まどろみドラゴンの映画観覧録 (ΦωΦ) このページをアンテナに追加

空きすぺ〜す
だょ〜ん
DMの予定: 4レベル『魔剣の囁き、第4版』、7レベル『翠玉爪の野望、第4版』
7レベル『深紅の星々の地下聖堂』
『巨人族の逆襲』その2
15レベル『砕かれた魂の迷宮』
PLの予定:
 
  
TOHO海老名  TOHOららぽーと横浜  TOHO南大沢  TOHO小田原
イオン海老名  イオン新百合ヶ丘
MOVIX橋本  シネプレックス平塚  小田原コロナシネマワールド 
 ディアナ・アグロン、メラニー・ロラン、エレン・ペイジ、クロエ・グレース・モレッツ
出版物:5e 『指輪物語』の好きなシーン
出版物:3e 出版物:4e
ダンジョン誌冒険:3e ダンジョン誌冒険:3.5e
WEBダンジョン誌冒険:3.5e WEBダンジョン誌冒険:4e
“戦の鱗片”冒険群 “渾沌の痕”冒険集
各種設定
4e 公式シナリオ解説 d20パスト 自作科学装置命名式
スターウォーズRPG スターウォーズRPGサガ・エディション
ドラゴン誌公式 ダンジョン誌公式
出版物:パスファインダー 3e系翻訳ルール・リスト
    
天安門事件

2018-06-17

[] 1982 TSR9065 WG4 タリズダン神の“忘れられた神殿” The Forgotten Temple of Tharizdun  1982 TSR9065 WG4 タリズダン神の“忘れられた神殿” The Forgotten Temple of Tharizdunを含むブックマーク  1982 TSR9065 WG4 タリズダン神の“忘れられた神殿” The Forgotten Temple of Tharizdunのブックマークコメント


導入

 この神殿は旧い時代に“とこしえの闇の君”タリズダン神を崇拝する秘密の礼拝所として建立された。それは最も邪悪な人々を引きつけ、教団は何世代もの間繁栄し、次々と周辺の国々に軍勢を繰り出しては恐るべき行為を成した。しかしながら、遂にはタリズダン神と彼の邪悪に抵抗する人々との間に大いなる戦いが開かれた。彼女らは彼自身を滅ぼすことはできないまでも、彼の力に打ち勝ち、そして誰にも発見できない場所に彼を投獄するほどに強かった。斯くてタリズダン神は大地の表面から、既知の次元界のすべてから消え失せ、再び姿を現すことはなかった。


 しばらくの後、彼の使徒が神格を顕現させるべく無人神殿に舞い戻ってきた。これらの邪悪な人々の多くは強力なマジックユーザーとクレリックだった。一同はタリズダン神に何が起きたかを突き止めると、彼を解放して帰還させ、いま一度彼らを統治してもらうべく全力を尽くした。これら“とこしえの闇”の使徒の試みはすべて無駄に終わったが、占術と捜索の結果、神殿の直下に“黒き嚢胞”が存在することが明らかとなった。魔法と肉体的作業により、彼らは“黒き嚢胞”を求めて下方への掘削を始めた。彼らがそこに見いだしたものは、彼らを動揺させ、そして落胆させた。半球状の部屋の中には、(レヴィテーションで浮かぶ)巨大な黒い針状の岩があった。これがタリズダン神の物理的顕現なのだろうか? 誰にも分からなかった。それは紫色の蒸気のようなエネルギーに包まれ、黒く不明瞭な姿をしていた。この謎は、いかなる儀式でも、呪文でも、魔法でも解くことはできなかった。時間だけが過ぎていった。探求者たちはこれが彼らの投獄された神格であるかの確認作業自体を儀式として定めた。それが祭壇に安置されていると見せかけるため、黒い針状の岩を使った高さ12フィートの祭壇が真下に築かれた。世代を経るにつれ、下僕たちは“黒き嚢胞”の中で生き残るためにタリズダン神に哀歌と祭儀を捧げ続け、果てしなき奉仕のみが覚醒に至る手段であると定められた。さらに時間が経過すると、その儀式すらも形骸化して無意味なものと成り果てた。タリズダン神のクレリックは、初期の使徒たちが心血注いで集めた貴石 - 5000gpから50000gpの価値を持つ333個の宝石 - で私腹を肥やし始めた。これらの宝石は徐々に価値の低い石に置き換えられて行き、この神の従者は別の神に鞍替えすると別の場所で悪を成すために姿を消していった。


 最終的に、ほんのひと握りの忠実なクレリックたちが覚醒儀式を日々繰り返すために留まった。このひと握りのうち何人かがモンスターによって殺され、他の者たちは遂には老いて死んだ。最後の大司祭は、ただひとり死に場所を求めてダンジョンを彷徨い、遂に下方神殿にその場所を定めた。そうして、約1世紀前にタリズダン神の最後の使徒が死んだ。それ以来神殿には、人間に分類される居住者がいなくなった。


 やがて神殿は、様々な徘徊するモンスターに一時的なねぐらとして使われた。数体が奥まで進み、また数体が下層にまで進み、そしてその習性に基づいて殺し合った。何十年も経過した頃、人間たちの記録はすでにおぼろであり、最後のクレリックが死去する前に神殿は少数の賢人と学識の深い人々以外のすべてに忘れられていた。ここを棲処とした歴代のクリーチャーたちは、この場所の名称も目的も知ることはなかった。ここは正しくタリズダン神の“忘れられた神殿”であり、探検に赴いた冒険者がそれを確定するまでそのままでいるだろう。


f:id:Tirthika:20180618002211j:image:h200 f:id:Tirthika:20180618001720j:image:h200

