Hatena::ブログ(Diary)

川越ニューサウンド KAWAGOE NEW SOUNDS このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

- RELEASE INFORMATION -

Takayuki Niwano "Elektricity" KNS-006

→Amazon →iTunes Store →TOWER RECORDS
-----------------------------------------------

DENNIS DENIMS "DENNIS DENIMS" KNS-005

→Amazon →iTunes Store →TOWER RECORDS
-----------------------------------------------
- DOWNLOAD -

DENNIS DENIMS "Miami -longday-"

→bandcamp →YouTube(MV)
-----------------------------------------------
□□■

2015-05-14

DENNIS DENIMS 2nd Album「livetourism」2015年夏発売!

f:id:KNS:20150514093908j:image:w500


1.Masterpiece of Hegemony

2.Silent Night in Hawaii

3.Dream of Seven Soldiers

4.My Wild Fancies

5.Holy Night in Formosa

6.Sixth Sense Blues

7.Over the Rain

8.Under the Line

9.Lonely Night in Hanoi (a Ceremony with No Guest)


Produced & Written by DENNIS DENIMS

Ken Horiguchi - Edit & Mix

Takeshi Sayama - Sampler & Effects

Takayuki Niwano - Guitar & Vocal

Kyonosuke Takayasu - keyboards & Art Works

----------

Hidenori Sasaki (Zoo Tapes) - Voice

Taylor Deupree - Mastering @12k Mastering

2013年1stアルバム発売後、映像作家で音楽家の高安恭ノ介をメンバーに加え、4人編成となってから初のオリジナルアルバム。リーダー堀口謙のミックス/エディットによる今作は架空のライブセットを想定し、スタジオセッションや実際のライブ音源も使用しエディット時に誘発したバグやエラーをも巻き込んだサウンドコラージュ!おまけにバグやエラーが祟ったか1度のミックスダウンを終えてデータが命を燃やしたかのごとく損壊!奇跡のミックスとなったこのライブ盤をリクライニングやリゾート空間などでゆったりのんびり聴くべし!Trip with the Livetourism !!!!!

レーベル創設時から何かと作品やイベントに携わるzoo tapes主催、Dommuneで「現代ノイズ進化論」を企画進行している佐々木秀典(佐々木氏のイベント時の司会っぷりがここで聴けます!)も声で参加!


DENNIS DENIMS - Livetourism

発売日 2015年

予価 KNS-007 CD ¥2000(本体価格)

2015-03-30

DENNIS DENIMS Live @大久保ART SPACE BAR BUENA - Fabio Perletta Japan Tour

https://www.facebook.com/events/1405100619799480/

f:id:KNS:20150308100410p:image:w500


2012年にmurmur recordsよりデビューアルバムをリリースしたイタリアのサウンドアーティストØeことFabio Perlettaが初来日公演東京で2日間行います。


http://murmurrec.com/transfer_mmr14.html


3月30日(月):大久保 Art Space Bar Buena

▼OPEN 19:30 / CLOSE 22:30 (終演後は通常通りBar time)

▼出演:U/N.a, Dennis Denims, Fabio Perletta

▼入場料:1,000円+1 drink


3月31日(火):四ッ谷 喫茶茶会記

▼OPEN 18:30 / CLOSE 23:00 (終演後は通常通りBar time)

▼出演:岡田晴夫(from Pioneer), Tomotsugu Nakamura, Celer, Fabio Perletta

▼入場料:1,500円(1 drink付き)

今年アルバムのリリースを控えておりますDENNIS DENIMSのライブです。フル編成(4人)でお届けします。

イタリアのアーティスト、ファビオ・ペルレッタさんの来日ツアー1日目に参加させていただきます。

今月はこのライブの準備などがあるため(言い訳)月1イベントACID REVIVALはお休みさせていただきます(と思います)。

2015-02-28

ACID REVIVAL VOL.2 @大久保ART SPACE BAR BUENA

f:id:KNS:20150201030524j:image

<全てのクリエイター&全てのユーザーのコミュニティー(安心)の再構築。

Goodbye 細分化 , Goodbye Fast Fashion & Goodbye ゼロ年代制度疲労!!!!!

Hellow ACID REVIVAL!!!!!(安心)>


JAZZ→ROCK→PUNKTECHNO

RE-MIX→RE-EDIT→RE-MASTERING→RE-PROCESSING

音楽の歴史はジャンルからテクノロジーへ。

次々と補正され新しい価値観を植え付けられる歴史的名盤

まるでたった今出来たばかりのような新鮮味を持って過去の音楽が再生されていく。

新しい音楽は一瞬で膨大な過去のアーカイヴの一つとして蓄積され

宇宙の塵よろしく陽も当たらない場所へ押しやられてしまう。


そんな時代に新しい音楽を作り始めた川越ニューサウンド!!!!!

