業務日誌

2016-08-27 土曜日(雨)@所沢

2016-08-25 木曜日(晴)@所沢

[] X-Men: Apocalypse


f:id:ShisyoTsukasa:20160825141641j:image


『X-MEN:アポカリプス』鑑賞



D

マーベルコミック原作の人気アクション大作「X-MEN」の前日譚を描いた「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN:フューチャー&パスト」のシリーズ続編。人類の文明誕生以前からミュータントの力を使い、神として世界支配していたアポカリプスが、数千年の眠りから目を覚ました。人類の文明が間違った方向に発展したと考えるアポカリプスは、世界に新たな秩序をもたらすため、マグニートーらを従え、世界の破滅を計画プロフェッサーXやミスティークらが率いる若きX-MENたちは、アポカリプスの企みを阻止するため立ち上がるが……。シリーズ第1作「X-MEN」や、前作「X-MEN:フューチャー&パスト」を手がけたブライアン・シンガー監督。アポカリプス役は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のオスカー・アイザックが務めた。

『X-MEN』プリクエル最新作。


アポさんのパワーで教授の頭皮が! 頭皮が!


ビジュアル的には満点近くあげてもいいなぁ。

社名に集英社が加わる前の「小プロ」って感じw

顔つきから童貞臭漂うサイクロプスは素晴らしい。

『ゲーム・オブ・スローンズ』ファンにはサンサでお馴染みの、ソフィー・ターナーのジーンもはまってる。かなり背が高いんだけど、ファムケ・ヤンセンになると考えれば納得w

モヒカン・ストームも、サイロックも最高。

前作で一気に株を上げたクイックシルバーは今作でも大活躍。時間停止(ではないけど)の描写として、これほど成功してるのはないんじゃないかなぁ。そんな能力を持ってるのに、『Mrs.パックマン』と『ナイトライダー』というボンクラ方面への目配せも怠らないw

スリラー』風ジャケットナイトクローラーの、アメリカ文化に溶けこもうという努力がいじましいw

そして、ジュビリーのダサさよw


観客によって違う触感を与える映画で、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』*1からの観客なら、ミスティークが今作でリーダーシップを取ってくれるのは当然の流れだけど、旧三部作からの観客には、まるで違う時間軸を歩み始めた驚きと楽しみ、原案(?)である『エイジ・オブ・アポカリプス』*2を読んでいる観客には、敵・味方がシャッフルされた戦いをついに映像で観ることができた喜びがある。


一方、前二作に比べると、話はイマイチだなぁ。

これまで、20世紀史の影にはミュータントたちの戦いもあった、という構造が面白かったのに、今回はそれがないんだよね。核の脅威くらいだけど、それも歴史的事件に絡まないし。


今作の主人公でもあり、テーマでもあるのがマグニートー。

彼は常に全てを奪われてきた者なんだよね。

だからこそ、アポカリプスに同調しちゃうんだけど、それでも、自分の家族=ミュータントたちを守り、怨恨の連鎖は何も生まないことを知っている心の持ち主。その割には、こどもまで作った前の彼女を捨ててるけどw

旧三部作とはミュータントの歴史は大きく変わったから、以降の作品はどうなっていくのかは楽しみ。

MCUとキャラの貸し借りくらいすればいいのになぁ……


スタン・リーはいつからか、クレジットされるようになったから、厳密にはもうカメオではないけど、ウルヴァリンはカメオだよね?(予告で出ちゃってたけど)

彼はなんで、あそこに捕まってたの? 『X-MEN:フューチャー&パスト』*3のラストで彼を引き上げたストライカーはミスティークだったのに。それともうっかりさんでまた捕まっちゃった?


恵まれし子らの学園にいる生徒は、角が生えてるとかノートを浮かしてるくらいの描写は欲しかったなぁ。

2016-08-24 水曜日(晴)@所沢

[]

2016-08-22 月曜日(雨)@所沢

[]

雨すごかったな〜

住所に「記録的短時間大雨情報」が出たのは初体験。

[]映画「シン・ゴジラ」大ヒットで大量発生、にわかマニアを撃退する“魔法の一言”とは?

http://www.asagei.com/excerpt/64361

興行成績が33億円を突破し、大ヒットを記録している映画「シン・ゴジラ」。公開されると映画好きの文化人がこぞって絶賛し、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明が総監督・脚本を務めたこともあって、最近の邦画ではあまり見られない熱心なマニアが誕生している。

そんな「シンゴジマニア」の間で盛んに議論されているのが、庵野総監督の過去の作品との関連や共通点探しだ。例えばゴジラ使徒そのものである、日本を取り巻く外交情勢が同じ、ヤシオリ作戦はヤシマ作戦そっくり、などなど。

「そうやってあれこれ推測するのが楽しみ方のひとつではあると思うのですが、シンゴジはなぜか他人同意を求めてくる人が非常に多いんです。おそらく『俺理論』を聞いてほしいのでしょう。それが見識の深い人であればいいのですが、中にはシンゴジとエヴァしか観ていない“にわかマニア”も多くてうんざりします」(アニメ誌ライター

そんな人たちを生み出すほどシン・ゴジラが素晴らしい作品だと言うこともできるが、ネットで語られている程度の話をされても困ってしまうのは事実だ。そんな時、相手をうまく黙らせるいい方法があるという。

「相手がシンゴジと過去作品の共通点を語り出したら、さも俺はわかっているという顔をして、『まあ庵野さんの作品で描かれているのは昔から一緒だからね。シンゴジとエヴァに限った話じゃないよね』と言ってください。エヴァとシンゴジしか知らない“にわか”は一発で黙ります。続けて『庵野さんが大学の時に撮った、“帰ってきたウルトラマン”からしてそうだからね』と言えば完璧です。実は庵野総監督の作品のテーマは昔から一緒で、『人類が対処できない事態に遭った時、人々はどうするのか?』これだけなんです。ただ、相手が本当に詳しい人の場合はやめておきましょう。逆に話が弾んでボロを出す可能性がありますから(笑)」(前出・アニメ誌ライター)

さっそく使ってみてはいかが?

にわかの何がいけないの? 

そこで撃退してたら、「にわか」から進めないじゃん。

こういう人間こそ消えてほしい。


ホントの「にわか」ならほっとけば消えるんだし、人が面白いと思って興味持ったものに対して、知識自慢で返すって下の下。


そもそも、『シン・ゴジラ』で喜んでる連中が、この意見に与すると思ってる見識の浅さ。

何十年前から、この手の話してると思ってるの?

これを語ってる「アニメ誌ライター」こそが、「にわか」というオチ?w

2016-08-13 土曜日(晴)@有明

[]C90 二日目【土】東パ12a


おしながき

【新刊】水玉螢之丞画業集成【表紙篇】¥1000

【新刊】SFまで100000光年以上1000000光年未満 ¥100

【既刊】水玉螢之丞画業集成【雑誌篇】¥1000


f:id:ShisyoTsukasa:20160708030245j:image f:id:ShisyoTsukasa:20160628034541j:image f:id:ShisyoTsukasa:20160719154650j:image


よろしくお願いします〜