ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

VanaH-Fujisanの徒然草

2012-04-07 VanaH

VanaHはじめに



最近よく名前を聞くようになった「天然水素水VanaH」についてい、いろいろ調べてみてまとめてみるブログです。

「VanaH」って何?「天然水素水」とはどんな水?VanaHに多く含まれている「バナジウム」ってどんな効果があるの?などを書いていきます。

「飲むだけじゃもったいないVanaH」のさまざまな使い方についても、いろいろ発見をしながら多くの人に実践しながら伝えられればとおもいます。

わたしもいろいろVanaHを飲んでいろいろ実践する中で様々な効果があったんです。そのVanaHの素晴らしい体験を多くの方と共有するのがこのブログの目的です!

追記
Facebookページもあるんですね!
https://www.facebook.com/VanaH.water

VanaHはじめまして



ご挨拶させていただきます。はじめまして、モモです!

30代専業主婦をやっております。趣味はネット、結構マニアックで調べ物が大好きです。

小さい頃からいろいろ調べてまとめるのがライフワークになっていまして、このブログではいま話題の天然水素水「VanaH」についていろいろまとめていきます。

こういう形のブログは初めてなので、うまくできるかわかりませんが、がんばってみます!

また集中力や落ち着きがないからか、VanaH以外の話に脱線することもあるかもしれませんが、生暖かい目で見てやってくださいな(笑)

はじめに2 VanaHを飲むようになったきっかけ



東日本大震災の後って放射能報道がたくさん流れていたじゃないですか、そんな中で「水道水って大丈夫なの?」という疑問が生まれ、日頃飲む水についていろいろ考え調べだしたんです。

水道水は「飲んでも問題ない」「ただちに健康に影響を及ぼすほどのものでもない」ということがしきりに言われていますが、ちょっと飲みにくくなっちゃったなあというのが私の感想で、いい機会だし、日頃からミネラルウォーターを飲もうかなという風に思い始めました。安全面もありますが、水道水は味がおいしくないというのもありすね。

というわけでいろいろ調べたり試したりして、どのミネラルウォーターが良いのかと探していました。そんな中で、CMなどでも名前をよく見る「VanaH」がどのようなミネラルウォーターなのか気になり始めたんです。

VanaHはどんな水なのだろう。そしたらたまたま私の主婦の友達がVanaHを毎日飲んでいたみたいで、その人の紹介で、VanaHに詳しくなって、それから毎日VanaHを飲むようになったんです。

「VanaH」「天然水素水」「バナジウム」など何も知りませんでしたが、いろいろ調べたり教えてもらったりする中で、「すごいぞ!VanaH!!」となっていったのでございます。

VanaHは本当にすごい。と友達もすすめるので興味津々。

VanaHって何?



「天然水素水VanaH」ってなんでしょう?よく名前は聞くしCMで流れているし人気商品なのは知っていました。同じような方も多いのではないでしょうか?

VanaHは富士山の麓、山梨県富士吉田富士山国立公園内の専用採水井戸からくみあげるナチュラルミネラルウォーターです。

富士山の麓のある特定の地域の湧水はその「おいしさ」「きれいさ」「水素の含有量の多さ」「特有のミネラル成分の豊富さ」などで知られます。そんな富士山の麓の採水地の中でも特にそれらの条件を満たし、優秀なナチュラルミネラルウォーターが採水できる場所に採水工場をおき、ミネラルウォーターの製品にしているのがVanaHです。

富士山の麓でも場所によってミネラルウォーターに含まれているミネラルの成分って微妙に違うらしいんです。VanaHが採水できる富士吉田では「バナジウム」という希少必須ミネラルが多く含まれたミネラルウォーターが採水できるエリアなんだとか。

「天然水素水」の効果としてあげられるのが、活性酸素の増加を抑えるということです。期待できる効果としましてはガンの予防、心筋梗塞、脳疾患などのリスク軽減、お肌を綺麗に保ったりアンチエイジングなどの美容効果、ダイエットなどなどいろいろです。

バナジウム」は、血糖値を抑えるインシュリンと似た働きをするという効果があります。血糖値が下がり正常に保たれることで期待できる効果としては、脳卒中脳梗塞などの成人病のリスク軽減、太りにくくなる(やせる)、デトックス、などなどこちらもいろいろです

VanaHって何?2


日本を代表する富士山の雄大で豊かな自然が生み出した「VanaH」。硬度29でミネラルをバランスよく含んだ軟水である「VanaH」は、癖がなく口当たりがよく、とても飲みやすいのが特徴です。

ph値が(水素イオン指数)が7.3と人間の浸透圧にきわめて近い、弱アルカリ性で体にやさしいという特徴やミネラル成分と共に体内に吸収されやすい特徴があります。

富士山国立公園内という環境でボトリングされるVanaH。その生産工場の環境はミネラルウォーターを製品化するにはとても素晴らしい環境です。

保護された自然環境の中で徹底した品質管理を行い、きれいで安全、しかもおいしいVanaHを1本1本丁寧にボトリングしているのだといいます。

VanaHってどういう会社?



本社を山梨県富士吉田市に置く「VanaH」。VanaH第一生産工場が本社を兼ねています。

富士山の麓の標高約800メートルに位置し、生産工場は富士山国立公園内にあります。広大な自然、雄大な富士山、そのような恵まれた環境でVanaHを生産しています。

富士山の自然とともに歴史を重ねた富士吉田は、豊かな水源があることで知られ、日本各地から水をくみに来る人が多いのだとか。そんな富士吉田の中でも、特に天然水素バナジウムの含有量が高いエリアに採水井戸を持ち生産工場から、日本中・世界中にVanaHを届けています。

そのVanaHの歴史ですが、2011年11月1日「バナ株式会社」としてスタートしたのが始まりだといいます。

2009年5月に、世界に誇る企業を目指すためにという理由から企業名と商品ブランド名を統一した「VanaH株式会社」という社名に変更。

現在では世界各国にVanaHのファンがいる有名企業となり、これからの発展も期待される優良企業でなんですって。

私はVanaHの名前については最初CMで知ったのですが、社会貢献活動やスポンサーとしてのゴルフなどの大会開催など、いろいろな方面で名前が広がっているみたいですね。

調べてみるとVanaHがいろいろ社会貢献自然保護などの活動を行なっているのがわかってきました。このあたりのこともまた今度まとめてみようと思います。

VanaHはどこで売っているの?



VanaH株式会社が販売するナチュラルミネラルウォーター「VanaH」。

全国のエージェント(代理店)、全国のVanaHSHOP、ホームページやファックス、amazonインターネット上の通販サイト)などで販売を行なっております。

昔はAmazonでの販売もなく、VanaHSHOPも少なかったたらしいのですが、今ではすぐ簡単に手に入るようになったらしいです!

値段は値段は2000ミリリットル6本(6,800円)、2000ミリリットル12本(6,800円)、500ミリリットル24本(8,100円)。

HP http://www.vanah.co.jp/index.html

私は最初はとりあえず私はamazonから2000ミリリットル6本(6,800円)をお試しで買うことからはじめました。

amazonは日頃から使い慣れているのですぐ購入ボタンをポチっと押しました。インターネットの通販サービスはそれにしても本当に便利ですよね。インターネットの通販サービスの楽しさ便利さを知ってからは家を出るのが30%は減ったような気がします。だってなんでも揃ってるし、すぐに宅配してくれるしで、本当に楽ちんなんですもん。

VanaH工場見学に行って来た1〜吉田うどんうまし〜



VanaHをはじめて一ヶ月ほど、主婦の友達に誘われて行ってまいりましたVanaHの工場見学!

VanaHの本社・工場がある山梨県富士吉田に主婦友3人で埼玉から車でびゅーん。富士山が目の前に見え、空気も凄く美味しい!さすがVanaHの水源地なだけあって、きれいな自然がたくさんです。

富士山の麓にある富士吉田標高800メートルに位置し、市の大部分が国立公園なのだとか。「富士山の自然が育んだVanaH」なるほどですね〜

今回、見学以外にも山梨富士吉田の観光をしてきました。ちょっとした小旅行ですね。なかなか充実したものとなりましたよ!VanaHの水源地の富士吉田はお水がとても美味しい事でとても有名らしいんですね、そのお水で作る料理もまた一品ということで、旅行前からいろいろリサーチ(食についてはすごくまめに調べます)!

富士吉田の美味しい食事と言えばやはり「吉田のうどん」ですね。「農山漁村の郷土料理百選」に選ばれた有名郷土料理らしいです。硬くてコシが非常に強い太麺と、赤唐辛子をベースにゴマ・さんしょう・しょうゆ・砂糖などを油でいためて作った「すりだね」(薬味みたいなもの)、具はキャベツや油揚げ、馬肉や豚肉などの肉を使うのが特徴です。

私たちはVanaHに行く途中の民家みたいなお店に入ったのですが、いやーーー本当においしかったです!!麺のコシが凄い!!!うどん作りには水が大事と言いますが、VanaHの水源がある富士吉田の水で作る吉田うどんは、やはり普通のうどんとはひと味違いますね。

食べながらVanaHの料理への利用の仕方をいろいろ考えてしまいました。(後日いろいろ調べてみてまとめるつもりです、これはなかなか面白いので研究しがいがありそうです)

私たちが入ったお店は、みそとしょうゆを合わせた汁のおうどんでした。店によっていろいろ汁や具が違うみたいで、お店を巡るのもかなり面白いのではないでしょうか。

私は何度も四国香川うどん県)の「さぬきうどん」巡りの旅に出たことがある程のうどん好きなので、こういう食べ歩き的なことを発見してしまうと興味が止まらなくなってしまいます。今回は1軒しかいけませんでしたが、再度上陸して吉田うどんを食べ歩いちゃう予定です。

VanaH工場見学に行って来た2〜バナの泉〜




最近テレビや書籍で「工場見学」凄く人気ですよね。わたしも工場見学には凄く興味があって、今回こんなかたちで、大人のお工場見学初体験となり大興奮!連れて行ってくれたVanaHエージェントの主婦友には大感謝です!

前日は興奮しちゃってたのか、実はなかなか眠れなかったんですよ。主婦友に「VanaHの工場見学は凄く面白い!!」と熱く語られ、楽しみになりすぎちゃったというのもあるんですが(遠足前夜の小学生か)、行きの車の中では爆睡してしまいました。運転してくれた友達にはなかなか申し訳なかったです(ちなみに私は自動車免許は持っていません)。

工場に到着!VanaH第一生産工場は本社をかねているみたいです。入り口看板には「VanaH株式会社 バナの泉」と書いてありました。

敷地内に入ると大きな滝が。「それにしてもでかい!!!」そうこれが「バナの泉」。チェ・ジウさんが出演しているVanaHのCMでも写っていましたね。

ちなみにVanaHのCMの曲は「バナの泉」という歌で、その歌の歌手の石山実乃さん(「MiNo」という名前で芸能活動中)はVanaHの社長の石山久男さんの娘さんだとか。

ここではVanaHの原水が飲めるということで長蛇の列ができていました。これを目当てに毎日バナの泉に行列ができるみたいです。多くの人がポリタンクやペットボトルを持っていて、もちろん私たちもポリタンク持参!水運びは大変でしたが、多くのVanaHの原水をゲットできました。

天然水素水として有名なVanaHですが、VanaHの原水はどうやら天然水素の濃度が凄く高いみたいです。やはり採れたてのVanaHが一番良いということですね。

というわけで、その場でVanaH原水をがぶがぶ飲みます。一緒に来た主婦友もがぶがぶ、周りの人もがぶがぶ飲んでおります。VanaHのエージェントの主婦友にも社員の方にも「飲めるだけ飲んで、体内を良い水分で満たしましょう」と言われていたんで、5杯を一気に飲みました。「VanaHは利尿作用にとても優れたお水なので悪い成分、悪い水をすぐに追い出してくれる」のですって!周りの人では10杯以上飲んでいる方も(凄い!)

飲み終わった後は一息して社員やいろいろな方とおしゃべり。世界でこのように天然水素が豊富な水が出るところはVanaHの水源地以外ではフランスの「ルルドの泉」やドイツの「ノルデナウの水」、メキシコの「トラコテの水」などと限られているようです。これらの水源の水もVanaHと同じように、病気の治療や予防などに効果があるみたいで、現地の人たちからは「聖なる水」「奇跡の水」と呼ばれ毎年数百万人の人が訪れてその水を飲んでいるようです。

フランスの「ルルドの泉」やドイツの「ノルデナウの水」、メキシコの「トラコテの水」、この3つのどこか名前は一度は聞いてことある方も多いのではないでしょうか?

これらと同じような水源地が山梨県富士吉田市のVanaH「バナの泉」にあったとは!しかもVanaHの水源は富士山の麓にあることから、ミネラルの中にケイ素が入っており、天然水素を多く水分中にとどめておく効果があるとかで、VanaHは世界的に見てもトップの天然水素含有量なのだそうです。すごいぞVanaH!!

また水素含有量だけでなくバナジウム含有量多いVanah。バナという名前なだけにVanaHがバナジウムの含有量が多いというのは知っていましたが、なぜ多いのか、なぜバナジウム摂取すると良いのかなどはまだまだ全然知りませんでした。

バナジウムを含有した天然水が採水できる場所は日本でも数カ所、特に富士山の限られた地域で採水できる天然水に多く含まれているのが有名なのらしいです。その富士山の限られた地域のさらに、バナジウムを多く含んだ水源にVanaHの水源があるのですって。

なんで富士山の限られた地域だとバナジウムが多く含有された天然水が採水できるのかというと、富士山にはバナジウム濃度が高い7層により形成される玄武岩層(バサルト層)があり、富士山に降り注いだ雨や雪が長い年月で玄武岩層にしみ込み、その過程でバナジウムが溶け出し、バナジウム濃度が濃い天然水となるのだそうです。


そのようなお話をしながら、うろちょろしていたんですが、周りのお花畑凄いですね。その他の自然も凄い。富士山国立公園内なだけに本当に自然が豊富です。森林浴みたいに癒されちゃいました。

VanaH工場見学に行って来た3〜大人の工場見学〜




いよいよ工場内突入!

VanaHは300メートルの地下の水源から非加熱無菌濾過常温充填システムを用い直接ボトリングしているのだそうです。熱を加えてしまうとVanaHの豊富なミネラルの成分が変化してしまったり、天然水素が失われてしまったりするので、非加熱にこだわっているのですって。世界のミネラルウォーターの会社のほとんどが加熱殺菌でのミネラルウォーターボトリングなのだそうです、ですので非加熱殺菌の製法を採用しているVanaHのボトリング方法は大変にめずらしいのだとか。

世界中のミネラルウォーターと比べてもVanaHの水が一番優秀だと言われている理由がよくわかりますね!

またVanaHの安全配備や環境配慮などへの説明はとてもわかりやすく、とても勉強になりました。安「全な水を安心できる環境から」がもっとーのVanaHは、第一生産工場内にクリーンルーム(安全管理をしっかり行い、清潔さを徹底した生産環境)を設け、「クラス1000」という国内・国外トップクラスの清潔な環境でVanaHを生産しているのだそうです。

そんな工場見学なのですが、私が一番面白かったのは機械がオートメーションでどんどんVanaHをボトリングしていく過程です。これは何時間見ていても飽きないと思います!!なんなんでしょうねこの魅力は。
あまり多くの方に共感を得られないかもしれませんが、工場見学ブームもあるので、同じように機械の作業を見るのが好きという方も多いのではないでしょうか。

また2階部分では3D映像ショーが行われました。3Dメガネを付けての本格的なもので、工場見学なのになぜ!?と思ってしまうような壮大なスケールの映像ショーが展開され、まさに3D異次元空間というような体験をしました。

いろいろ面白いVanaHの工場見学でした。最近では企業や学校からの工場見学の申し込みもあるんですって。いろいろ勉強になるのでとても良いと思います!

VanaHのプレゼントなどもあり満足度は凄く高いです。





VanaH第一工場

VanaH工場見学に行って来た3〜説明会も受けました〜




工場見学の後はなんやら特別に説明会に参加できるとかで、工場内の説明会スペースに案内されました。

なんとそこに登場したんはVanaH の社長の石山久男さん!いろいろ面白く為になるお話を聞けました。いろいろ興味深かった話が多かったのですが、その中でも特に良かった話をピックアップしまとめてみます。(メモがあまりちゃんととれなかったので、曖昧な記憶の中からいろいろ調べてのまとめです)

活性酸素」ってみなさんご存知ですよね?あのガンの原因としてよく名前の出てくるアレです!!活性酸素は体内で一定の量であれば、体内に侵入したウイルスや菌などを倒してくれますが、体内の活性酸素量が増えすぎると、各組織で正常な細胞を溶かしたり、刺激を与えてさまざまな障害を起こしたりするそうです。この働きを「体の酸化」なのだそうです。

活性酸素が増えると細胞だけでなくDNAタンパク質、脂肪なども酸化してしまいます。こうなってくると、ガンが発生したり、それだけでなく、心筋梗塞動脈硬化脳卒中糖尿病アトピー胃潰瘍子宮筋腫リウマチ、ぜんそく、花粉症の原因から、 お肌のしみ、そばかす、しわなど老化の原因にもなるのだそうです。

その活性酸素の増加を抑える効果があるのが活性水素が溶けた水素水です。その水素水に目を付けていた社長が、この天然水素が大量に含まれたVanaHの水源と出会い、現在に至るのだとか。

活性酸素がガンの原因になるのは知っていましたが、ここまでさまざまな病気などの原因になっているとは知りませんでした。体が活性酸素により酸化し錆びていくのが老いという現象であり、生きていく中で体が錆びていってるのなんて考えないですよね。

長生きがしたい、健康的に、しかも若々しく、というのは人類みんなが持っている共通の願いだと思います。これらを達成しようと頑張るのは、活性酸素の増加を抑えようと頑張る作業と多くが共通するのだとわかりました。

VanaHという活性水素が多く溶けたミネラルウォーターを毎日飲む事で、活性酸素の増加を抑えられ、それにより、ガンやさまざまな病気の予防、お肌のしみ、そばかす、しわを増えないようにするアンチエイチング作用の効果があるのだと納得しました。

予防だけでなく、治す事にも効果が期待できるのがVanaH の特徴です。水素水であるVanaHを毎日飲む事で、体中の隅々を水素で満たし活性酸素の量を減らすことで、さまざまな効果が期待できるのだとか。

またVanaHに多く含まれているバナジウムは「血糖値を下げる効果」があり、インスリンと似たような働きをするのだとか。私の家庭は糖尿病の人はいない家系なので、あまり血糖値インスリンなどについて詳しくなかったのですが、糖尿病予防以外でも多くの効果があるみたいです。

例えば血糖値がさがると血液がさらさらになるのだとか。どろどろ血液だ脳卒中脳梗塞などの成人病(今は生活習慣病という呼び方ですね)のリスクが凄く高くなります。また血糖値が下がると脂質・コレステロール代謝を促したり、中性脂肪が付きにくくなるという効果や、細胞新陳代謝が活性化されるので、美容や老化防止の効果も期待できるのだとか。

この話を聞いた時はかなり興奮してしまいました。というのも、私はかなり努力はしているつもりだが、歳をとるごとにスタイルがだらしなくなっているし、夫のは高血圧だしと、私たち夫婦にとってバナジウムが多く含まれたVanaHは願ったり叶ったりなのですよ!

「体から悪い水を追い出して良い水で満たしましょう」という言葉を覚えています。人体の60パーセント以上は水分であり、一日に2〜3リットルの水分が排出されるのらしいですが、自分の体内に入れる水ならば綺麗なものを入れたいですし、良い水で体を潤して健康でいたいですよね。バナジウムには解毒作用もあるたしくまた、水そのもののデトックス作用もあるので、水を飲む事で体を綺麗に保つことができるのだとか。

水についていろいろ考えてしまいました。

VanaH工場見学に行って来た4〜いろいろ面白い富士吉田〜




気がつけばあっという間、工場見学は終了。私達は帰路につくのでありました。

何個か前の記事でも書きましたが、山梨富士吉田はいろいろ他にも面白いスポットッが目白押しです。

行けなかった場所がほとんどなんですが、次ぎ行く時には絶対に行こうと思うので私のメモも兼ねて何個かご紹介致します。

まずは「道の駅 富士吉田」。いろいろな物が売っていますし道の駅いいですよねーここにはうまく時間を調整できたので行けました!。関東「好きな道の駅」ランキングでも4位に選ばれるだけの凄い面白い道の駅でした。「お土産用吉田うどん」「富士吉田地酒」、信玄餅をイメージした「信玄ソフトクリーム」などを買いました。

やはりVanaHの水源がある富士吉田だけあってか、富士山伏流水などを使ったお菓子やワイン地ビールなど多くの商品が出ていました。

VanaHも、もっと「VanaHを使った〜〜」などのような商品を出せばいいのにと思ったのですが、私が知らないだけで、もう既にいろいろ出ているのですかね。

工場見学の時に、VanaHは美肌効果もあるという話を聞いたのですが、「VanaHの化粧水」などあったら、即買ってしまいますね。VanaHの美容への活用法などはいろいろ調べて、いずれ記事にしますね!


そのほかは「吉田の火祭り」「富士急ハイランド」「富士山レーダードーム館」など行きたかったけど行けなかったところです。

毎年8月に行われる「吉田の火祭り」、「街中が火の海と化し、祭りは深夜まで賑わう」らしいのですが、「街中が火の海と化し」というのが凄く良いですね。どんな光景になるのかが気になります。

巨大テーマパーク「富士急ハイランド」、凄く行きたいんですよ。行きた行きたいと良いながらなかなか行けない富士急ハイランド。同じ思いをしている方は多いのではないでしょうか?関東からだとちょっと遠いですもんね。でも魅力的なアトラクションがたくさんあるので、遠くても凄く引きつけられます。VanaHの工場のバナの泉に水を汲みに行くついでに遊びに行きたいスポットです!

VanaH工場見学に行って来た5〜バナ東京銀座クリニック〜




工場見学の際に「バナ東京銀座クリニック」の話をいろいろ聞きました。VanaHを中心に健康についていろいろ考え実践するクリニックだとのことで、VanaHの水素水の効果やバナジウムなどの効果による病気の予防などを行う「予防医学」の最先端を行ってるクリニックなんですって。

確かに今は「病気にならない」「病気になる前(未病)の段階で治す」など予防医学の方向に、医学の世界は進んでいるのかもしれませんね。(トレンドなのでしょうか?)

工場見学の流れで別の日ですが、VanaHエージェントにバナ東京銀座クリニックに連れて行ってもらいました。

60項目近い血液検査やさまざまな検査を行った。血液の活性酸素量、コレステロール値、血管年齢などの結果が出るようです。

その日には結果はでないのですが、結果が出たら、医師と相談して、これからの食生活などさまざまな角度から各々の生活や健康についてを見直すのだそうです。

これは思わぬ悪い結果が出たら怖いですが、でもさまざまな項目で健康をチェックしてくれるということなので凄く良い機会だと思います。専業主婦してるとなかなかこういう機会がないですもんね。

いろいろ細かく数値を出してくれるみたいなので、こういうのも凄くいい!成績表みたいですもんね、健康成績表!楽しみです。



(後日)



というわけで2週間後に結果が届きました。その結果を元に バナ東京銀座クリニックの医師と相談。

骨密度や血管年齢などは良くもないが凄く悪くもない。コレステロール値は少し高め、血液はけっこう酸化しているとのこと。正直落ち込みます。

考えられる原因は、夜更かしやストレス、3食ちゃんと食べていないことや、食事の内容についてもいろいろご指摘いただきました。


正直落ち込みます。(2回目)。


指摘していただいた点は改善策をいろいろ教えていただきました。またVanaHを毎日正しく飲む事の重要性、また効果的な飲み方なども。

うーーーーん。反省ですね。
工場見学でも病院でもいろいろ勉強させていただいたので、これからはそれを実践して、健康的になってみせます。

というわけでこれからはVanaH実践編ということでいきますよ(いけたらいいな、いやいきます!)。

VanaH株式会社の社会貢献活動について



VanaHの工場見学の時の説明会で、いろいろVanaHの社会貢献活動などについて説明をうけました。いろいろやっているんですよVanaH。

VanaHの工場は山梨県富士吉田市富士山国立公園内にあります。富士山やそのまわりの自然など、によりおいしいくて安全なナチュラルミネラルウォーターが採水できているのですが、このような恵まれた環境はとても珍しいものなのだとか。

世界中の水で飲料水に適しているのは総量のうち1%だけであり、限りある水資源を大事にしていく必要があります。「安全・安心でおいしい水はきれいな環境が必須」なのだといいます。

富士山の豊かな自然を当たり前のものだと思わないで、その自然に感謝し、大切にしていくことが大事だという考えからVanaHは富士山の自然を守っていくのだといいます。日本人として、富士山に生かされているものとして、当たり前の行動なのだそうです。

それだけではなくVanaHはいろいろな場所で自然環境や水資源の保護に向けて省資源、省エネルギー、地球温暖化防止、廃棄物の低減などさまざまな行動を行なっているんですって。


またVanaH株式会社は「水という社会インフラ」を担うメーカーとして社会的責任CSR)を踏まえた多種多様な社会貢献を行なっているのだそうです。

エコキャップ運動


世界の子ども達の命を守る活動を支援する目的で「エコキャップ運動」を展開。回収したキャップは「NPO法人エコキャップ推進協会」へ提供するそうです。

2011年8月1日〜11月30日には「エコキャップキャンペーンとして」、メーカーを問わずペットボトルのキャップ100個で500ミリリットルの「天然水素水VanaH」と交換するキャンペーンを実施したんですって。

支援活動


東日本大震災の発生直後にユニセフを通じた緊急支援物資、天然水素水VanaH(2リットル)を15万本(30万トン)提供。

ウガンダ共和国に「天然水素水VanaH」を無償提供

賞の受賞


「社会や公共・文化振興などに貢献した人物への顕彰する」目的で設立された「東久邇宮文化褒章受賞」を受賞(2011年11月6日)。

カーボンオフセットの取り組み


VanaH株式会社地球温暖化防止のため、VanaH第一工場の証明は100%LEDを導入などCO2削減に取り組んできました。ですがどうしてもCO2は排出されてしまいます。その削減しきれないCO2をニュージーランドの森林保全事業で生まれた排出権(クレジット)でオフセットしました。調達したクレジットは政府管理口座へ移転・保証/取消され、償却された分は京都議定書目標達成へ貢献することになります。

排出権ビジネスってやつですね。
存在はしっていましたが、実際にこんな身近な企業が行なっているとは知りませんでした。

VanaHの安全面について〜国連にも認められたその品質〜



VanaHの安全面についてですが、調べれば調べるほどすごいです!

