企業法務戦士の雑感 このページをアンテナに追加 RSSフィード

この日記のはてなブックマーク数

2017-05-27

[][]ようやく迎えた改正民法成立の瞬間と、そこから生まれるカオス

2015年の改正要綱決定、3月末日の法案提出から実に2年以上の時が流れ、「今国会での成立は絶望的」というフレーズが何度もリフレインされた末、ようやく「債権法改正」が名実ともに確定した。

「企業や消費者の契約ルールが民法制定以来、約120年ぶりに抜本改正される。債権関係規定(債権法)に関する改正民法が26日に成立し、2020年をメドに施行される。」(日本経済新聞2017年5月27日付朝刊・第5面)

思えば、改正要綱が決まる寸前くらいまでは、寝ても覚めても、という感じで債権法改正審議の帰趨を見守っていたのに、人間というのは恐ろしいもので、この2年の間にすっかり気分は緩み、記憶は薄れ、で、今思い出せる改正内容は「200項目」とされるポイントのうち、ほんの一握りのものでしかない。

だが、そんな自分でも、今回の債権法改正が、

「消費者保護に重点を置いた」(同上)ものでは決してない

ということくらいは良く覚えているわけで(笑)。

今後、来るべき施行の日に向けて各法律系出版社の鼻息は荒くなるだろうし、大手から中堅どころまで、この千載一遇のチャンスで荒稼ぎをもくろむ法律事務所も決して少なくないことだろう。

そして、法務省サイドから担当官の一問一答形式の解説が出されるような時期になってくると、多くの会社でも契約書ひな型の見直しやら、社内周知のための研修実施やら、で、てんてこ舞いになることが予想されるところである。

だが、冷静な実務家であれば、多くの改正ポイントがこれまでの判例・通説を明文化したものに過ぎないこと、またルールが変わった項目についてもその多くは「任意規定」であり、契約で上書きすれば、これまで通りの取引慣行を維持することは可能である、ということを忘れてはならない。

そして、企業の実務家としては、何かと注目されている「約款」の規定を含めて、「既存の取引実務に影響を与えない」ということが、今回の改正の最大かつ基本となっている約束事である、ということは、絶対に譲れない一線として守らなければならないところでもある*1

必要なのは、穴を掘り返すような細々とした解釈論ではなく、現実との矛盾を来さないようなシンプル、かつ、合理的な解釈を採用する決断。

どんな法律でも、「変わる」ことを喧伝することが利益になる集団というのは必ず存在するわけで、特に民法のような基本法となってくると、煽れば煽るほど“金になる”チャンスは増えるからなおさらなのであるが、そうでなくても分かりにくい今回の一連の改正の説明に、そんな思惑が絡んでよりカオスを導くことにならないよう、賢明な実務家諸兄姉が目を見開いて条文と改正の経緯を見つめ直し、自分の頭でしっかり考えて、「何もしない」ことも含めた適切な対応を進めて行っていただくことを、今は願うのみである。

*1:本当に変わるのは「法定利率」とか「消滅時効」のところくらいで、それ以外の規定については、“実務は微動だにしない”改正と考えるべきだし、そうするための解釈を定着させることが必要である。

2017-05-21

[][]何を信じるか、の分かれ道。

同じ牝馬の中で競り合うのみならず、2歳時から牡馬のG1レースに首を突っ込んでみたり(ミスエルテ、ファンディーナ)、挙句の果てには同世代のマイル王決定戦でワン・ツー独占してみたり*1、と、話題には事欠かない今年の3歳牝馬陣。

ただ、唯一欠けていたのは、名実ともに「世代の顔」となれる存在で、桜花賞を制したのが伏兵レーヌミノル皐月賞で果敢に牡馬に挑んだ2頭も結果を出せなかった、という状況の中、オークスでどの馬が看板馬になれるか、ということだけを注目して見たのが今年のオークスであった。

桜花賞と比べるとより紛れの少ない東京2400mのコース形態、さらに距離への適性等を考えれば、ソウルスターリングを再び本命に推すのが常識的な予想者だったのかもしれない。

ただ、自分は、桜花賞レーヌミノルの思わぬ低人気(最終的に単勝10倍超の4番人気)や、以前から距離伸びてこそ、と言われていたリスグラシューの堅実さ(そしてその割に伴わない人気)、そして何よりも、「一度期待を背負ってコケた馬は買いたくない」という心理から、あえて桜花賞の人気を引き継いだ1番人気、2番人気馬(ソウルスターリング、アドマイヤミヤビ)を外して勝負に出た。

