NATROMの日記 RSSフィード Twitter

0000 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0010 | 11 |
0011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 11 |
0012 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
0013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 11 |
0014 | 01 | 02 | 05 | 06 | 07 | 09 |
0015 | 05 | 06 | 09 |
0016 | 01 | 02 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
cover ■「ニセ医学」に騙されないために

 ホメオパシー、デトックス、千島学説、血液型ダイエット、ワクチン有害論、酵素栄養学、オーリングテストなどなど、「ニセ医学」についての本を書きました。あらかじめニセ医学の手口を知ることで被害防止を。

2014-06-26 安保徹氏の反ワクチン論を信じてしまった衆議院議員

[]安保徹氏の反ワクチン論を信じてしまった衆議院議員 安保徹氏の反ワクチン論を信じてしまった衆議院議員を含むブックマーク

安保徹氏(元新潟大学教授)は「免疫学」を売りにした著作で知られている。「爪を揉むことで免疫力が上がってさまざまな病気が治る」「癌の痛みは治癒反応であり、癌性疼痛に対して痛み止めを使ってはならない」など、きわめてユニークな主張を行っている。安保徹氏による臨床に関するユニークな主張には医学的根拠はない。「専門家の間では議論がある」というレベルの話ではなく、一見しただけで明確に間違いだとわかるレベルの話である。

ところが、その安保徹氏による反ワクチン論を信じてしまった衆議院議員がいた。武藤貴也議員は、自身のオフィシャルブログにおいて、パンデミックに備えた抗インフルエンザ薬とワクチンを税金で購入することを懐疑的に論じた。その根拠が『「インフルエンザワクチン」の効果が殆ど無い』という安保徹氏の主張なのだ。


■衆議院議員 むとう貴也 オフィシャルブログ「取り戻そう!日本!」(自民党滋賀4区)

 白血球の自律神経支配メカニズムを解明した免疫学の世界的権威で、現在新潟大学大学院教授の安保徹先生は、このインフルエンザワクチンについて驚くべきことを語っている。「ワクチンなんて歴史的に効いたためしは殆どありません。弱めたウイルスを使ってワクチンを作っているわけで、本物の抗体ができないのです。今までにワクチンを打った人で、その後インフルエンザにかからずに済んだという例はひとつもありません。効果も殆ど期待できないワクチンに、なぜこれほどの税金を投入するのか。愚の骨頂です。」

 私はこの発言を聞いて非常に驚いた。安保教授によれば、文字通り多額の税金を投入し大量に備蓄され廃棄を繰り返しているワクチンは、全くの「ムダ」だというのである。

 政府において備蓄する薬の必要性について検討する場は、厚生労働省所管の審議会・部会・調査会である。ここに各専門家(医者や研究者など)が出席し話し合いが行われるわけだが、むろん既述の安保徹教授はこのメンバーには入っていない。免疫学の世界的権威であるにもかかわらずである。


安保徹氏の主張の引用元は、おそらくは、JBpress(日本ビジネスプレス)の■若者よ、新型インフルエンザに大いにかかれ 21世紀型医療は「自分で治す」〜手を洗うな、マスクはするな、キスをしよう:JBpress(日本ビジネスプレス)であろう。手洗いは感染症対策の基本である。慣れていれば、「手を洗うな」というタイトルだけで信頼できない記事だとピンと来る。実際、記事の内容もこのブログの読者にはおなじみの「いつものやつ」である。

「ワクチンなんて歴史的に効いたためしは殆どありません」「今までにワクチンを打った人で、その後インフルエンザにかからずに済んだという例はひとつもありません」という安保徹氏の主張は、単なる嘘である。CDCやWHOなどの公的機関や、Pubmedといった医学論文検索サイトで情報を集めることもできるが、日本語で読めて比較的まとまっている、■インフルエンザワクチンは「打つべき!」か? - 感染症は国境を越えて - アピタル(医療・健康)を紹介しておこう。

インフルエンザワクチンの効果が限定的であるというのは事実である。インフルエンザワクチンは、接種さえすれば100%感染や発症を抑制できるというものではない。コストに見合った効果があるかどうかは、常に検討されねばならない。2009年の「新型インフルエンザ」のパンデミックに対する対応が適切だったかどうかも、検証されるべきだ。だが、そのためには正確な情報に基づく必要がある。「ワクチンなんて歴史的に効いたためしは殆どありません」と根拠なく嘘をつき、また、その嘘を鵜呑みにしてしまうようでは、おぼつかないだろう。

武藤貴也議員は「ワクチンで莫大な利益を得ている人たち」のことを気にしている。なるほど、利益相反には注意を払うべきだ。ならば、安保徹氏の利益相反についてはどうか。JBpressの記事は、安保徹氏の『40歳からの免疫力がつく生き方』という著作を紹介している。もっともらしいデタラメを述べることで利益を得る人たちのことも気にしたほうがよい。

