Hatena::ブログ(Diary)

シェアタイム

2017-01-19

怖じ気ずに挑む

プロフェッショナル 仕事の流儀 壁を打ち破る34の生き方 (NHK出版新書 466)

カツオ漁師の明神学武さん。
漁労長になってから3年間は、釣果が出せず、漁師たちが他の船に移ってしまうということもありましたが、研究を重ねて、最近10年では4回も水揚げ日本一を記録されたそうです。

P226
 一回の漁にかかる費用は、燃料代や餌のイワシ代や食料代など、およそ三〇〇万円。たとえ一回の失敗でも、年間の収支、つまり船員とその家族の生活をも揺るがすことにつながりかねない。他船と異なる漁場を狙うときに、一人負けの恐怖が明神さんの頭をよぎる。
 そんなプレッシャーで押しつぶされそうなとき、明神さんがいつも心で唱える言葉がある。
 怖がるな、ドキドキしていけ
「怖がっていると、ネガティブになって思考停止やろ。"きっと釣れる"ってドキドキしていった方が、いざというときに臨機応変に反応していける気がするよね。楽しんでるときの方が、柔軟でいられるって感覚。なんとなくわかるやろ?」
 重圧にひるむな、楽しんで挑め。
 ・・・
「ドキドキしていられることで、その仕事をずっと好きでいられる。好きでいればそれだけのめり込めるやろ」

全然違う分野、産科医の川鰭市郎さんのページにも、同じような内容の言葉がありました。
P236
 最先端胎児診断の道を切り開いてきたパイオニアイラン・ティモール医師が語った産科医があるべき姿に、川鰭さんはハッとなった。
“Who wonder what happen.”(何が起きても、ワクワクしながら進め)
 ティモール医師はこう言った後、「怖じ気づいて踏み出せない人ではなく、リスクを顧みず闇雲に動き回る人でもなく、勇気と冷静さをあわせ持つ探検者であれ」と語った。

2017-01-18

イメージトレーニング

プロフェッショナル 仕事の流儀 壁を打ち破る34の生き方 (NHK出版新書 466)

小児外科医の山高篤行さんのイメージトレーニングの話は印象的でした。
P212
「手術が始まる前に、手術は終わっちゃっているんですよ」
 山高さんは、大きな手術の前日、一人教授室にこもる。白い紙とペンを取り出し、黙々と一人考えていく。手術の始めから終わりまでメスを入れる順番を書き出し、イメージトレーニングを行なう。この場合だったらこの角度でメスを入れる……、あの場合ならこういうリスクがあるからこう処置を進めていく……と、手術に潜むリスクをすべて洗い出し、手順をイメージしていく。複数の疾患を同時に抱えることが多い子どもの手術は、大人とは異なり、一つとして同じではない。山高さんは、あらゆる可能性を想定しなければ良い手術はできないと考え、ここまで徹底的に準備をするのだ。
 その準備は、ときに深夜にまで及び、自宅に帰ってからも続く。浴室にも防水の紙とペンを用意してある。シャワー中にふっと思いついた注意点をすぐ書き留めるためだ。車内やベッドにもペンと紙は置いてある。メモしたことを寝る前に確認、そして玄関にもそのメモを置き、朝自宅を出る前にも確認する。そして、最後に手術室でも見返す。手術直前まで、何度も何度も手順が体にしみこむまで準備を繰り返していくのだ。
「手術が成功するかどうかの要因は、九〇%が準備なんですよね。残りは気合(笑)。変な話、手術が始まる前に手術は終わっちゃっているんです」
 ・・・
「気が小さいっていうか、おびえているっていうか。だから大きい手術、難しい手術があると怖いんです。だけど怖いから、一生懸命勉強する。すると、最初は小さな穴しか見えなかったのが、だんだん広がっていって、光が見えるようになるんですよ」
 

2017-01-17

プロフェッショナル仕事の流儀

プロフェッショナル 仕事の流儀 壁を打ち破る34の生き方 (NHK出版新書 466)

好きでよく観ている「プロフェッショナル仕事の流儀」の本を読みました。
また印象に残ったところを書きとめておきます。

ヴァイオリニスト五嶋みどりさん
P136
「音というのは、とても素直に弾いている人の心境や経験などが反映されていると思うんですけれども、音そのものがなにか自分自身だと私は感じます。だからこそ、私はやはり素直に演奏をしていきたい。素直であり続ける努力を続けていきたいと思います。人間っていうのはね、欲が多いと思うので、その欲というものをなるべく自分で見つめ直し、できるだけ自分から離していく努力をしたいんです」