VanaHの安全面については数々の認証を受けているようです。

国際標準化機構(ISO 本部=スイス・ジュネーブ)が定める国際的な品質マネジメントシステム規格「ISO9001」と環境マネジメントシステム規格「ISO14001」を所得しています。(2011年5月1日)


これらがVanaHが受けた認証ですね。
工場見学ででいろいろ教えていただいた、第一生産工場内のクリーンルーム(安全管理をしっかり行い、清潔さを徹底した生産環境)の、「クラス1000」という国内・国外トップクラスの清潔な環境もそれらのVanaHの安全性のうちの一つなのですね。


またVanaH株式会社では定期的に放射能測定を実施しています。放射能測定は専門機関の日本食品分析センターにより行われている。
セシウム137セシウム134、ヨウ素131
これらの放射性物質はは現在一度も検出されていないんですって。


私が水道水を飲まなくなった理由は、東日本大震災以降の放射能騒動です。現在でもさまざまな放射能報道がなされていて、食や水などの安全性に対する不安は日本人の多くが持っているのではないでしょうか。体の中にいれるものですもん。安全でクリーンなものが良いと思うのは普通のことですよね。
VanaHがこのように、放射能測定をしっかしやって、安全だとしっかりわかっているので、安心して飲めますよね。こんなようにいろいろな食べ物・食材の安全安心がわかるようになれば良いですね。

VanaH飲みやすさ、きめの細かさ



硬度29の軟水である「VanaH」はまろやかな口当たりが特徴です。癖がないためコーヒーやお茶にはもちろん、炊飯や煮物、アロマテラピーの精製水まで幅広い使い方ができます。(VanaHの料理などへの活用法は今度まとめます)

またpH値(水素イオン指数)が7.3と人間の浸透圧にきわめて近く(弱アルカリ性)、体に優しく吸収されやすい特性を持ちます。人間の体はpH値は乱れがちなので、VanaHによりいつも正しい数値にキープすることが望ましいでしょう。


VanaHは水の分子のきめの細かさにも特徴があります。水の分子の大きさを「クラスター」と呼びます。人間の体内に入った水分は分子が小さいほど吸収されやすく、体の隅々まで行き渡ります。
吸収されやすさもそうですが、排出されやすいという特徴もあります。きめ細やかな水分子は体中の不純物を洗い流し排出させます。

クラスターの数値はヘルツという数値で表されます。水道水は140ヘルツ前後、世界的にも有名なルルドの泉の水や世界の長寿村の飲料水が70〜80ヘルツです。「VanaH」は55.9ヘルツときわめて小さい水分子であり、体にとってとても吸収がしやすく、体の隅々つまりは細胞一個一個まで行き渡る特製をもっています。

確かにVanaHを飲むと体の隅々まで行き渡り、体全体が潤う実感があります。
美容にも効果があるというVanaHですが、みずみずしくって張りのある若い肌を保つのはこういうVanaHのきめの細かさも一因なのでしょう。

またきめの細かいVanaHで洗顔をすると、汚れがよく落ちる、化粧ののりが良い、みずみずしくなるというのも納得できますね。

天然水素水ってなに?



VanaHに代表される水素水。水素水とは活性水素が水に溶けたものです。その中でも人工的に水素を入れたものでなく自然のそのままの状態でとれる水素水を天然水素水と言い、体内の活性酸素の増加を抑える抵酸化作用があると言われております。

過剰な活性酸素を抑えることにより、アンチエイジングや美容、ガン予防、アトピー糖尿病、高血圧、脳神経疾患などに効果があると言われています。最近では認知症や記憶低下防止などにも効果があるという発表もありました。VanaHを飲むとこれらの効果があるんですね。

また抗酸化作用は老化防止(アンチエイジング)や美容の面でも様々な効果があるといいます。

天然水素水ってなに?2〜活性酸素の増加を抑えるVanaH〜



VanaH本社の説明会でいろいろ聞きいた内容でもあるんですが、もう少し詳しく書きます。

活性酸素は体内に入った細菌などを倒す働きがあります。ですが活性酸素の割合が増えすぎると、健康な細胞までやられてしまいます。これが体の酸化です。

大気汚染物質、ストレス運動不足、酒、タバコ、食物添加物などが活性酸素が増える要因です。活性酸素が増えると細胞だけでなくDNAタンパク質、脂質なども酸化します。

酸化は老化、ガン、心筋梗塞動脈硬化脳卒中糖尿病アトピー胃潰瘍子宮筋腫リウマチ鬱病、小児ぜんそく、花粉症などの原因となります。(まさか花粉症まで活性酸素酸化作用が一因になっているとは思いませんでした)。

これらの理由から、体の活性酸素のバランスを正しく保つのが健康に長生きする秘訣となります。「VanaH」はその活性酸素を抑える天然水素を多分に含んでいる為、飲み続ける事により体を細胞単位から正常に保ち、健康を維持します。

予防に効果があるでなく実際にさまざまな病気も治るというVanaHですが、VanaHを飲むことで、活性酸素を抑制し、体が健康で元気になっていくことで、治る病気も多いのでしょう。



健康を維持し、毎日元気でいることで病気にならない、もしくは病気を治す。なるほどです!

天然水素水ってなに?3〜美容にも凄いVanaHなどの天然水素水〜



活性水素には細胞に蓄積された不純物を外に出すデトックス効果があり、アンチエイジングや美容に効果があるとされています。抗酸化作用で言えば、「コエンザイムQ10」の800倍以上だと言われています。

また水素水はナノを越えたピコレベルでの細かさを持っており、お肌を洗う事に利用すれば、肌の細部、深部まで綺麗に汚れを洗い流します。

最近ではエステサロン水素水が使わる例や水素水が入った化粧品も多くなっているんですって。また家庭でも「VanaH」の美容への利用をする方が増えているようです。洗顔に利用している人の声では「洗い終わった後はお肌はしっとり、つやつや。前から悩んでいた乾燥肌も治り、お化粧ののりも良くなったりお化粧直しの回数も減りました」なども。

洗顔の水を変えるだけでこれだけの効果があるというのは楽ちんです。お肌のお手入れの時間もVanaHを使えばかなり削れるかもしれませんね。

天然水素水ってなに?4〜世界の天然水素水事情〜



世界的に見るとフランスの「ルルドの泉」、ドイツの「ノルデナウの水」、メキシコの「トラコテの水」などの水が天然水素を多く含んだ水だとわかっております。病気の治療や予防などの効果があることから「ルルドの泉」は現地の人からは「聖なる水」「奇跡の水」と呼ばれ毎年数百万人の人が訪れてその水を飲んでいるようです。

世界各地で凄い効果を発揮している天然水素水。その中でも日本の富士山水素水は特に水素含有量が多いと言われております。最近市販されている水素水は、水素を人工的に溶かし込んだ物が多いですが、「VanaH」は富士山の自然が生んだ天然の水素を多分に含んだ「天然水素水」です。天然の水素水は水素が体に吸収されやすいのが特徴です。

またVanaHの水の細かさは、ルルドの泉の水や世界の長寿村の飲料水と比べても極めて細かいことがわかっています。ルルドの泉の水の分子の大きさが70〜80ヘルツと言われており、VanaHの水の分子の大きさは55.9ヘルツだそうです。確かに小さい!

ちなみに 水道水は140ヘルツ前後とかなりVanaHと比べると水の分子が大きいのがわかりますね。普段から飲む水を水道水からナチュラルミネラルウォーターVanaHに変えるとさまざまな効果があるというのはこの数値を見ただけでもかなりの説得力があるのではないでしょうか。

活性酸素で脳が衰える〜天然水素水VanaHで防ごう〜



アルツハイマー病、パーキンソン病脳梗塞など脳神経系の多くの病気が活性酸素が原因の一つだといわれています。

脳みそは多くの酸素を常時消費しております。血液が数秒止まり脳に酸素供給が絶たれただけでも失神し、数分酸素供給が止まるだけで脳死が始まるということでも、どれだけ脳が酸素を常時必要としているかわかります。多くの酸素を消費するということは、それだけ活性酸素の発生も多くなりやすいということです。

老化や何かしらの条件で、脳内の活性酸素の量が増え、脳が酸化し、さまざまな脳疾患が発生します。

VanaHは活性酸素を抑える、天然水素が多く含んでいるのでこれらに効果があります。また水の成分が細かいことが特徴のVanaHは脳に新鮮な水素を送ることができるので、脳の抗酸化作用がとても強いと言われております。

活性酸素の動脈硬化



血管が硬くなり弾力性がなくなり動脈硬化動脈硬化は高血圧のもとであり、脳梗塞腎臓病、心臓病などさまざまな病気のもととなります。

この動脈硬化の原因になっているのは悪玉のコレステロールだといいます。悪玉のコレステロール活性酸素酸化作用によりその数が多くなるのだと言います。

VanaHには天然水素が多く含まれており、悪玉コレステロールの原因となる活性酸素を抑えることができます。

またVanaHに多く含まれているバナジウムには血糖値を下げる効果があり、血糖値が下がって正常になった体はコレステロール代謝がよくなり、中性脂肪もつきにくくなり、血液がさらさらになります。

VanaHを飲んで、悪玉コレステロールを抑え、健康的な体を維持することで、動脈硬化を防止することができます。

天然水素水ってなに?5〜VanaHはスポーツにも効果アリ天然水素水〜xxxx



VanaHを飲んで、細胞単位から体を正常な状態に持って行く事によりさまざまな効果が期待できます。不眠症状がなくなった、疲れにくくなったり、二日酔いがなくなったという人も。VanaHを飲み始めた人の声で「疲れにくくなった」というのは本当によく聞きます。すぐに実感をもって効果を確認できるところなのでしょうね。

実際に私も疲れにくくなったというのは実感しています。生活リズムもかなり良くなって、睡眠がよく取れるようになったんですよね。これもVanaHの効果の一つですね。

VanaHなどの天然水素水はスポーツにも良くおすすめされます。天然水素水の中でも特にきめの細かいVanaHは体への吸収のされやすさが特に素晴らしいので、スポーツで肝心な水分補給で効果を発揮します。

2009年のワールド・ベースボール・クラシックでイチロー選手が水素水を飲んでいたことで水素水がかなり話題になりました。さまざまなアスリート選手が飲んでいる水素水は体の疲労物質の解消に効果があると認識されているようです。天然水素水のなかでも特に効果が素晴らしいというVanaHを飲めば、スポーツの時にも素晴らしいパフォーマンスを発揮できるでしょう。

私は昔は結構アクティブにスポーツをやっていたのですが、大学を出てからは全くやらなくなってしまいました。時間がないというよりはめんどくさいというのがやらなくなった理由の一番大きいところなのですが、最近はずっと家に引きこもっているので、体はだらしなくなってしまっているんですよ。ただでさえ歳をとって引き締まった若々しい体をキープするのが難しい(不可能ではないと思いたい)のに、何もしなかったらいよいよやばい!!

最近はVanaHを毎日飲んでいる効果からか、体が凄く元気なんです。質の良い睡眠もとれていることから、日中眠たくなることも少なく(今までは毎日いつの時間もだいたい眠かった)、何かまたスポーツでもやろうかなと思っています。大学時代にやっていたテニスとか凄くやりたいです。友達を誘ってテニススクールにでも通っちゃいましょうかしら。



みなぎってきたぞ!

天然水素水ってなに?6〜天然水素水の効果的な飲み方〜



新鮮な天然水素の成分が徐々に抜けてしまうのでふたを開けたら長く放置せずに早く飲むのが良いと言われています。

バナの泉で原水を飲んでいた時にも聞いた話でしが、天然水素水には鮮度があるようです。天然水素水がたっぷり入った原水が一番新鮮というにはこういう理由ですね。

では家庭に届くまでに天然水素水は抜けちゃうんじゃないか?新鮮じゃなくなっちゃうんじゃないの?って心配になるかもしれませんが(わたしもなりました)、VanaHが取っている数多くの特許の中の一つで特別な装置で特別なボトリング方法を行なっているので、天然水素水が抜けにくくなっているらしいんです。

なので家庭に届いた時にも新鮮なままの天然水素が入ったままになっているのだとか。
でもキャップを開けたら、その時から天然水素が抜け始めるので、一度開けたら早めの飲んでしまうのが良いとされています。


飲み方についてですが、量は一度に多く飲むのではなく、こまめに飲むことで体内の隅々までいつも潤いを持たせる効果があります。喉が渇いた時点では体は既に脱水状態である場合が多く、一定の適量を習慣的に飲むのが良いとされます。VanaHの天然水素水はそのぶん飲みやすく、習慣的に飲みやすいですね。

楽にたくさん飲めるし、すぐに習慣化できました。  

天然水素水ってなに?7〜まだまだあるある天然水素水のすごいとこ〜



研究所や大学、企業などが天然水素水の研究をしているらしいです。

最近ですと水素水はパーキンソン病など脳神経疾患の予防と治療に有用な可能性があるとの発表がありました。

今後もさまざまな新しい水素水の効果が明らかになっていくのでしょうか。

聞いた話ですが「素晴らしい効果がある」というのは案外すぐわかるんですが、「なぜ素晴らしい効果があるのか」についてはなかなか証明(断定)するのは難しいらしいんですね。まあいずれ証明され、いろいろな発表がなされるんでしょうね。VanaHの凄さのがどんどん解明されていくということですね!

バナジウムって何?



VanaHに豊富に含まれているという天然ミネラルバナジウム」。

バナジウムって何?どんな効果があるの??なかなか知らない人も多いかもしれませんが、医学界では凄く「効果がある」と有名なミネラルなんですって。健康についていろいろ調べていたりして詳しい人もご存知かもしれませんね!

バナジウムとはカルシウムマグネシウムらと同じミネラルの成分の一種です。血糖値を下げる「インシュリン」に似た効果があることから多くの注目を浴び、いろいろな効果が期待できるとされ多くの医療機関・大学などの研究所が今でも研究を重ねているといいます。

バナジウムの名前の由来は、1830年スウェーデン科学者セブストレームにより発見され、北欧スカンジナビア神話「美と豊穣の女神バナジス」にちなんで命名されたからだといいます。

カルシウムマグネシウム亜鉛などと同様に微量必須ミネラルとされており、通常人間の体には50〜200マイクログラムしか存在しません。わかめ、昆布、エビやカニなどの海産物や野菜などにわずかながら含まれている成分で、体内では生成されないので日々摂取するのが良いとされています。「VanaH」はそのバナジウムを豊富に含んでいるのが特徴です。

さまざまな病気などを治すミネラルとして注目を浴びる「バナジウム」。このミネラルのおかげでさまざまな今まで治りにくかったり、予防が大変で難しかった病気に対抗できるのだといいます。

バナジウムが多く含まれたVanaHを飲むことで、簡単に、日常的に、バナジウムを補給でき、健康になれるんですって!

注目の必須ミネラル「バナジウム」



さまざまな研究機関で調べられている「バナジウム」。

研究の中で「バナジウムには血糖値を下げる効果がある」との発表がされたことがきっかけで、バナジウムに多くの注目が集まっています。

血糖値を下げる効果」つまりは、バナジウムインスリンと似たような働きをするではないかと言われています。

血糖値が下がると血液がさらさらになり、脳卒中脳梗塞などの成人病のリスクが低減します。また脂質・コレステロール代謝を促したり、中性脂肪が付きにくくなるなど、太りにくくなるという効果もあります。細胞新陳代謝の活性化の効果からも美容や老化防止の効果も期待されています。

バナジウム摂取することで上記のようなさまざまな健康に良い効果を得られると期待できます。VanaHには多くのバナジウムが含まれているので、VanaHを飲むことでバナジウムを日常的に、手軽に摂取できます。

バナジウムのさまざまな効果〜アンチエイジングから美容効果までも〜



バナジウムを飲むとさまざまな健康効果が期待できると言われています。

代表的なものは「血糖値を下げる効果」です。前にも書きましたが血糖値が下がると血液がさらさらになり、脳卒中脳梗塞などの成人病のリスクが低減します。また脂質・コレステロール代謝を促したり、中性脂肪が付きにくくなるなど、太りにくくなるという効果もあります。細胞新陳代謝の活性化の効果からも美容や老化防止の効果も期待されています。

それ以外にもさまざまな効果がバナジウムにはあります。

ミネラルウォーターが人の健康に効果的であるには各種ミネラル成分のバランスが大事です。「VanaH」はバナジウム亜鉛のバランスがとても良く、その相乗効果により解毒作用(デトックス)が期待できると言います。

「綺麗は体の中から」とよく言いますが、体内の老廃物や毒などの成分をデトックスすることで体の中から綺麗になるのをサポートしてくれるんですね!

ミネラルウォーターはもともとの水の作用として体内への利尿作用などのデトックス効果があります。それらに加えてバナジウムデトックス作用、そのほか太りにくくなるという効果や、細胞新陳代謝の活性化による美容や老化防止の効果などの相乗効果により、多くのアンチエイジングや美容効果が期待できます。

VanaHを飲むことで「綺麗で若々しくいられる」と女性からの評判も良いらしいです。確かに私もVanaHを飲み始めてからお肌のはりやツヤが良くなった気がします。

それともうひとつ、あげときたい「VanaH」の特徴の一つなんですが「加熱をしてもバナジウムの成分が変化しない」という特徴です。バナジウムは熱に強いので「VanaH」を熱しても成分が損なわれません。ですので「VanaH」をお茶や料理などに使用するなど、さまざまな方法でバナジウム摂取することができます。

熱しても美容効果が無くならないのはすごくうれしいですね!料理にもVanaHを思いっきり使っちゃえるので、いろいろな方法でバナジウム摂取できるんですね。

「VanaH」はなぜバナジウム濃度が濃い?



日本の霊峰富士山。その富士山の自然の恩恵をたっぷり受けたVanaHは天然水素バナジウムが豊富なのが特徴です。

富士山で採水されるバナジウム水は富士山に降り注いだ雨や雪が7層のバサルト層(バナジウムが多く含まれているという玄武岩層)に浸透し、長い年月をかけてゆっくりバナジウムミネラルを溶かし込みながら、1000メートルにおよぶ玄武岩層の地中へと流れ地底深くの伏流水となります。伏流水は地中で自然に濾過されるので、水質が良好で安定しています。

雨水や雪は1メートルを1年、地底深くの伏流水になるまで数百年かかると言われています。

富士山は、海に面した海抜3000メートルを越える単独峰です。この環境は湿気を含んだ風を直接山体
に受けやすく、年間を通じての降水量は22億トンにもなり、雨や雪の多い環境を作り出します。特に、中腹以上の降水量は年間3000ミリに達すると考えられています。

富士山山頂付近の地下には、本州以北では北海道大雪山にのみ存在する永久凍土の存在が確認されているものの、富士山には目立った川がありません。そのため、大量の雨や雪解けの水は、そのほとんどが山体に侵み込み、長い歳月をかけて麓の湧水となって流れ出しています。

バナジウムを含有した天然水を日本で採水できる場所は数カ所しかありません。その中でも富士山の限られた地域でとれる天然水が有名です。そのまた限られた地域の中でもバナジウムや天然水素が多い水源地に生産工場を置き採水しているのが「VanaH」なのです。

よく「VanaHを奇跡の水」と言われますが、VanaHを生む環境、つまりは日本の富士山という奇跡の環境があるからVanaHがあるのですね。

VanaHを毎日飲もう



VanaHの飲み方実践編です。どのようなVanaHの飲み方が効果的か、飲む以外にはどのようなVanaHの使い方があるか、などいろいろ紹介します!

まずはVanaHを毎日飲むことの重要性からです。


人体は60%以上が水と言われています。水は人間の細胞、繊維、血液の主な構成要素です。また水は蒸発による体温調節の役割や、からだに有毒な不純物・老廃物を除去する腎臓の濾過作用を助けます。「体を構成する水」「体をめぐる水」、その水が汚いものでしたら体に悪影響を与えるのは簡単にわかりますね。だからこそ綺麗で良い水であるVanaHを飲む事は良い体をつくる事につながります。

人は1日なにもしなくても約2リットル〜3リットルの水分が排出されています。新鮮な水分で常に体を潤わせておくのは健康への一番の近道かもしれません。VanaHで体内の悪い成分を外に出し、綺麗で良い水であるVanaHで体中を満たすことが肝心です。

ミネラルの種類(どんどん加筆しよう!)



カルシウム
体内にある余分なナトリウムの排泄を助けるのが主な役割、筋肉や神経の興奮を抑える効果もあります。骨や歯を丈夫にする働きもあります。不足すると骨がもろくなり、内出血がおきやすくなります。


マグネシウム
タンパク質の生成を助け、糖質代謝を行うことや、
精神の安定に働くための神経伝達物質の生成に必要です。偏頭痛ダイエット、強い体を作ることなどに効果があります。またカルシウムの働きを助ける効果もあります。
不足すると循環器疾患や筋肉の緊張低下や刺激に対する過剰反応、筋肉のけいれんなどがおきやすくなります。


ナトリウム
体液の酸とアルカリのバランスを調整します。カルシウムなどの他のミネラルの吸収を促します。
熱中症日射病の予防や、消化を促したり、神経と筋肉の興奮を抑える効果があります。


カリウム
体の正常なバランスを保ちます。
体内にある余分なナトリウムの排泄を助けます。高血圧、心臓病のリスクを軽減します。


亜鉛
亜鉛は2000種類以上ある酵素のうち約300種類の組成に欠かせない重要なミネラルです。主に細胞分裂新陳代謝タンパク質の合成、抗酸化アルコール分解、免疫活性化、育毛、味覚・嗅覚を正常に保などの働きがあります。子供は発育促進や成人には全身の新陳代謝を促し、男性には生殖器官の発達や生殖能力の維持に欠かせません。
亜鉛が不足すると疲れやすい、視力が下がる、抜け毛が増える、貧血、皮膚荒れ、味覚嗅覚障害、治癒能力低下、生理不順、男性の精力低下などが起こりやすくなります。

ケイ素
結合組織中のコラーゲンを増強し、老化を予防したり免疫力を活性化します。爪・肌・髪の健康を保つ効果があります。

バナジウム
体内でインシュリンと同じような血糖値を下げる働きをするため糖尿病治療に有効と考えられています。現在多くの研究が行われているミネラルです。
そのほか、体内から有毒な毒素や老廃物を排出する働きもあり、コレステロール値や血圧を下げるなどの効果が期待されます。

VanaHはケイ素も多い



VanaHに多く含まれているケイ素。

富士山は7層により形成される玄武岩層(バサルト層 )があり、富士山に降り注いだ雨や雪が長い年月で玄武岩層に侵み込みその過程でいろいろなミネラルが溶けだします。VanaHがバナジウムやケイ素の濃度が濃い理由はここにあります。

ケイ素は血管の重要な構成要素のひとつです。ケイ素は血管の動脈の弾力性を維持したり、コレステロールが血管内に沈着するのを防ぐ働きがあるので、動脈硬化予防にも効果があります。

また血管だけでなく肌のはりや保湿に関係する組織の代謝にも関係があり、コラーゲンなの新陳代謝をスムーズに行わせるのにケイ素が重要です。

また、カルシウムの体内で吸収され活用されるには、マグネシウムとケイ素が必要です。ケイ素はカルシウムの運搬役でもあります。骨粗しょう症にならなく丈夫な体を維持する為や、成長期の子供に重要なミネラルであります。

そのほか、結合組織中のコラーゲンを増強し、老化を予防したり免疫力を活性化します。爪・肌・髪の健康を保つ効果があります。

VanaHでミネラルをバランスよく!



VanaHには多くのミネラルがバランスよく含まれているといいます。しかもVanaHには普通の生活では摂取しにくいミネラルなどを含んでいます。

そもそもミネラルってどういう働きをするのでしょうか?調べてみました。

ミネラルは炭水化物・たんぱく質・脂肪・ビタミンなどと並んで、体に必要な五大栄養素のひとつでです。ミネラルは人間の生命維持に重要な成分であり、体液量や体の酸性アルカリ性の調整、筋肉や神経の働きの補助、炭水化物やたんぱく質、脂質などの代謝にも関わっています。ミネラルは体で生成することができないので毎日補給しないといけません。

ですが現代人はミネラル分が不足がちだと言われております。なぜでしょう。

ミネラルが不足すると体はミネラルバランスが崩れます。ミネラルバランスが崩れた体はさまざまな問題が発生します。1種類のミネラル不足で10種類もの病気にかかりやすくなるとまで言われています。

「VanaH」はミネラルをバランス良く含有しており、体のミネラルバランスを整える効果があり、ミネラル不足の日本人のミネラル補給を助けます。

VanaHでミネラルをバランスよく!2〜なぜ日本人はミネラル不足?〜



現代の日本人はミネラル不足だと言われております。なぜでしょう?

