Hatena::ブログ(Diary)

六月の雪 (はてなダイアリー) このページをアンテナに追加 RSSフィード

Learn as if you will live forever, Live as if you will die tomorrow.

2016-12-09 Fri. 乙丑 二黒 漱石忌 先負

訃報:ジョン・グレン氏

1958年からのマーキュリー計画にて宇宙飛行士の先駆者となり,77歳になった1998年にはスペースシャトルディスカバリー号で宇宙飛行の最年長記録を達成したジョン・グレン氏が,12月8日に95歳で死去されたとのこと。

2013年10月10日にスコット・カーペンター氏が亡くなり,マーキュリーセブンの最後の一人だった。→ マーキュリーセブン覚書

2016-12-07 Wed. 癸亥 一白 大雪 上弦 八せん終わり 一粒万倍日 友引

ソードアート・オンライン (13) 〜 (14)

ソードアート・オンライン (13) アリシゼーション・ディバイディング

整合騎士アリスが如何にアンダーワールドで特別な存在であるかがよくわかる巻。ベルクーリとユージオの戦い,そしてユージオの自分自身との戦い,その果てにあった,キリトが予感していた交わり。

 

ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング

最上階へ向かうキリトとアリスの前に現れたユージオ。元老院チュデルキン,そしてアドミニストレータとの戦い。ジャーロットにカーディナル。30本の剣。ユージオとアリス・ツーベルク,キリトとアリス・サーティは道を分かち,現実世界とアンダーワールドを繋ぐ危機が始まる?

 

2016-12-02 Fri. 戊午 六白 友引

マージナル・オペレーション(7)

自由戦士社からキシモトさん。狙われるNGO,スパイのあぶり出しにグレースさんの逆恨み。傭兵生活を楽しむシュワさん。タイの子供達を訓練する計画が動き出す。

 

2016-12-01 Thu. 丁巳 七赤 映画の日 鉄の記念日 旧十一月大 先勝

だがしかし(6)

かんばんシールチョコ/ふ〜せんの実ガム/ニッキ水/ブロイラー/むぎチョコ/プチプリン/ミニオッパイキャンディー/ブタメン/タトゥーシール/かき氷/昆虫採集セット/餅太郎/追憶ホームランバー/花火大会/追伸

夏が終わる巻。麦チョコは駄菓子だったのか。古き良き昔ながらの駄菓子屋を本気で愛するほたるさんの情緒が良かった。昆虫採集セットがとっくの昔にPTAの抗議などによって製造販売されなくなっていたことを知って悲しかった。あれを私が買ってもらったのは小学校二年生の時だっただろうか。昆虫の標本を作ったりなどはしなかったのが,何しろ理科少女だったので怪しげな液体や注射器やピンセットは眺めているだけで幸せでワクワクしたものだった。何もかも危険危険危険,ほんとつまらない世の中になったものだ。

2016-11-30 Wed. 丙辰 八白 赤口

GROUNDLESS : (1)〜(6)

架空の世界の内戦の物語。ガチな軍事もの。面白かった。

 

 GROUNDLESS : 1−隻眼の狙撃兵−

隻眼の狙撃兵/募兵/たった3日で使える兵士になるわけがない

疫病で本国から鎖国された島国アリストリア。暴徒と化した解放市民軍,軍と解放市民と自警団の狭間で混乱していく街。自警団の人たちを中心に物語は進んでいく。政治的な軍事ものであり人間模様を描くドラマでもあり面白かった。

 

 GROUNDLESS : 2−第三穀倉地域接収作戦−

班分け/ワズマ光源の低劣な戦い/メルシアの夜空教室/情報と心理/第三穀倉地域接収作戦/奇蹟は2度も起こらない

食糧事情が悪い街はもう限界。穀倉地域を抑え食料を手に入れるために自警団が出発する。が,訓練3日のど素人を含む隊なので戦闘以前の困難が…。一方ソフィアナディアを探す義姉に見つかってしまう。

 

GROUNDLESS : 3?死神の瞳? (アクションコミックス)

GROUNDLESS : 3?死神の瞳? (アクションコミックス)

 GROUNDLESS : 3−死神の瞳−

その銃弾が畏れと勇気を呼び起こす/私が兵隊になった日/前編.死神の瞳(1)/後編.死神の瞳(2)/はーい、休憩っ!

結局ソフィア頼みな戦い。ユズハが自警団にいる理由。狙撃兵に憧れるローサに語るモンドはちょっとかっこよかった。漁業の街カゲリザカから援助要請がきたが。

 

 GROUNDLESS : 4−夕陽の見えぬ街−

身勝手な人々/幼い決断/夕陽の見えぬ街/燃える滴と鉄の棺桶/信頼すべき人

カゲリザカに派遣された狙撃班。カゲリザカでの解放軍必死の対戦車作戦。狙撃犯奪還作戦。穀倉から脱走した少年。ソフィアの勘。

 

 GROUNDLESS : 5−カゲリザカの戦い−

カゲリザカの戦い/解放軍攻勢撤退/徒労の累積

シュバーハンたちは狙撃班回収に向かう。ソフィアたちは監視兵を怪しいとにらみ,何とか脱出しようと計画するが。解放市民と自警団に軍,各所に裏切り者がいたりして非常にややこしい。市街地戦の最低さ。

 

 GROUNDLESS : 6−豚の鉄槌−

豚の鉄槌/捨て駒だけが見る景色/家族ごっこ/あとがき

軍からの離反あいつぎ,かなりわけわからない。ソフィーとモンドは生き残るために必死。狙撃班回収部隊は彼女らを探して奮闘。一応カゲリザカの戦いは収束する。

ソフィーはやらなくちゃいけないことをやっただけ。戦争で殺した個人を怨んだり憎んだりするのは筋違いだが,一方で人間の感情はどうにもならない。

さよなら霜月

一年で一番好きな十一月。こんなにときめかずに過ごしたのは生まれて初めてだ。雲にも夕焼けにも紅葉にも何も感じなかった。夏の引っ越し以来感性がさび付く一方だがどうすることもできない。