2018-06-16

[] ゴジラ 決戦機動増殖都市  ゴジラ 決戦機動増殖都市を含むブックマーク  ゴジラ 決戦機動増殖都市のブックマークコメント

 怪獣映画(サメ映画と同義)


 1は微妙ながらもシンに対するカウンターとして許容範囲内だが、こっちはダメだなあ。

 シンが人間の理性での勝利としたら、こちらは人間の感情による敗北。行動がバカなのが哀しい。

 3は遂に金星を3日(地球時間で729日)で滅ぼしたアイツが来るようだが、はてさて (ΦωΦ)

2018-06-15

[] 1982 TSR9061 S4 ツォーカントの“失われた大洞窟”The Lost Caverns of Tsojcanth  1982 TSR9061 S4 ツォーカントの“失われた大洞窟”The Lost Caverns of Tsojcanthを含むブックマーク  1982 TSR9061 S4 ツォーカントの“失われた大洞窟”The Lost Caverns of Tsojcanthのブックマークコメント


導入

 約1世紀ほど前、大魔道師イグウィルヴは悪の軍勢を繰り出し、征服地に居を構えた。 彼女はペレンランドに侵攻すると10年で辺境地域を攻略し、飽くことを知らない欲望のまま略奪を繰り返して巨万の富を築いた。伝説によると、大魔道師が強力な魔力を得たのはツォーカントの“失われた大洞窟”を発見したためで、この上ない力を得るための秘中の秘を手中にしたとされる。イグウィルヴがこの“大洞窟”から彼女の領国を支配したことは確かだ。そこで彼女はさらに魔力を増幅しようと、秘術実験や儀式に傾倒した。


 これらの実験が彼女の失脚をもたらした。彼女が捕らえ使役していたデーモンのグラツズトが事故により解放されてしまったのだ。恐るべき戦いが始まった。最終的にデーモンはアビスに撤退したが、深手を受けたイグウィルヴからは勢力も権勢も永遠に失われた。彼女の勢力は失われ、イグウィルヴの領国は引き裂かれた。彼女の従者や奴隷は財宝を略奪したが、敵軍の包囲を受けて四散した。しかしながら、大魔道師は最後の力を使い、“大洞窟”の隠し場所に彼女の財宝を移した。伝説によると、この財宝には偉大な力の込められた大冊が数冊、そしてダーウーズ・ワンドラス・ランソーンと呼ばれる有名なランプが含まれていると言う。


 誰も他に何が隠されているかを知らない。なぜならまだ誰もイグウィルヴの秘蔵物を発見していないからだ。そしてイグウィルヴの生死を知る者は誰ひとりとしていなかった。最近まで、ツォーカントの“失われた大洞窟”に残る彼女の財宝は、幼子を楽しませるための寝物語と思われてきた。数年の間に、壁掛け、敷物、彫像、希少な美術品が取り戻され、また貴金属の収納箱、貨幣の詰まった袋、宝石や宝飾品でいっぱいの宝箱等も取り戻された。彼女の財宝はすべて略奪され、もはや一片の魔法も財宝も残っていないと思われた。しかしながら最近の調査によると、魔法のランソーンは確かに存在し、イグウィルヴはそれを所有していたという。イグウィルヴの棲処はヴェルヴァーダィヴァ河の峡谷沿い、シュヴァルツェンブルインとハイフォークの間の山中に位置することははっきりしていた。“大洞窟”の場所を捜索するため、アイウーズ領、ペレンランド、ケトはヤティル山脈に遠征隊を繰り出したが、生還した者は少なく、実りはなかった。


f:id:Tirthika:20180618001847j:image:h200 f:id:Tirthika:20180618001720j:image:h200

2018-06-14

[] 劇場版マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜 MX4D  劇場版マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜 MX4Dを含むブックマーク  劇場版マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜 MX4Dのブックマークコメント

 迫力。


 座席がヴァルキリーの機体挙動に追従して動き回るのだが、なかなかに揺さぶってくれる。

 楽しい (^ω^)

[] ゲティ家の身代金  ゲティ家の身代金を含むブックマーク  ゲティ家の身代金のブックマークコメント

 実際にあったシリーズ


 石油王ゲティの孫と誘拐事件の物語。

 ぁぁ、富める者にはこういうこともあろうかという、手に汗は握らないけどジワジワ汗が出てくる展開。

 まあよし (ΦωΦ)

2018-06-05

[] コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道  コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道を含むブックマーク  コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道のブックマークコメント

 それでも俺は、明日が欲しい!


 再始動したルルーシュ編4部作(?)の3作目。いわゆるテレビ第2シリーズの最終回まで。

 そんな不自然でもなく見事につながれて復活。


 そして復活編へ (^ω^)

2018-06-04

[] デッドプール2  デッドプール2を含むブックマーク  デッドプール2のブックマークコメント

 義兄登場


 第四の目の使い手によるハッピーでファミリーな冒険。

 全編軽妙な軽口で笑わせつつ、奇妙に泣けるお話。

 イイネ (^ω^)b

2018-05-28

[] ランペイジ巨獣大乱闘  ランペイジ巨獣大乱闘を含むブックマーク  ランペイジ巨獣大乱闘のブックマークコメント

 ぜんっぜん、わかんない!


 遺伝子改造の実験施設が破壊され、その成果が自然保護区に落下し…という全般的におおざっぱなお話。

 脳は使わずふいんきをあじわおう (ΦωΦ)