まず第一に。現代の農業の効率化により土壌のミネラルを喪失していることがあげられます。化学肥料や農薬の使用により土地のミネラルのバランスが崩れて、そしてそこで育つ野菜や食べ物はミネラルが少なくなります。

第二に、現代人の食事はミネラルが少ないと言われています。米や小麦、砂糖など生成が進むほどミネラルは減っていきます。
より美味しく、より食べやすくというように現代の食事は進化したかもしれませんが、その過程でミネラルは失われていったのです。

そして第三にインスタントやレトルトなどの食品の存在です。多くの清涼飲料水や加工食品には添加物として「リン酸」が加えられています。リンの過剰摂取カルシウムの吸収を妨げてしまいます。理想としてリンとカルシウムは1対1の割合で摂らないといけませんが、現代人はリンを過剰に摂取しすひていてカルシウムが不足しています。

そのような理由により日本人はミネラルが不足がちになっています。

ミネラルが不足すると体はミネラルバランスが崩れます。ミネラルバランスが崩れた体はさまざまな問題が発生します。1種類のミネラル不足で10種類もの病気にかかりやすくなるとまで言われています。

VanaHはミネラルのバランスがとても良いことで知られるナチュラルミネラルウォーターです。VanaHを飲むことでミネラルバランスを整えることが健康的で元気な生活を毎日おくっていくためには必要なのです。

VanaHを効果的に飲もう〜実践編2〜



水分不足はとても体にとって危険なものであり、こまめに水分補給水を行うことはとても重要です。

水分補給の重要性を理解するために、水の大きな2つの作用について書きます。

1つ目は物を溶かす力、溶解作用です。水を飲むことで水分はもちろん、栄養分を体内の隅々に補給し、体に吸収することができます。食べ物は水を媒介にして体内で吸収しやすい栄養素となり、全身を巡る血液に取り込まれ、体中の組織に運ばれます。その血液の元が水です。

2つめは温まりにくく冷めにくい性質です。気温が大きく変化しても人間の体の体温が一定に保たれているのは体に水が多く含まれているからです。また暑い時は水分を汗として蒸発させ気化熱により体温の上昇を防ぐなどの役割もあります。

水分不足によりこの2つの作用がうまくいかなくなると、血液がどろどろになり血栓などによる脳疾患や心臓疾患疾患の原因になったり、体温調節がうまくいかなくなると、日射病熱射病などにかかりやすくなります。

成人が1日に必要な水分は約2.5リットルです。普通に生活をしていれば食事などから1リットルは水分を摂取できるので足りない分の1.5リットルを毎日飲むのが良いとされております。個体差もありますが、1日に飲んでいい水の限界量は3リットルと言われています。水も飲み過ぎると悪影響があるので注意が必要です。

血液などの体液を含めた体内の水分は2〜3週間ですべて入れ替わります。こまめにきれいな水で体を潤し、体内の水をすべてよい水にすればさまざまな健康によい効果がうまれます。

VanaHを習慣的に毎日のむことで体内を良い水で満たしましょう!

スポーツ時の効果的なVanaHの飲み方xxxx



ウォーターローディング法って御存知ですか?

プロスポーツ選手が持久力を高めるために導入している水の飲み方に「ウォーターローディング法」があります。

毎日1.5リットルの水を数回に分けて少しずつ飲んでいきます。内臓に負担をかけないように1回250ミリリットルぐらいがおすすめです。この飲み方をすることにより体内は常に水分で満たされます。水分で満たされた体は血管がやわらかくなり、血行が良くなり新陳代謝が促され、疲れた体が回復しやすくなったり、パフォーマンスが良くなったりします。

スポーツ選手がスポーツ中に最大のパフォーマンスを発揮するために科学的研究を重ねてつきつめた「ウォーターローディング法」は日常生活を送るなかでも、体を健康に保つなどの効果があります。また子どもの水分補給でもこの方法は役に立つので参考にしていただければと思います。

VanaHでこの「ウォーターローディング法」を行った場合、天然水素の効果もあるので、とても素晴らしい効果が期待できます。

天然水素が多いVanaHを飲んで、細胞単位から体を正常な状態に持って行く事によりさまざまな効果が期待できます。不眠症状がなくなった、疲れにくくなったり、二日酔いがなくなったという人もいます。

天然水素水はスポーツにも良くおすすめされます。天然水素水の中でも特にきめの細かいVanaHは体への吸収のされやすさが特に素晴らしいので、スポーツで肝心な水分補給で効果を発揮します。

またVanaHはクラスターがとても小さいナチュラルミネラルウォーターとして知られています。

水の分子の大きさを「クラスター」。クラスターの数値はヘルツという数値で表されます。水道水は140ヘルツ前後、世界的にも有名なルルドの泉の水や世界の長寿村の飲料水が70〜80ヘルツです。「VanaH」は55.9ヘルツときわめて小さい水分子であり、体にとってとても吸収がしやすく、体の隅々つまりは細胞一個一個まで行き渡る特製をもっています。

スポーツの水分補給にはVanaHがとても良いというのを証明している結果ですね!

生活リズムを整えるVanaHの飲み方(加筆できるならしよう)



睡眠中も体は働いているので、水分は汗として発散されていきます。呼吸による水分の放出を含めて500ミリリットル〜1リットルもの水分が寝ている間に失われます。

だからこそ寝る前にちゃんと水分補給をすることが大事です。夜中のトイレの心配から飲まない人もいますが、水分補給の方が重要です。水分が不足し血液の濃度が上がると脳梗塞心筋梗塞リスクが高くなるからです。

また水分をちゃんと補給しておくと酸性に傾いた体内を睡眠中にアルカリ性に戻すことができます。そのほか、寝る前(30分前が理想)の一杯には睡眠導入の効果があると言われております。頭に集中した血液を腹部に下げることで緊張をほぐし心地よく眠ることができます。
※飲み過ぎると翌朝顔がむくんでいたりすることがあるのでコップ一杯の量が適切です。


寝る前の一杯も大事ですが、目覚めの一杯も大事です。目覚めの一杯により睡眠中に失われた水分が補給され、全員にくまなく水分が行き渡ることで体内も目を覚まします。

今流行のペットボトル症候群



スポーツドリンクやレモンなどのビタミンCを売りとした飲料水がよく出回っております。このような飲料水は糖分がとても多く、体のことを気にして日常的に飲んでいる人などは糖分を過剰に摂取している可能性があります。

糖分を摂りすぎると非常にのどが渇き、また糖分の多い飲料水を飲んでしまうという悪循環にはまってしまいます。このような状態は一時的な糖尿病になっており「ペットボトル症候群」と呼ばれています。

ただでさえ現代人は栄養を摂りすぎているために糖尿病の人が約700万人以上、予備軍を含めると1500万人以上いるというのに、このような傾向が多くなってくるのはとても問題です。

糖尿病の人は尿に糖分が多く、その濃度を薄めようとして、健康な人以上に体の中の水分が奪われます。この状態でまた糖分の多い飲料水を飲むのはとても問題があり、ミネラルウォーター摂取がすすめられます。

糖尿病って調べれば調べるほどとても怖い病気ですよね。ペットボトル症候群に気をつけるだけでなく、インスリンと同じような働きをする(血糖値を下げる)バナジウムが多く含まれたVanaHを飲むことで糖尿病を予防したりするのが良いでしょう。

VanaHを飲んで気持ちリフレッシュ〜便秘に効果VanaH!〜



1杯のミネラルウォーターを飲むことは、神経のたかぶりを抑え、気持ちを落ち着ける効果があります。
気持ちを切り替える時に一杯の水を飲むことや手洗を洗うことが効果的だと言われております。

リラックスしたい時や、気合いを入れたい時、気持ちを落ち着けたい時、気付が必要な時などに利用するのが良いでしょう。禁煙中に煙草が吸いたくなったらこの方法で気持ちを落ち着かせるのも効果があると言われています。


またVanaHを朝起きた時に一杯飲むと、便秘にとても良いとされています。水を胃に入れることで脳から腸に蠕動運動(腸が動き内容物を運ぶ運動)の指令が発生され、便通を促します。規則正しい便通は体の代謝がよくなったりデトックス作用があったりと万病の予防につながります。

朝起きたらVanaHを一杯。寝ている体を起こし、1日をスタートする準備を体にさせるのです。水を1杯飲むことで目がさめて、体も起きて、便通も起きて、というように朝一杯のVanaHを習慣づけて、体に覚えさす事がとても重要であり、健康的な生活をおくるためのスタートでもあります。

VanaHを効果的に飲んで、血行を良くしよう!



VanaHを十分に飲み、水分で十分に満たされた体は血管がやわらかくなり、血行が良くなり新陳代謝が促されます。

体の末端まで血が流れにくくなり体温が下がるのが冷え性です。肩こりは肩の筋肉の血流が悪くなり方の筋肉の血液が酸欠状態になり、乳酸や老廃物がたまってしまうのが原因です。どちらも血流を良くすることにより改善されます。

この二つ以外でも、むくみやめまい、胃腸不良など血流が良くなることで改善が期待できるほか、結構や新陳代謝が良くなることでお肌が若く綺麗に保たれ、基礎代謝が上がり、ダイエットの効果が期待できます。

VanaHに多く含まれているバナジウム血糖値が下げ、血液がさらさらになり血流が良くなる効果があり、脂質・コレステロール代謝を促したり、中性脂肪が付きにくくなるなるほか、細胞新陳代謝の活性化の効果があり、基礎代謝が上がります。

また、プロスポーツ選手が持久力を高めるために導入している水の飲み方の「ウォーターローディング法」も血行を良くし、代謝を上げる効果があるので、冷え性、肩こり、むくみやめまい、胃腸不良など血流が悪いことが原因で起こる症状に効果的です。

「ウォーターローディング法」は毎日1.5リットルの水を数回に分けて少しずつ飲んでいきます。内臓に負担をかけないように1回250ミリリットルぐらいがおすすめです。この飲み方をすることにより体内は常に水分で満たされます。水分で満たされた体は血管がやわらかくなり、血行が良くなり新陳代謝が促されます。

VanaHを「ウォーターローディング法」で飲めば、血液サラサラで血流がとても良くなります!

子どもは大人以上に水分補給が重要(もっと調べてから加筆)



VanaHは子育てでもとても素晴らしい効果を発揮します。

子供にとってVanaHの良いこととは何でしょう?

子どもの体は水分が出ていきやすくなっています。子どもは小さな体にも関わらず大人と同じ数の汗せんを持っており、相対的に汗をかく量も多くなります。子どもの年齢にもよりますが、小学生でも大人の倍近くの水分が必要です。

VanaHで綺麗になろう!洗顔〜〜



多くの方が持っているお肌の悩み。水の種類を変えることで案外すぐに解決しちゃうかもしれませんよ?

まず、水道水。蛇口から出る水をそのまま洗顔などに使うのは、あまりお肌には良いものではないらしいです。塩素をはじめ、肌には刺激が強い成分が含まれていたり、弱アルカリ性の成分の肌に対して水道水酸性寄りなことが多いといいます(地域にもよりますが)。また地域によっては硬水よりの水質であったりして肌への刺激が強い場合があります。

肌の丈夫な方でしたらそこまで問題はないみたいなのですが、もともと肌の弱い方や不規則な生活習慣やストレス免疫力が落ちている方などは、肌に刺激が強い水に肌がふれることで、肌荒れをおこしたり、がさがさになり化粧ノリが悪い肌になってしまったりするといいます。

肌荒れを起こさないというのはもちろんですが、きれいな肌を保ち、化粧ノリが良い肌でいるには、良い水を洗顔などで良い水を使うことが肝心であります。

天然水素を多く含んだVanaHはナノを越えたピコレベルでの細かさを持った天然水素を含んでおり、お肌を洗う事に利用すれば、肌の細部、深部まで綺麗に汚れを洗い流します。成分も硬度29の軟水で肌への刺激も少なく、またpH値(水素イオン指数)が7.3と人間の浸透圧にきわめて近く(弱アルカリ性)、とても体に優しい特徴があります。

エステサロン水素水が使わる例や水素水が入った化粧品も多くなりました。VanaHもそのような使われ方が増えています。家庭でも「VanaH」の美容への利用をする方が増えているようです。お肌に優しく、細部まで綺麗に汚れを落としてくれるVanaHは洗顔にとてもおすすめなナチュラルミネラルウォーターです!

実際に私も洗顔にVanaHを利用するようになりました。「洗い終わった後はお肌はしっとり、つやつや。乾燥肌も治り、お化粧ののりも良くなったりお化粧直しの回数も減りました」というVanaHユーザーの方の声を多く聞いてきましたがまさにそのとおりです。

化粧品販売の売り文句みたいですが「まずは10日間試してください」とおすすめしたいです。私は10日目ぐらいから効果を実感できるようになりました。

肩こりにもVanaH!


体の末端まで血が流れにくくなり体温が下がるのが冷え性です。肩こりは肩の筋肉の血流が悪くなり肩の筋肉の血液が酸欠状態になり、乳酸や老廃物がたまってしまうのが原因です。どちらも血流を良くすることにより改善されます。


VanaHに多く含まれているバナジウム血糖値が下げ、血液がさらさらになり血流が良くなる効果があります。肩の血流が良くなれば肩こりも自然に良くなります。なおこの方法で肩こりが解消されたり、肩こりになりにくくなったり効果があると思いますが、完全に肩こりを治したい場合は、セットで肩周りのストレッチや、肩こりになりやすい姿勢にならないように注意するなどを行なってください。

また、プロスポーツ選手が持久力を高めるために導入している水の飲み方の「ウォーターローディング法」も血行を良くし、代謝を上げる効果があるので、肩こりに効果的です。

「ウォーターローディング法」は毎日1.5リットルの水を数回に分けて少しずつ飲んでいきます。内臓に負担をかけないように1回250ミリリットルぐらいがおすすめです。この飲み方をすることにより体内は常に水分で満たされます。水分で満たされた体は血管がやわらかくなり、血行が良くなり新陳代謝が促されます。

VanaHを「ウォーターローディング法」で飲めば、肩こりにかなりの効果があるでしょう。先ほども書きましたが、肩周りのストレッチや正しい姿勢などもとても大事なので、そちらも行えば、肩こり対策はかなり盤石だと思います。

ちゃんとした情報なのかはわからないのですが、肩こりで脳への血の巡りが悪くなることで、脳の働きが弱くなったり、それが原因でうつ病になったり、ということを聞いたことがあります。肩こりって凄く怖いものなのかもしれません。

私もずっと肩こり持ちで偏頭痛の原因になっているのですが、この方法で解消してやろうと頑張っています。今はストレッチが面倒でVanaHをウォーターローディング法で飲んでいるだけの状態です。効果はけっこう感じています。

はやく完全に肩こりを無くしてすっきりしたいです!肩こり歴かなり長いので、肩こりがない状態を忘れてしまっているので、肩こりが完全に無くなったら、すごい感動があるのだろうなと思っております。その感動を目指して頑張らねば。

あと肩こり以外でも、むくみやめまい、胃腸不良などにも、血流が良くなることで改善が期待できるそうです。

VanaHで肌の老化を防ぐ



肌の老化の原因とされるものはいろいろありますが、大きくわけて、酸化ストレス、乾燥、紫外線の4つがあげられます。

酸化による皮膚の老化は、体内に取り込まれた酸素が変化して生じる活性酸素が主な原因です、活性酸素細胞などの組織を酸化させるだけでなく、皮膚の脂質と結合して肌に悪影響を及ぼします。

皮膚の酸化は肌細胞にダメージが蓄積されるということです。それはがさがさした汚い肌を生み出します。また酸化は肌のコラーゲンも損なったり変化させたりし、皮膚の弾力をなくしごわごわしてしわができやすくなります。

また、皮膚表面の脂質が酸化すると、皮膚細胞がまともに成長しなくなったりと障害が発生し、毛穴が広がったり、吹き出物がでたり、しみが増えたりするようになります。

VanaHは天然水素バナジウムを多く含んでいるのでこれらの酸化によるお肌の老化を防ぐことができます。


次に紫外線についてです。

紫外線はお肌の老化の一番の原因だと言われています。紫外線は肌の表皮にも真皮にもダメージを与え、シワやシミだけでなく皮膚がんを引き起こすこともあります。

紫外線対策として日傘をさしたりサンスクリーンを塗っての外出などをしているかもしれませんがそれだけでは紫外線対策としては不十分でしょう。紫外線によるお肌へのダメージは活性酸素が多くの原因を占めているからです。

しみや肌の色の原因となっている色の濃い「黒色メラニン」というものがあります。これは肌の奥のメラノサイトというメラニンを作り出す細胞の中で酸化反応が起きることで発生します。酸化されるなかで黒色化し、しみの原因となる黒色メラニンが生まれます。

ですので、ここで酸化を食い止める抗酸化作用があるものを体内に補えば、黒色メラニンの生成を抑制できます。また酸化を食い止めることで黒色メラニンを減らし、肌の色を白くさせることもできます。

つまり、VanaHを飲むことで活性酸素の増加を抑制し、黒色メラニンの増加も抑え、紫外線によるダメージを受けにくい肌を作ることができるのです。それはすでにできてしまったしみの改善や白い美肌作りにも役立つ可能性があるのです。

セルライトをVanaHで解消!



セルライト!女性の天敵ですよね!そのセルライトを解消する効果がVanaHにはあります。

セルライトとは主にふとももやおしり、お腹などに現れるブロックのような組織です。お腹や太もも部分の余分な贅肉を手で絞り込むと、変なぼこぼこが表面に現れる、そのかたまりがセルライトです。

セルライトは皮下脂肪に関連したものであり、脂肪組織の肥大に関与した繊維芽細胞が引き連れを起こした状態と言われています。特段、体に悪さをするものではないとされており(はっきりわかってはいないみたいですが)、放っておいても問題はありませんが、見た目がとてもよろしくないですよね。

このセルライトの原因はいろいろありますが、血行不良と血管周囲の代謝の低下などが大きな原因の一つだとされています。血行が悪くなると、脂肪細胞代謝が衰えるばかりか、血管周囲のコラーゲンなどのハリを保つ組織の生成に支障をきたし、セルライトの原因となります。

ですので、血行を促進し代謝を上げることがセルライト防止や解消の助けとなります。

VanaHに多く含まれているバナジウム血糖値が下げ、血液がさらさらになり血流が良くなる効果があり、脂質・コレステロール代謝を促したり、中性脂肪が付きにくくなるなるほか、細胞新陳代謝の活性化の効果があり、基礎代謝が上がります。

また、プロスポーツ選手が持久力を高めるために導入している水の飲み方の「ウォーターローディング法」も血行を良くし、代謝を上げる効果があるので、セルライト防止や解消に役立ちますね。

「ウォーターローディング法」は毎日1.5リットルの水を数回に分けて少しずつ飲んでいきます。内臓に負担をかけないように1回250ミリリットルぐらいがおすすめです。この飲み方をすることにより体内は常に水分で満たされます。水分で満たされた体は血管がやわらかくなり、血行が良くなり新陳代謝が促されます。

また富士山周辺のミネラルウォーターに多く、特にVanaHには多く含まれているというケイ素もセルライトの予防や解消に役立ちます。

ケイ素は血管の重要な構成要素のひとつです。ケイ素は血管の動脈の弾力性を維持したり、コレステロールが血管内に沈着するのを防ぐ働きがあるので、動脈硬化予防にも効果があります。

また血管だけでなく肌のはりや保湿に関係する組織の代謝にも関係があり、コラーゲンなの新陳代謝をスムーズに行わせるのにケイ素が重要です。ケイ素が不足すると血液の流れが悪くなり、代謝も悪くなり、セルライトが発生しやすくなります。

VanaHを「ウォーターローディング法」で飲めば、セルライト予防や解消にかなりの効果があると期待できます。

肌にVanaHで潤いを



健康で潤いのある若々しい肌は、皮膚に十分な水分が保たれており、この状態がつややかな肌を生み出しています。また健康な肌が体を覆うことで、細菌やウイルスなどが増えるのを抑えたり、刺激や異物を体内に入れないように防ぐ機能が健康な肌にはあります。

ですが、歳をとり肌が衰え始めると、肌の保湿因子や皮脂量が減ってしまい肌が乾燥しやすくなります。これは女性ですと20歳を超えた頃から女性ホルモンの影響などで始まり、男性ですと40歳頃から始まると言われています。


水の分子の大きさを「クラスター」と呼びます。人間の体内に入った水分は分子が小さいほど吸収されやすく、体の隅々まで行き渡ります。吸収されやすさもそうですが、排出されやすいという特徴もあります。きめ細やかな水分子は体中の不純物を洗い流し排出させます

クラスターの数値はヘルツという数値で表されます。水道水は140ヘルツ前後、世界的にも有名なルルドの泉の水や世界の長寿村の飲料水が70〜80ヘルツです。「VanaH」は55.9ヘルツときわめて小さい水分子であり、体にとってとても吸収がしやすく、体の隅々つまりは細胞一個一個まで行き渡る特製をもっており、細胞の隅々まで水分で潤す効果がVanaHは特に素晴らしいです。


VanaHは天然水素バナジウムを多く含んでおり、それらの成分もお肌の水分保湿に効果があります。また良質な脂質類と、ヒアルロン酸などのアミノ酸尿素なども肌の潤いに効果があります。

VanaHを飲んで冷え性を撃退!



多くの女性が悩んでいる冷え性。近年は男性の冷え性も増えてきて冷え性に悩んでいる方は凄く多いのだとか。

冷え性とは体温を保つ体温調整の機能が狂っているか、体温を保つためのエネルギーが足りないもしくは、できていない時に起こる症状です。

VanaHには血管を柔らかくし、血流を良くする作用があります。血流が悪いと、十分に温かい血液が体の隅々まで行き渡らないために、体が温まらなくなります。

もちろん、熱を効率良く生み出す筋肉も必要ですし、エネルギー源となる栄養を十分に摂取してないといけませんが、血流が悪ければそれだけで体は冷え、冷え性となります。


VanaHに多く含まれているバナジウム血糖値が下げ、血液がさらさらになり血流が良くなる効果があり、脂質・コレステロール代謝を促したり、中性脂肪が付きにくくなるなるほか、細胞新陳代謝の活性化の効果があり、基礎代謝が上がります。

また、プロスポーツ選手が持久力を高めるために導入している水の飲み方の「ウォーターローディング法」も血行を良くし、代謝を上げる効果があるので、冷え性に悩んでいる方に効果的です。

「ウォーターローディング法」は毎日1.5リットルの水を数回に分けて少しずつ飲んでいきます。内臓に負担をかけないように1回250ミリリットルぐらいがおすすめです。この飲み方をすることにより体内は常に水分で満たされます。水分で満たされた体は血管がやわらかくなり、血行が良くなり新陳代謝が促されます。

VanaHを「ウォーターローディング法」で飲めば、冷え性にかなりの効果があると期待できます。冷え性に悩んでいる方には是非是非試していただきたいです。

VanaHなどのミネラルウォーターについて



日本国内で「水を買って飲む」という考え方が定着した理由として大都市圏の水道水には水源特有の有機物系の臭いや水道配管のサビ、消毒の為の水素の臭い、トリハロメタンの危険性などがあります。これらの要因から健康志向な方やおいしさを求める方のミネラルウォーターの需要が高まりました。最近では放射線物質の水質汚染などもミネラルウォーターの需要を高めました。

最近では「VanaH」のような、おいしいだけでなく健康に良くさまざまな効能がある水が販売されるようになってきました。「水を買って飲む」という考え方から「水をこだわって選ぶ」という考え方への変化であるようです。さまざまな状況や「VanaH」のシェア拡大の勢いなどを分析するに、今後も「こだわって選ぶ」ミネラルウォーターの需要はどんどん拡大していきそうです。

VanaHで料理?