「人気なんてものは、その時々の結果次第でいくらでも移り変わる。クラシック戦線開幕前の「今年はソウルスターリングの年」という風評はこのオークスの結果をもって霧散し、『二冠・レーヌミノル』か、『堅実一途のリスグラシュー』が、この先、世代の顔として語り継がれるのだ!」

という根拠なき確信。

終わってみれば、フローレスマジックペースメーカーに、常に先手を取って押し切ったソウルスターリングが千両役者としての意地を発揮し、モズカッチャンを挟んでアドマイヤミヤビが3着を確保する(そしてソウルスターリングとアドマイヤミヤビの組み合わせのワイドでも配当がそこそこ付く)、という、実に歓迎せざる結果となり、桜花賞前からの“前評判”を素直に信じた者だけが救われる、という結果になってしまったのだが、多くの人が不幸に陥らなかった分、逆のパターンになるよりは、まぁよかったのかな、と。

コース自体の完成度が高まり、今回、「2分24秒1」というダービーの勝ちタイムにも匹敵するような好タイムが出たことが、次週の3歳最高峰レースの予想にどう影響するのか*2、というのは気になるところだし、さらに言えば、オークス以上に“前評判”が裏切られた感が強かった前走の結果を、今回の予想にどう取り入れるか、に、勝負師としてのセンス(笑)がより問われることになるわけだが、自分はやはり、前走の結果こそが全て、という信念で、懲りずにもう一丁行きたいところである。

*1http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20170507/1494688070参照。

*2皐月賞自体が猛烈なレコードタイムでの決着だっただけに、その流れをそのまま引き継ぐのかどうか、という点は一つのポイントになるだろう。

2017-05-07

[][]牝馬牝馬でも・・・

「弱い世代」のイメージが染みついてしまったせいか、朝日杯2着馬(モンドキャンノ)や、前哨戦のニュージーランドトロフィー勝ち馬ジョーストリクトリ)が出走しているにもかかわらず、NHKマイルカップでも1番人気、2番人気を牝馬陣に譲ってしまった3歳牡馬陣。

確かにカラクレナイの桜花賞での追い込みは、あのソウルスターリングをあわや馬券圏外に放逐するような勢いだったし、同じレースでのアエロリットの末脚にも見応えはあった。

それでも、最後はモンドキャンノとか、皐月賞から向ってきたアウトライアーズあたりが意地を見せると思っていたのだが・・・。

蓋を開けてみると、ボンセルヴィーソが作った1000m・57秒9の速いペースの中、それをきっちり追いかけた牝馬アエロリットが初重賞G1、という偉業を成し遂げた。

これまで重賞を勝っていなかったとはいえ、1分32秒3という勝ちタイムは6年ぶりの高水準で、後続に影をも踏ませなかった勝ちっぷりからすると相当強い馬だ、ということは良く分かる。ただ、同じ牝馬でも、桜花賞で上位だったカラクレナイが17着に失速したことを考えると、この馬だけが頭一つ抜けたことをどう説明するか、は、なかなか難しい。

また、2着に飛び込んだのが、2歳時はダート戦線で活躍していたリエノテソーロだった、というのもちょっとびっくり。

人気を背負っていたアネモネSで4着に敗れたときは、「やはり芝では厳しいのかなぁ・・・」という印象だったのに、レースのグレードが上がってから才能を開花させるとは・・・。

今回の結果を見て、「弱い3歳牡馬世代」という印象を益々強く持った人も多いと思うのだが、個人的には、むしろ今年の3歳牝馬の層の厚さを感じた次第で、これからオークスダービーを経て、夏からの古馬との対決が今から楽しみでたまらないのである。

2017-05-06

[]長すぎる休暇と、その後に来る憂鬱。

今年の4〜5月の連休は、曜日配列に恵まれたこともあって、2日有給休暇を消化するだけで、さほど無理もせずに「9連休」がとれる文字通り“黄金週間”となった。

これだけあちこちで「働き方改革」なるものが口うるさく言われるようになってくると、休暇を取らないことの方に罪悪感が生じるような雰囲気にもなってくるし、会社のカレンダーの中で仕事をする、という経験ができるのも今のうちだから・・・ということで、自分も堂々と公式のスケジュール表を1週間全てブランクにする、ということを10年ぶりくらいにやってみたわけだが、終わりかけになってくると、それが良いことだったのかどうか、いろいろと悩ましい感覚に襲われる。

