ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Yunyの鉄は、熱いうちに鍛て。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

はてな義援金バナー

金のほし*2014のとし・08の29のひ

[]イントゥ・ザ・ストーム(Into the Storm)

本作に関してはネタバレも何も無いような。

ここ10年くらい……でしょうか。史上最大の災害、というものが日本各地で起こるようになって来たのは。

アメリカでも同じなのでしょうか?

本作は、史上最大の竜巻を描いたパニック映画


最近現実竜巻、大雨などの災害が多いので、いったいどういう状態なのか……映画という形であり、現実とは異なるでしょうが、何らかの形で知るために観てきました。

映画館で観た方が良いです。こういう作品は。

竜巻のシーンでは、本当に自分も巻き込まれたような、強い風みたいな感じを体感してしまいました。

映画竜巻収束したとき、寒気が酷くて仕方が無かったです……。


作中、うろ覚えなのですが……「少し前までは一生に一度くらいしか無いような災害が、最近では1年に1回は起こっている……カトリーナのような」というようなセリフが印象的でした。

「観測史上最大の」とか「月間降水量を1日で凌駕した」とか。

本当にそういう事が多くて。


映画で、車も人も飛行機も巻き込まれてしまいましたが、たとえば竜巻ってどういうことなのか。

生き残るってどういうことなのか。

災害を知るきっかけに。映画館での鑑賞がおススメです。


……映画館の外に出たとき、思わず空を見上げて確認してしまいました。

竜巻が起こってはいないかと。

水のほし*2014のとし・08の27のひ

[]宇宙兄弟#0

宇宙を目指す漫画アニメ、というと、自分の中では『ふたつのスピカ』が印象的。

本作は予備知識ゼロで観てきました。

タイトルだけ聞いたことがある、的な。

小さい頃の夢をそのまま大人になっても抱き続ける事が出来るヒトは、それだけですごい人だと思う。

ちなみに、私自身は科学者になりたかったなあと思っていましたね。小学校6年くらいの頃。

兄弟同じ夢、宇宙に行く事。

先にかなえたのは弟。

しかし、先にかなえる事ばかりが正しいわけではなく……後から追う者には、後から追う者の意義がある。

劇中に出てくる夢のクルマ……兄が構想した。

運転席のレイアウトも、ボタン制御できる機構も。

そういう発想を宇宙に持って行くこと。

この映画の先の話をまだ読んでいないのですが、こうした発想力が無駄になる訳が無いと思うのです。

最近宇宙モノのCMで、栗羊羹をどうしても宇宙で食べたくて……っていうのがあったんですが。

そんなコトも、技術進歩へのキッカケになる……のかも。

何が幸いするか、分からない。だから人生面白い

水のほし*2014のとし・08の20のひ

[][]パガニーニ〜愛と狂気ヴァイオリニスト

稀代のヴァイオリニストパガニーニの伝記映画

この種の音楽伝記映画を観ると、ついつい『アマデウス』と比較してしまう……。

パガニーニってあんな無茶苦茶な人だったんですかねえ……。

イタリアブレイクした過程に、もう少し説得力が欲しかった気がします。

ロンドン雰囲気などはリアリティがすごかったですし、音楽の迫力は素晴らしかったですね。

BGMシューベルト魔王がよく使われていましたが、あのサウンドは聴いているだけで面白かったので……サントラ買うか考え中。

[]クィーン・オブ・ベルサイユ大富豪の華麗なる転落

個人邸宅としては米国国内最大の、ベルサイユ宮殿を模した大邸宅建設していたある富豪が、リーマンショックにより転落して行くというドキュメンタリー映画

本来はすごい豪邸が出来るところの記録映画のようなものを考えていたそうですが、予期せぬ出来事でこんなことに。リーマンショックってこんなに影響が大きかったのか……と改めて思いつつ。

アクション映画などとは違って、淡々と進んで行くので……どうしても少し眠気が……。なので、途中、自分のなかで抜けてしまったシーンがあるのですが(残念。まあ昨日眠れなかったし)。観る前にコーヒーでも飲んでおけば良かったかも。

一番強く思った事は、人って危機になってもなかなか変われないものだなあ……と。それからお金を支配していたはずの大富豪……経済的大成功者が、お金に使われていくようになる過程が……痛々しいというか。

以下はネタバレ注意!!

続きを読む

土のほし*2014のとし・08の16のひ

[]思い出のマーニー

ジブリ映画をシアターで観るのは久しぶりでした。

不思議少女マーニーとの友情……親友が何よりも大事だった頃を思い出さされました。

さすがはジブリで、背景グラフィックの綺麗さは映画館だからより良く分かりましたし。

本当に、思春期の頃って、人とのやりとりのちょっとした事が大問題なんですよね。

大人から見たら些細な事かもしれないけれど、大問題と感じられるその繊細さは貴重で。

大人は、あれくらいの年頃の頃の気持ちそのものを忘れてもいいけれど、そういう世代なんだっていう理解は失ってはいけない気がします。

佐世保事件(詳細は略しますが……)も、難しい年頃の、本人にしか分からない動機とかかもしれないなあと……。あの事件被害者加害者も気の毒でしかたがなくて。ちょっとした巡り合わせの違いとか、理解者とか、そういうことで防げたかもしれないのに……。大人からは100%動機理解できないかもしれないな、と思うので……。

マーニーの正体については置いておきますが、結果的親友がちゃんと出来たのが本当に良かった。

友って、得がたい宝なんですよね……しみじみ。

金のほし*2014のとし・08の15のひ

[]ドラえもん(3D)

立体CGドラえもんはどんな感じか? ということで3Dで観てきました。

結論から言えば、3Dに酔わない人なら3Dバージョンがおススメ。

野球のシーンでのボールの飛び出し感、タケコプターシーンの迫力が全然違うはず。

細かい所までしっかり作り込んでありましたし、CGでも演技に説得力がありましたし、頭身低めのデザインも慣れればアリという感じでしたが。

ちょっとこれはないんじゃないか? というシナリオへの突っ込みを3点書きます。

ネタバレ注意!!

続きを読む