VanaHを料理に使うのもおすすめです。

少し贅沢かもしれませんが、VanaHのような口当たりの良い軟水を使用すれば随分と料理の味が変わってくるはずです。

水道水では塩素などで味が損なわれるだけでなく、一部のビタミンが破壊されてしまいます。またVanaHのような天然水素を多分に含んだミネラルウォーターでお米を炊いた場合、炊き上がりがふっくらとします。

和風だしをとるのもおすすめです。軟水ですと旨味成分であるグルタミン酸を引き出しやすいです。

お茶やコーヒーに使用するのもおすすめ。軟水は味の邪魔をせずまた香りが引き立ちます。

またVanaHは水分子のきめの細かさが特徴です。
水分子の大きさはヘルツという数値で表されます。水道水は140ヘルツ前後、世界的にも有名なルルドの泉の水や世界の長寿村の飲料水が70〜80ヘルツです。「VanaH」は55.9ヘルツときわめて小さい水分子であります。この細かい水分子はお米を炊いたなら中までふっくらしますし、そのほかの料理でもよく煮えたり、出汁が具の中までしみやすかったりといろいろ良い点が多いです。

VanaHでアトピーを治す

VanaHはアトピー予防や治療に効果が期待できるらしいです。まず最近のアトピーについて少し説明します。


1970年代ほどまではアトピー性皮膚炎は小学校に入るまでに完治している場合がおかったが、それ以降ははアトピーの高年齢化や、患者数が増え続けているのだそうです。

特に増加は大都市や工場都市で多い。それは自動車や工場からの

2012-04-05

VanaH 天然水素水

VanaHはアトピー予防や治療に効果が期待できるらしいです。まず最近のアトピーについて少し説明します。


1970年代ほどまではアトピー性皮膚炎は小学校に入るまでに完治している場合がおかったが、それ以降ははアトピーの高年齢化や、患者数が増え続けているのだそうです。

特に増加は大都市や工場都市で多い。それは自動車や工場からの排気ガス、オゾン層破壊による紫外線増加などによる、体内での活性酸素の増加が原因だという。石油化学工場、自動車工場、製鉄工場、などがある排気ガスの多い環境汚染された地域は重症のアトピー患者の数と密接に関係があります。

また、食生活の変化も大きな原因で、インスタント食品や生成加工食品などや、 残留農薬、化学肥料、食品添加物を使った野菜を食べることで、過剰な活性酸素が発生する。

活性酸素は増えすぎなければ、細菌やウイルスなどから体内を守るいい奴なのですが、その数が増えすぎると、自らの身体の細胞などを攻撃しだし酸化をさせます。また体内のコレステロールなどの脂質と結合すると、過酸化脂質を形成します。

コレステロールや中性脂肪などはそれ自体では悪さはしないが、過酸化脂質は細胞の中に浸透しやすく、一度浸透すると外には排出されなく、細胞を破壊します。

アトピー性皮膚炎は過酸化脂質により皮膚の保湿機能が奪われ、バリア機能が低下し、ハウスダスト、ダニなどなどの皮膚刺激に弱くなる症状です。

また、活性酸素により変質した脂質である過酸化脂質はタンパク質の性質を変化させ、今までアレルギーを起こさなかったタンパク質をアレルギーを起こすタンパク質に変えてしまいます。

それにより食事を始めとするさまざまなタンパク質に対してアトピー性皮膚炎の患者がアレルギーを起こすようになりました。

昔は動物性脂質を食べてもアトピーの患者さんは何も問題はなかったが、環境汚染により活性酸素が増えたことにより、動物性脂質が現代のようにアトピー性皮膚炎の悪化に関係し始めました。

オゾン層の破壊による紫外線の増加は、皮膚の活性酸素を増やします。顔や首などの露出部分のアトピー性皮膚炎が増えたのはこれが一因だと言われています。

また、食事が欧米化され、脂肪をたくさんとるようになり、大気汚染で活性酸素が増えアトピー性皮膚炎の重症患者が増えているという。


これらの症状に対してVanaHはかなりの効果が期待できるとされている。

まずVanaHに多く含まれている天然水素は活性酸素の増加を抑制する効果があります。またVanaHに多く含まれているバナジウムは脂質・コレステロールの代謝を促したり、中性脂肪が付きにくくなるなど過酸化脂質の原因となる脂質などを減らす効果がある。

これらの点から、VanaHはアトピーに対してある程度の効果が期待できると言われている。

VanaHで疲労回復



VanaHに多く含まれている天然水素は、体に吸収されると、ぐっすり眠れるようになり、疲れにくくなり、体が元気になるといいます。

天然水素は体の細胞の奥まで浸透して活性酸素を除去します。活性酸素が乳酸を生成するとこにまで入り込み分解するので、細胞単位で疲れの物質をやっつけてくれます。

また、天然水素で細胞単位から体を正常な状態に持って行く事により、さまざまな効果が期待できます。日中眠くならない、疲れにくくなった、二日酔いがなくなったという人も。

2009年のワールド・ベースボール・クラシックでイチロー選手が水素水を飲んでいたことで水素水がかなり話題になりました。さまざまなアスリート選手が飲んでいる水素水は体の疲労物質の解消に効果があると認識されているようです。

スポーツをする時にVanaHを飲み天然水素を補給するのはスポーツ中に疲れにくくなったり、疲れが減ったり、試合の後の筋肉痛、長く続く疲れなどを解消します。

VanaHは疲労物質を分解してくれるので疲労回復に役立ちますが、さまざまな面で健康に役立つナチュラルミネラルウォーターであるので、疲れがなく、健康で元気な体を作るのにとても役に立つのだといいます。

VanaHで二日酔い防止&撃退



お酒を飲んでいる時はとっても楽しいですが、その次の日の二日酔いといったらとても大変で凄い後悔をうみますよね。お酒が飲めない友達が言うには「後悔するなら飲まなければいいのに」だそうです。ですが後悔してもまた飲んでしまうのはお酒の魅力がそれだけ素晴らしく、凄いからでしょう。

そんな二日酔い対策に便利なグッズに「ウコンの力」などがありますが、もっと根本的に、次の日にお酒が残りにくい、二日酔いをしないような体を作っておけば、後悔することなくお酒を気軽に楽しめるようになります。

そんな体をつくるのには、VanaHに多く含まれている、天然水素がとても役に立ちます。天然水素が体内に吸収されるとぐっすり眠れるようになったり、疲れにくくなったりという効果があります。体が活性化され、元気になることでアルコールの分解が促進され、多く飲んでも分解しきれるようになります。

酸素カプセルに入った後はとても元気になって、たくさんお酒を飲んでも二日酔いをしないようになる(カプセルに入った日限定)という話がありますが、メカニズムは同じだと思いますが、VanaHの方が気軽に日常的にやれるものなので、習慣的に毎日ちゃんとVanaHを飲んでいる人は、お酒の楽しみ方などがかなり変わるといいます。お酒が強くなって飲める種類が増えたという人もいるとか。

もしかしたらVanaHで健康な体を作れば、味覚も変化することもあるのかもしれませんね。不健康な人の味覚が正常に作用していないので、美味しい物を美味しいと感じられなかったりすることもあるらしいですしね。

※追記
お酒には利尿作用や発汗作用があるので、どんどん水が外に出ていってしまうらしいです。アルコール分解には水分と糖分が必要ですが、その水分がないとひどい二日酔いになります。ビールは特に利尿作用が強いので、どんどん水が出ていきます。
ですので、お酒を飲むときはVanaHなどのナチュラルミネラルウォーターを合わせて飲むのが大事です。またひどい二日酔いを防ぎたいのなら糖分の補給が大事です。オレンジジュースやアップルジュースなど、フルーツの糖分は体に吸収されやすいので、お酒を飲んでいる最中や、そのあと、次の日に飲むと効果的であります!

妊婦さんにもとても良いVanaH



妊婦さんにもとても良いというVanaH。妊婦さんはそのひと一人の体ではないので、とても健康には気を配っていると思います。

赤ちゃんが生まれてくるまでの環境は羊水によって良し悪しが決まりますので、羊水の状態に気を配る妊婦さんも多いですよね。

羊水を健康的に保つには、妊婦さん自身が健康でいなければなりません。もし妊婦さんが栄養失調みたいになれば、お腹の中の赤ちゃんにも栄養があまりいかなくなります。

そんな妊婦さんに良いのがVanaHに多く含まれている天然水素です。天然水素により妊婦さんは栄養の吸収がしやすくなり、良い羊水の状態を保てます。

またVanaHのデトックス作用は羊水をきれいに保ちますし、便秘になりやすい妊婦さんの便秘解消の効果もあります。便秘は毒ですし、食欲不振にもつながるので、赤ちゃんにとってはとてもよくないものです。

これらの効果から、妊婦さんにVanaHをおすすめいたします。

ストレスにVanaH!



「ストレス社会」と言われるこの世の中ですが、みなさんは多くのストレスとどのようにつきあっているのでしょうか。

「ストレス」という言葉を聞かなかったり、見なかったりしない日は無いほどに、ストレスはわたしたちの生活で大きな割合を占める病気といっていいようなものになっています。

では「どのようにすればストレスをなくせるか」と考えてみて、「ストレスの原因をなくせばいじゃないか」となったとしても、ストレスの原因が、会社、人付き合い、学校、家庭、いろいろあると思いますが、そういう環境はなかなか変えられるんものではないですよね。

またストレスは感受性や性格にもよりけりですが、性格を変えるなどなかなかできるものでもないです(個人的には18歳を超えたらもう性格なんて変わらないと思っております。変えられるとしたら習慣や考えて判断するときの材料などでしょうか)。

ではストレス対策はどうすればいいのでしょうか。「ストレスに強くなる」「ストレスを受けて弱った体を回復させる」というこの2点がてっとりばやいのではないでしょうか。

まずは「ストレスに強くなる」にはどうすればいいかについて説明します。いろいろな方法があると思いますが、VanaHを飲むのもひとつの方法です。VanaHの何が効くのかとと言いますと、ミネラル成分です。「イライラする人はカルシウムが足りない」などよく言われますが、ミネラル不足は性格に影響します(イライラなどを起こさせやすくなります)、逆にミネラルが十分に摂取できていればイライラなども減り、ストレスに強い体を作ることができます。

富士山で採水されるVanaHは、富士山に降り注いだ雨や雪が7層のバサルト層(バナジウムやミネラルが多く含まれているという玄武岩層)に浸透し、長い年月をかけてゆっくりバナジウムやミネラルを溶かし込みながら、1000メートルにおよぶ玄武岩層の地中へと流れ地底深くの伏流水となります。伏流水は地中で自然に濾過されるので、水質が良好で安定しています。雨水や雪は1メートルを1年、地底深くの伏流水になるまで数百年かかると言われています。この過程でいろいろな種類のミネラルがバランスよくVanaHに含まれるようになるのです。なので、ストレス対してVanaHを飲むのは、効果が期待できるでしょう。



次に「ストレスを受けて弱った体を回復させる」という点についてです。

人間は過度なストレスにさらされると活性酸素などの物質を過剰に生産してしまいます。活性酸素が増えすぎるとさまざまな体にとっての悪い病気などの原因となります。老化を早めたり免疫力が下がったり、細胞を傷つけてその傷ついた細胞ががん細胞などになったりと良いことがありません。天然水素が多く含まれたVanaHにはその活性酸素の増加を抑える効果があります。VanaHを飲むことでストレスにさらさた体を守ることができるのです。


それともう一点おすすめしたいのが、ストレスにさらされて、イライラした時に、1杯のVanaHを飲むことです。

VanaHなどのミネラルウォーターは、ストレスでイライラした時に、1杯気分転換に飲むと神経のたかぶりを抑え、気持ちを落ち着ける効果があります。気持ちを切り替える時に一杯の水を飲むことや手を洗うことが効果的だと言われております。これは「リセット効果」と呼ばれています。

リラックスしたい時や、気合いを入れたい時、気持ちを落ち着けたい時、気付が必要な時などにも利用できますし、禁煙中に煙草が吸いたくなったらこの方法で気持ちを落ち着かせるのも効果があると言われています。

VanaHで体臭対策



体臭が臭いのは嫌です。本当に嫌ですよね。
歳を取ることにより夫が臭い。私も加齢臭がしてきたような気がします。なんとかせねばならないという時に、VanaHを飲み始めたら体臭が減ったような気がするんです。これは何かあるぞ!と思い調べてみました。

体臭にもいろいろな原因がありますが、その体臭の原因の一つに、食事の欧米化があげられます。食事の欧米化、つまりは肉食のことですね。肉中心の食事は高タンパク、高脂質、高カロリーなので、食べた後どばーっと皮脂が出ます。

油はニオイのもとです。油が汚れや汗などと反応して臭いを発生させます。また活性酸素による酸化で皮脂は体にとって有害な物質になりやすく、においもまたきついものになるんだとか。

VanaHに多く含まれているバナジウムは血糖値が下げ、血液がさらさらになり血流が良くなる効果があり、脂質・コレステロールの代謝を促したり、中性脂肪が付きにくくなるなるほか、細胞の新陳代謝の活性化の効果があり、基礎代謝が上がります。この効果により過剰な皮脂が分泌されにくくなります。

またVanaHに多く含まれている天然水素の抗酸化作用により過剰な活性酸素の増加を抑えることで、皮脂の酸化を防ぎ、臭いを発生させにくくすることができます。

そのほか内臓の調子の悪さや、血液がどろどろななどが原因の体臭の臭いがあります。これらもVanaHを飲むことで、良くなるでしょう。

VanaHを飲む以外にもいろいろな方法があると思うので、もっと調べてみるつもりです。日本人の食事の欧米化はいろいろな体の不調の原因となるのは知っていましたっが、体臭がくさくなる原因となっていたとは知らなかったです。

日本の風土で育った食材や、それらで作られ進化してきた日本食、そしてそれらをずっと食べ適応してきた日本人には、日本食が一番ですよね。農耕主体の日本人の腸と、欧米人のような肉食の民族の腸では、構造が違うみたいです。日本人に大腸ガンが増えたのはこれらも原因のひとつであるとされています。

とは言え、「肉は喰わん!これからは日本食だけじゃ!」とはなかなかできないですよね。難しいところです。その人なりのバランス感覚を見つける必要がありそうです。

天然水素水でパック?



VanaHを飲んでいる知り合いの間で「天然水素水パック」が話題になっています。天然水素水パックとはなんぞやということで、詳しく聞いて帰宅してすぐにトライ。

水素水パックとは、天然水素が大量に入っているVanaHを使ったパックです。VanaHで浸したコットンを顔に貼り付け、その上からサランラップをするという方法です。パックの時間は10分ぐらいで良いとのことです。

顔に貼り付ける前にはVanaHで洗顔するのがおすすめです。細かい水分子を持つVanaHは毛穴の奥など細かいとこまで汚れを洗い流してくれます。天然水素水パックの効果を上げてくれます。


なぜVanaHを使った天然水素水パックが効くのかと言いますと、肌から吸収されたVanaHの天然水素がお肌の細胞にうるおいを与え、その天然水素がお肌の活性酸素を抑えこむからです。活性酸素はお肌にとっては、しみやそばかす、しわなどをひきおこす原因であります。


VanaHは水分子の細かいナチュラルミネラルウォーターとして有名です。水の分子の大きさを「クラスター」と呼びます。人間の体内に入った水分は分子が小さいほど吸収されやすく、体の隅々まで行き渡ります。パックで使ったのなら皮膚からの吸収のされやすさでも効果を発揮します。

ちなみにクラスターの数値はヘルツという数値で表されます。水道水は140ヘルツ前後、世界的にも有名なルルドの泉の水や世界の長寿村の飲料水が70〜80ヘルツです。「VanaH」は55.9ヘルツときわめて小さい水分子であり、体や皮膚からとってとても吸収がしやすく、体の隅々つまりは細胞一個一個まで行き渡る特製をもっており、細胞の隅々まで水分で潤す効果がVanaHにはあります。

VanaHに多く含まれている天然水素やバナジウムは、お肌の水分保湿にも効果があります。

天然水素で魚の鮮度を保持



こんな使い方もあったのか!というお話を聞きましたのでご紹介。

VanaHのような天然水素水を氷にして魚など新鮮が大事な食材を冷やすと、鮮度を保持する時間が2倍ぐらいに伸びるらしいです。

これは天然水素の抗酸化作用が鮮度保持に利いたのだと考えられます。家庭ではなかなか鮮度保持のためにこの方法をすることはないかと思いますが、魚屋さんや流通の方にはかなりすごい情報なのではないでしょうか。魚屋さんでしたら長い時間鮮度を保ったまま売れますし、流通の方でしたら鮮度を保持したまま長い距離を運べるので、とれた場所から遠くっても運べちゃいますよね!

不妊治療にVanaH



不妊治療に天然水素が良いらしいです。天然水素はVanaHに多く含まれていますが、なぜ不妊治療に良いんでしょうか。いろいろな研究がなされているのでそれをまとめてみます。

まず、卵子の老化現象について説明します。

最近は妊娠したくてもできない女性が不妊治療を行うケースが増えているようですが、なぜなのでしょう。

人間の体には若返る細胞と若返らない細胞があります。若返らない細胞には心臓細胞や神経細胞などがあげられます、これらの細胞は一部の例外を除いて、ほぼ生まれた時から同じ細胞を死ぬまで使い続けます。

若返る細胞には、皮膚細胞があります。皮膚は常に新しい皮膚の細胞を生み出し、古くなった皮膚細胞は垢となります。

卵子はどうなのでしょうか?男性の精子の場合は常に新しいものが作られ続け、おじいちゃんになっても子供が作れる男性も多いです。ですが女性の場合は閉経により妊娠はできなくなります。卵子は生まれた時に持っている卵子のもと「卵母細胞」を少しづつ減らしながら使っていき、細胞分裂で増えることはありません。つまり卵子の元の卵母細胞は心臓など同じように、新しくならなく、老化がおきます。卵母細胞が老化すれば妊娠も難しくなっていきます。女性が一生の中で排卵できる数は300〜400回(ピルの使用や多産の女性の卵子の数は減ります)、妊娠できるチャンスはそれだけしかありません。

卵子の老化の原因は主に酸化です。酸化はもちろん活性酸素の増加によって引き起こされることがほとんどです。卵子がある卵巣は卵子を酸化させないようにと酸素を運ぶ血液の供給をできるだけ少なくしています。酸素は酸化を起こす活性酸素の原因なので、そのようになっていますが、血液の供給が悪いと、抗酸化物質の供給も悪くなります。なので体内で活性酸素が増えすぎた場合、卵子は酸化してしまいます。

現代は活性酸素が増えやすい環境です。大気汚染、ストレス、運動不足、酒、タバコ、食物添加物などが活性酸素が増える要因です。このような悪い環境のなかで、体内の活性酸素が増えて、卵子が酸化してしまい、不妊治療を行う女性が増えているのではないでしょうか。(もちろん不妊治療の存在が多くの女性に認識されたからというのもありますし、不妊は男性の精子の減少も大きな原因だと考えられます)。

その卵子の酸化に対抗できるのが天然水素です。卵巣は血液供給が悪いので、なかなか抗酸化物質が届きにくいのですが、天然水素の分子が細かく、また天然水素自身が体内に拡散されやすい、浸透しやすいという性質を持っているために、卵巣まで届きます。

ですので、「卵子の酸化」、つまりは不妊治療には天然水素が多く入ったVanaHを日頃から習慣づけて飲んでいれば効果が期待できる、とのことです。

卵子が老化・酸化・さびなどしてしまうのはすごく嫌ですよね。歳をとってから卵子を酸化させないでおくのにも、歳が気になってくる前からVanaHを飲んで、卵子を新鮮に保っておくのにも効果が期待ができます。

最近ではいろいろなアンチエイジングや不妊治療を行なっているクリニックなどが、天然水素水を使ったり、効果に注目していたりするらしいですよ。



あと、もう一点、いろいろ調べている中で、面白い情報があったのでご紹介。

先程記述しましたが、卵子の元である卵母細胞は生まれた時から増えることおがなく、生まれた時にその数が決まっています。女性が一生の中で排卵できる数は300〜400回(ピルの使用や多産の女性の卵子の数は減ります)、妊娠できるチャンスはそれだけしかありません。

その卵母細胞を作り出す幹細胞(細胞の素みたいなものです、ES細胞のことです)は出生前になくなってしまいますが、その卵子幹細胞を作り出せないかという研究がいろいろな大学や病院、研究所などで行われており、最近ハーバード大学などの研究チームが、幹細胞を使い新たに女性の卵子を作り出すメカニズムを発見したらしいのです。

この研究が実用化されれば、今まで生まれた後には増えることがなかった卵母細胞を増やすことができ、不妊治療は一気に進化しますね。

幹細胞(ES細胞)の研究はとても凄いですよね。どんな臓器でも人工的に作れる可能性がある細胞なので、将来的には、他人からの臓器移植もなくなるかもしれませんし、この卵子を増やす方法が実用化されれば、高齢の方の出産の選択肢も一気に増えるのでしょうね。

いつ実用化されるかわかりませんが、わくわくしてしまう情報でした。

電磁波は活性酸素のもと?〜VanaHで体を守る〜



私たちの周りにはいつも電磁波が飛び交っています。パソコンや携帯電話、液晶画面、電子レンジ、テレビ、ステレオ、冷蔵庫、エアコン、電灯までさざまな電化製品が電磁波を出しています。また太陽の光や紫外線なども電磁波ですし、遠赤外線も電磁波であります。

X線、ガンマ線、紫外線などが強いエネルギーを持っており、体の中に浸透し、活性酸素を発生させます。これと同じように電磁波も活性酸素を発生させるのではないかと言われています。

電磁波の健康問題は身の回りにハイテク機器が多くなり、盛んに議論され、研究が行われております。
いろいろな健康被害を発生させる原因になっているのではないかと言われていますが、まだはっきりとはしていない状況であります。ですがはっきりとしていないだけで、活性酸素を発生させ何か健康への被害起こしているというのはかなり可能性が高いようです。

活性酸素はストレスの大きな原因となりますが、パソコンを長時間使うと、ひどく疲れたりイライラしたりするのは電磁波が原因なのではないかと言われています。身に覚えがある方は多いのではないでしょうか?私もパソコンでずっとネットをやっていたりする日が多いので、「なんだってーー!!電磁波の仕業だと!!」と思ってしまう情報でした。

このような電磁波が原因だと思われる体への悪影響には、活性酸素の増加を抑えることで対抗できます。活性酸素はVanaHに多く含まれている、天然水素でその増加を抑えられるので、VanaHを飲むことで電磁波の体への悪影響に対抗ができます。

植物にVanaH〜天然水素が農薬に?〜



水素水を散布し、農薬を使わず、害虫の発生や駆除ができる装置が発売されて話題になっているらしいです。農薬フリーで農薬と同じような効果があるのならそれは凄すぎる発明なのではないのでしょうか?

なぜその水素水を散布することで農薬と同じような効果が得られるのかというと、水素水は極めて小さな水分子であり、カビ菌や小さな害虫、卵などにどんどん浸透していきます、そうするとそれらは死んでしまうのだとか。

うどんこ病やかっぱん病、灰色カビ病、葉カビ病、サビ病などにも効果があるのだとか。病害虫の耐性や薬害もなくとても便利なのだそうです。

今のところは完全農薬フリーとはいかず、農薬の使用回数を減らすことができるぐらいの効き目なのだそうだが、将来的には水素水散布で完全農薬フリーも達成できるのではないかとされています。

家庭では霧吹きでVanaHを植物にふりかけるなどで効果が期待できるでしょう。

我が家庭では家庭菜園もしないですし、近親に農家の人もいないので、このような情報の重要性はそこまで理解できていないかもしれませんが、これは凄い画期的な方法なのではないでしょうか。

※追記
農薬替わりとしてVanaHを使う以外にも植物を育てるのにVanaHを使うのはかなり効果的みたいです。まず水道水を植物に与えるのは塩素が入っていたり、酸性であったりと植物に優しくないので、できればあげたくないですよね。人が飲んで健康になれる水を植物に与えれば植物も健康になれるのはとても自然なことで、人間の体に吸収されやすいVanaHは植物にも吸収されやすいという効果があるようです!

VanaHを飲んで集中力を発揮〜勉強などにも効果アリ?〜



VanaHに多く含まれている天然水素にはストレスを軽減させて集中力を高める効果があるといいます。この効果に注目して、最近ではいろいろな教育機関などが学生に天然水素水をすすめたりしているらしいのです。

生徒の反応も「頭がすっきりして集中できる」などかなり好評だと言うことで、このように教育機関などが天然水素水を教育の効果を上げるツールとして利用することが増えていくのではないでしょうか。

このような使い方ができるのは学校だけではないですよね。仕事でもかなりの利用する価値があると思います。私は専業主婦になるまでは新卒で社会人になりデスクワークをずっとやっていました。どの仕事でもいろいろな大変さがあると思いますが、私はデスクワークが本当にストレスであり(なぜかイライラしてしまう)、ストレスによりなかなか集中ができないことが多かったのです。

VanaHに多く含まれている天然水素にはそのようなストレスを減らす効果があります。また水そのものの効果に、脳や気持ちなどのリセット作用があります。仕事中で頭がもやもやした時、頭を切り替えて集中したい時など1杯のVanaHが効果を発揮します。

集中力がアップし、頭や気持ちの切り替えが上手にできれば仕事や勉強の効率は絶対あがりますよね!是非是非そんな時にVanaHを試してみるのはいかがでしょうか。


※追記
天然水素水を飲むと記憶力もアップするらしいです。正確に言うと、天然水素水を飲むとストレスによる記憶力の低下を防げるということです。ストレスってかなり記憶力がさがるみたいなんです。勉強の前にVanaHを飲んで天然水素の補給が必須ですね。

VanaHなどの天然水素水が飲める場所が増えている?〜医療機関でも天然水素水〜



水素水サーバーが増えていますね!いろいろなところに設置が進んでおり、よく見かけるようになってきました。これだけいろいろな場所に天然水素水の飲める場所が増えているのは天然水素水のその効果の凄さが多くの方に知られてきたからなのでしょう。

そんな中、病院や薬局などの医療機関に天然水素水設置が進んでいるらしいです。VanaHなどの天然水素にはさまざまな健康によい効果がありますし、気軽に日常的にその効果を得られるということで設置が進んでいるらしいです。

病気になってしまった人が集まる病院ですが、病気は病気になる前の未病の状態で治してしまうのが良いですし、なにより病気にならない強い体を作ってしまうのが一番です。それらに効果があるのがVanaHなどの天然水素であります。

VanaHと一緒に食べると効果的な食べ物〜活性酸素の増加を抑える抗酸化作用がある食材〜



活性酸素の過剰な増加を防ぐ抗酸化作用はVanaHに多く含まれている天然水素以外にもあります。それらの食材を紹介します。

活性酸素による体の細胞の酸化を抑えられれば、老化、ガン、心筋梗塞、動脈硬化、脳卒中、糖尿病、・認知症・アトピー、胃潰瘍、子宮筋腫、リウマチ、鬱病、小児ぜんそく、花粉症などさまざまな症状の予防になります。

・鮭・いくら

抗酸化作用に効果があるとされているアスタキサンチンを多く含む。アスタキサンチンは脂肪に溶ける性質を持っているので、細胞の中に入って活性酸素を抑制し、血液をさらさらにします。また脳内の毛細血管の血行改善および目の疲労回復、紫外線などによる紫外線のお肌への害から守ってくれる効果があります。


・かぼちゃ

βカロチンのほか、抗酸化作用のあるビタミン、腸内環境を整える食物繊維などを多く含む。これらの栄養素は免疫力を高め、病気にかかりにくい体を作ります。さすがかぼちゃ!


・ロイヤルゼリー、レバー、牡蠣

抗酸化作用に効果があるとされる亜鉛を豊富に含む。亜鉛はアルコール分解、免疫活性化、育毛、味覚・嗅覚を正常に保などの働きがあります。子供は発育促進や成人には全身の新陳代謝を促し、男性には生殖器官の発達や生殖能力の維持に欠かせません。
亜鉛が不足すると疲れやすい、視力が下がる、抜け毛が増える、貧血、皮膚荒れ、味覚嗅覚障害、治癒能力低下、生理不順、男性の精力低下などが起こりやすくなりますので、不足させないように気をつけねばですね。


・にんじん

βカロチンが豊富!βカロチンは体内でビタミンAが足りなくなった時に、ビタミンAに変化し、抗酸化作用を発揮します。またビタミンAと違い熱にも強いのでいろいろな料理方法で使えます。


・りんご

抗酸化作用があるとされるアップルペクチンを含む。アップルペクチンには整腸作用があり、腸内の悪玉菌を抑制する効果がある。また悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増やすので大腸がんの予防にもなります。りんごは熱を加えることでアップルペクチンの効果が高まるので、焼きリンゴやアップルパイなどが効果的な食べ方である。


・アボカド

アルツハイマー病のリスクを下げることが確認されているビタミンEや、コレステロール値を下げる不飽和脂肪酸も豊富なのだとか。私はアボカド好きなんですが、まさかこんな効果がある健康食品だったとは!!


