Hatena::ブログ(Diary)

Lavistaの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-08-15

[]サンフランシスコからピッツバーグへ

 8月12日の昼に伊丹空港を発って、羽田から地上移動で成田へ、そしてサンフランシスコに飛びました。10年前に脳の病気で倒れて以降、初めて太平洋を渡った事になります。今回の旅行は突然決まった事もあり、航空運賃も結構高く、しかも妻が珍しくプレミアムエコノミーにしたいなどと言い出したため、二人で総額80万円強の航空券代を支払っておりますが、久しぶりに乗ったプレミアムエコノミーは昔より質が落ちたように感じました。まぁそれでも座席は窮屈な通常のエコノミー席よりははるかにマシではありましたが、食事は昔はもう少しプレミアム感があったような。

 さて、サンフランシスコですが渡航前に天気予報を見ていた範囲では、最高気温が20℃前後で肌寒いくらいだと思っていましたが、私たちが滞在している間は、最高気温が16℃!セーターの上にウインドブレーカーを着てもまだ寒いくらいでした。宿泊したUnion Square Hotelの向かいにはユニクロがあるのですが、なんとダウンジャケットやコートが売られていて、それらがバカ売れしている状態でした。サンフランシスコの滞在は実質1.5日程度のつもりでしたが、immigrationに2時間近くもかかるという事態で、サンフランシスコ市内に着いたのは16:00頃になってしまいました。そのため初日はホテル周辺をぶらぶらした程度。しかも日曜日のため百貨店などは比較的早く閉店してしまい、実質何もできなかった感じです。ところで、私たちが最後にサンフランシスコに来たのは9.11のテロの直後だったので、もう15年以上も経っておりますが、その時との大きな違いはBART(高速鉄道)がサンフランシスコの空港まで延伸されたことです。そのため空港から電車1本30分でサンフランシスコの中心部に行く事ができるようになっており、移動は非常に楽でした。

 サンフランシスコ二日目は本格的に観光するつもりでしたが、先に書いたような気候で気分的にも乗り気でなく、しかも妻が時差ボケが酷くて、朝食を食べた後はホテルに帰りたいというので、私だけケーブルカーでフィッシャーマンズワーフに行ってきました。が、予想通りとても寒く人通りも少なく(^^;; そんなわけでクラムチャウダーを一杯食べただけで早々にホテルに戻りました。ただ、ケーブルカーの1day passを購入しているので、4回は乗車しないとペイしないので、その後は妻と合流して、あちこち散策しました。サンフランシスコは物価が高くしかもレストランも当たりはずれが大きいのですが、中華料理で良ければ中華街のお店は当たりはずれがそれほどない事と、妻が渡航前から海老が食べたいと言っていた事もあり、中華街で海老を使った料理で昼食を摂りました。ただ、少人数での中華料理の場合、一皿あたりの盛りが多いため、色々な種類が食べれないのが残念であります。できれば4人以上くらいで行きたいところですが・・・。その後はケーブルカーの中では比較的空いているカリフォルニアラインを2往復くらいしてからホテルに戻りました。もう少し時間があれば、ゴールデンゲートブリッジを渡って対岸のサウサリートへ行ったりと色々できるのですが、この日程でできる事はこんな感じでしょうかね。

 さて、昨日はサンフランシスコを早朝に発って、ピッツバーグに移動してきました。ピッツバーグでは妻の短大の後輩が働いていていますが、11月で帰国するという事で、その前に訪問しておこうというのがこの旅行の発端であり、本来の目的地でもあります。サンフランシスコを10時前に発ちましたが、米国内の時差の関係で、ピッツバーグ着は17時過ぎ。フライト時間は4時間30分程度だったのですが、約4時間はどこの行ったのか?とまぁ時差に関しては考えだすと分けが分からなくなるので止めますが、空港で妻の後輩にピックアップしてもらい、ホテルまで送ってもらいました。その後妻の後輩のアパート(何と家賃30万円/月!!)で夕食のバーベキューを楽しみました。牛肉は米国が定める基準の中では最上級の肉という事で「アメリカもこんなに柔らかい肉があるのか!?」とうほど上質な肉でした。そんなこんなでピッツバーグでの初日が終了し、現在は二日目の朝を迎えております。本日はダウンタウンを観光してから、ちょっとおしゃれなレストランで食事というコースを妻の後輩がプランニングしてくれておりますので、初めてのピッツバーグを楽しみたいと思います。