議員ともなれば、医療だけではなく、政治や経済や教育やその他、広い分野についての知識が必要とされる。医療についての専門的な知識まで要求するのは酷である。しかしながら、安保徹氏によるインフルエンザワクチンに関する主張が「どことなく怪しい」と気付くためには、専門的な知識は必要ない。武藤貴也議員は『本当に必要な薬やワクチンは何か、そしてそもそも最善の「リスク管理」とは何か、私も国会議員の一人としてしっかりと研究し、考えていきたいと思う』とも書いている。安保徹氏の主張のどこがおかしいか指摘できるぐらいでなければ、薬やワクチンに関する最善の「リスク管理」などできようはずもない。



関連記事

■癌性疼痛の除痛すら否定する安保徹と上野紘郁

■意外とタミフル備蓄量の少ない日本〜日本の新型インフルエンザ対策

■JBpress(日本ビジネスプレス)のホメオパシーの記事について

bamboobamboo 2014/07/01 22:14 武藤貴也議員のサイトのコメントはヨイショの一つを除いて承認されていませんね。
承認できない理由があるんだろうな。

sakikosakiko 2014/07/04 15:59 私の周りにも薬否定者、ワクチン否定者が結構います。おかしなことにインフルエンザのワクチンすると逆にインフルエンザにかかるなど馬鹿げたこと言ってるのですよ。うんざりです。副作用もあるかもしれませんが、ワクチンによって多くの命が救われたというのに。

十六夜十六夜 2014/07/06 19:34 当然です。
もともと「反医療」は、増え続ける医療費抑制の為の政府の陰謀なのですから。

安○徹や近○誠のような「工作員」によって、国民を洗脳することによって、国民を「保険医療」から「民間医療」へ誘導し、それにより保険医療の割合を削減、かつ民間医療ビジネスを活性化させ、ひいては財政赤字改善! 経済活性化! 好景気! この流れにもっていこうとするのが政府の真の狙いです。

工作員や、工作員の支持者(あるいは支持者とみせかけた工作員かもしれない)がある程度定着したところで、「いいことを言っているね」と他人のフリをしていけしゃあしゃあと政策誘導につなげようとしている訳です。この衆議院議員は「安保徹氏の反ワクチン論を信じてしまった」訳ではなく、もとから計画していたことを実行しただけなのです。



えーと、一応「ネタです」って書いた方がいいんですか?(最後に気弱)

通りがけ通りがけ 2014/07/08 02:11 「すべての官公立施設からすべてのテレビを撤去せよ」

>焼身を 出来ぬ我が身の ふがいなさ
>生ある限り ユダ金撲滅 >芭蕉
>芭蕉さん 最高の詩 同感です。 >豚朕勘
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201407/article_30.html

>芭蕉さん
>豚朕勘さん

わが身を焼く前にB-CASカード破棄NHK解約解体して似非日本人政府ユダ金スパイ憲法違反内乱罪外患罪公務員と戦争犯罪人在日米軍をことごとく投獄または国外追放し、日露安保条約平和通商条約を結んで福一を石棺桶化してから死にましょう。



日本国公務員全員に告ぐ。官公庁施設備品としてテレビを一台でも購入設置すれば直ちに公金窃盗不正使用の刑事汚職であり、憲法99条違反である。

また公務員が職務中に1秒でもテレビの画面を視聴すれば直ちに職務怠慢、公務遂行義務違反であり懲戒免職である。

テレビのようなまったくものの役に立たない、しかも人体に有害極まりない電気毒物を、憲法によって国民全体への奉仕が義務付けられた公務員の公務遂行施設官公庁が国民が納めた税金を使って購入設置してNHK受信料を払い電気料金を払うことは、重大な憲法違反の公金窃盗である。その施設に所属する公務員全員連帯責任で懲戒免職相当である。

直ちに全国すべての公金で運営される官公庁施設からテレビを一台残らず撤去しNHK解約しリサイクル業者へ売却して売却益を購入損金の補填に充てよ。足りない部分は当該施設の職員全体で等分に俸給から返還補填せよ。

行わなければ公金窃盗で刑事告発して公務員全員懲戒解雇する。


NHKは総務省直轄の法人組織であり国家予算から運営資金を計上しているのであるから、NHK職員は全員主権者国民が納税して形成した公金から俸給を受け取る「公務員」である。NHK職員には全員憲法最高法規99条によって憲法擁護遵守義務が科せられている。

さて放送法なる違憲立法によって受信料を徴収しているNHKが、税金で購入した公用車両のカーナビや税金で購入した公用携帯電話からNHK受信料を徴収すればそれはただちに公金窃盗というNHKの刑事犯罪に当たる。

