Hatena::ブログ(Diary)

シェアタイム

2016-08-26

さかなクン

きのうオープンユアハートコースのことを書きましたが、アップした後見てみたらもうあと一枠しかなくて、あっという間に満席になってしまいました(^_^;)
もし記事を見て興味を持ってくださったのに、なんだもういっぱいなんだ〜…と思った方がいたら、アクアヴィジョンの事務局まで→hemi@aqu-aca.comメールくださいますか?
今まだ次の予定が決まってなくて、受けたい方が一定数いれば、年内に追加開催できると思います。どうぞよろしくおねがいします(^^)

さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~

ところでところで、さかなクン自叙伝さかなクンの一魚一会」を読みました。
好きなことへのまっしぐらっぷりが、眩しいほどでした。
バシャールが大切と言っている、自分らしく、素の自分でってこういうことなのだろうなと思います。
お母さんが、まったくその道をさえぎることがなかったというのも、すごいことだと驚きました。
たとえば…

P76
 家庭訪問では、母は毎年、その年の担任の先生におなじことを言われていたと言います。
「本当に絵がお上手ですね。彼の描く絵はすばらしい。ただ、授業中も魚の絵を描いてばかりで、授業にまったく集中していません。もう少し、学校の勉強もきちんとやるように家庭でもご指導していただけませんか。」
 すると母はいつもこう言っていたそうです。
「あの子は魚が好きで、絵を描くことが大好きなんです。だからそれでいいんです。」
「しかし、いまのままでは授業にまったくついていけていません。今後困るのはお子さんなんですよ。」
「成績が優秀な子がいればそうでない子もいて、だからいいんじゃないですか。みんながみんないっしょだったら先生、ロボットになっちゃいますよ。」
 困ったのは先生のほう。まさかそんな返事が返ってくるとは思っていなかったでしょう。こんな提案もしてくれました。
「では、絵の才能を伸ばすために、絵の先生をつけて勉強をさせてあげたらいかがですか。」
「そうすると、絵の先生とおなじ絵になってしまいますでしょ。あの子には、自分の好きなように描いてもらいたいんです。今だって、誰にも習わずに自分であれだけのものを描いています。それでいいんです。」
 母の態度は一貫していました。先生に語ったこの言葉どおり、「勉強をしなさい。」とか「お魚のことは、これぐらいにしときなさい。」などと言ったことは、いっさいありませんでした。そのかわり、
「お魚が大好きなんだから、好きなだけ絵を描くといいよ。」
 そう言って、いつも背中を押してくれたのでした。

P113
 小学校を卒業するころになると、我が家の水槽の数は大小含めて10本ほどに増え、合わせて50種くらいのお魚を飼っていました。
 水槽は、それ自体が重たいうえに大量の水を入れます。だから、とてつもない重量になってしまいます。その多くの水槽を、リビングの横の畳の部屋に置いていました。そのせいか畳は沈み、水換えの際にこぼれた水の影響で、どんどん黒ずみ腐っていきました。畳が沈み腐っていくなんて、ある意味、家の緊急事態。それでも母は、
水槽って、畳に置いちゃダメだったのね。」
と、ケロッと言うだけでした。むしろ誕生日には、さらに新しい水槽を買ってくれたほどでした。おかげで心おきなく、いつでも好きなときにお魚を観察することができたのでした。
「お魚が好きならとことんやりなさい。」
という母の姿勢は、畳が腐ろうとも、いつもどんなときでも変わりませんでした。その姿勢に、いつもいつも助けられていました。だって一度たりとも、お魚を見たい、飼いたい、描きたいといった自分の中からわき出てくる思いを、ガマンした記憶がないのですから。 

2016-08-25

オープンユアハートの効能?!

f:id:ayadora:20160708062526j:image:medium:left
オープンユアハートコースhttp://www.aqu-aca.com/seminar/openyourheart/を9月4日に初開催するにあたり、8月20日にリハーサルをしました。
坂本さんやトレーナーのみーさん、事務局の方々に協力してもらって…坂本さんも手ごたえのある体験をしてくれてましたし(ということは、ベテランの方にも満足していただけるかと)、みーさんはいつものように宇宙まで楽しく探索してくれちゃってましたし(音源にコスミックコンシャスネスを使ってるので自在に深く入れます)、事務局の方々からも「いつも寝ちゃうことが多いのに、こんなイメージが見えた」など聞き、よかったこれで一安心、と思いました。