※後ほど写真をアップします。

2018-08-09

[][]明日からお盆休みです

 私の勤務先は土曜日が祝祭日と重なると振替で金曜日が休みになります。という事で、明日は8月11日(土)の山の日の振り替えでお休みという事で、明日からお盆休みがスタートします。今年は8月19日(日)までお休みですが、なんと会社からは8月20日、21日とも年休取得奨励日となっています。が、私は年休は取らず出勤します。あまり長く休むと会社に行きたくなくなりますしね(^^;; 明日、明後日は宝塚の自宅で過ごし、日曜日の昼にサンフランシスコに向けて旅立ちます。8月18日(土)には帰国し、19日には東京に移動して20日から仕事に復帰というスケジュールになっております。

2018-08-08

[]KATO 12月、2019年1月発売予定品発表 & 予約品状況

 KATOから12月と来年1月発売予定製品の発表がありました。C62常磐形は1月発売予定となっています。この常磐形は23号機をモデルとして短い煙突を再現していますが、通常タイプの煙突も付属して交換ができるようになっているとの事です。これは買わない理由は無いので、早速予約をしました。ワム90000とワフ29500は再生産品で既に所有しており、パスします(ワムは車番が異なるなら買いたいですがそういう情報はありません)。このポスターの他、12月はJR九州の「ななつ星」が、1月にはリラックマラッピングの山手線E231系の発売が予定されていますが、どちらもJR車両なのでパスいたします。

f:id:Lavista:20180731151555j:image:w480

 8月に発売がスライドしたキハ81系の車両ですが、発売日が8月9日となっています。配達されるのは8月10日になるでしょうけど、既に東京にはいませんので受け取りはお盆休み明けの8月20日になります。

2018-08-05

[]吹奏楽コンクール東京都予選

 本日は吹奏楽コンクール東京予選が開催されました。私たちは一般の部に参加しました。自分達の出番が終わった後は直ぐに解散になったので、講評等は聞いておらず、後日楽団ホームページに掲載される予定ですが、本選への出場はできないでしょう。吹奏楽コンクールは中学生の2年、3年の時に出場して以来でした。あの頃は4月頃から朝練、昼練、放課後練習をほぼ毎日、夏休みに入っても朝から夕方まで練習し続けで「コンクールって大変なんやなぁ」という記憶しかありませんでした。が、今回はまぁ比較的緩く参加する事ができ、本番当日もあまり緊張せず演奏を楽しむ事ができました。ただし、色々な事情でフルに練習に参加できたわけでもなく、来年所属楽団が参加するとしても自分が参加するかどうかは改めて考えたいと思います。

 トランペットを再開してから、学生の頃どうしても演奏したかった曲を演奏することでき、再びコンクールに出場する事も出来たので、やりたかった事はほぼ達成できた感じです。今後はトランペットに関しては気楽にやって行きたいと思います。

【追記】コンクールの結果は銀賞だったようです(^-^)b

2018-07-29

[]アメリカ渡航2週間前

 アメリカへの旅行の2週間前になりました。妻はだいぶ前から荷造りを始めているようですが、私はまだ何もしていません。彼女のスーツケースは2泊程度の韓国旅行でも恐ろしく重く私は不用意に彼女のスーツケースを持ち上げて指の皮がずる剥けた事がありましたが、1週間以上に及ぶ海外旅行だとどういう事になるのか、今からガクブル状態です。

 さて、何もしていないと言っても、事前に行っておかなければならない事があります。まず、私が海外出張していた頃には無かったESTAなる物があります。詳しい事はこちらを見ていただくとして、アメリカに行く場合は、渡航前に事前申請しておかないといけなくなったようです。手続き自体はwebから簡単に行え申請料金もクレジットカードで決済できるので、ネット通販で買い物するのと比べて難しい事はなにもありません。家族分を一括で申請すると割引もあったりします。ただ、私のメインカードのANAカードでは何故か決済できず、Suicaチャージ用のViewカードで決済しました。

 もう一つ、勤務先の決まりで外務省が行っているたびれじという物にどこに渡航するか登録しておく必要がありますので、こちらも行っておきました。こちらに登録すると渡航先の情報がメールで送られてきます。少し前にNYで爆発があった際は「大量のアスベストが飛散しているので注意するように」とか最近はカリフォルニアの山火事の情報などがメールで飛んできます。国家に行動を把握されているようで嫌な感じもありますが、まぁ安全のためには致し方ないところでしょうか。

 私もそろそろ荷造りを始めて、足りないものなどは購入しておかなければ行けませんが、来週末の吹奏楽コンクールが終わるまでは落ち着かない感じでもあります。