかけたタイミングで、アウォーディ―が好位置から先頭に躍り出た時は、勝利間違いなし、と確信したのだが・・・

ほぼ最後方のポジションから前年3着だったサウンドトゥルーが一気に差しきって、アウォーディ―は万事休す。

元々勝った馬は、去年もノンコノユメと一緒に別次元の脚で3着に食い込んでいるし、その後、東京大賞典馬にまで出世している。昨年以上にペースが上がったレースで、上がり3ハロン35秒8、と芝の上を走っていたようなタイムで突っ込んで来れば、どんな実力馬でもさすがに太刀打ちするのは難しかった、ということなのだと思う*2

だがそれでも、ここを通過点に来年のドバイまでは「ダート無敗」という神話をキープしていてほしかった自分としては、今回のクビ差に憤りを隠さずにはいられない。

そして、ほとんど見せ場なく9着に敗れた弟のラニともども、最後の最後に勝負強かった母の域に達するにはまだまだ・・・と言わざるを得なかった。

今は、今回の敗北をバネに、より強い調教で鍛えられたこの兄弟が再び大舞台に返り咲き、より一歩上の舞台に挑戦する日が来ることを願うのみなのであるが、主役がコロコロと入れ替わるダート路線でそううまくいくかどうか。

少なくとも、「父・ジャングルポケット、母・ヘヴンリーロマンスというコテコテの日本G1馬同士の交配ながら、複雑な事情で「マル外」扱いとなっている(したがって日本でも父母ともに英語表記となる)」アウォーディ―には、そんな事情に関係なくサイヤーラインがアルファベットで表記される海外の舞台こそがふさわしいと思うだけに、次戦で今回のうっぷんを晴らすような爆勝を飾り、再び神話を紡ぎ出してくれることを信じてやまない。

*1:後述のアウォーディーみやこS勝ちのアポロケンタッキーだけ。他の馬は同じレースでこの2頭に負けた馬と武蔵野Sの2着以下の馬。

*2:個人的には同じ脚質のノンコノユメを対抗にしていたこともあって、より複雑な心境ではある。中央G1連続2着の実力馬もセン馬になってからの結果が今一つなのが気になるところ。

2016-11-30

[]2016年11月のまとめ

月が始まる前からこうなりそうな予感はあったのだが、名実ともに“沈黙”することになってしまった11月。

特別なイベントがあったわけではないし、遠出するような機会があったわけでもない。

ただただ毎日押し寄せてくる仕事を必死でセービングして前線にボールを投げ返す、という日々を繰り返していたらあっという間に30日経ってしまった、というのが現実である。

底冷えと小春日和が入り混じる安定しない気候の中、自分のコンディションをキープすることを最優先にしたせいでもあるのだけれど、土日祝祭日も含めて仕事から解放された日がまるでなかったのも事実なわけで、不本意ながら空白の時を紡ぐことを余儀なくされてしまった。

今月のトータルアクセスは19,000件弱、ユニークユーザーは15,000人強。

風邪一つひく気配もなく生きていることをもってよしとするのか、それとも・・・といったところで、あと1カ月どうするか、いろいろ考えさせられる。

<検索語(単語)ランキング>

1.→ 企業法務戦士 81

2.→ 著作権 72

3.↑ 弁護士 36

4.↓ 法務 35

5.↑ 企業法務 31

6.↓ 裁判 29

7.↑ 商標 27

7.↓ 法務部 27

9.↓ 判例 24

10.圏外企業 19

10.圏外最高裁 19

12月は、とりあえず忘年会を平日週3日以内に抑えるのが必達ミッションか*1

あとは、奇跡的に仕事のエアポケットが生まれることをただただ祈るのみ。

*1:日々の仕事を万全にこなすためのコンディションをキープするには、それくらいが限界だと思っている。残念ながら既にオフィシャルな懇親会だけで4日以上埋まってしまいそうな週もあるが、ドタキャンとか顔出し5分とか、あらゆる策を講じて(苦笑)、何とか公約は厳守したいところである。

2016-11-27

[][]これぞ円熟の境地。

今年で第36回を迎えたジャパンカップ

「36」といえば“サブロー”、とか何とか言ってキタサンブラックに飛びつくのはど素人だけだ!と、思いっきり逆らってみたのが運の尽きだった。

長く続いた東京開催、内側の芝はかなり傷んでいるように見えたし、実際、土曜日から、多頭数の芝中長距離レースでは6枠より外側の方が来る、という傾向が強かったから、内枠の馬よりも外枠のリアルスティールシュヴァルグランの方が魅力的に感じた、というのは決して間違った予想ではなかったと思う。

だが、1枠1番、最内からスタートしたキタサンブラックと、それを操った武豊騎手の技は全ての思惑をひっくり返してしまった。

ポンと出て、後続に影を踏ませず、かといって無理に引き離すこともなく、淡々と刻まれたラップ。

そして1000m61秒7、とG1レースでは考えられないような“逃げ馬ペース”に持ちこんだキタサンブラックは、最後の長い直線でも全くバテを感じさせることなく、上がり34秒台の脚を繰り出してまんまと逃げきり勝ちを飾る。後続に付けた差は実に2.5馬身。

自分は長年、武豊という騎手は“溜めた逃げ”が苦手なのだろうと勝手に思っていた。

騎手として全盛期だった頃も、逃げて勝ったレースは、馬の行く気に任せてぶっちぎったサイレンススズカのレースくらいしか印象に残っておらず、むしろ「溜めて逃げようとしたが最後にバテる」という展開になったレースばかりがやたら記憶に残っている。