…で、週明けの月曜日、事務局に出勤すると、Kさんが「もしかしてこれ、あのコースの影響かも?!」という話をしてくれました。
もともとオープンハートで愛にあふれているKさんですが、なんでもあのリハーサル前後から、いろんなことに愛を感じて涙が出るようになったとか。もともと涙もろいけどこれはちょっといつもと違う、なんでこんなに心が震えるんだろう、とびっくりされてました。
それを聞いて、え、じゃあ私のここ数日の変化ももしかして?と思い当り…
というのは、ちょうどKさんの変化が始まったのと同じ日から、お酒を飲みたい欲求がどこかへ行方不明に…?
私を知らない方にはよくわからない話で申し訳ありませんが、もともと私、お酒が大好きで、食欲がなくてもビールなら飲めるというタイプ(笑)
病気か二日酔い以外で、飲みたくならないなんてことが今まであっただろうか…私どうしちゃったんだろう…
お酒を飲みたいという気持ちが行方不明なだけで、体調はふつうに元気です。
はて…と考え、そういえば!と思い出したのが、2008年に初めてモンロー研究所でゲートウェイヴォエッジに参加した時のこと。
帰りの飛行機でいつもの習慣で白ワインを頼んだものの、全然飲む気になれなかったという体験がありました。
もしやあのような変化が何か…?いやしかしあれは1週間ヘミシンク漬けになった後であって、今回はたった1日…でも制作過程からどっぷり関わってた訳だから…?
それに加えて、昨日は整体に行ったのですが、もう4,5年定期的にみてもらっている整体師さんに「別人みたい」(いい意味で)と言われました。なんかすごい…

真偽のほどはわかりませんが、何かこの新コース、予測がつかない効果がありそうです(笑)
そしてもうひとつ、新バシャールコースの最中に、そうだったんだ!とびっくりしたことが…

バシャールコースでは、ダリル・アンカがバシャールチャネリングしている動画をいくつか観るのですが、その中に先日の記事にも書いた、2016年の秋の変化にまつわるものがありました。その中でバシャールは、2016年秋の変化を迎えるにあたって「自分自身でいること、素の自分でいること」が何より大事、と強調していました。
それを観て坂本さんに
「オープンユアハートコースのコンセプトそのままですね、バシャールも手伝ってくれてたのかな」
と言うと
「いや、逆にあやさんがバシャールの手伝いをしたんじゃないの」
と言われました。
そっか〜、そりゃそうだ、とちょっと恥ずかしくなり…(・・;)

ついうっかりして、自分がこういうコース作りたいと思いついた気がしていましたが、そう思った時点から、あちらのお手伝いをしてたんですね(^^ゞ
バシャールがいつも、co-creation、共同創造と言ってますが、まさにそれを実感しました。

という訳で、ディレクターバシャール?の新コース、ますますおススメです(^^)
お申し込みはこちらからどうぞ☆→http://www.aqu-aca.com/seminar/openyourheart/

2016-08-24

新バシャールコース

先日の新バシャールコースhttp://www.aqu-aca.com/seminar/newbashar/で、バシャールに聞いたことをメモしておきます(^^)
口調はもうちょっとソフトだった気もしますが、メモするときに要点だけ書きとめたので、こんな感じになりました。
f:id:ayadora:20151112123001j:image:medium:left
私 この先、大事なことを教えてください。

バシャール 純粋に自分自身の波動であること。ラジオの音がよく聴こえる状態のような。雑音が混じらないように。そうずればエネルギーが永久に循環する。ただ循環のいい状態を保ち続ければ、それが何より。そのことだけに専念?精進?(それっぽいことを言われたもののぴったりの言葉が見つからず)すればいい。

私 さっきYouTubeで観た「不自由自由に」ということとつながりますか?(この世で私たちは「不自由さを自由に変えること」を宇宙に示している、と言っていた)

バシャール 循環のいい状態を保つには労力がかかる。何もしなければ、すぐにほこりがつもり、ガラスがくもる。この世を生きることは浄化を続けること。

私 ということは、私が羽田空港のお掃除のプロの方を見て(NHKプロフェッショナルに出演されてました)感動したように、そちらからは私たちがそう見えるんですか?