ちょっとした旅行にも行ったし、しばらく寝かせていた本とか雑誌とか判決原文とか、その他もろもろの個人的趣味で集めた資料にに目を通す余裕も多少はあった*1

ただ、連続して休みを取るうちにどうしても緊張感は薄れてくるから、同じオフタイムの行動でも、仕事の合間で片づけている時に比べると、効率もだんだん落ちてくる。

そして、休みが明けて、緩んだペースをいつも通りのレベルにまで戻すために要する労力を考えると、休みが長くなればなるほど、心のどこかに気持ち悪さは残る*2

結論としては、ちょっとした気分転換をするには長すぎるし、かといって、いろんなものをリセットするには短い、ということで、今一つ充実感を味わえないまま休みの終わりを迎えようとしている。

もしかしたら、「休む」ということへの渇望感を抱き続けているくらいが、ちょうど良いのかもしれないけれど。

なお、GW中に読んだ中で、一瞬おっ、と思ったのが、ジュリストの4月号の特集。

ジュリスト 2017年 04 月号 [雑誌]

ジュリスト 2017年 04 月号 [雑誌]

各論のテーマが面白いかどうかはともかく、「商標」がこの一般法律雑誌の中で特集で前面に出てきた、というところに面白さを感じた次第である。

*1:中には、2年越しでようやく読み終わりかけた新書本を機中のポケットに置き忘れる、という残念な出来事もあったりはしたのだが・・・。

*2:それもあって、結局、連休後半に差し掛かった頃にこっそりオフィスに出かけて休み明けの仕込みをする、といういつもと似たようなこともやる羽目になったり。

2017-05-01

[][]最強の証明

戦前は「2強」対決として注目されていた春の天皇賞だったが、終わってみれば、大阪杯に続きキタサンブラックの強さばかりが目立つ決着となった。

ヤマカツライデンが大逃げを打つところまでは想定どおりだったのだが、最初の1000mが58秒3、という長距離戦とは思えないようなハイラップで、しかも、スタートからすんなり2番手に付けたキタサンブラックも控えることなく追走して早いペースを刻み続けた、という展開は明らかに想定を超えていたはず。

それでも、4コーナーを回った時点でキタサンブラックに後ろから差されるような雰囲気は微塵も感じられなかったし、実際、最後の直線の攻防も空しい2着争いまで。

5つ目のG1タイトルに、「3分12秒5」とディープインパクトの記録を1秒近く塗り替える日本レコードで華を添えたことで、名実ともに「日本最強」の地位を確固たるものにしたキタサンブラック陣営にとっては、これ以上ないレースだったといえるだろう。

逆に、他の陣営にとっては屈辱しか残らない。

スタートで後手を踏んだシャケトラやゴールドアクター、さらに前が止まらない展開の中で後方待機策が裏目に出たレインボーライン等は、まだ敗因が分かりやすいだけに切り替える余地はありそうだが、いつも通り好位置からの差しで有馬記念の再現を狙ったサトノダイヤモンドは完全な力負け。

しかも、最後の直線で他の馬と脚色が一緒になってしまい、前走(阪神大賞典)で完全に勝負付けが終わっていたはずのシュヴァルグランにまで後塵を拝することになってしまった*1

最後の直線に坂のあるコースなら、とか、もう少し短い距離で勝負すれば、とか、前向きに考えようと思えばできないことはないのだが、昨年の時点で「史上最強」の呼び声が高かった3歳世代(現・4歳世代)の「3強」が、同じ斤量で走るようになって以降、古馬勢に土を付けられ続けている状況はやはり深刻なわけで、ここからさらに成長曲線を描いて宝塚記念以降、互角な戦いを演出できるのか、それとも、キタサンブラックが引退するまで脇役の座に留まるのか。これからしばらくの間、気をもむことになりそうだな、と思っているところである。

*1:さらに言うと、4着のアドマイヤデウスとの攻防もかなりきわどく、あわやの大波乱を演出しても不思議ではない状況だった。

カスタム検索