・ネギ、にんにく、にら、たまねぎ

抗酸化作用があるアリシンを多く含む。アリシンは殺菌作用や疲労回復に欠かせないビタミンB1の吸収を助ける効果や、胃液の分泌、代謝作用を高める効果、冷え性対策、病気への抵抗力を高める効果、抗ストレスなど、さまざまな効果があるとされています。


・納豆

納豆に含まれているムチンは血糖値の上昇を抑え、老化を招くインシュリンの過剰分泌を防ぐ。血液をさらさらにするナットウキナーゼは脳卒中や脳梗塞などの成人病のリスクが低減します。


・緑茶

緑茶に多く含まれているカテキンは抗酸化作用があるといいます。カテキンには抗癌作用があるのではないかと言われています、静岡県内でお茶をよく飲む地域ほどガンの発生が少ないらしいのです。カテキンという名前はお茶の殺菌作用などで有名となりましたが、まだまだいろいろな効果があるのではないか、ガンの予防薬として使えるのではないかとして研究され続けている注目の成分なんだとか。


・鶏むね肉

鶏肉のうち胸部分だけ多く含まれているカルノシンには、活性酸素を除去する抗酸化作用があり、また疲労時に体の乳酸を中和し疲れを癒すほか、動脈硬化や糖尿病にも効果があるのではないかとされている。


・発芽玄米、大豆、うなぎ、ナッツ類、オリーブオイル

これらの食べ物にはオレイン酸が多く含まれています。オレイン酸は不飽和脂肪酸に分類され、動脈硬化などに著しい効果を発揮することが判明し、注目を浴びています。
オレイン酸の働きは血液中の悪玉コレステロールを除いて動脈硬化や心臓病、高血圧を予防します。また胃液の分泌をコントロールして胃酸過多や胃潰瘍を防ぎます。腸をなめらかにして便秘を予防したり解消したりするほか、放射線の害を防ぐとまで言われています。
オレイン酸はオリーブオイルに多く含まれており、オリーブオイルを多く摂取している地中海地方の人たちには心臓病が少ないです。オリーブオイルでもオレイン酸が多いのはエクストラヴァージンオイルです。凄いですねオリーブ!思わず追いオリーブをしてしまいます。


・鯖

青魚には抗酸化作用に効果があるコエンザイムQ10を多く含んでいることで知られています。青魚にはDHAも多く含まれており、血栓を溶かす効果があるので脳疾患などに効果が期待できます。コエンザイムQ10は20歳前後をピークに歳を取るごとに減っていく成分として知られ、コエンザイムQ10が減ると、体はどんどん老化していきます。体内の活性酸素も増え加齢は一気に進んでしまいます。コエンザイムQ10の補給は若さを保つには必須でしょう。


・トマト

トマトに多く含まれているリコピンは体内の活性酸素を取り除き、また血液をさらさらにします。またこれまた抗酸化作用に効果があるとされるアルファリポ酸を多く含む食材である。最近ではダイエットにも効果があるとの発表があり、凄い売れちゃって品薄ですよね。トマトジュースを毎日飲んでいる友人がいますが、凄い効果があるらしいです。


・ウコン

ポリフェノールの一種、クルクミンが豊富。アルツハイマー病や認知症などに効果があるのではないかとされている。


・ブロッコリ
ファイトケミカルという食物成分が豊富。ファイトケミカルは抗酸化作用がある食物成分は200種類以上含まれているとされ、発がん性物質の発生も防ぐという。


・そば

そばには抗酸化作用があるルチンが多く含まれています。
ルチンはフラボノイドの一種。ルチンは特にソバや柑橘類に多く含まれる抗酸化栄養素としてよく知られています。ソバの効能として、毛細血管を強化し、血圧を下げる作用がよく知られていますがこれはその成分であるルチンによる効果と考えられています。
ルチンはビタミンCの吸収を助け、酸化から守り、細菌の侵入を防ぎます。また高血圧の降下作用があるため心臓病や動脈硬化、高血圧などの生活習慣病の予防に役立ちます。そしてルチンは血管を強化し血行を良くする働きがあるので、冷え性や肩こりなどにも効果があるとされています。
ルチンはそばよりそば湯の方に多く含まれているのでお蕎麦屋さんに行ったらそば湯をたくさん飲むのが良いかもですね!


・もやし

最強の粗食野菜もやし!もやしなどの新芽野菜に多く含まれているスルフォラファンというファイトケミカルは抗酸化作用がとても強いことで知られています。有害物質などを体外に排出するデトックス効果を高める効果もあるとか。


・ぶどう・ココア・マテ茶・ワイン・緑茶

これらの食べ物にはポリフェノールが多く含まれています。
フラボノール、イソフラボン、タンニン、カテキン、ケルセチン、アントシアニンなど植物が光合成を行うときにできる物質の総称です。
糖分の一部が変化したもので、植物の葉や花、樹皮などに成分として含まれており、植物自身が生きるために持っている物質ですが、人のからだの中に入っても、抗酸化物として有効に働くことが明らかになっています。
ポリフェノールの効果は、体内に摂取、蓄積された悪玉のコレステロールの酸化を防ぎ、高血圧、動脈硬化および動脈硬化を原因とした脳血管障害、心臓病などを予防します。
またポリフェノールには多くの種類がありますが、特にお茶に含まれるポリフェノールについては、胃がんの抑制に高い効果をあげることが認められています。
さらに、ポリフェノールはO-157にも効く優れた抗菌作用、抗腫瘍作用、虫歯菌の増殖を抑える作用、血糖値を下げて糖尿病を予防する作用なども報告されています。
摂取量は特に定められていませんが緑茶を例に取った場合、コレステロールの酸化防止、ガン予防にポリフェノールの有効な1日の目安量は、濃い目に入れたものを湯のみに7〜10杯といわれています。 ポリフェノール食品の代表ともいえる赤ワインには、タンイン、カテキン、ケルセチン、シンプルフェノール、アントシアニン、フラボノールなどのポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールはブドウの果皮や種子に多いため、果皮を除いて作られる白ワインではポリフェノールの効果は期待薄です。

VanaHでニキビ対策!



思春期の子供から最近では大人にも多い「ニキビ」。世界中の人がニキビに悩み、いろいろなニキビ対策を行なっており、ニキビ対策のグッズや薬もたくさん出ています。

私も思春期の時から大学生2年ぐらいまでニキビが治らなくいろいろ試した時期がありました。皮膚科に行って抗生物質を飲んだらすぐに治りますが、それは対症療法であり、根本解決ではないのですよね。

皮脂と古い角質が混ざり合い毛穴が詰まり、そこでアクネ菌などの影響で炎症が起きるのがニキビです。不規則な生活やストレス、体調が悪いなどいろいろな原因で皮膚の抵抗力が落ちアクネ菌になかなか打ち勝てない状態になるとニキビは一気に増え大変なことになります。大人ニキビではストレスや生理などのホルモンバランスの乱れにより皮脂の分泌が過剰になり、ニキビの原因となります。

ニキビに打ち勝つ、またはニキビになりにくい、健康的な肌(体)の作り方についてはいろいろな方法があると思いますが、VanaHも凄く効果があります。

天然水素を多く含んだVanaHはナノを越えたピコレベルでの細かさを持った天然水素を含んでおり、お肌を洗う事に利用すれば、肌の細部、深部まで綺麗に汚れを洗い流します。成分も硬度29の軟水で肌への刺激も少なく、またpH値(水素イオン指数)が7.3と人間の浸透圧にきわめて近く(弱アルカリ性)、とても肌への刺激が少ないのが特徴です。このVanaHの特徴はニキビの原因である、毛穴に詰まった皮脂と角質が混ざり合ったものを洗い流す効果があります。

またもや登場なのですが、ニキビの原因の一つにも活性酸素があります。活性酸素のせいでニキビがひどくなったりなかなか治らなかったりするらしく、大人ニキビの原因は活性酸素が大きな割合を占めているのだとか。活性酸素はVanaHに多く含まれている天然水素で抑えこんでしまいましょう!

VanaHに多く含まれているバナジウムには血糖値を下げる効果があります。血糖値が下がると血液がさらさらになり、また脂質・コレステロールの代謝を促したり、中性脂肪が付きにくくなるなどして、ニキビの原因である過剰な脂質の分泌を抑えることができます。また細胞の新陳代謝の活性化の効果から皮膚の老廃物をどんどん出し、皮膚を健康できれいな状態に保つ効果がります。

そのほかVanaHには体を元気にし、免疫力を高める効果があるので、ニキビの原因であるアクネ菌を増えすぎないようにしたり(アクネ菌は増えすぎなければ肌を守ってくれる良い菌です)、増えすぎたアクネ菌をやっつけられます!

また、VanaHには利尿作用などのデトックス効果があるので、お肌の綺麗に保ち免疫力を強くします。またニキビの原因である生活の乱れはVanaHの睡眠を多く取れるようになる効果により、改善が期待できますし、ストレスもVanaHなどで減らすことができるので、ニキビをやっつけるにはVanaHは最適でしょう。

ニキビを治すには毎日のVanaHを飲むのが大事です。他のニキビの薬などと同じで、ちょっと良くなったなと思って、油断してニキビ対策をさぼってしまったら、積み上げてきたものがぱーとなり、すぐに元通りのニキビ肌に戻ってしまいます。継続が大事です!

水素風呂でダイエット?



ボクシングWBC世界ミニマム級王者の井岡選手が水素水を使ったお風呂に入って減量を行ったらしいです。

兵庫・芦屋にあるクリニックで提供する天然ミネラルバスというメニューらしいのですが、練習後に井岡選手はここに通い、水素水のお風呂で減量を行なっていたのだとか。羊水と同じ成分を多く含み、発汗が多く脂肪燃焼を促進するのだとか。

ボクシング選手の減量の辛さ大変さは凄いものです。かの有名な力石選手の過酷な減量などでその凄まじさを知った方は多いと思います。相当に減量に力を入れているボクサーの方はそれだけ、効果がある減量方法(ダイエット方法)に詳しいし、最先端の方法を知っているのではないでしょうか。

水素風呂はダイエット効果以外にもさまざまな効果が期待できます。

VanaHで肝臓を守ろう



人体最大の内蔵である肝臓。非常に機能が多いことで知られ、代謝、排出、解毒、体液の恒常性の維持などにおいて重要な役割を担っています。特にアルコール分解能力があることで知られ、また十二指腸に胆汁を分泌して消化にも一定の役割を持っています。

働きは少なくとも500以上あるとされ、肝臓と同機能のを持つ工場は作れないと言われるほど機能が多いため、人工臓器としての実用化は非常に難しい臓器である。

また、臓器の中での部位による機能の分化が少なく、一部に損傷があっても再生能力が強いため、その損傷があっても症状が現れにくい。4分の3を切り取られても元通りに再生するとさえ言われています。肝臓が病魔に侵されても、自覚症状が出る頃には非常に悪化していることが多く「沈黙の臓器」などと呼ばれています。

肝臓は多くのエネルギーを消費する器官です。酸素などのエネルギーを大量に消費すれば、それだけ活性酸素の発生量も増えます。活性酸素が増えすぎると肝臓が侵され脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝臓がんなどになってしまいます。さきほども書きましたが「沈黙の臓器」と呼ばれているだけに、病気に気がついた時には既に手遅れになっていることが多いようです。

活性酸素はVanaHに多く含まれている天然水素でその増加を抑えることができるので、VanaHを飲むことで肝臓の健康維持を助ける効果が期待できます。

また肝臓と言えばアルコールの飲み過ぎや、肉などの脂を多く摂取しすぎるのも良くありませんよね。VanaHを飲めば、アルコールや過剰な脂肪から肝臓を守ることができます。アルコールを飲む前や飲み過ぎた後、脂っこい食事を取る前には特に意識してVanaHを飲むことをおすすめします。

天然水素と腎臓病



水素水には慢性腎臓病の合併障害を抑制する効果がありらしいです。東北大学の研究チームが発見した効果なのだとか。

水素水を日常的に慢性腎臓病モデルラットに飲用させると、通常の浄水を飲んだモデルラットに比べて、腎臓及び心臓の炎症や酸化ストレスなどの進行が抑えられることを明らかにしました。慢性腎臓病に対する新たな予防対策につながることが期待できます。


もう一個東北大学からの発表。

慢性腎臓病の末期状態に対しては人工透析療法が広く行われてります。現在日本での慢性透析患者は年々増加し28万人を超えており、その多くの患者は血液透析療法を受けていますが、動脈硬化の進展や易感染症などの問題は未だに解決がされていません。この原因には高血圧・活性酸素の産生亢進といった慢性腎臓病に特異的な病態が関わっていることが指摘されていましたが、これに対する有効な治療法は限られており、新たな治療法の開発が切望されてきました。

研究チームでは水素ガスがヒドロキシラジカルなどの活性酸素を消去する現象に着目し、ナノバブル状の水素ガスを含有する、血液透析を用いた治療法を開発を行ってきました。

血液透析では1回の治療に1人当たり平均120リットルもの水を用いるため、水素含有水を安定的かつ大量に作成するために水の電気分解システムを組み込んだ血液透析システムを構築しました。国内の3医療施設の協力で6ヶ月にわたる治療を行い、高血圧の改善、炎症や酸化ストレスの改善が認められました。

副作用などの問題となる症状はなかったことから、従来の治療法では治療が困難な病態に対する新たな治療法となることが期待される。



以上東北大学同の研究チームでの発表です。この研究チームは腎臓病への水素水での治療を研究しているみたいですね。VanaHに多く含まれている天然水素にはさまざまな病気への効果が期待できるので、世界中のさまざまな病院や研究所などが研究していますが、凄い未来を感じますね!

酸化ストレスで脳が疲労 慢性疲労



常に疲れてる人が増えている、そんな人にVanaH!という面白い情報を聞いたのでご紹介!


「慢性疲労症候群」という病気をごぞんじでしょうか?原因不明の疲労が6ヶ月以上の長期にわたって継続する病気である。

慢性疲労症候群みたいな感じに長い間、疲労感を感じながら過ごしている人は多いのではないでしょうか?

ずっと眠い、ずっとだるい、やる気がおきない、など慢性疲労症候群の症状の一つです。ですがこれらの症状は実は活性酸素を処理しきれていないのが原因の場合が最近は多いらしいです。

健康的な体は活性酸素をちゃんと処理しきれるので、何も問題はありませんが、大気汚染物質、ストレス、運動不足、酒、タバコ、食物添加物などにより活性酸素が過剰に増えることで細胞や神経が傷つけられ、その結果、エネルギー代謝や中枢神経系に異常をきたし、さらに脳に疲労を伝える物質が増加、さまざまな悪影響を及ぼし脳が疲労をずっと感じるようなひどい状態になってしまうというのである。

ここでこの症状に効果的なのが抗酸化物質である、天然水素です。抗酸化物質である天然水素を摂取し、活性酸素の増加を抑えることが大事です。

VanaHにはその天然水素が多く含まれている。またVanaHには質の良い睡眠を促す効果や、そのほかさまざまな健康効果があるので、元気な体を作ることができる。

VanaHを飲んで健康で疲労に強い体を作りましょう!

水分補給の重要性〜VanaHで体をみずみずしく〜



成人が1日に必要な水分は約2.5リットルです。普通に生活をしていれば食事などから1リットルは水分を摂取できるので足りない分の1.5リットルを毎日飲むのが良いとされております。個体差もありますが、1日に飲んでいい水の限界量は3リットルと言われています。水も飲み過ぎると悪影響があるので注意が必要です。

一方体から出ていく水の量は尿が1.5リットル、汗と呼吸で0.9リットル糞便で0.1リットルです。人間の水分量は成人男性で約60%、女性は50%程度です。女性が男性に比べて水分量が少ないのは脂肪分が多いからです。血液などの体液を含めた体内の水分は2〜3週間ですべて入れ替わります。

人間の体の5~6割が水分だと見えないのは、人間の体の大部分が体の各組織の細胞に取り込まれているからです。各組織での水分量の割合ですが、皮膚や筋肉は70~80%は水分です。脂肪組織も10~30%水分を含んでいます。筋肉と脂肪を比べた時に水分量にかなりの差がありますよね。脂肪の多い人より、筋肉の多い人の方が水分を多く含んだみずみずしい体なのです。

細胞組織内にある水と血液やリンパ液など細胞の外の水を合わせて体液といいます。体液は歳を取るごとに減っていき、赤ちゃんでは体重の80%が体液ですが、老人になるころには50%まで減ってしまいます。赤ちゃんはほとんど脂肪がないために水分量(体液)の割合が大きいですが、老人は細胞の活動やエネルギー生成の時に発生する水分量が、細胞の老化により減ることで水分量が少なくなります。

このように人間の体は水分でできており、水分がとても大事です。そして体内の水分量が不足するとさまざまな問題が発生します。

体内の水分が不足すると、汗や尿などが出にくくなります。汗には水分とともに熱を体外に出す働きがあります。尿には老廃物を体の外に出してくれる働きがあります。それらが出ないと体内に熱がこもり、老廃物が体内に蓄積していきます。

さらに体内の水分が不足すると、血液中の水分がどんどん少なくなります。血液には栄養素や老廃物、酸素、二酸化炭素、熱、などを運ぶ役割があります。血液中の水分が減ると血液はどろどろになり、栄養素や老廃物、酸素、二酸化炭素、熱、などが運ばれにくくなり、また脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなります。

体に老廃物を蓄積させないで、健康を保ち、病気にならないようにするには水分が大事です。

人間の体を構成する細胞の中には必ず水があります。水があるから細胞はエネルギーを作り生体活動を行うことができるのです。ですが、人間の細胞は高齢になるほど水分量が減っていき、エネルギーを作らなくなり、どんどん衰えていきます。ですので高齢にならばなるほど、水分補給を行い、細胞のみずみずしさを保たなければ、どんどん細胞は老いていきます。高齢になるとのどがかわきにくくなると言いますが、のどがかわかなくても水分補給をしないといけない理由はここにあります。

運動中の水分補給も重要です。水分は絶えず失われていきます。喉がかわいたという時には体は脱水症状の一歩手前だと言います。運動中は特に水分の消費が激しいので、常に水分を補給するのが大事です。

量は一度に多く飲むのではなく、こまめに飲むことで体内の隅々までいつも潤いを持たせる効果があります。喉が渇いた時点では体は既に脱水状態である場合が多く、一定の適量を習慣的に飲むのが良いとされます。「VanaH」の天然水素水はそのぶん飲みやすいので習慣的に飲むにはとても良いです。

睡眠中も体は働いているので、水分は汗として発散されていきます。呼吸による水分の放出を含めて500ミリリットル〜1リットルもの水分が寝ている間に失われます
だからこそ寝る前にちゃんと水分補給をすることが大事です。夜中のトイレの心配から飲まない人もいますが、水分補給の方が重要です。水分が不足し血液の濃度が上がると脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなるからです。

また水分をちゃんと補給しておくと酸性に傾いた体内を睡眠中にアルカリ性に戻すことができます。そのほか、寝る前(30分前が理想)の一杯には睡眠導入の効果があると言われております。頭に集中した血液を腹部に下げることで緊張をほぐし心地よく眠ることができます。
※飲み過ぎると翌朝顔がむくんでいたりすることがあるのでコップ一杯の量が適切です。

寝る前の一杯も大事ですが、目覚めの一杯も大事です。目覚めの一杯により睡眠中に失われた水分が補給され、全員にくまなく水分が行き渡ることで体内も目を覚まします。

また朝の一杯は便秘にも良いとされています。水を胃に入れることで脳から腸に蠕動運動(腸が動き内容物を運ぶ運動)の指令が発生され、便通を促します。規則正しい便通は体の代謝がよくなったりデトックス作用があったりと万病の予防につながります。

水分の補給の仕方ではウォーターローディング法 もかなり効果的です。

プロスポーツ選手が持久力を高めるために導入している水の飲み方に「ウォーターローディング法」があります。毎日1.5リットルの水を数回に分けて少しずつ飲んでいきます。内臓に負担をかけないように1回250ミリリットルぐらいがおすすめです。この飲み方をすることにより体内は常に水分で満たされます。水分で満たされた体は血管がやわらかくなり、血行が良くなり新陳代謝が促されます。

スポーツ選手がスポーツ中に最大のパフォーマンスを発揮するために科学的研究を重ねてつきつめた「ウォーターローディング法」は日常生活を送るなかでも、体を健康に保つなどの効果があります。

水の飲み過ぎにも注意〜適度な量が大事〜



水分は私たちの体の健康維持にとってとても重要な働きをします。私たちの体の代謝促進などに役に立ちますし、多く飲んだほうが良いのですが、飲み過ぎると体にわるい影響を与える場合がありますので、適度な量の水分補給が大事です(1日に飲んでいい水の限界量は個人差がありますが、3リットルと言われています)。

私たちが生きていくための活動を担っているのは化学反応や電気現象です。これができるのは実は水だけです。水はほかの液体に比べて格段に大きい誘電率を持っているために、電解質がたくさん溶けて、化学反応が活発に行われます。※水が誘電率が高いのは、体脂肪計が体内の水分に電気を流しやすく、脂肪が電気を流しにくい性質を使って成立しいるのが例としてわかりやすいかも!

またタンパク質や酵素分子が高次の複雑な構造をとって独特な働きができるのは水があるからです。しかも水は皮膜を作って高分子を外的変化から守る働きもしています。これらのことによって、溶けている電解質や糖分に対して水分子はすばやく対応することができます。

人間の細胞が刺激を受けて発育するのに、細胞内のカリウムと細胞外のナトリウムの濃度を一定に保つ必要があり、体内にはその濃度を一定に保つ調節機能が備わっています。

体液の濃度を一定に保つために人間は、老廃物を排泄する腎臓という器官を持ち、また発汗による体温調整システムを持ちます。つまり新陳代謝に水が必要なのは体液濃度を一定に保つためであります。人間が生きていく中で行う生体活動は酵素反応によって行われますが、その酵素反応は酸やアルカリの度合い(pH=ペーハー)が肝心で、少しでもその度合が変わってしまうと反応が落ちてしまいます。ですので水を補給して体液の濃度を一定に維持することが大事であり、また水を補給しすぎてもその濃度がうすくなりすぎるので、うまく調整して適度な水分補給をしないといけません。

人間の体に水が必要な理由は水が不足して血液の濃度が高くなると血液の流れが悪くなるというのが一つです、血液の流れが悪くなると酸素や老廃物が運ばれにくくなり、体に異常をきたします。水分も食べ物も全く取らないと毎日体重の2%ずつ水分が失われていきます。体重の6%ほどの水分が失われると、水の調整機能が失われ脱水症状となります。約10日ほどで飲まず食わすをして体重の15~20%の水分を失うと死亡します。水分補給はとても大事です。

一方水分をとりすぎると、血液中の水分濃度が高くなり、浸透圧の違いから細胞内に入り込もうとします。ある程度なら細胞のみずみずしさを保てますが、程度を超えると細胞内に水がどんどんたまり体がむくみます。普通は脳が水の飲み過ぎないようにストップをかけるのですが何かの原因でそのストップがかからないようになると、いつまでものどが渇いて、過剰に水分を摂取してしまうようになります、これが水中毒です。

足のすねなどを指で押した後に、跡が残るようだと、その兆候があります。ひどくなると悪心、嘔吐、痙攣などを引き起こし、最悪の場合は昏睡状態になることまであるといいます。また水の飲み過ぎは体内の無駄なエネルギーを使ってしまうために、活力減り、体のだるさなどにつながります。

適度な水分補給が大事です。1日に飲んでいい水の限界量は3リットル(個人差あり)、これを超えないように気をつけてください。

VanaHを飲んで禁煙!