バシャール そう見えるというか、応援する気持ち、尊敬する気持ち、感動は似ている。すべてが意識であることからすると、さっき言った意味での「浄化」とはすべてを許すことに近い。エネルギーがめぐる障害とならなければ、そのままありのままでいいのだから。障害となるなら浄化する必要がある。きれいとか正しいとかそういう評価とは全く関係はない。

私 ありがとうございました。

(全部テレパシー的に、だいたいこんなこと?という感じで伝わってくるので、言葉に変換した時点で私のフィルターがかかってしまっていますが、おおまかにはこんな感じでした。)

2016-08-23

もうちょっとつづきです

その名は、バシャール

メモのつづきです。

P213
BASHAR 「想像」とは、ハイヤーマインドと肉体のマインドの間のコミュニケーションをとる管のことです。「想像」という行為そのものを見たときに、それは、肉体のマインド(三次元)とハイヤーマインド(高次元)をつなぐものですから、当然少し次元が開くような性質があります。

P255
BAHSAR 今同じ波長にいるので、同じ思考を同時に持てるのです。これがテレパシーです。

みつろう なるほど。テレパシーって、手段じゃなくて"状態"なんだね。
     「言いたいことを相手に伝える」手段じゃなくて、「同時に同じことを考えてしまう」状態のこと。

P293
BASHAR 一人ひとりは、「大いなるすべて」が表現されたものですから、その表現を許すことは、その人の本質にゆだねていることと同じです。だから自分の本質にゆだねると悟りが起きるのです。
    また、悟りとは、「あるがままに見る」ということもできます。幻を見るのではなく、物事をありのままに見る。それが悟りです。存在の本質を見るのです。

みつろう 悟りを許すことができるって言ってたけど、バシャールからのアドバイスはある?

BASHAR すでに何度もお伝えしたように、自分が最も情熱を感じることを、能力の限りに行い、特定の結果に固執しないことです。
    すると、自然と存在の本質が見えるようになり、悟りに近づけるでしょう。
    なぜならば、最も情熱のあることをしているときは、自分の本質に正直になっているからです。
    自分の本質に正直でいるときは、創造との調和がとれています。
    創造と調和されている状態において悟りとは、物事の見え方であるといえます。そのときは、物事をより明確に見ることができるようになるでしょう。

2016-08-22

つづきです

その名は、バシャール

昨日は新バシャールコースhttp://www.aqu-aca.com/seminar/newbashar/でした(^^)
きっと参加された方は、受け取ったエネルギーを今も消化中かな、と思います。
エネルギーがどーっと流れ込んだ印象でした。
私も少し、バシャール交信したので、また後日書きとめておきます。

ところでこの本、メモしておきたいところがけっこういっぱい…つづきです。

P140
BASHAR ・・・基本的には、すべては自分の意識の中で起きていることの反映にすぎません。「あなた」の外側の世界なんてないのです。・・・
    ・・・皆さんが太陽系として認識している意識にとっても、完璧な関係、比率や割合で配置されています。すべては完璧にバランスされているのです。

みつろう 奇跡としか言えないよね、このバランス。こんな完璧な宇宙を創ったのは誰なんだろうね。

BASHAR 「あなた」です。

P146
BASHAR DNAの調整が目的なら、私たちがガンマ周波数と呼んでいる1秒40〜100サイクル、すなわち40〜100Hzくらいの周波数の方がいいでしょう。・・・

みつろう ・・・実際そういうDNAを修復する特定の周波数なんてあるの?

BASHAR その周波数はそれぞれの人によって異なります。  
    その人の目的や、どんな信念体系をもっているのか、住んでいる土地について何を信じているかや、本人のエネルギーレベルも関係します。
    もし、(地球と)調和したいという目的であれば、40〜100Hzの周波帯の中から適切なレベルを選ぶと恩恵を被るでしょう。ただし、基本的にひとつの周波数が多くの人に合うということはあっても、万人にあてはまるということはありません。

ページビュー
463944