Hatena::ブログ(Diary)

六月の雪 (はてなダイアリー) このページをアンテナに追加 RSSフィード

Learn as if you will live forever, Live as if you will die tomorrow.

2016-07-15 Fri. 戊戌 二黒 ぼん 大安

アニメ覚え書き(〜2016年6月)


  • ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?ネトゲで知り合った高校生達の日常。リアルとゲームの中の区別がつかないあこをみんなで矯正する部活の物語。リアル世界が中心で机を並べてゲームをしているシーンが出てくるところは斬新。あこがとにかくウザい。ハーレムもののようであり,そうでもない。猫姫さまいいよね猫姫さま。現実世界でもつい「にゃ」とか言っちゃっていい感じの先生。

  • ふらいんぐうぃっち : 魔女はともかく弘前の風景が綺麗だったので弘前城の桜を見に行きたくなった(元々ぽんこさんの写真みて行きたいと思っていたのだが)。ゆるすぎて毎週楽しみというより毎週和むって感じのアニメだった。猫の描写はネットでも言われていたけれどリアルで良かった。箒に乗ると股が痛いというのは斬新。お年頃の男女が出てきながら恋愛要素皆無というのは良い。

  • くまみこ : 面白かった。けっこう毎週楽しみだった。たぶん舞台は秋田県の山奥? 「これだから日本海側はイヤなのよ」というまちのセリフは挑戦的すぎて感嘆した。仙台とか東京とか聞けばキラキラした憧れを持ちながら実際に行くと田舎者は石を投げられるのではと恐怖を感じる。田舎も都会も賛美してないのがけっこう公平だった。良夫君がいい感じに困ったちゃんな地元想いの青年で面白かった。


  • パンでPeace!パン大好きな少女達のパンを巡る日常をえがく5分枠アニメ。パン友というのはこのアニメの独自用語

  • あんハピ♪ : 不幸を背負った女子高校生たちが幸福になるためのクラスで先生に指導されながら頑張る話。『まんがタイムきららフォワード』原作。面白かった。ギャグなんだけどみんなけなげ。不幸な少女達を指導する先生のスキルが感嘆に値した。先生の過去を描く番外編など見たいなと思った。以来,工事現場のオジギビトが気になるようになってしまった。

  • うさかめ : 5分枠アニメ。あんまり引き込まれなかったのであまり覚えていない。

  • 三者三葉 : 『まんがタイムきらら』で2003年2月号から連載されているそうで待ちに待ったアニメ化なのだろうか? そんなことは知らずに今期のきらら枠ということで見始めたが,面白かった。アニメでは没落お嬢様の葉子様が主人公だが,コミックでは食べるの大好きな双葉ちゃんが主人公とのこと。高校生だけでなく変な?大人も出てくるところもよい。薗部さんが楽しかった。



  • 少年メイド : ちょっと重い話を鋏ながらのギャグアニメ。家事大好きな小学生男子,千尋と,彼の母の弟である円と二人を取り巻く人々の物語。毎週の息抜き枠だった。面白かった。

  • ばくおん!! : 「けいおん!」リスペクト作品で,バイクが好きな女子高校生の物語。バイクのことなどわからないし…と思ったが,わからなくても面白かったから,かなり良い作品ではないかと思う。バイク乗りの人が見ても納得するバイクの音を使っていたらしいが,私はそういうことはわからない。最初の方は作業用に流していただけなので,しっかり見れば良かったかもと少々後悔している。後輩が真面目なタイプのツインテールあずにゃん的なところまでけいおんリスペクトだった。

  • ストライクウィッチーズ : 2008年7月〜9月のアニメ。今更だけど,見たことなかったのでアニメストアで視聴。女の子ミリタリーものの先駆け的アニメで,ようやくアキバに並ぶフィギュアの一部がわかるようになった。もっと前に見ておくべき作品だったな。面白かったので,続きも見なければ。

  • 坂本ですが? : 何をやってもスタイリッシュな坂本君とクラスメイトたちの物語…ということらしいが,坂本君がスタイリッシュかどうかは疑問だ。ある種のバカ? まぁ面白い奴であることには違いない。まぁそこそこ面白かった。

  • 田中くんはいつもけだるげ : 『ガンガンONLINE』で野崎君やはんだくんを読むときたまに見ていたが,けだるげというより田中君単なる怠け者でしょと私は思う。太田君はお嫁に欲しい系男子高校生。男ふたりはともかく,これは女の子たちを愛でるアニメである。宮野めちゃかわいい。白石さんもめちゃかわいい。越前も実はすごくかわいい。

 

 

「マクロスΔ」と「Re:ゼロから始める異世界生活」は今期に続く。

 

 

2016-06-23 Thu. 丙子 六白 沖縄慰霊の日 大安

2016-06-20 Mon. 癸酉 望(20:02) 友引

ちび丸艦隊 伊400型潜水艦

 いつぞや秋葉原ボークスで見かけてあまりの可愛らしさに感激して買おうとしたら見つからなかったので,通販で購入して作ってみた。

 接着も色塗りもほぼ必要なしということで,おそらく艦これをやっているプラモ初心者層を狙った商品ではないかと思うが,本当にものすごくできが良かった。削ったり整形したりしなくても部品がぴったり合う精度の良さ。さすが最新プラモだ。

 

IMG_3919.JPG

IMG_3921.JPG

 

デカールが難しい初心者用?にシールもついている。

IMG_3922.JPG

 

甲板の木目もシール。ただし,ずれないようにシールを貼り付けるのは意外に難しかった。

IMG_3925.JPG

 

翼を畳んで格納庫に収納された晴嵐コクピットは白く塗装,日の丸と翼の線はシール。

IMG_3927.JPG

 