そういう事実があれば直ちにNHKを公金窃盗で刑事告発して解体する。違憲立法放送法を悪用して国民の財産から受信料を盗み続けてきた総務省を刑事告発して、NHK開局からこれまでに詐取した受信料累積全額国庫へ返納させる。期限は2年以内。すべての公務員を管轄する総務省の犯罪であるから、すべての公務員俸給を減額して賠償金支払いに充てる。2年もあれば十分賠償できてお釣りがくるよ。

通りがけ通りがけ 2014/07/10 12:09 「全てのネット動画作り達人たちへお願い」

さゆふらっとまうんどさんのブログへ書き込みました。
sayuflatmound.com/?p=2145

>あるジャーナリストの入魂の請願書。
http://ichienyuugou.blog.fc2.com/blog-entry-350.html#trackback1

 ある業界新聞創業者の後継者が、国会に提出した嘆願書の内容があまりに衝撃的で凄い凄い!

http://www.dropbox.com/s/kurn7p655z95ls0/Citizen.pdf

↑pdfのテキスト全文を読みやすくするために阿修羅にコピペしました。
http://www.asyura2.com/14/senkyo168/msg/220.html#c46


このpdfを1ページずつ画面に表示しながらさゆふらっとさんが最後のページまでびしびしと安倍自公政権へ向けて朗読してゆく、というような動画ができれば、非常に拡散力があると思うのです。

−−−−−−−−−−−−−−−−

すべてのネット動画作り達人たちの皆様にお願いがあります。上記のようなpdf読み上げ動画をそれぞれのやり方で作って一斉にネットに流して大拡散していただけたら、安倍内閣を速やかに罷免解職解散総選挙へ追い込んで、安倍自公政権政府全員を内乱罪外患誘致罪で厳しく断罪逮捕投獄できると確信します。

ぜひこのすごいpdfをみなさまの個性豊かな読み上げ動画に競作して全世界へ大拡散してください。

NATROMNATROM 2014/07/10 12:22 次は問答無用で削除します。

NATROMNATROM 2014/07/13 22:01 警告通り「通りがけ」さんのコメントを削除しました。内容は、るいネットの内海聡氏の発言を中心としたマルチポストです。自説を述べるにしても、エントリーの内容に触れるぐらいの工夫ぐらいすればいいのに。次に書き込んだらIPアドレスを開示します。

KAZUKAZU 2014/12/24 12:08 本文中にWHOやCDCなどの公的機関の情報は云々・・と肯定的に記述されていますが、それら公的機関がどれほど大手製薬会社と癒着しているのか、発信される情報が恣意的ではないのか・・という点も我々は頭に入れておく必要があるでしょう。それが中立、中庸というものだと考えます。

NATROMNATROM 2014/12/24 18:35 WHOやCDCなどの公的機関の情報は、医学雑誌に発表された論文を元にしています。公的機関の出す情報が恣意的であれば原著論文にあたれば検証できるので、専門家から批判が出るでしょう。公的機関の情報が信頼できるのは、こうした検証可能性にあります。そうした検証抜きに公的機関の情報の恣意性をほのめかすのは、中立でも中庸でもありません。単に、怠惰であるだけです。

ublftboublftbo 2014/12/24 20:10 今晩は。

(KAZU 2014/12/24 12:08)
▼ 引  用 ▼
それら公的機関がどれほど大手製薬会社と癒着しているのか、発信される情報が恣意的ではないのか・・という点
▲ 引用終了 ▲
その「どれほど」が具体的にどの程度であるかとか、どのように「恣意的」であるかをきちんと示さないと、情報としてはほぼ無価値ですよね。程度の問題なのに、肝腎の程度の有り様を全然出してこない、というのはしばしば見かけますけれど。

杉山真大杉山真大 2015/08/04 18:58 >>安○徹や近○誠のような「工作員」によって、国民を洗脳することによって、国民を「保険医療」から「民間医療」へ誘導し、それにより保険医療の割合を削減、かつ民間医療ビジネスを活性化させ、ひいては財政赤字改善! 経済活性化! 好景気! この流れにもっていこうとするのが政府の真の狙いです

堤未果が近著 http://amzn.to/1JUGxV8 でオバマケアまで含めてアメリカ医療の現状を攻撃した挙句に、最後の最後で"国益"のために「医療を成長産業に!」って最後に主張してたのを想起しましたよ。オバマケアが完璧ではなく国民皆保険にしても課題が多いにしても、そのために「民間医療ビジネスを活性化させ、ひいては財政赤字改善! 経済活性化! 好景気!」ってトンデモなのまでお墨付きを貰おうって言うのですかね。

そういや、堤の夫って薬害エイズ事件で名を売った(?)川田龍平ですけど、夫婦で真面目にこういうトンデモ医療まで大手を振って通用する社会をお望みなんでしょうかしら?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20140626