たばこを吸う人には住みにくい世の中になったということで、禁煙にチャンレンジしている人がすごく多いみたいですね!ですが禁煙はとても大変なもので、ニコチン慢性中毒からくる禁断症状はひどくつらいもので、なかなか禁煙を成功させるのは難しいようです。

まずたばこの害と、たばこを吸う人の水分補給の重要性についてちょっと説明します。たばこの中にはニコチンやタールなど数千の有害物質が含まれており、喫煙が肺がんや動脈硬化など、さまざまな病気の原因となっています。ニコチンは強い利尿作用があるために、体内の水分量が減ってしまい、血液の濃度が高くなり、どろどろ血液になってしまいます。ですのでたばこを吸う人は積極的に水分補給をしてください。VanaHはどろどろ血液対策にはぴったりです。


次にVanaHなどミネラルウォーターは飲んで禁煙する方法についてご紹介します。

禁煙をしている時のニコチン慢性中毒による禁断症状には食欲増進、集中力低下、便秘などがあげられます。VanaHを飲んでお腹を満たし、集中力を向上させ、便秘を改善させることで、まずそれらの症状に対処します。

この禁煙方法は飲むタイミングと飲み方が大事です。ポイントとしてはたばこが吸いたい衝動が起きたら、VanaHを飲み、その衝動を沈静化し抑制することです。たばこに変わるものを頭に覚えさせ、習慣化し、また水の効果として頭を切り替えて冷静になる効果があるのでそれを利用するのです。

たばこをやめると口が寂しくなるのでアメやガムなどを食べる人が多いみたいですが、これは赤ちゃんのおしゃぶりの名残で(口唇期の固着)、口に何かを入れていないと不安になるからなのでしょうが、糖分を多く摂り過ぎてしまったりしてあまり良くないですよね。たばこをやめて食欲が増えて太ったという人も、味覚の変化以外にもこの口唇期固着も原因があるのではないでしょうか。VanaHなどのミネラルウォーターを飲んで禁煙する方法は、糖分もカロリーもなく食べ過ぎも抑えられるので、かなり健康的な禁煙方法でしょう。

VanaHなどのミネラルウォーターを飲んで禁煙する方法について、飲み方の説明をします。
まず朝起きたら一杯のVanaHを飲みましょう。たばこを吸いたくなったら、たばこの代わりにコップからVanaHをゆっくり飲むようにしてください。飲み終わった後には頭がすっきりしており、たばこが吸いたいという衝動は抑えられているといいます。

これをくり返していくうちに、脳みそや体が、このリズム・習慣を覚え、喫煙衝動が抑えられます。VanaHなどのミネラルウォーターを飲んでニコチンを抜ききった状態となるわけです。

VanaHで痛風を予防



痛風は高尿酸血症を原因とした関節炎を発症する疾患です。名称は痛みが風が吹くように足、膝、腰、肩、肘、手など全身の関節・骨端を移動し、なおかつ風が強くなったり穏やかになったりするように、痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返すことから命名されました。酷く痛いらしく怖い病気ですよね。

原因としましては、

血中の尿酸値が何らかの原因で著しく上昇し、本来人体が持つ恒常化機能を超えて飽和解消できず、特に体温が低い足部などで、尿酸が溶解しきれず結晶化して関節包内などに付着することが知られている。この状況にいては、白血球群のうち、特に好中球が尿酸結晶を攻撃を行います。

好中球による尿酸血症の攻撃が激化すると、その活動による過大なエネルギーや尿酸を抱え込んで死んだ好中球の遺骸そのものによる影響などから、血管壁がダメージを受けて大きな炎症を発生する。当該部位周辺の神経組織も相当に刺激し、患者は「内側からの激痛」を感じることになる。

また、血中含有尿酸の濃度が急激に低下した場合においても、痛風発作が生じることが知られている。これは、好中球が攻撃対象である尿酸結晶の行方を急激に見失うと、対象を探し続けて活動を激化させることによるためとも言われているが異論も多く、血中尿酸値急降下時の明確な発作システム自体の解明はなされていない。

ただし後述の通り、疫学的には、血中尿酸値の上昇とともに血中尿酸値の急降下も、痛風発作の要因であることは広く知られており、痛風発作時 における尿酸生成阻害剤や尿酸排出促進剤などの服用は禁忌とされていることが多い。

必ずしも恒常的な高尿酸血症患者がすべて痛風発作を起こすわけではなく、そのメカニズムは解明しきれていないが、よく知られている発作のきっかけとしては、脱水症状に伴う急激な尿酸値の変動、物理的衝撃による結晶の剥落、不適切なタイミングでの尿酸コントロール薬の投与、激しすぎるスポーツなどが考えられている。

アルコールの痛飲はアルコール代謝に水が回ることで起こる脱水症状に加え、乳酸と尿酸の競合による尿酸排出の遅れによって尿酸値を激しく変動させ、翌日朝に痛風を起こすきっかけとなることが多いともされる。

あくまで、高尿酸血症の患者でも痛風を起こさないケースは少なくないため、引き金となる要因が全て分かっているわけではない。米国で、高尿酸血症の患者に尿酸値を下げる薬を処方しないのはその考え方に基づいているが、高尿酸血症は腎臓結石など別の病気のリスク要因であることは忘れるべきではない。

食事としてはいくら、たらこ、しらすのような細胞の数が多い食事や、ビールなどに多く含まれるプリン体などが痛風の原因となる。

予防としましてはVanaHなどミネラルウォーターを多く飲み、尿酸の排出を行います。また体がアルカリ性になると排出が進むので、アルカリ性であるVanaHを飲んで体内を正常なアルカリ性に保つことで、痛風の予防となります。

VanaHで自律神経失調症を改善



自律神経失調症は交感神経と副交感神経の2つから成り立つ、自律神経のバランスが崩れた時に起こる症状です。

自律神経とは血管、リンパ線、内蔵など自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことであり、呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経である。

交感神経は代謝、消化などの生命活動を活発にする働きをし、副交感神経は交感神経とは全く逆の働きをする。人体ではおよそ12時間交代でこの二つの 神経の優位が入れ替わるとされているが、夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、結果的に交感神経と副交感神経の優位入れ替わ りのバランスが崩れ、自律神経失調症となるとされている。
人間不信に陥るなどの症状も稀に見られるために、体の不具合を訴えても、精神症状は隠そうとする場合がある。そうすると「仮病」と周囲に認識され、この状態の悪連鎖によりうつ病になってしまう人もいるとう。自律神経の中枢は脳の視床下部というところにあり、この場所は情緒、不安や怒りなどの中枢とされる辺縁系と相互連絡していることから、こころの問題関わってきます。

症状としてはめまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、緊張するようなとこでないのに鼓動が早くなる、血圧が激しく上下する、立ちくらみがする、耳鳴りがする、吐き気、頭痛、微熱、過呼吸、生理不順といった身体症状から、人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。

自律神経失調症には様々な症状があり、どの症状がどれだけ強いのか弱いのかは患者それぞれである。そのため患者によっては、その他の症状はあまり強く現れないにもかかわらず、ある特定の症状のみが強く表れる場合もあり、症状は実に多岐に亘る。
夜ふかしをすることなどによる自律神経の興奮、脳の疲労や、ストレスや更年期が原因のホルモンバランスの乱れなどが、自律神経失調症の原因としてあげられるが、遺伝的に自律神経の調整機能が乱れている患者もいるという。患者の半数はストレスが原因で自律神経失調症になっているのだいう。

VanaHなどのミネラルウォーターには自律神経やストレスをなだめる作用があります。胃腸は精神的な影響を受けやすいところですから、胃腸にやさしい、VanaHは自律神経失調症には良い水だといえます。

またうつ病や不眠症は体が疲れている時に発症することが多いといいます。VanaHには神経のたかぶりを抑えて安眠をもたらす効果や、疲れの成分、乳酸や活性酸素などを抑える効果があるので、かなり効果的なのではないでしょうか。

エコノミークラス症候群予防にVanaH



飛行機のエコノミークラスのような狭い席に長い時間座りっぱなしでいると、足などを中心に血流が悪くなり、それに水分不足が加わり血液どろどろの血栓ができやすい状態だと、血栓ができそれが静脈につまります。これが静脈血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)です。

長時間体を動かさないで血流の悪い状態で、水分が不足しているという条件さえそろえばこの病気はどこでも起きます。列車やバスはもちろんですし、自家用車でも起こりえます。

新潟県中越地震や東北大震災の後に、自家用車で寝泊まりしていた人で、エコノミークラス症候群を発症した人が凄く多かったらしいのですが、足をまげた状態で血流が悪く、水道がストップし、なかなか水分が補給できない状況の人が多かったためにこのような事態が起きてしまったのです。

また快適なオフィスでも水分を取らずに何時間同じ姿勢でパソコンの前で仕事をしていたらエコノミークラス症候群を発生する可能性は十分にあります。

エコノミークラス症候群を発症すると、血栓が肺に流れ肺動脈が詰まり、肺塞栓症になります。肺動脈がつまると、その先の肺胞には血液が流れず、ガス交換ができなくなる。その結果、換気血流不均衡が生じ動脈血中の酸素分圧が急激に低下し、呼吸困難になる。また肺の血管抵抗が上昇して全身の血流循環に支障をきたす。軽度であれば胸焼けや発熱程度で治まるが、最悪の場合は死亡する。

このエコノミークラス症候群を予防するには、まずは同じ姿勢でずっといないでこまめに体を動かして血を流してあげるのと。VanaHを飲んで血液を濃くないさらさらの状態をキープさせるのが大事です。

水そのものの血液の濃度を高くしない性質だけでなくVanaHには血糖値を下げるインシュリンに似た効果がります。血糖値が下がると血液がさらさらになり、血栓はできにくくなりエコノミークラス症候群だけでなく、脳卒中や脳梗塞のリスクも減らします。

エコノミークラス症候群のリスクが高そうなシチュエーションになったのなら、VanaHを飲む、VanaHが無ければ、なんでも良いので水分を十分に補給しましょう。

女性は男性よりもしっかりと水分補給をしなければならない



成人が1日に必要な水分は約2.5リットルです。普通に生活をしていれば食事などから1リットルは水分を摂取できるので足りない分の1.5リットルを毎日飲むのが良いとされております。個体差もありますが、1日に飲んでいい水の限界量は3リットルと言われています。水も飲み過ぎると悪影響があるので注意が必要です。

一方体から出ていく水の量は尿が1.5リットル、汗と呼吸で0.9リットル糞便で0.1リットルです。人間の水分量は成人男性で約60%、女性は50%程度です。女性が男性に比べて水分量が少ないのは脂肪分が多いからです。

各組織での水分量の割合ですが、皮膚や筋肉は70~80%は水分です。脂肪組織も10~30%水分を含んでいます。筋肉と脂肪を比べた時に水分量にかなりの差がありますよね。脂肪の多い人より、筋肉の多い人の方が水分を多く含んだみずみずしい体なのです。

このように女性は男性よりも脂肪分が多い為に保有している水分量が男性と比べると少ないです。

また水分保有量は歳を取るごとに減っていき、赤ちゃんでは体重の80%が体液ですが、老人になるころには50%まで減ってしまいます。赤ちゃんはほとんど脂肪がないために水分量(体液)の割合が大きいですが、老人は細胞の活動やエネルギー生成の時に発生する水分量が、細胞の老化により減ることで水分量が少なくなります。歳をとるごとに減っていく水分量ですが、肌の老化は女性は25歳くらいから始まり、男性に比べて2倍以上の早さで進みます(恐ろしい情報です)。

ですので、女性は男性よりも水分補給をしかっかりやらなければなりません。水分補給やお肌のみずみずしさ維持、女性に多い冷え性などにVanaHは大きな効果を発揮します。いろいろな使い方ができるVanaHで女性の美しさや健康などを維持しましょう!

お茶やコーヒー、水割りなどをおいしくするVanaH



料理にVanaHを使うと凄く美味しく仕上がるというのは何度か書きました。VanaHは軟水であり、においやクセがないのが特徴です。

日本料理を作るときは特にVanaHのような軟水を使うのが必須です。ごはんを炊く時や野菜を煮るときに硬水を使った場合、硬水のミネラルは食物繊維と結合するためにぱさぱさになります。また和風だしをとる場合は硬水だと、硬水のミネラルが邪魔をして味を変えてしまいます。

ヨーロッパなどの硬水の国での日本料理の不味さはこれらが原因です。日本料理はVanaHのような日本の軟水を使うのが一番なんです(肉料理などは硬水を使うと柔らかく仕上がります)。

・VanaHでお茶を美味しく

お茶を作るときに水が味を決める大きな要素となります。水が変わればお茶の味も変わります。特に玉露や抹茶は水に敏感なので、水にクセがあると微妙な香りが消されてしまいます。

お茶の味や香りを引き出すにはクセのないVanaHのような軟水が良いとされています。硬水だと硬水のミネラルがお茶の渋味を作り出すタンニン、旨味成分のグルタミン酸、甘みのもととなるテアニンなどと反応し、味を変えてしまいます。水道水に含まれる塩素もお茶の成分と反応して味を悪くします。また、サビ臭のもととなる鉄分はお茶のタンニンと反応すると黒ずんだ色になります。

コーヒーもVanaHのような軟水を使うと美味しく作れます。コーヒー特有の苦味を硬水を使うと抽出しにくくなるのだといいます。逆に苦味を抑えたかったら硬水を使ってコーヒーを淹れるのが良いとされています。

・水割りをおいしく

水割りは酒を水で割った一番シンプルなカクテルです。香り豊かなウイスキーの香りや味を損なわないようにするには軟水であるVanaHを使うのが良いとされています。

VanaHで風を予防



風邪やインフルエンザの原因となるウイスルは湿度に弱いので、加湿器などで部屋の湿度を上げると同時に体内を水分で満たすことが予防となります。

子供は特にちゃんと水分補給をさせる必要があります。子供は大人以上に水分が常に必要であり、風邪が流行っている時には十分な水分を与えることを忘れてはいけないのだそうです。

子供の体が乾燥するとウイルスが繁殖しやすくなります。また就寝中は喉が乾いてウイルスにとって増殖のチャンスとなります。寝る前にもちゃんと水分の補給が大事です。

また効果的な水分補給の仕方も大事です。

プロスポーツ選手が持久力を高めるために導入している水の飲み方である「ウォーターローディング法」を行うのが良いです。「ウォーターローディング法」は体調調整法として多くの注目を浴びています。子どもにも有効です。

VanaHをこの方法で飲むのがおすすめです。「ウォーターローディング法」は、毎日1.5リットルの水を数回に分けて少しずつ飲んでいきます。内臓に負担をかけないように1回250ミリリットルぐらいがおすすめです。この飲み方をすることにより体内は常に水分で満たされます。水分で満たされた体は血管がやわらかくなり、血行が良くなり新陳代謝が促されます。

VanaHを十分に飲み、水分で十分に満たされた体は血管がやわらかくなり、血行が良くなり新陳代謝が促されます。代謝が上がり、体が温かくなると、体が元気になるだけでなく、ウイルスに感染しにくくなります。ウイルスは体温が低いとかかりやすく、体温が高いとかかりにくいからです(ウイルスに感染すると熱が出るのは体温が高い体内はウイルスにとって繁殖しにくい環境であるからです)。

VanaHを飲み、体を水分で満たし、風邪やインフルエンザなどにかかりにくい強い体にしとけば、風邪知らず、インフルエンザ知らずになれますよね!

2012-04-01

VanaH 天然水素水

VanaHはアトピー予防や治療に効果が期待できるらしいです。まず最近のアトピーについて少し説明します。


1970年代ほどまではアトピー性皮膚炎は小学校に入るまでに完治している場合がおかったが、それ以降ははアトピーの高年齢化や、患者数が増え続けているのだそうです。

特に増加は大都市や工場都市で多い。それは自動車や工場からの排気ガス、オゾン層破壊による紫外線増加などによる、体内での活性酸素の増加が原因だという。石油化学工場、自動車工場、製鉄工場、などがある排気ガスの多い環境汚染された地域は重症のアトピー患者の数と密接に関係があります。

また、食生活の変化も大きな原因で、インスタント食品や生成加工食品などや、 残留農薬、化学肥料、食品添加物を使った野菜を食べることで、過剰な活性酸素が発生する。

活性酸素は増えすぎなければ、細菌やウイルスなどから体内を守るいい奴なのですが、その数が増えすぎると、自らの身体の細胞などを攻撃しだし酸化をさせます。また体内のコレステロールなどの脂質と結合すると、過酸化脂質を形成します。

コレステロールや中性脂肪などはそれ自体では悪さはしないが、過酸化脂質は細胞の中に浸透しやすく、一度浸透すると外には排出されなく、細胞を破壊します。

アトピー性皮膚炎は過酸化脂質により皮膚の保湿機能が奪われ、バリア機能が低下し、ハウスダスト、ダニなどなどの皮膚刺激に弱くなる症状です。

また、活性酸素により変質した脂質である過酸化脂質はタンパク質の性質を変化させ、今までアレルギーを起こさなかったタンパク質をアレルギーを起こすタンパク質に変えてしまいます。

それにより食事を始めとするさまざまなタンパク質に対してアトピー性皮膚炎の患者がアレルギーを起こすようになりました。

昔は動物性脂質を食べてもアトピーの患者さんは何も問題はなかったが、環境汚染により活性酸素が増えたことにより、動物性脂質が現代のようにアトピー性皮膚炎の悪化に関係し始めました。

オゾン層の破壊による紫外線の増加は、皮膚の活性酸素を増やします。顔や首などの露出部分のアトピー性皮膚炎が増えたのはこれが一因だと言われています。

また、食事が欧米化され、脂肪をたくさんとるようになり、大気汚染で活性酸素が増えアトピー性皮膚炎の重症患者が増えているという。


これらの症状に対してVanaHはかなりの効果が期待できるとされている。

まずVanaHに多く含まれている天然水素は活性酸素の増加を抑制する効果があります。またVanaHに多く含まれているバナジウムは脂質・コレステロールの代謝を促したり、中性脂肪が付きにくくなるなど過酸化脂質の原因となる脂質などを減らす効果がある。

これらの点から、VanaHはアトピーに対してある程度の効果が期待できると言われている。

VanaHで疲労回復



VanaHに多く含まれている天然水素は、体に吸収されると、ぐっすり眠れるようになり、疲れにくくなり、体が元気になるといいます。

天然水素は体の細胞の奥まで浸透して活性酸素を除去します。活性酸素が乳酸を生成するとこにまで入り込み分解するので、細胞単位で疲れの物質をやっつけてくれます。

また、天然水素で細胞単位から体を正常な状態に持って行く事により、さまざまな効果が期待できます。日中眠くならない、疲れにくくなった、二日酔いがなくなったという人も。

2009年のワールド・ベースボール・クラシックでイチロー選手が水素水を飲んでいたことで水素水がかなり話題になりました。さまざまなアスリート選手が飲んでいる水素水は体の疲労物質の解消に効果があると認識されているようです。

スポーツをする時にVanaHを飲み天然水素を補給するのはスポーツ中に疲れにくくなったり、疲れが減ったり、試合の後の筋肉痛、長く続く疲れなどを解消します。

VanaHは疲労物質を分解してくれるので疲労回復に役立ちますが、さまざまな面で健康に役立つナチュラルミネラルウォーターであるので、疲れがなく、健康で元気な体を作るのにとても役に立つのだといいます。

VanaHで二日酔い防止&撃退



お酒を飲んでいる時はとっても楽しいですが、その次の日の二日酔いといったらとても大変で凄い後悔をうみますよね。お酒が飲めない友達が言うには「後悔するなら飲まなければいいのに」だそうです。ですが後悔してもまた飲んでしまうのはお酒の魅力がそれだけ素晴らしく、凄いからでしょう。

そんな二日酔い対策に便利なグッズに「ウコンの力」などがありますが、もっと根本的に、次の日にお酒が残りにくい、二日酔いをしないような体を作っておけば、後悔することなくお酒を気軽に楽しめるようになります。

そんな体をつくるのには、VanaHに多く含まれている、天然水素がとても役に立ちます。天然水素が体内に吸収されるとぐっすり眠れるようになったり、疲れにくくなったりという効果があります。体が活性化され、元気になることでアルコールの分解が促進され、多く飲んでも分解しきれるようになります。

酸素カプセルに入った後はとても元気になって、たくさんお酒を飲んでも二日酔いをしないようになる(カプセルに入った日限定)という話がありますが、メカニズムは同じだと思いますが、VanaHの方が気軽に日常的にやれるものなので、習慣的に毎日ちゃんとVanaHを飲んでいる人は、お酒の楽しみ方などがかなり変わるといいます。お酒が強くなって飲める種類が増えたという人もいるとか。

もしかしたらVanaHで健康な体を作れば、味覚も変化することもあるのかもしれませんね。不健康な人の味覚が正常に作用していないので、美味しい物を美味しいと感じられなかったりすることもあるらしいですしね。

※追記
お酒には利尿作用や発汗作用があるので、どんどん水が外に出ていってしまうらしいです。アルコール分解には水分と糖分が必要ですが、その水分がないとひどい二日酔いになります。ビールは特に利尿作用が強いので、どんどん水が出ていきます。
ですので、お酒を飲むときはVanaHなどのナチュラルミネラルウォーターを合わせて飲むのが大事です。またひどい二日酔いを防ぎたいのなら糖分の補給が大事です。オレンジジュースやアップルジュースなど、フルーツの糖分は体に吸収されやすいので、お酒を飲んでいる最中や、そのあと、次の日に飲むと効果的であります!

妊婦さんにもとても良いVanaH



妊婦さんにもとても良いというVanaH。妊婦さんはそのひと一人の体ではないので、とても健康には気を配っていると思います。

赤ちゃんが生まれてくるまでの環境は羊水によって良し悪しが決まりますので、羊水の状態に気を配る妊婦さんも多いですよね。

羊水を健康的に保つには、妊婦さん自身が健康でいなければなりません。もし妊婦さんが栄養失調みたいになれば、お腹の中の赤ちゃんにも栄養があまりいかなくなります。

そんな妊婦さんに良いのがVanaHに多く含まれている天然水素です。天然水素により妊婦さんは栄養の吸収がしやすくなり、良い羊水の状態を保てます。

またVanaHのデトックス作用は羊水をきれいに保ちますし、便秘になりやすい妊婦さんの便秘解消の効果もあります。便秘は毒ですし、食欲不振にもつながるので、赤ちゃんにとってはとてもよくないものです。

これらの効果から、妊婦さんにVanaHをおすすめいたします。

ストレスにVanaH!



「ストレス社会」と言われるこの世の中ですが、みなさんは多くのストレスとどのようにつきあっているのでしょうか。

「ストレス」という言葉を聞かなかったり、見なかったりしない日は無いほどに、ストレスはわたしたちの生活で大きな割合を占める病気といっていいようなものになっています。

では「どのようにすればストレスをなくせるか」と考えてみて、「ストレスの原因をなくせばいじゃないか」となったとしても、ストレスの原因が、会社、人付き合い、学校、家庭、いろいろあると思いますが、そういう環境はなかなか変えられるんものではないですよね。

またストレスは感受性や性格にもよりけりですが、性格を変えるなどなかなかできるものでもないです(個人的には18歳を超えたらもう性格なんて変わらないと思っております。変えられるとしたら習慣や考えて判断するときの材料などでしょうか)。

ではストレス対策はどうすればいいのでしょうか。「ストレスに強くなる」「ストレスを受けて弱った体を回復させる」というこの2点がてっとりばやいのではないでしょうか。

まずは「ストレスに強くなる」にはどうすればいいかについて説明します。いろいろな方法があると思いますが、VanaHを飲むのもひとつの方法です。VanaHの何が効くのかとと言いますと、ミネラル成分です。「イライラする人はカルシウムが足りない」などよく言われますが、ミネラル不足は性格に影響します(イライラなどを起こさせやすくなります)、逆にミネラルが十分に摂取できていればイライラなども減り、ストレスに強い体を作ることができます。

富士山で採水されるVanaHは、富士山に降り注いだ雨や雪が7層のバサルト層(バナジウムやミネラルが多く含まれているという玄武岩層)に浸透し、長い年月をかけてゆっくりバナジウムやミネラルを溶かし込みながら、1000メートルにおよぶ玄武岩層の地中へと流れ地底深くの伏流水となります。伏流水は地中で自然に濾過されるので、水質が良好で安定しています。雨水や雪は1メートルを1年、地底深くの伏流水になるまで数百年かかると言われています。この過程でいろいろな種類のミネラルがバランスよくVanaHに含まれるようになるのです。なので、ストレス対してVanaHを飲むのは、効果が期待できるでしょう。



次に「ストレスを受けて弱った体を回復させる」という点についてです。

人間は過度なストレスにさらされると活性酸素などの物質を過剰に生産してしまいます。活性酸素が増えすぎるとさまざまな体にとっての悪い病気などの原因となります。老化を早めたり免疫力が下がったり、細胞を傷つけてその傷ついた細胞ががん細胞などになったりと良いことがありません。天然水素が多く含まれたVanaHにはその活性酸素の増加を抑える効果があります。VanaHを飲むことでストレスにさらさた体を守ることができるのです。


それともう一点おすすめしたいのが、ストレスにさらされて、イライラした時に、1杯のVanaHを飲むことです。

VanaHなどのミネラルウォーターは、ストレスでイライラした時に、1杯気分転換に飲むと神経のたかぶりを抑え、気持ちを落ち着ける効果があります。気持ちを切り替える時に一杯の水を飲むことや手を洗うことが効果的だと言われております。これは「リセット効果」と呼ばれています。

リラックスしたい時や、気合いを入れたい時、気持ちを落ち着けたい時、気付が必要な時などにも利用できますし、禁煙中に煙草が吸いたくなったらこの方法で気持ちを落ち着かせるのも効果があると言われています。

VanaHで体臭対策



体臭が臭いのは嫌です。本当に嫌ですよね。
歳を取ることにより夫が臭い。私も加齢臭がしてきたような気がします。なんとかせねばならないという時に、VanaHを飲み始めたら体臭が減ったような気がするんです。これは何かあるぞ!と思い調べてみました。

体臭にもいろいろな原因がありますが、その体臭の原因の一つに、食事の欧米化があげられます。食事の欧米化、つまりは肉食のことですね。肉中心の食事は高タンパク、高脂質、高カロリーなので、食べた後どばーっと皮脂が出ます。

油はニオイのもとです。油が汚れや汗などと反応して臭いを発生させます。また活性酸素による酸化で皮脂は体にとって有害な物質になりやすく、においもまたきついものになるんだとか。

VanaHに多く含まれているバナジウムは血糖値が下げ、血液がさらさらになり血流が良くなる効果があり、脂質・コレステロールの代謝を促したり、中性脂肪が付きにくくなるなるほか、細胞の新陳代謝の活性化の効果があり、基礎代謝が上がります。この効果により過剰な皮脂が分泌されにくくなります。

またVanaHに多く含まれている天然水素の抗酸化作用により過剰な活性酸素の増加を抑えることで、皮脂の酸化を防ぎ、臭いを発生させにくくすることができます。

そのほか内臓の調子の悪さや、血液がどろどろななどが原因の体臭の臭いがあります。これらもVanaHを飲むことで、良くなるでしょう。

VanaHを飲む以外にもいろいろな方法があると思うので、もっと調べてみるつもりです。日本人の食事の欧米化はいろいろな体の不調の原因となるのは知っていましたっが、体臭がくさくなる原因となっていたとは知らなかったです。

日本の風土で育った食材や、それらで作られ進化してきた日本食、そしてそれらをずっと食べ適応してきた日本人には、日本食が一番ですよね。農耕主体の日本人の腸と、欧米人のような肉食の民族の腸では、構造が違うみたいです。日本人に大腸ガンが増えたのはこれらも原因のひとつであるとされています。

とは言え、「肉は喰わん!これからは日本食だけじゃ!」とはなかなかできないですよね。難しいところです。その人なりのバランス感覚を見つける必要がありそうです。

天然水素水でパック?



VanaHを飲んでいる知り合いの間で「天然水素水パック」が話題になっています。天然水素水パックとはなんぞやということで、詳しく聞いて帰宅してすぐにトライ。

水素水パックとは、天然水素が大量に入っているVanaHを使ったパックです。VanaHで浸したコットンを顔に貼り付け、その上からサランラップをするという方法です。パックの時間は10分ぐらいで良いとのことです。

顔に貼り付ける前にはVanaHで洗顔するのがおすすめです。細かい水分子を持つVanaHは毛穴の奥など細かいとこまで汚れを洗い流してくれます。天然水素水パックの効果を上げてくれます。


なぜVanaHを使った天然水素水パックが効くのかと言いますと、肌から吸収されたVanaHの天然水素がお肌の細胞にうるおいを与え、その天然水素がお肌の活性酸素を抑えこむからです。活性酸素はお肌にとっては、しみやそばかす、しわなどをひきおこす原因であります。


VanaHは水分子の細かいナチュラルミネラルウォーターとして有名です。水の分子の大きさを「クラスター」と呼びます。人間の体内に入った水分は分子が小さいほど吸収されやすく、体の隅々まで行き渡ります。パックで使ったのなら皮膚からの吸収のされやすさでも効果を発揮します。

ちなみにクラスターの数値はヘルツという数値で表されます。水道水は140ヘルツ前後、世界的にも有名なルルドの泉の水や世界の長寿村の飲料水が70〜80ヘルツです。「VanaH」は55.9ヘルツときわめて小さい水分子であり、体や皮膚からとってとても吸収がしやすく、体の隅々つまりは細胞一個一個まで行き渡る特製をもっており、細胞の隅々まで水分で潤す効果がVanaHにはあります。

VanaHに多く含まれている天然水素やバナジウムは、お肌の水分保湿にも効果があります。

天然水素で魚の鮮度を保持



こんな使い方もあったのか!というお話を聞きましたのでご紹介。

VanaHのような天然水素水を氷にして魚など新鮮が大事な食材を冷やすと、鮮度を保持する時間が2倍ぐらいに伸びるらしいです。

これは天然水素の抗酸化作用が鮮度保持に利いたのだと考えられます。家庭ではなかなか鮮度保持のためにこの方法をすることはないかと思いますが、魚屋さんや流通の方にはかなりすごい情報なのではないでしょうか。魚屋さんでしたら長い時間鮮度を保ったまま売れますし、流通の方でしたら鮮度を保持したまま長い距離を運べるので、とれた場所から遠くっても運べちゃいますよね!