リーチザクラウンしかり、最近ではエイシンヒカリもしかり・・・。

しかし、逃げ切りが一番難しい、と言われる大舞台で、そんな先入観は見事なまでに裏切られた。

入りのコーナーからプレッシャーをかけにきたリアルスティールワンアンドオンリーの「圧力」に全く動じることなく走り切ったのは、成長を遂げた馬自身の能力によるところも大きいとは思うのだけれど、今日に限っては、円熟の境地に達した鞍上に称賛を送るしかない・・・そんな舞台だったように思う。

次戦、有馬記念までこのコンビで制したとき、さらに広い世界に向かうのか等々、気になる話もいろいろあるのだけれど、今はまず喝采。

そんな気分である。

2016-11-20

[][]“順当な凡戦”の先にある危機。

国際的な“2000m重視”の傾向も影響しているのか、近年何となく盛り上がりに欠けているマイルG1。

今年のマイルチャンピオンシップも、安田記念上位のロゴタイプモーリスが揃って天皇賞・秋に回ったこともあって、顔ぶれ的には一種の“敗者復活戦”。割り込んでくる3歳馬もG1無冠のロードクエスト1頭、となると、何となく気が抜けてしまう。

そして、現実のレースも、他に強力な逃げ馬がいないという状況の中、ミッキーアイルがここぞとばかりに逃げ、2番手追走のネオリアリズムを引き連れて粘り込み。

馬場なのにタイムは平凡な1分33秒台、という何だかなぁ・・・というものになってしまった。

最後の直線で、よりによって先頭を行くミッキーアイルが派手によれる、というG1ではなかなか見かけないハプニングに見舞われたことで、本来ならもっと接戦を演じられたかもしれないネオリアリズムサトノアラジンディサイファといった追い込み勢が涙を吞んだ、という一面があったことは否定しないが(そして不利の少ないポジションから追いこんだイスラボニータが漁夫の利を得たのも事実だが)、それでも優勝馬が入れ替わる余地はなかっただろう*1

5連勝でNHKマイルCのタイトルを獲得した実績があるとはいえ、一度は「マイルでは力不足」の烙印を押され、1200〜1400mを主戦場としていた馬に主役の座を奪われてしまった古参マイラーたちに今後汚名返上の機会がめぐってくるかどうかは分からないけれど、大阪杯G1昇格でより路線の幅が広がる来シーズンはよりマイル路線に参戦する馬の層が薄くなる可能性が高いだけに、せめて「これぞマイラー」という傑出した看板馬が登場してくれることを願わずにはいられないのである。

*1:レース直後にはブーイングも出たようだが、浜中騎手が騎乗停止の制裁を受けても馬自体が降着にならなかったのは、至極当然の展開だったと思う。

2016-11-13

[][]最後の直線で重なった名牝の面影。

昨年のエリザベス女王杯で、6番人気ながら同世代オークス馬・ヌーヴォレコルトを抑えてG1初勝利を飾ったのがマリアライト

明け5歳となった今年は、G2で3着、2着と徐々に調子を上げ、宝塚記念では、ドゥラメンテキタサンブラックという4歳古馬のNo.1、2を封じ込める大金星を挙げた。

こうなると、再びのエリザベス女王杯では当然の大本命、ということで、当日のオッズも2冠馬・ミッキークイーンを差し置いて堂々の1番人気となっていたのだが・・・。

テレビ映像では隠れてしまった1コーナーの不利が響いた、というのがレース後の評価。

騎乗していた蛯名騎手が激高していた、という報道もなされている。

だが、馬群の後方から進出し、最後の直線で鞍上が必死に追っても、ジリジリするだけでなかなか先頭との差を詰められない、そんなシーンを見ていたら、どうしても稀代のツンデレスイープトウショウの姿がだぶってしまった。

スローペースで前に行った馬がなかなか止まらない展開で、まんまと出し抜けパターンに持ち込みかけたルメール騎手騎乗のシングウィズジョイ(12番人気)が2着に突っ込んだとはいえ、優勝したのは、名手・Mデムーロ騎手が操り、馬場の内側から狭い空間を縫って駆け抜けてきたクイーンズリング

道中では自分よりも後方に付けていた馬が完璧に差し切る展開の中、14番人気の逃げ馬(プリメラアスール)すら捕まえられずに敗れた女王を“ジリ脚”と言わずに何と言おう。

クラシック戦線には縁がなく、4歳の秋になってようやく才能が開花した遅咲き・マリアライトと、3歳時に秋華賞を制し、4歳の夏には一度古馬の頂点に立っていたスイープトウショウとでは、キャリアも、「エリザベス女王杯初勝利」前後のプロセスも大きく異なる。

にもかかわらず、両者がかぶって見えてしまうのは、期待を込めて応援すればするほど、先頭の馬の背中が遠ざかっていく、タイムを見れば33秒台の上がりを記録しているのに、届かない末脚が鈍く感じられてしまう。そんなところが嫌というほど似ているから。

奇しくも、今年の宝塚記念の結果を見て思い出した*110年前の名牝の面影をこんなところで見ることができたのは、幸福なことだったのかもしれないけれど・・・。


10年前の歴史では、宝塚記念エリザベス女王杯というG1タイトルを獲った後、かの名牝は引退するまでG1タイトルを取ることができなかったのだが、できることならマリアライトにだけは同じ道を歩いてほしくない、と心から思う次第である。

カスタム検索