水泳の北島康介さん
P171
「これが完璧な泳ぎだというのは決めつけていないというか、そのときの状態、自分の体型、モチベーションに合った泳ぎってきっとあるはずだと思う。それを探していくうちに、ほんとうに毎日変化があるし、だからこそ、どんどん進化していっているし、記録も伸びていっているし。常に自分に新しい進化みたいなのを求めてやっている」

2017-01-16

メモいくつか

あ、バシャールだ!  地球をあそぶ。地球であそぶ。

へぇ〜と思った、箇条書き的にメモしておきたいところがいくつかありました。

P56
バシャール 皆さんの星でハワイと呼ばれている地域が日本とアメリカの真ん中にあるのは偶然ではありません。ハワイは、地球のハートエネルギーが集まっているところで、バランスが生じることのできるエネルギーの場所です。

P204
バシャール ・・・喉の後ろのゼロポイントシステムを私たちはチャネリングチャクラと呼んでいます。チャネリング状態になっているときに、ここのチャクラが活性化しています。

USP へぇ、そうなんだ!肩甲骨肩甲骨の間というのは、どういう役割があるのか教えていただけますか?

バシャール ガイダンスチャクラと私たちは呼んでいます。
 例をあげて説明しましょう。
 誰かがあなたを導いているとき、通常、その相手はあなたの肩甲骨の間に手を置いてガイドしてくれています。
 スピリットガイドがあなたを導くために触る場所です。
 背中を触ってもらっているということは、あなたは導かれている、サポートされていることを象徴しています。
 いい換えると、非常に優しく進むべき方向に押されているのです。

P249
バシャール ・・・過去世や未来世などは、存在しないことは理解していますか?すべてのものは同時に存在していることを理解していますか?ですから皆さんが過去世とか未来世とか呼んでいるものは、現在の人生と似ているどんな人生とのコネクションをつけようとしているのか、ということです。わかりますか?・・・
 ・・・皆さんは、今の人生で探求しているテーマに役立つような情報やエネルギーを提供してくれるような別の人生につながっています。
 ただ、覚えておいてください。これは固定したものではなくて、流動的なものなのです。皆さんが新しい人になったら、別の人生の、別の人とつながるようになります。あなたの過去世は、いつも同じではありません。
 皆さんの星では多くの人が、過去世は固定して変わらないものだと誤解しています。過去世は常に変わります。

2017-01-15

ポータルが開く時間

あ、バシャールだ!  地球をあそぶ。地球であそぶ。

いつも寝ている時間ですが(^_^;)午前2時〜午前4時がつながりやすいそうです。

P219
USP バシャールが午前2時から午前4時は本来もっとも人間のエネルギーや意識が高くなるということをいっていますね反対に昼の2時から4時がエネルギーラインが落ちるときだとか。それは、全員が寝てるタイミングだから、地球人の意識が高くなるのでしょうか?どういう意味でこうなるのか知りたいです。

バシャール それが地球エネルギーリズムの自然なサイクルなのです。午前2時から午前4時の間は、いろんな次元に対してエネルギーが開きます。いい換えると、ポータルが開くのです。そして午前2時から午前4時は、開いているピークであって、この時間帯は別次元からの情報やエネルギーを受け取りやすいのです。

USP 日本の午前2時から午前4時と、ブラジルの午前2時から午前4時では違いますが、それはどこの国でも午前2時から午前4時がよいのですか?

バシャール 自分がいるところの午前2時から午前4時です。エネルギーが開く時間帯は、地球に沿って移動しています。午前2時・午後2時という上下の動きだけでなく、回転する動きもあります。・・・
 ・・・この時間帯はいろんな次元に対してポータルが開いていますから、この時間帯に寝ていれば肉体を抜き出て別次元に行き、肉体のチャージをして帰ってくることが簡単にできます。このサイクルをどう活用しているのかによって、違ってきます。
 自分自身と調和してくると、それほど長い時間、眠る必要がなくなってきます。
 物質的現実の調和を、高次元的現実の周波数で調和できれば、あなたのマインドの中において、物質的現実と非物質的現実の差があまりなくなってきます。
 私の文明では、物質的現実と霊的現実が、ほとんど同じである進化段階にあります。ですから私たちは眠りません。それは、私たちが常に目覚めていると同時に、常に夢を見ているからです。

ページビュー
503861