1年に1枚CDをリリースするレーベル!!!!!

ただそれだけ5年続けて5周年!!!!!


テクノはとっくに死んでしまったけど

ACID REVIVALは終わらない。

ビート崩壊&ノイズ更正!!!!!

電子音響にはまだ何かある!!!!!

新しい音楽で耳を更新!!!!!

HAPPY RENEW EAR!!!!!


13年より開催している現代ノイズ進化論DOMMUNE

ノイズという枠ではフォローしきれないテクノ史のAVANTな部分をバックアップする為

ACID AVANT ELECTRO LABEL : KAWAGOE NEW SOUNDS (2015年10月まで5周年期間中!)とタッグを組み新たな企画を立ち上げました!

現在30代半ば以降が過ごした90年代クラブカルチャー、そのACIDな時代をDJ、LIVE、talkにより再考、現代のエレクトロニカグリッチサウンドと接続、融合、発展を目的とした内容になります!


第2回は「川越ニューサウンド前夜・ゼロ年代音響シーン」と題してレーベルメイトと佐々木秀典によるレーベル始動までを振り返るトーク+レーベル代表を務めるTakayuki Niwanoと2013年からDENNIS DENIMSに加入し、バンドのビジュアル面も担当する高安恭ノ介によるソロライブをお送りします。SAVING ELECTRONICA!!!!!


2015年2月28日(土)19:00〜

大久保ART SPACE BUENA http://buena.tokyo/

door:1000円+1drink


Talk

Takayuki Niwano , Ken Horiguchi , Takeshi Sayama & Kyonosuke Takayasu(KNS)

Hidenori Sasaki(ZOO TAPES)


Live

Takayuki Niwano https://www.youtube.com/watch?v=sCaCABgCGnA

Kyonosuke Takayasu https://soundcloud.com/kyosuke-takayasu


KAWAGOE NEW SOUNDS

http://d.hatena.ne.jp/KNS/

zoo tapes

http://zootapes.tumblr.com/top


https://www.facebook.com/events/741223732640261/

5周年企画定例イベント「アシッドリバイバル」第2回は私どもは出会った頃を振り返る、すなわちゼロ年代音響シーンを斬る!的なトークコーナー(zoo tapes佐々木氏がこの頃掘り返していたフリーインプロ、ダブ、音響派ムーブメント考察論を公開!)、そして代表・庭野と今年改名した高安恭介改め、高安恭ノ介のライブをお届けします。


※このイベントを1月20日に惜しくもこの世を去ったエドガーフローゼ Edgar Froese(タンジェリンドリーム Tangerine Dream)に捧げます。DJムーブメントによってアナログレコードが見直された90年代、CDが当たり前だった高校生の僕が学校帰りに始めて買ったレコードは最新テクノレコードではなく、タンジェリンドリームのEP「Tangram」(1980)でした。ターンテーブルも持っていないのに何故か衝動に駆られた僕は帰り道で見かけた中古レコード屋に立寄り、腹の位置にある棚の中で重なっているレコードをガラス越しに眺めていると、偶然一番手前に、その頃毎日のように通い詰めていたヴァージンメガストアの看板のようなまっ赤なジャケットのレコードが目に留まったのです。まさしくヴァージンレコードからリリースされたこの作品は1曲20分という長尺トラックがAB面に刻まれた大作で、これぞジャーマンエレクトロニックの神髄というものでした。私がジャーマンエレクトロニックと聞いて最初にに浮かぶのはクラフトワークの「Autobahn」ではなくこの「Tangram」なのです。代表・庭野

2015-02-06

Takayuki Niwano - Mighty Lands OFFICIAL MUSIC VIDEO Ver.1.1

D

http://youtu.be/fSYA9aS53X0

代表・庭野のファーストアルバム"Surroundly"収録"Mighty Lands"のPVお蔵入バージョン。お蔵に入れておくのも気が引けてきましたのでお蔵出ししたまでです。

2015-01-30

ACID REVIVAL VOL.1 - DJ Time Highlights!!!!!

D

先日行われたレーベル5周年企画イベント「ACID REVIVAL」第1回(DJ大会)の様子をダイジェスト動画でお届け!公正な審査の結果、3番手の堀口さんがパフォーマンス賞を受賞!ナイスアシッド!!!!!!みなさんも街で彼を見かけたら「ナイスアシッド!!!!!」と声をかけてあげてください。(審査員-代表・庭野)

次回(2月終わり予定)はトーク&ライブ!!!!!川越ニューサウンドの歴史(&音楽業界の黒歴史)を語ります。