艦これの提督さんなら伊401にするところだと思うが,『蒼き鋼のアルペジオ』のトリビュート作品『ソルティ・ロード』のイ402が好きで好きで。なので1隻は402,もう1隻はアルペジオで402と行動を共にする400にした。(できればズイカクとタカオも作りたい。ソルティ・ロード的に。)

史実の400型には日の丸とかついていなかったっぽいので,旗のシールは貼らなかった。

IMG_3929.JPG

 

2隻いるとかわいい。

DSC05426.JPG

 

DSC05427.JPG

格納庫の飛行機はかろうじてプロペラだけ見える。

DSC05433.JPG

 

2016-06-14 Tues. 丁卯 六白 友引

鎌倉 with ひめの(2016-05-13)@カンパネラ

長谷駅のすぐ横にあるカフェ。静かで落ち着いていて,ゆったりと寛げるカフェだった。

店の前に立派なブラシノキ

DSCF9507_20160513

 

店の奥のステンドグラス

DSCF9508_20160513

DSCF9511_20160513

 

美味しい珈琲だった。

DSCF9510_20160513

DSCF9513_20160513

 

インテリアがお洒落。

DSCF9514_20160513

DSCF9515_20160513

 

DSCF9517_20160513

 

 

鎌倉 with ひめの(2016-05-13)@長谷寺

鎌倉大仏を見たあと,長谷駅へ戻りつつ途中の長谷寺の観音様を見学。

長谷寺とは関係なく途中の土産物屋の店先にいたお喋りフクロウのぬいぐるみ。話しかけるとオウム返しする仕組みなのだが,わかっていても「反応する」というのはそれだけで可愛らしいものだ。

DSCF9465_20160513

 

長谷寺は花と緑が美しい頃だった。

DSCF9468_20160513

DSCF9470_20160513

DSCF9475_20160513

良縁地蔵さま。かわいい。

DSCF9473_20160513

DSCF9476_20160513

DSCF9480_20160513

DSCF9481_20160513

DSCF9483_20160513

DSCF9484_20160513

DSCF9486_20160513

海が見える展望所があって気持ちよかった。さすが湘南

DSCF9491_20160513

DSCF9488_20160513

空を見上げると鳶の姿を度々見かけた。

DSCF9494_20160513

DSCF9495_20160513

 

DSCF9496_20160513

DSCF9499_20160513

和み地蔵。和むね。

DSCF9503_20160513

 

 

鎌倉 with ひめの(2016-05-13)@鎌倉大仏

鎌倉から長谷まで江ノ電に乗って,鎌倉大仏さんに会いに行った。

江ノ電には一度乗ってみたいと東京に来た頃から思っていたのに,自宅から鎌倉は結構な距離なので,この日が初めての乗車だった。

江ノ電 鎌倉駅

DSCF9402_20160513

DSCF9403_20160513

 

江ノ電 長谷駅シャッタースピードが速すぎて行き先の「藤沢」が切れてます><

DSCF9409_20160513

 

途中の道沿いにあった土産物屋さん。

DSCF9414_20160513

DSCF9422_20160513

 

大仏到着。門をくぐる。関東の観光地は平日の昼間でも人だらけ。

DSCF9423_20160513

DSCF9424_20160513

 

何とも開放感のある大仏さんだ。

DSCF9427_20160513

 

DSCF9429_20160513

大仏を見上げるひめのちゃん。

DSCF9438_20160513

 

DSCF9440_20160513

お供え物も大きくないと映えない? 西瓜とか晩白柚かしら?

DSCF9444_20160513

 

DSCF9455_20160513

DSCF9450_20160513

近くのお店。大仏がちゃ?!

DSCF9459_20160513

DSCF9461_20160513

 

 

鎌倉 with ひめの(2016-05-13)@豊島屋・鳩サブレー

鎌倉へ行くとすごい確率で豊島屋の紙袋を持った人を見かけるので,思わずバターの香りがする鳩サブレーを想像して欲しくなってしまう。

DSCF9389_20160513

 

豊島屋・鳩サブレー本店の2階には世界の鳩グッズのギャラリーがある。とても充実したコレクションで一見の価値があると思うのだが,いつも誰もいない。

DSCF9396_20160513

 

DSCF9390_20160513

DSCF9394_20160513

DSCF9395_20160513

DSCF9397_20160513

DSCF9398_20160513

DSCF9399_20160513

DSCF9393_20160513

 

本店の限定グッズ

DSCF9627_20160513

 

もちろん鳩サブレーも。5枚入りの小さなサイズがあってありがたかった。

DSCF9635_20160513

 

2016-06-13 Mon. 丙寅 七赤 三隣亡 先勝

鎌倉 with ひめの(2016-05-13)@カトレヤギャラリー

DSCF9330_20160513

 

『誕生日配達人 プーシカおばあさん』の挿し絵をお描きになった有賀千砂さんの個展「メルヘン水彩画展」を見るために鎌倉へ行ってきた。

 

「メルヘン水彩画展」会場。

植物やクラゲなど自然の中に溶け込んだような少女たちは,線も色も優しい素敵な世界。たくさん写真を撮らせていただいた。

DSCF9378_20160513

 

ひめのが見ているのは「そらからくるもの」という表題の絵。

DSCF9380_20160513

 

DSCF9371_20160513

 

DSCF9369_20160513

 

DSCF9367_20160513

 

プーシカおばあさんの表紙になった絵の前で。

DSCF9368_20160513

 

DSCF9384_20160513

 

プーシカおばあさんの本の挿絵。

DSCF9345_20160513

DSCF9346_20160513

 

素敵なカレンダー。

DSCF9355_20160513