不妊治療にVanaH



不妊治療に天然水素が良いらしいです。天然水素はVanaHに多く含まれていますが、なぜ不妊治療に良いんでしょうか。いろいろな研究がなされているのでそれをまとめてみます。

まず、卵子の老化現象について説明します。

最近は妊娠したくてもできない女性が不妊治療を行うケースが増えているようですが、なぜなのでしょう。

人間の体には若返る細胞と若返らない細胞があります。若返らない細胞には心臓細胞や神経細胞などがあげられます、これらの細胞は一部の例外を除いて、ほぼ生まれた時から同じ細胞を死ぬまで使い続けます。

若返る細胞には、皮膚細胞があります。皮膚は常に新しい皮膚の細胞を生み出し、古くなった皮膚細胞は垢となります。

卵子はどうなのでしょうか?男性の精子の場合は常に新しいものが作られ続け、おじいちゃんになっても子供が作れる男性も多いです。ですが女性の場合は閉経により妊娠はできなくなります。卵子は生まれた時に持っている卵子のもと「卵母細胞」を少しづつ減らしながら使っていき、細胞分裂で増えることはありません。つまり卵子の元の卵母細胞は心臓など同じように、新しくならなく、老化がおきます。卵母細胞が老化すれば妊娠も難しくなっていきます。女性が一生の中で排卵できる数は300〜400回(ピルの使用や多産の女性の卵子の数は減ります)、妊娠できるチャンスはそれだけしかありません。

卵子の老化の原因は主に酸化です。酸化はもちろん活性酸素の増加によって引き起こされることがほとんどです。卵子がある卵巣は卵子を酸化させないようにと酸素を運ぶ血液の供給をできるだけ少なくしています。酸素は酸化を起こす活性酸素の原因なので、そのようになっていますが、血液の供給が悪いと、抗酸化物質の供給も悪くなります。なので体内で活性酸素が増えすぎた場合、卵子は酸化してしまいます。

現代は活性酸素が増えやすい環境です。大気汚染、ストレス、運動不足、酒、タバコ、食物添加物などが活性酸素が増える要因です。このような悪い環境のなかで、体内の活性酸素が増えて、卵子が酸化してしまい、不妊治療を行う女性が増えているのではないでしょうか。(もちろん不妊治療の存在が多くの女性に認識されたからというのもありますし、不妊は男性の精子の減少も大きな原因だと考えられます)。

その卵子の酸化に対抗できるのが天然水素です。卵巣は血液供給が悪いので、なかなか抗酸化物質が届きにくいのですが、天然水素の分子が細かく、また天然水素自身が体内に拡散されやすい、浸透しやすいという性質を持っているために、卵巣まで届きます。

ですので、「卵子の酸化」、つまりは不妊治療には天然水素が多く入ったVanaHを日頃から習慣づけて飲んでいれば効果が期待できる、とのことです。

卵子が老化・酸化・さびなどしてしまうのはすごく嫌ですよね。歳をとってから卵子を酸化させないでおくのにも、歳が気になってくる前からVanaHを飲んで、卵子を新鮮に保っておくのにも効果が期待ができます。

最近ではいろいろなアンチエイジングや不妊治療を行なっているクリニックなどが、天然水素水を使ったり、効果に注目していたりするらしいですよ。



あと、もう一点、いろいろ調べている中で、面白い情報があったのでご紹介。

先程記述しましたが、卵子の元である卵母細胞は生まれた時から増えることおがなく、生まれた時にその数が決まっています。女性が一生の中で排卵できる数は300〜400回(ピルの使用や多産の女性の卵子の数は減ります)、妊娠できるチャンスはそれだけしかありません。

その卵母細胞を作り出す幹細胞(細胞の素みたいなものです、ES細胞のことです)は出生前になくなってしまいますが、その卵子幹細胞を作り出せないかという研究がいろいろな大学や病院、研究所などで行われており、最近ハーバード大学などの研究チームが、幹細胞を使い新たに女性の卵子を作り出すメカニズムを発見したらしいのです。

この研究が実用化されれば、今まで生まれた後には増えることがなかった卵母細胞を増やすことができ、不妊治療は一気に進化しますね。

幹細胞(ES細胞)の研究はとても凄いですよね。どんな臓器でも人工的に作れる可能性がある細胞なので、将来的には、他人からの臓器移植もなくなるかもしれませんし、この卵子を増やす方法が実用化されれば、高齢の方の出産の選択肢も一気に増えるのでしょうね。

いつ実用化されるかわかりませんが、わくわくしてしまう情報でした。

電磁波は活性酸素のもと?〜VanaHで体を守る〜



私たちの周りにはいつも電磁波が飛び交っています。パソコンや携帯電話、液晶画面、電子レンジ、テレビ、ステレオ、冷蔵庫、エアコン、電灯までさざまな電化製品が電磁波を出しています。また太陽の光や紫外線なども電磁波ですし、遠赤外線も電磁波であります。

X線、ガンマ線、紫外線などが強いエネルギーを持っており、体の中に浸透し、活性酸素を発生させます。これと同じように電磁波も活性酸素を発生させるのではないかと言われています。

電磁波の健康問題は身の回りにハイテク機器が多くなり、盛んに議論され、研究が行われております。
いろいろな健康被害を発生させる原因になっているのではないかと言われていますが、まだはっきりとはしていない状況であります。ですがはっきりとしていないだけで、活性酸素を発生させ何か健康への被害起こしているというのはかなり可能性が高いようです。

活性酸素はストレスの大きな原因となりますが、パソコンを長時間使うと、ひどく疲れたりイライラしたりするのは電磁波が原因なのではないかと言われています。身に覚えがある方は多いのではないでしょうか?私もパソコンでずっとネットをやっていたりする日が多いので、「なんだってーー!!電磁波の仕業だと!!」と思ってしまう情報でした。

このような電磁波が原因だと思われる体への悪影響には、活性酸素の増加を抑えることで対抗できます。活性酸素はVanaHに多く含まれている、天然水素でその増加を抑えられるので、VanaHを飲むことで電磁波の体への悪影響に対抗ができます。

植物にVanaH〜天然水素が農薬に?〜



水素水を散布し、農薬を使わず、害虫の発生や駆除ができる装置が発売されて話題になっているらしいです。農薬フリーで農薬と同じような効果があるのならそれは凄すぎる発明なのではないのでしょうか?

なぜその水素水を散布することで農薬と同じような効果が得られるのかというと、水素水は極めて小さな水分子であり、カビ菌や小さな害虫、卵などにどんどん浸透していきます、そうするとそれらは死んでしまうのだとか。

うどんこ病やかっぱん病、灰色カビ病、葉カビ病、サビ病などにも効果があるのだとか。病害虫の耐性や薬害もなくとても便利なのだそうです。

今のところは完全農薬フリーとはいかず、農薬の使用回数を減らすことができるぐらいの効き目なのだそうだが、将来的には水素水散布で完全農薬フリーも達成できるのではないかとされています。

家庭では霧吹きでVanaHを植物にふりかけるなどで効果が期待できるでしょう。

我が家庭では家庭菜園もしないですし、近親に農家の人もいないので、このような情報の重要性はそこまで理解できていないかもしれませんが、これは凄い画期的な方法なのではないでしょうか。

※追記
農薬替わりとしてVanaHを使う以外にも植物を育てるのにVanaHを使うのはかなり効果的みたいです。まず水道水を植物に与えるのは塩素が入っていたり、酸性であったりと植物に優しくないので、できればあげたくないですよね。人が飲んで健康になれる水を植物に与えれば植物も健康になれるのはとても自然なことで、人間の体に吸収されやすいVanaHは植物にも吸収されやすいという効果があるようです!

VanaHを飲んで集中力を発揮〜勉強などにも効果アリ?〜



VanaHに多く含まれている天然水素にはストレスを軽減させて集中力を高める効果があるといいます。この効果に注目して、最近ではいろいろな教育機関などが学生に天然水素水をすすめたりしているらしいのです。

生徒の反応も「頭がすっきりして集中できる」などかなり好評だと言うことで、このように教育機関などが天然水素水を教育の効果を上げるツールとして利用することが増えていくのではないでしょうか。

このような使い方ができるのは学校だけではないですよね。仕事でもかなりの利用する価値があると思います。私は専業主婦になるまでは新卒で社会人になりデスクワークをずっとやっていました。どの仕事でもいろいろな大変さがあると思いますが、私はデスクワークが本当にストレスであり(なぜかイライラしてしまう)、ストレスによりなかなか集中ができないことが多かったのです。

VanaHに多く含まれている天然水素にはそのようなストレスを減らす効果があります。また水そのものの効果に、脳や気持ちなどのリセット作用があります。仕事中で頭がもやもやした時、頭を切り替えて集中したい時など1杯のVanaHが効果を発揮します。

集中力がアップし、頭や気持ちの切り替えが上手にできれば仕事や勉強の効率は絶対あがりますよね!是非是非そんな時にVanaHを試してみるのはいかがでしょうか。


※追記
天然水素水を飲むと記憶力もアップするらしいです。正確に言うと、天然水素水を飲むとストレスによる記憶力の低下を防げるということです。ストレスってかなり記憶力がさがるみたいなんです。勉強の前にVanaHを飲んで天然水素の補給が必須ですね。

VanaHなどの天然水素水が飲める場所が増えている?〜医療機関でも天然水素水〜



水素水サーバーが増えていますね!いろいろなところに設置が進んでおり、よく見かけるようになってきました。これだけいろいろな場所に天然水素水の飲める場所が増えているのは天然水素水のその効果の凄さが多くの方に知られてきたからなのでしょう。

そんな中、病院や薬局などの医療機関に天然水素水設置が進んでいるらしいです。VanaHなどの天然水素にはさまざまな健康によい効果がありますし、気軽に日常的にその効果を得られるということで設置が進んでいるらしいです。

病気になってしまった人が集まる病院ですが、病気は病気になる前の未病の状態で治してしまうのが良いですし、なにより病気にならない強い体を作ってしまうのが一番です。それらに効果があるのがVanaHなどの天然水素であります。

VanaHと一緒に食べると効果的な食べ物〜活性酸素の増加を抑える抗酸化作用がある食材〜



活性酸素の過剰な増加を防ぐ抗酸化作用はVanaHに多く含まれている天然水素以外にもあります。それらの食材を紹介します。

活性酸素による体の細胞の酸化を抑えられれば、老化、ガン、心筋梗塞、動脈硬化、脳卒中、糖尿病、・認知症・アトピー、胃潰瘍、子宮筋腫、リウマチ、鬱病、小児ぜんそく、花粉症などさまざまな症状の予防になります。

・鮭・いくら

抗酸化作用に効果があるとされているアスタキサンチンを多く含む。アスタキサンチンは脂肪に溶ける性質を持っているので、細胞の中に入って活性酸素を抑制し、血液をさらさらにします。また脳内の毛細血管の血行改善および目の疲労回復、紫外線などによる紫外線のお肌への害から守ってくれる効果があります。


・かぼちゃ

βカロチンのほか、抗酸化作用のあるビタミン、腸内環境を整える食物繊維などを多く含む。これらの栄養素は免疫力を高め、病気にかかりにくい体を作ります。さすがかぼちゃ!


・ロイヤルゼリー、レバー、牡蠣

抗酸化作用に効果があるとされる亜鉛を豊富に含む。亜鉛はアルコール分解、免疫活性化、育毛、味覚・嗅覚を正常に保などの働きがあります。子供は発育促進や成人には全身の新陳代謝を促し、男性には生殖器官の発達や生殖能力の維持に欠かせません。
亜鉛が不足すると疲れやすい、視力が下がる、抜け毛が増える、貧血、皮膚荒れ、味覚嗅覚障害、治癒能力低下、生理不順、男性の精力低下などが起こりやすくなりますので、不足させないように気をつけねばですね。


・にんじん

βカロチンが豊富!βカロチンは体内でビタミンAが足りなくなった時に、ビタミンAに変化し、抗酸化作用を発揮します。またビタミンAと違い熱にも強いのでいろいろな料理方法で使えます。


・りんご

抗酸化作用があるとされるアップルペクチンを含む。アップルペクチンには整腸作用があり、腸内の悪玉菌を抑制する効果がある。また悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増やすので大腸がんの予防にもなります。りんごは熱を加えることでアップルペクチンの効果が高まるので、焼きリンゴやアップルパイなどが効果的な食べ方である。


・アボカド

アルツハイマー病のリスクを下げることが確認されているビタミンEや、コレステロール値を下げる不飽和脂肪酸も豊富なのだとか。私はアボカド好きなんですが、まさかこんな効果がある健康食品だったとは!!


・ネギ、にんにく、にら、たまねぎ

抗酸化作用があるアリシンを多く含む。アリシンは殺菌作用や疲労回復に欠かせないビタミンB1の吸収を助ける効果や、胃液の分泌、代謝作用を高める効果、冷え性対策、病気への抵抗力を高める効果、抗ストレスなど、さまざまな効果があるとされています。


・納豆

納豆に含まれているムチンは血糖値の上昇を抑え、老化を招くインシュリンの過剰分泌を防ぐ。血液をさらさらにするナットウキナーゼは脳卒中や脳梗塞などの成人病のリスクが低減します。


・緑茶

緑茶に多く含まれているカテキンは抗酸化作用があるといいます。カテキンには抗癌作用があるのではないかと言われています、静岡県内でお茶をよく飲む地域ほどガンの発生が少ないらしいのです。カテキンという名前はお茶の殺菌作用などで有名となりましたが、まだまだいろいろな効果があるのではないか、ガンの予防薬として使えるのではないかとして研究され続けている注目の成分なんだとか。


・鶏むね肉

鶏肉のうち胸部分だけ多く含まれているカルノシンには、活性酸素を除去する抗酸化作用があり、また疲労時に体の乳酸を中和し疲れを癒すほか、動脈硬化や糖尿病にも効果があるのではないかとされている。


・発芽玄米、大豆、うなぎ、ナッツ類、オリーブオイル

これらの食べ物にはオレイン酸が多く含まれています。オレイン酸は不飽和脂肪酸に分類され、動脈硬化などに著しい効果を発揮することが判明し、注目を浴びています。
オレイン酸の働きは血液中の悪玉コレステロールを除いて動脈硬化や心臓病、高血圧を予防します。また胃液の分泌をコントロールして胃酸過多や胃潰瘍を防ぎます。腸をなめらかにして便秘を予防したり解消したりするほか、放射線の害を防ぐとまで言われています。
オレイン酸はオリーブオイルに多く含まれており、オリーブオイルを多く摂取している地中海地方の人たちには心臓病が少ないです。オリーブオイルでもオレイン酸が多いのはエクストラヴァージンオイルです。凄いですねオリーブ!思わず追いオリーブをしてしまいます。


・鯖

青魚には抗酸化作用に効果があるコエンザイムQ10を多く含んでいることで知られています。青魚にはDHAも多く含まれており、血栓を溶かす効果があるので脳疾患などに効果が期待できます。コエンザイムQ10は20歳前後をピークに歳を取るごとに減っていく成分として知られ、コエンザイムQ10が減ると、体はどんどん老化していきます。体内の活性酸素も増え加齢は一気に進んでしまいます。コエンザイムQ10の補給は若さを保つには必須でしょう。


・トマト

トマトに多く含まれているリコピンは体内の活性酸素を取り除き、また血液をさらさらにします。またこれまた抗酸化作用に効果があるとされるアルファリポ酸を多く含む食材である。最近ではダイエットにも効果があるとの発表があり、凄い売れちゃって品薄ですよね。トマトジュースを毎日飲んでいる友人がいますが、凄い効果があるらしいです。


・ウコン

ポリフェノールの一種、クルクミンが豊富。アルツハイマー病や認知症などに効果があるのではないかとされている。


・ブロッコリ
ファイトケミカルという食物成分が豊富。ファイトケミカルは抗酸化作用がある食物成分は200種類以上含まれているとされ、発がん性物質の発生も防ぐという。


・そば

そばには抗酸化作用があるルチンが多く含まれています。
ルチンはフラボノイドの一種。ルチンは特にソバや柑橘類に多く含まれる抗酸化栄養素としてよく知られています。ソバの効能として、毛細血管を強化し、血圧を下げる作用がよく知られていますがこれはその成分であるルチンによる効果と考えられています。
ルチンはビタミンCの吸収を助け、酸化から守り、細菌の侵入を防ぎます。また高血圧の降下作用があるため心臓病や動脈硬化、高血圧などの生活習慣病の予防に役立ちます。そしてルチンは血管を強化し血行を良くする働きがあるので、冷え性や肩こりなどにも効果があるとされています。
ルチンはそばよりそば湯の方に多く含まれているのでお蕎麦屋さんに行ったらそば湯をたくさん飲むのが良いかもですね!


・もやし

最強の粗食野菜もやし!もやしなどの新芽野菜に多く含まれているスルフォラファンというファイトケミカルは抗酸化作用がとても強いことで知られています。有害物質などを体外に排出するデトックス効果を高める効果もあるとか。


・ぶどう・ココア・マテ茶・ワイン・緑茶

これらの食べ物にはポリフェノールが多く含まれています。
フラボノール、イソフラボン、タンニン、カテキン、ケルセチン、アントシアニンなど植物が光合成を行うときにできる物質の総称です。
糖分の一部が変化したもので、植物の葉や花、樹皮などに成分として含まれており、植物自身が生きるために持っている物質ですが、人のからだの中に入っても、抗酸化物として有効に働くことが明らかになっています。
ポリフェノールの効果は、体内に摂取、蓄積された悪玉のコレステロールの酸化を防ぎ、高血圧、動脈硬化および動脈硬化を原因とした脳血管障害、心臓病などを予防します。
またポリフェノールには多くの種類がありますが、特にお茶に含まれるポリフェノールについては、胃がんの抑制に高い効果をあげることが認められています。
さらに、ポリフェノールはO-157にも効く優れた抗菌作用、抗腫瘍作用、虫歯菌の増殖を抑える作用、血糖値を下げて糖尿病を予防する作用なども報告されています。
摂取量は特に定められていませんが緑茶を例に取った場合、コレステロールの酸化防止、ガン予防にポリフェノールの有効な1日の目安量は、濃い目に入れたものを湯のみに7〜10杯といわれています。 ポリフェノール食品の代表ともいえる赤ワインには、タンイン、カテキン、ケルセチン、シンプルフェノール、アントシアニン、フラボノールなどのポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールはブドウの果皮や種子に多いため、果皮を除いて作られる白ワインではポリフェノールの効果は期待薄です。

VanaHでニキビ対策!



思春期の子供から最近では大人にも多い「ニキビ」。世界中の人がニキビに悩み、いろいろなニキビ対策を行なっており、ニキビ対策のグッズや薬もたくさん出ています。

私も思春期の時から大学生2年ぐらいまでニキビが治らなくいろいろ試した時期がありました。皮膚科に行って抗生物質を飲んだらすぐに治りますが、それは対症療法であり、根本解決ではないのですよね。

皮脂と古い角質が混ざり合い毛穴が詰まり、そこでアクネ菌などの影響で炎症が起きるのがニキビです。不規則な生活やストレス、体調が悪いなどいろいろな原因で皮膚の抵抗力が落ちアクネ菌になかなか打ち勝てない状態になるとニキビは一気に増え大変なことになります。大人ニキビではストレスや生理などのホルモンバランスの乱れにより皮脂の分泌が過剰になり、ニキビの原因となります。

ニキビに打ち勝つ、またはニキビになりにくい、健康的な肌(体)の作り方についてはいろいろな方法があると思いますが、VanaHも凄く効果があります。

天然水素を多く含んだVanaHはナノを越えたピコレベルでの細かさを持った天然水素を含んでおり、お肌を洗う事に利用すれば、肌の細部、深部まで綺麗に汚れを洗い流します。成分も硬度29の軟水で肌への刺激も少なく、またpH値(水素イオン指数)が7.3と人間の浸透圧にきわめて近く(弱アルカリ性)、とても肌への刺激が少ないのが特徴です。このVanaHの特徴はニキビの原因である、毛穴に詰まった皮脂と角質が混ざり合ったものを洗い流す効果があります。

またもや登場なのですが、ニキビの原因の一つにも活性酸素があります。活性酸素のせいでニキビがひどくなったりなかなか治らなかったりするらしく、大人ニキビの原因は活性酸素が大きな割合を占めているのだとか。活性酸素はVanaHに多く含まれている天然水素で抑えこんでしまいましょう!

VanaHに多く含まれているバナジウムには血糖値を下げる効果があります。血糖値が下がると血液がさらさらになり、また脂質・コレステロールの代謝を促したり、中性脂肪が付きにくくなるなどして、ニキビの原因である過剰な脂質の分泌を抑えることができます。また細胞の新陳代謝の活性化の効果から皮膚の老廃物をどんどん出し、皮膚を健康できれいな状態に保つ効果がります。

そのほかVanaHには体を元気にし、免疫力を高める効果があるので、ニキビの原因であるアクネ菌を増えすぎないようにしたり(アクネ菌は増えすぎなければ肌を守ってくれる良い菌です)、増えすぎたアクネ菌をやっつけられます!

また、VanaHには利尿作用などのデトックス効果があるので、お肌の綺麗に保ち免疫力を強くします。またニキビの原因である生活の乱れはVanaHの睡眠を多く取れるようになる効果により、改善が期待できますし、ストレスもVanaHなどで減らすことができるので、ニキビをやっつけるにはVanaHは最適でしょう。

ニキビを治すには毎日のVanaHを飲むのが大事です。他のニキビの薬などと同じで、ちょっと良くなったなと思って、油断してニキビ対策をさぼってしまったら、積み上げてきたものがぱーとなり、すぐに元通りのニキビ肌に戻ってしまいます。継続が大事です!

水素風呂でダイエット?



ボクシングWBC世界ミニマム級王者の井岡選手が水素水を使ったお風呂に入って減量を行ったらしいです。

兵庫・芦屋にあるクリニックで提供する天然ミネラルバスというメニューらしいのですが、練習後に井岡選手はここに通い、水素水のお風呂で減量を行なっていたのだとか。羊水と同じ成分を多く含み、発汗が多く脂肪燃焼を促進するのだとか。

ボクシング選手の減量の辛さ大変さは凄いものです。かの有名な力石選手の過酷な減量などでその凄まじさを知った方は多いと思います。相当に減量に力を入れているボクサーの方はそれだけ、効果がある減量方法(ダイエット方法)に詳しいし、最先端の方法を知っているのではないでしょうか。

水素風呂はダイエット効果以外にもさまざまな効果が期待できます。

VanaHで肝臓を守ろう



人体最大の内蔵である肝臓。非常に機能が多いことで知られ、代謝、排出、解毒、体液の恒常性の維持などにおいて重要な役割を担っています。特にアルコール分解能力があることで知られ、また十二指腸に胆汁を分泌して消化にも一定の役割を持っています。

働きは少なくとも500以上あるとされ、肝臓と同機能のを持つ工場は作れないと言われるほど機能が多いため、人工臓器としての実用化は非常に難しい臓器である。

また、臓器の中での部位による機能の分化が少なく、一部に損傷があっても再生能力が強いため、その損傷があっても症状が現れにくい。4分の3を切り取られても元通りに再生するとさえ言われています。肝臓が病魔に侵されても、自覚症状が出る頃には非常に悪化していることが多く「沈黙の臓器」などと呼ばれています。

肝臓は多くのエネルギーを消費する器官です。酸素などのエネルギーを大量に消費すれば、それだけ活性酸素の発生量も増えます。活性酸素が増えすぎると肝臓が侵され脂肪肝、肝炎、肝硬変、肝臓がんなどになってしまいます。さきほども書きましたが「沈黙の臓器」と呼ばれているだけに、病気に気がついた時には既に手遅れになっていることが多いようです。

活性酸素はVanaHに多く含まれている天然水素でその増加を抑えることができるので、VanaHを飲むことで肝臓の健康維持を助ける効果が期待できます。

また肝臓と言えばアルコールの飲み過ぎや、肉などの脂を多く摂取しすぎるのも良くありませんよね。VanaHを飲めば、アルコールや過剰な脂肪から肝臓を守ることができます。アルコールを飲む前や飲み過ぎた後、脂っこい食事を取る前には特に意識してVanaHを飲むことをおすすめします。

天然水素と腎臓病



水素水には慢性腎臓病の合併障害を抑制する効果がありらしいです。東北大学の研究チームが発見した効果なのだとか。

水素水を日常的に慢性腎臓病モデルラットに飲用させると、通常の浄水を飲んだモデルラットに比べて、腎臓及び心臓の炎症や酸化ストレスなどの進行が抑えられることを明らかにしました。慢性腎臓病に対する新たな予防対策につながることが期待できます。


もう一個東北大学からの発表。

慢性腎臓病の末期状態に対しては人工透析療法が広く行われてります。現在日本での慢性透析患者は年々増加し28万人を超えており、その多くの患者は血液透析療法を受けていますが、動脈硬化の進展や易感染症などの問題は未だに解決がされていません。この原因には高血圧・活性酸素の産生亢進といった慢性腎臓病に特異的な病態が関わっていることが指摘されていましたが、これに対する有効な治療法は限られており、新たな治療法の開発が切望されてきました。

研究チームでは水素ガスがヒドロキシラジカルなどの活性酸素を消去する現象に着目し、ナノバブル状の水素ガスを含有する、血液透析を用いた治療法を開発を行ってきました。

血液透析では1回の治療に1人当たり平均120リットルもの水を用いるため、水素含有水を安定的かつ大量に作成するために水の電気分解システムを組み込んだ血液透析システムを構築しました。国内の3医療施設の協力で6ヶ月にわたる治療を行い、高血圧の改善、炎症や酸化ストレスの改善が認められました。

副作用などの問題となる症状はなかったことから、従来の治療法では治療が困難な病態に対する新たな治療法となることが期待される。



以上東北大学同の研究チームでの発表です。この研究チームは腎臓病への水素水での治療を研究しているみたいですね。VanaHに多く含まれている天然水素にはさまざまな病気への効果が期待できるので、世界中のさまざまな病院や研究所などが研究していますが、凄い未来を感じますね!

