世界の果ての崖っぷちで

20041112
2005010203040506070809101112
2006010203040506070809101112
2007010203040506070809101112
2008010203040506070809101112
2009010203040506070809101112
2010010203040506070809101112
2011010203040506070809101112
20120102030405060708091011
20130102030411
201402
201604

2007-07-09 (月)

[][][]E3開催前、Xbox360の段

俺のXbox360の印象と、予想するこれから

 まぁ多分、これから厳しいよね。『Halo3』があるし、『Grand Theft Auto 4』も独占の追加コンテンツを獲得はしてる。でも、Wiiに追い抜かれることはほぼ確定していて、プレイステーション3も追い上げてくるだろう。

 ただ、基本的には今の路線でいいのだろうとは思う。それに付随して、何か新しいことをって言うね。高性能路線が完全に需要がなくなることはないと思うし、今でもそれでソフトは充実しているのだから、それを維持するだけでも何とかはなる。サードはこれから本格的にWiiメインへシフトしていくのだと思うけども、それでもグラフィックスでアピールするタイプソフトがなくなるとは思えない。ここは、Wiiがどれだけ好調でも覆せない性能差がうまく働く。PS3が売れてくれば、それとセットで高性能機の市場も広がる。

 と言っても、やはりコアーゲーマー以外の取り込みと、北米市場以外での普及には積極的に取り組んで欲しいところ。どちらも、できてない・やってない・やろうとしてない。


E3で起きること、期待されること

本体に信頼を

 期待されるのは、値下げと、音・熱・故障改善した新型の登場。ただ、値下げは基本的にプレイステーション3側の出方次第となるのだろうし、また買い控えに繋がるため実施直前でないと発表できない。新型と合わせて有力な実施時期は秋の『Halo3』発売頃なので、そうなるとE3での発表はあまり望めなさそう。早い段階で出るなら出るで、嬉しいことではあるが。

 ひとつ朗報なのは、E3開催前にサポート今日がはっきり発表されたこと。もちろん、本当なら本体の構造改善という根本的な解決をしてもらわねば困るわけで、これで万全とは言えない。が、「今のXbox360本体の問題はちゃんと認識していて、それについてはしっかり対応をします」というマイクロソフトの姿勢が見えたのは良い。そういったネガティブニュースを、E3の前に出しておくというタイミングも。どれだけソフトを揃えても、ハードに不安が付きまとうのではどうにもならない。


ソフトで新展開は

 他ハードよりも一年先行したおかげでソフトラインアップは充実しているが、それだけに既に「期待していいのはここくらいまでのラインかな」というのも見えてしまってる気がして、他の陣営よりもサプライズへの期待も薄い感じ。とは言え、SCEがここで頑張らなければいけない以上、マイクロソフトもそれを迎え撃つ準備をしているだろう。


 ひとまず、発売日も見えているソフト

 『Halo3』は大本命と言ったところか。既にXbox360発のブランドとして『Gears of War』が確立されてしまったり、前作『Halo2』のシングルキャンペーンが尻切れトンボだったり、『Halo3マルチプレイオープンベータテストでビジュアル面の寂しさを指摘されたりと、不安も少なくないタイトルではあるが、ひとまず大きな期待を寄せられているのは確か。

 『Project Ghtam Racing 4』は、北米では既に秋発売が決定しているのにいまだ「これ」っていう映像情報が出てこない。ちょこちょこ出てはいるようだけども。時期から言って、このE3で一気に来てくれると思う。体験版、はまだ早いかね。でも、そろそろちゃんとした「これがゲーム画面か」と分かるのがしっかり見たいねぇ。

 『エースコンバット6』は、苦境の日本から(今のところ)非マルチのサードタイトルということで。どうなんだろうな、あっちでは。よく分からんが、今まで数字付きの正伝はプレイステーションでしか出てなかったシリーズが他の会社のハードに、ってのは……あ、『リッジレーサー6』でやったか。まぁでも、普通に人気シリーズ最新作として扱われるのかな。


 次に、発表はされているけども発売日の見えないソフト

 とりあえず『Too Human』、『Mass Effect』だね。去年のE3でも既に動くものが公開されていたから、そろそろ発売して良い頃合なんだけども、音沙汰なく。『Halo3』、『GTA4』後の年末年始の目玉にされるのかな。

 『Fable2』、『Halo Wars』は、発売はまだ遠いだろうけど、続報に期待。とりあえず『Halo Wars』は去年の秋のX06で発表して以来、初めての続報があることは確定しているようで。他にも『バンジョー&カズーイ 3』もあるか。ファミリー向けとしてしっかりアピールして欲しい。

 ここ大事ね。ファミリーFPSとか、ひとまず高性能の恩恵を受けて進化してる感じだけど、ただねー。今の時点で数字がどんな風に動いているのか知らないけども、今世代中には目に見えて「もうFPSとか、いいころじゃね?」って空気がはっきり流れてくると思うんだよな。日本で、2Dシューティング格闘ゲームがたどった道を着々と歩みつつある感じと言うか。あの、高性能化に伴いリアルになっていくグラフィックは、一部のユーザーを強くひきつける代わりに、別の層のユーザーたちを確実に引かせてると思う。そこをね、どうフォローしていくか。同じような興味のない人にはどれも同じにしか見えず更に「引き」を加速させていくFPSTPSレースゲームばかりってのは、そろそろどうにかしないと。


 サードは、まぁ、マルチタイトルばかりだから、これといってないかなぁ。この辺はやっぱりこなれてきたのが裏目に出てるというか、ファーストの攻めの姿勢はプレイステーション3に劣らぬものが欲しいところ。もっとサードの独占新作取れればいいんだけど、あっても「まぁでも、あとからPS3にも移植されるのかな」っていう感じが強いよな。


 サプライズとして期待されてるのは、『デッドライジング2』、『ロストプラネット2』、『ギアーズ・オブ・ウォー2』、『メタルギアソリッド4マルチ化か。個人的には、どれもないと思う。

 カプコンは新作発表するかもしれないけども、早速続編はどうだろなぁ。それに、さすがにもうXbox360独占はなかろうし。ここってとこで期待を裏切ってくれるメーカーなのでな。マイナーハード好きってのもあわせると、寧ろPS3独占で何か隠してても不思議じゃなさそうな。

 『ギアーズオブウォー2』は出すにしても早すぎる。今回のE3だと『1』のPC版が発表されるようだし、続編は早くても秋に開催するであろうX07でティーザートレーラーとか、そんくらいじゃないかな。

 『メタルギアソリッド4』もな。ソニーコナミが合同で新トレーラーって話だし。ただあまりにマルチの噂が出過ぎているので、これも前に一度噂が出た「4じゃないMGS」ってのは少し可能性あるのかもなぁ。まー、そんな正統続編でもない見え見えのお茶濁し外伝出てもしょうがないんだけども。どうだろな。そういう要らないのに限ってしっかり出て来ちゃいそうな嫌な予感はしないでもない。


まとめ

 まー、とにかくね。ファーストの充実。特に、今までとは違う路線。ソフトの中身もそうだし、北米偏重もそろそろ、ね。一年先行した分、普通にしているともう新しい話題性では他所に勝てないので。あと、発表ないだろうとは思うけども、信頼性の高い新型本体もね。従来型の値下げより、値段据え置きになってもそっちを早くして欲しいとこと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/Iron-9/20070709/eeeprexboxt