酸化ストレスで脳が疲労 慢性疲労



常に疲れてる人が増えている、そんな人にVanaH!という面白い情報を聞いたのでご紹介!


「慢性疲労症候群」という病気をごぞんじでしょうか?原因不明の疲労が6ヶ月以上の長期にわたって継続する病気である。

慢性疲労症候群みたいな感じに長い間、疲労感を感じながら過ごしている人は多いのではないでしょうか?

ずっと眠い、ずっとだるい、やる気がおきない、など慢性疲労症候群の症状の一つです。ですがこれらの症状は実は活性酸素を処理しきれていないのが原因の場合が最近は多いらしいです。

健康的な体は活性酸素をちゃんと処理しきれるので、何も問題はありませんが、大気汚染物質、ストレス、運動不足、酒、タバコ、食物添加物などにより活性酸素が過剰に増えることで細胞や神経が傷つけられ、その結果、エネルギー代謝や中枢神経系に異常をきたし、さらに脳に疲労を伝える物質が増加、さまざまな悪影響を及ぼし脳が疲労をずっと感じるようなひどい状態になってしまうというのである。

ここでこの症状に効果的なのが抗酸化物質である、天然水素です。抗酸化物質である天然水素を摂取し、活性酸素の増加を抑えることが大事です。

VanaHにはその天然水素が多く含まれている。またVanaHには質の良い睡眠を促す効果や、そのほかさまざまな健康効果があるので、元気な体を作ることができる。

VanaHを飲んで健康で疲労に強い体を作りましょう!

水分補給の重要性〜VanaHで体をみずみずしく〜



成人が1日に必要な水分は約2.5リットルです。普通に生活をしていれば食事などから1リットルは水分を摂取できるので足りない分の1.5リットルを毎日飲むのが良いとされております。個体差もありますが、1日に飲んでいい水の限界量は3リットルと言われています。水も飲み過ぎると悪影響があるので注意が必要です。

一方体から出ていく水の量は尿が1.5リットル、汗と呼吸で0.9リットル糞便で0.1リットルです。人間の水分量は成人男性で約60%、女性は50%程度です。女性が男性に比べて水分量が少ないのは脂肪分が多いからです。血液などの体液を含めた体内の水分は2〜3週間ですべて入れ替わります。

人間の体の5~6割が水分だと見えないのは、人間の体の大部分が体の各組織の細胞に取り込まれているからです。各組織での水分量の割合ですが、皮膚や筋肉は70~80%は水分です。脂肪組織も10~30%水分を含んでいます。筋肉と脂肪を比べた時に水分量にかなりの差がありますよね。脂肪の多い人より、筋肉の多い人の方が水分を多く含んだみずみずしい体なのです。

細胞組織内にある水と血液やリンパ液など細胞の外の水を合わせて体液といいます。体液は歳を取るごとに減っていき、赤ちゃんでは体重の80%が体液ですが、老人になるころには50%まで減ってしまいます。赤ちゃんはほとんど脂肪がないために水分量(体液)の割合が大きいですが、老人は細胞の活動やエネルギー生成の時に発生する水分量が、細胞の老化により減ることで水分量が少なくなります。

このように人間の体は水分でできており、水分がとても大事です。そして体内の水分量が不足するとさまざまな問題が発生します。

体内の水分が不足すると、汗や尿などが出にくくなります。汗には水分とともに熱を体外に出す働きがあります。尿には老廃物を体の外に出してくれる働きがあります。それらが出ないと体内に熱がこもり、老廃物が体内に蓄積していきます。

さらに体内の水分が不足すると、血液中の水分がどんどん少なくなります。血液には栄養素や老廃物、酸素、二酸化炭素、熱、などを運ぶ役割があります。血液中の水分が減ると血液はどろどろになり、栄養素や老廃物、酸素、二酸化炭素、熱、などが運ばれにくくなり、また脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなります。

体に老廃物を蓄積させないで、健康を保ち、病気にならないようにするには水分が大事です。

人間の体を構成する細胞の中には必ず水があります。水があるから細胞はエネルギーを作り生体活動を行うことができるのです。ですが、人間の細胞は高齢になるほど水分量が減っていき、エネルギーを作らなくなり、どんどん衰えていきます。ですので高齢にならばなるほど、水分補給を行い、細胞のみずみずしさを保たなければ、どんどん細胞は老いていきます。高齢になるとのどがかわきにくくなると言いますが、のどがかわかなくても水分補給をしないといけない理由はここにあります。

運動中の水分補給も重要です。水分は絶えず失われていきます。喉がかわいたという時には体は脱水症状の一歩手前だと言います。運動中は特に水分の消費が激しいので、常に水分を補給するのが大事です。

量は一度に多く飲むのではなく、こまめに飲むことで体内の隅々までいつも潤いを持たせる効果があります。喉が渇いた時点では体は既に脱水状態である場合が多く、一定の適量を習慣的に飲むのが良いとされます。「VanaH」の天然水素水はそのぶん飲みやすいので習慣的に飲むにはとても良いです。

睡眠中も体は働いているので、水分は汗として発散されていきます。呼吸による水分の放出を含めて500ミリリットル〜1リットルもの水分が寝ている間に失われます
だからこそ寝る前にちゃんと水分補給をすることが大事です。夜中のトイレの心配から飲まない人もいますが、水分補給の方が重要です。水分が不足し血液の濃度が上がると脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなるからです。

また水分をちゃんと補給しておくと酸性に傾いた体内を睡眠中にアルカリ性に戻すことができます。そのほか、寝る前(30分前が理想)の一杯には睡眠導入の効果があると言われております。頭に集中した血液を腹部に下げることで緊張をほぐし心地よく眠ることができます。
※飲み過ぎると翌朝顔がむくんでいたりすることがあるのでコップ一杯の量が適切です。

寝る前の一杯も大事ですが、目覚めの一杯も大事です。目覚めの一杯により睡眠中に失われた水分が補給され、全員にくまなく水分が行き渡ることで体内も目を覚まします。

また朝の一杯は便秘にも良いとされています。水を胃に入れることで脳から腸に蠕動運動(腸が動き内容物を運ぶ運動)の指令が発生され、便通を促します。規則正しい便通は体の代謝がよくなったりデトックス作用があったりと万病の予防につながります。

水分の補給の仕方ではウォーターローディング法 もかなり効果的です。

プロスポーツ選手が持久力を高めるために導入している水の飲み方に「ウォーターローディング法」があります。毎日1.5リットルの水を数回に分けて少しずつ飲んでいきます。内臓に負担をかけないように1回250ミリリットルぐらいがおすすめです。この飲み方をすることにより体内は常に水分で満たされます。水分で満たされた体は血管がやわらかくなり、血行が良くなり新陳代謝が促されます。

スポーツ選手がスポーツ中に最大のパフォーマンスを発揮するために科学的研究を重ねてつきつめた「ウォーターローディング法」は日常生活を送るなかでも、体を健康に保つなどの効果があります。

水の飲み過ぎにも注意〜適度な量が大事〜



水分は私たちの体の健康維持にとってとても重要な働きをします。私たちの体の代謝促進などに役に立ちますし、多く飲んだほうが良いのですが、飲み過ぎると体にわるい影響を与える場合がありますので、適度な量の水分補給が大事です(1日に飲んでいい水の限界量は個人差がありますが、3リットルと言われています)。

私たちが生きていくための活動を担っているのは化学反応や電気現象です。これができるのは実は水だけです。水はほかの液体に比べて格段に大きい誘電率を持っているために、電解質がたくさん溶けて、化学反応が活発に行われます。※水が誘電率が高いのは、体脂肪計が体内の水分に電気を流しやすく、脂肪が電気を流しにくい性質を使って成立しいるのが例としてわかりやすいかも!

またタンパク質や酵素分子が高次の複雑な構造をとって独特な働きができるのは水があるからです。しかも水は皮膜を作って高分子を外的変化から守る働きもしています。これらのことによって、溶けている電解質や糖分に対して水分子はすばやく対応することができます。

人間の細胞が刺激を受けて発育するのに、細胞内のカリウムと細胞外のナトリウムの濃度を一定に保つ必要があり、体内にはその濃度を一定に保つ調節機能が備わっています。

体液の濃度を一定に保つために人間は、老廃物を排泄する腎臓という器官を持ち、また発汗による体温調整システムを持ちます。つまり新陳代謝に水が必要なのは体液濃度を一定に保つためであります。人間が生きていく中で行う生体活動は酵素反応によって行われますが、その酵素反応は酸やアルカリの度合い(pH=ペーハー)が肝心で、少しでもその度合が変わってしまうと反応が落ちてしまいます。ですので水を補給して体液の濃度を一定に維持することが大事であり、また水を補給しすぎてもその濃度がうすくなりすぎるので、うまく調整して適度な水分補給をしないといけません。

人間の体に水が必要な理由は水が不足して血液の濃度が高くなると血液の流れが悪くなるというのが一つです、血液の流れが悪くなると酸素や老廃物が運ばれにくくなり、体に異常をきたします。水分も食べ物も全く取らないと毎日体重の2%ずつ水分が失われていきます。体重の6%ほどの水分が失われると、水の調整機能が失われ脱水症状となります。約10日ほどで飲まず食わすをして体重の15~20%の水分を失うと死亡します。水分補給はとても大事です。

一方水分をとりすぎると、血液中の水分濃度が高くなり、浸透圧の違いから細胞内に入り込もうとします。ある程度なら細胞のみずみずしさを保てますが、程度を超えると細胞内に水がどんどんたまり体がむくみます。普通は脳が水の飲み過ぎないようにストップをかけるのですが何かの原因でそのストップがかからないようになると、いつまでものどが渇いて、過剰に水分を摂取してしまうようになります、これが水中毒です。

足のすねなどを指で押した後に、跡が残るようだと、その兆候があります。ひどくなると悪心、嘔吐、痙攣などを引き起こし、最悪の場合は昏睡状態になることまであるといいます。また水の飲み過ぎは体内の無駄なエネルギーを使ってしまうために、活力減り、体のだるさなどにつながります。

適度な水分補給が大事です。1日に飲んでいい水の限界量は3リットル(個人差あり)、これを超えないように気をつけてください。

VanaHを飲んで禁煙!



たばこを吸う人には住みにくい世の中になったということで、禁煙にチャンレンジしている人がすごく多いみたいですね!ですが禁煙はとても大変なもので、ニコチン慢性中毒からくる禁断症状はひどくつらいもので、なかなか禁煙を成功させるのは難しいようです。

まずたばこの害と、たばこを吸う人の水分補給の重要性についてちょっと説明します。たばこの中にはニコチンやタールなど数千の有害物質が含まれており、喫煙が肺がんや動脈硬化など、さまざまな病気の原因となっています。ニコチンは強い利尿作用があるために、体内の水分量が減ってしまい、血液の濃度が高くなり、どろどろ血液になってしまいます。ですのでたばこを吸う人は積極的に水分補給をしてください。VanaHはどろどろ血液対策にはぴったりです。


次にVanaHなどミネラルウォーターは飲んで禁煙する方法についてご紹介します。

禁煙をしている時のニコチン慢性中毒による禁断症状には食欲増進、集中力低下、便秘などがあげられます。VanaHを飲んでお腹を満たし、集中力を向上させ、便秘を改善させることで、まずそれらの症状に対処します。

この禁煙方法は飲むタイミングと飲み方が大事です。ポイントとしてはたばこが吸いたい衝動が起きたら、VanaHを飲み、その衝動を沈静化し抑制することです。たばこに変わるものを頭に覚えさせ、習慣化し、また水の効果として頭を切り替えて冷静になる効果があるのでそれを利用するのです。

たばこをやめると口が寂しくなるのでアメやガムなどを食べる人が多いみたいですが、これは赤ちゃんのおしゃぶりの名残で(口唇期の固着)、口に何かを入れていないと不安になるからなのでしょうが、糖分を多く摂り過ぎてしまったりしてあまり良くないですよね。たばこをやめて食欲が増えて太ったという人も、味覚の変化以外にもこの口唇期固着も原因があるのではないでしょうか。VanaHなどのミネラルウォーターを飲んで禁煙する方法は、糖分もカロリーもなく食べ過ぎも抑えられるので、かなり健康的な禁煙方法でしょう。

VanaHなどのミネラルウォーターを飲んで禁煙する方法について、飲み方の説明をします。
まず朝起きたら一杯のVanaHを飲みましょう。たばこを吸いたくなったら、たばこの代わりにコップからVanaHをゆっくり飲むようにしてください。飲み終わった後には頭がすっきりしており、たばこが吸いたいという衝動は抑えられているといいます。

これをくり返していくうちに、脳みそや体が、このリズム・習慣を覚え、喫煙衝動が抑えられます。VanaHなどのミネラルウォーターを飲んでニコチンを抜ききった状態となるわけです。

VanaHで痛風を予防



痛風は高尿酸血症を原因とした関節炎を発症する疾患です。名称は痛みが風が吹くように足、膝、腰、肩、肘、手など全身の関節・骨端を移動し、なおかつ風が強くなったり穏やかになったりするように、痛みが酷くなったり和らいだりを繰り返すことから命名されました。酷く痛いらしく怖い病気ですよね。

原因としましては、

血中の尿酸値が何らかの原因で著しく上昇し、本来人体が持つ恒常化機能を超えて飽和解消できず、特に体温が低い足部などで、尿酸が溶解しきれず結晶化して関節包内などに付着することが知られている。この状況にいては、白血球群のうち、特に好中球が尿酸結晶を攻撃を行います。

好中球による尿酸血症の攻撃が激化すると、その活動による過大なエネルギーや尿酸を抱え込んで死んだ好中球の遺骸そのものによる影響などから、血管壁がダメージを受けて大きな炎症を発生する。当該部位周辺の神経組織も相当に刺激し、患者は「内側からの激痛」を感じることになる。

また、血中含有尿酸の濃度が急激に低下した場合においても、痛風発作が生じることが知られている。これは、好中球が攻撃対象である尿酸結晶の行方を急激に見失うと、対象を探し続けて活動を激化させることによるためとも言われているが異論も多く、血中尿酸値急降下時の明確な発作システム自体の解明はなされていない。

ただし後述の通り、疫学的には、血中尿酸値の上昇とともに血中尿酸値の急降下も、痛風発作の要因であることは広く知られており、痛風発作時 における尿酸生成阻害剤や尿酸排出促進剤などの服用は禁忌とされていることが多い。

必ずしも恒常的な高尿酸血症患者がすべて痛風発作を起こすわけではなく、そのメカニズムは解明しきれていないが、よく知られている発作のきっかけとしては、脱水症状に伴う急激な尿酸値の変動、物理的衝撃による結晶の剥落、不適切なタイミングでの尿酸コントロール薬の投与、激しすぎるスポーツなどが考えられている。

アルコールの痛飲はアルコール代謝に水が回ることで起こる脱水症状に加え、乳酸と尿酸の競合による尿酸排出の遅れによって尿酸値を激しく変動させ、翌日朝に痛風を起こすきっかけとなることが多いともされる。

あくまで、高尿酸血症の患者でも痛風を起こさないケースは少なくないため、引き金となる要因が全て分かっているわけではない。米国で、高尿酸血症の患者に尿酸値を下げる薬を処方しないのはその考え方に基づいているが、高尿酸血症は腎臓結石など別の病気のリスク要因であることは忘れるべきではない。

食事としてはいくら、たらこ、しらすのような細胞の数が多い食事や、ビールなどに多く含まれるプリン体などが痛風の原因となる。

予防としましてはVanaHなどミネラルウォーターを多く飲み、尿酸の排出を行います。また体がアルカリ性になると排出が進むので、アルカリ性であるVanaHを飲んで体内を正常なアルカリ性に保つことで、痛風の予防となります。

VanaHで自律神経失調症を改善



自律神経失調症は交感神経と副交感神経の2つから成り立つ、自律神経のバランスが崩れた時に起こる症状です。

自律神経とは血管、リンパ線、内蔵など自分の意思とは無関係に働く組織に分布する神経系のことであり、呼吸や代謝、消化、循環など自分の意思とは無関係で生命活動の維持やその調節を行い、絶えず活動している神経である。

交感神経は代謝、消化などの生命活動を活発にする働きをし、副交感神経は交感神経とは全く逆の働きをする。人体ではおよそ12時間交代でこの二つの 神経の優位が入れ替わるとされているが、夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、結果的に交感神経と副交感神経の優位入れ替わ りのバランスが崩れ、自律神経失調症となるとされている。
人間不信に陥るなどの症状も稀に見られるために、体の不具合を訴えても、精神症状は隠そうとする場合がある。そうすると「仮病」と周囲に認識され、この状態の悪連鎖によりうつ病になってしまう人もいるとう。自律神経の中枢は脳の視床下部というところにあり、この場所は情緒、不安や怒りなどの中枢とされる辺縁系と相互連絡していることから、こころの問題関わってきます。

症状としてはめまい、冷や汗が出る、体の一部が震える、緊張するようなとこでないのに鼓動が早くなる、血圧が激しく上下する、立ちくらみがする、耳鳴りがする、吐き気、頭痛、微熱、過呼吸、生理不順といった身体症状から、人間不信、情緒不安定、不安感やイライラ、抑うつ気分など精神的な症状が現れることも多い。

自律神経失調症には様々な症状があり、どの症状がどれだけ強いのか弱いのかは患者それぞれである。そのため患者によっては、その他の症状はあまり強く現れないにもかかわらず、ある特定の症状のみが強く表れる場合もあり、症状は実に多岐に亘る。
夜ふかしをすることなどによる自律神経の興奮、脳の疲労や、ストレスや更年期が原因のホルモンバランスの乱れなどが、自律神経失調症の原因としてあげられるが、遺伝的に自律神経の調整機能が乱れている患者もいるという。患者の半数はストレスが原因で自律神経失調症になっているのだいう。

VanaHなどのミネラルウォーターには自律神経やストレスをなだめる作用があります。胃腸は精神的な影響を受けやすいところですから、胃腸にやさしい、VanaHは自律神経失調症には良い水だといえます。

またうつ病や不眠症は体が疲れている時に発症することが多いといいます。VanaHには神経のたかぶりを抑えて安眠をもたらす効果や、疲れの成分、乳酸や活性酸素などを抑える効果があるので、かなり効果的なのではないでしょうか。

エコノミークラス症候群予防にVanaH



飛行機のエコノミークラスのような狭い席に長い時間座りっぱなしでいると、足などを中心に血流が悪くなり、それに水分不足が加わり血液どろどろの血栓ができやすい状態だと、血栓ができそれが静脈につまります。これが静脈血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)です。

長時間体を動かさないで血流の悪い状態で、水分が不足しているという条件さえそろえばこの病気はどこでも起きます。列車やバスはもちろんですし、自家用車でも起こりえます。

新潟県中越地震や東北大震災の後に、自家用車で寝泊まりしていた人で、エコノミークラス症候群を発症した人が凄く多かったらしいのですが、足をまげた状態で血流が悪く、水道がストップし、なかなか水分が補給できない状況の人が多かったためにこのような事態が起きてしまったのです。

また快適なオフィスでも水分を取らずに何時間同じ姿勢でパソコンの前で仕事をしていたらエコノミークラス症候群を発生する可能性は十分にあります。

エコノミークラス症候群を発症すると、血栓が肺に流れ肺動脈が詰まり、肺塞栓症になります。肺動脈がつまると、その先の肺胞には血液が流れず、ガス交換ができなくなる。その結果、換気血流不均衡が生じ動脈血中の酸素分圧が急激に低下し、呼吸困難になる。また肺の血管抵抗が上昇して全身の血流循環に支障をきたす。軽度であれば胸焼けや発熱程度で治まるが、最悪の場合は死亡する。

このエコノミークラス症候群を予防するには、まずは同じ姿勢でずっといないでこまめに体を動かして血を流してあげるのと。VanaHを飲んで血液を濃くないさらさらの状態をキープさせるのが大事です。

水そのものの血液の濃度を高くしない性質だけでなくVanaHには血糖値を下げるインシュリンに似た効果がります。血糖値が下がると血液がさらさらになり、血栓はできにくくなりエコノミークラス症候群だけでなく、脳卒中や脳梗塞のリスクも減らします。

エコノミークラス症候群のリスクが高そうなシチュエーションになったのなら、VanaHを飲む、VanaHが無ければ、なんでも良いので水分を十分に補給しましょう。

女性は男性よりもしっかりと水分補給をしなければならない



成人が1日に必要な水分は約2.5リットルです。普通に生活をしていれば食事などから1リットルは水分を摂取できるので足りない分の1.5リットルを毎日飲むのが良いとされております。個体差もありますが、1日に飲んでいい水の限界量は3リットルと言われています。水も飲み過ぎると悪影響があるので注意が必要です。

一方体から出ていく水の量は尿が1.5リットル、汗と呼吸で0.9リットル糞便で0.1リットルです。人間の水分量は成人男性で約60%、女性は50%程度です。女性が男性に比べて水分量が少ないのは脂肪分が多いからです。

各組織での水分量の割合ですが、皮膚や筋肉は70~80%は水分です。脂肪組織も10~30%水分を含んでいます。筋肉と脂肪を比べた時に水分量にかなりの差がありますよね。脂肪の多い人より、筋肉の多い人の方が水分を多く含んだみずみずしい体なのです。

このように女性は男性よりも脂肪分が多い為に保有している水分量が男性と比べると少ないです。

また水分保有量は歳を取るごとに減っていき、赤ちゃんでは体重の80%が体液ですが、老人になるころには50%まで減ってしまいます。赤ちゃんはほとんど脂肪がないために水分量(体液)の割合が大きいですが、老人は細胞の活動やエネルギー生成の時に発生する水分量が、細胞の老化により減ることで水分量が少なくなります。歳をとるごとに減っていく水分量ですが、肌の老化は女性は25歳くらいから始まり、男性に比べて2倍以上の早さで進みます(恐ろしい情報です)。

ですので、女性は男性よりも水分補給をしかっかりやらなければなりません。水分補給やお肌のみずみずしさ維持、女性に多い冷え性などにVanaHは大きな効果を発揮します。いろいろな使い方ができるVanaHで女性の美しさや健康などを維持しましょう!

お茶やコーヒー、水割りなどをおいしくするVanaH



料理にVanaHを使うと凄く美味しく仕上がるというのは何度か書きました。VanaHは軟水であり、においやクセがないのが特徴です。

日本料理を作るときは特にVanaHのような軟水を使うのが必須です。ごはんを炊く時や野菜を煮るときに硬水を使った場合、硬水のミネラルは食物繊維と結合するためにぱさぱさになります。また和風だしをとる場合は硬水だと、硬水のミネラルが邪魔をして味を変えてしまいます。

ヨーロッパなどの硬水の国での日本料理の不味さはこれらが原因です。日本料理はVanaHのような日本の軟水を使うのが一番なんです(肉料理などは硬水を使うと柔らかく仕上がります)。

・VanaHでお茶を美味しく

お茶を作るときに水が味を決める大きな要素となります。水が変わればお茶の味も変わります。特に玉露や抹茶は水に敏感なので、水にクセがあると微妙な香りが消されてしまいます。

お茶の味や香りを引き出すにはクセのないVanaHのような軟水が良いとされています。硬水だと硬水のミネラルがお茶の渋味を作り出すタンニン、旨味成分のグルタミン酸、甘みのもととなるテアニンなどと反応し、味を変えてしまいます。水道水に含まれる塩素もお茶の成分と反応して味を悪くします。また、サビ臭のもととなる鉄分はお茶のタンニンと反応すると黒ずんだ色になります。

コーヒーもVanaHのような軟水を使うと美味しく作れます。コーヒー特有の苦味を硬水を使うと抽出しにくくなるのだといいます。逆に苦味を抑えたかったら硬水を使ってコーヒーを淹れるのが良いとされています。

・水割りをおいしく

水割りは酒を水で割った一番シンプルなカクテルです。香り豊かなウイスキーの香りや味を損なわないようにするには軟水であるVanaHを使うのが良いとされています。

VanaHで風を予防



風邪やインフルエンザの原因となるウイスルは湿度に弱いので、加湿器などで部屋の湿度を上げると同時に体内を水分で満たすことが予防となります。

子供は特にちゃんと水分補給をさせる必要があります。子供は大人以上に水分が常に必要であり、風邪が流行っている時には十分な水分を与えることを忘れてはいけないのだそうです。

子供の体が乾燥するとウイルスが繁殖しやすくなります。また就寝中は喉が乾いてウイルスにとって増殖のチャンスとなります。寝る前にもちゃんと水分の補給が大事です。

また効果的な水分補給の仕方も大事です。

プロスポーツ選手が持久力を高めるために導入している水の飲み方である「ウォーターローディング法」を行うのが良いです。「ウォーターローディング法」は体調調整法として多くの注目を浴びています。子どもにも有効です。

VanaHをこの方法で飲むのがおすすめです。「ウォーターローディング法」は、毎日1.5リットルの水を数回に分けて少しずつ飲んでいきます。内臓に負担をかけないように1回250ミリリットルぐらいがおすすめです。この飲み方をすることにより体内は常に水分で満たされます。水分で満たされた体は血管がやわらかくなり、血行が良くなり新陳代謝が促されます。

VanaHを十分に飲み、水分で十分に満たされた体は血管がやわらかくなり、血行が良くなり新陳代謝が促されます。代謝が上がり、体が温かくなると、体が元気になるだけでなく、ウイルスに感染しにくくなります。ウイルスは体温が低いとかかりやすく、体温が高いとかかりにくいからです(ウイルスに感染すると熱が出るのは体温が高い体内はウイルスにとって繁殖しにくい環境であるからです)。

VanaHを飲み、体を水分で満たし、風邪やインフルエンザなどにかかりにくい強い体にしとけば、風邪知らず、インフルエンザ知らずになれますよね!