Hatena::ブログ(Diary)

ザッソーの中にザッシュ

2018-08-20

2018-08-19

快適オブ快適、晴れ

13:31

朝起きたとき、着ていたTシャツがパリッとしたまま。


たぬきやで呑み。

自転車で向かう。二子玉川の橋の途中で、バーベキュー帰りらしき人々が大量に往来している中、欄干にもたれて意識を失っている男性がいた。

一度通り過ぎて信号のところで止まって振り返ると、ぜんぜん身動きをしていない。やばいんじゃないだろうか。戻って介抱することにした。

先日の講習会で習ったように声をかけて、呼吸をしているか胸の動きを観察する。どうも動いているように見えないので脈を確認しようと首筋に触ったら反応した。だいぶ冷たかった。声をかけて、救急車呼ぶかどうか尋ねるとうなずくので電話かけるが、自分も自分で焦っていたから110番にかけてしまってあわあわした。そのまま状況を伝えている間に、さっき私と同じように気にかけた風に振り返っていた女の子が水を買ってきてくれた。更に警察官がやってきた。男性はだんだん意識が戻ってきて目を開けて、警察官に支えられて立ち上がった。女の子は急ぐのでと言って去っていった。こういうとき私はなんと彼女に言ったものかわからないな。「ありがとう」じゃないしな。

数分後、もう少しはっきりしてきた男性と警察官が歩き去ったのを見送った。

東京側のバーベキュー場にいるという連れの人に電話をかけようとしたが、取り出した携帯はバキバキに割れていて電源は入らなかった。顔の正面のあちこちと脚の側面に白く土ぼこりが付いていて、相当勢いよくしかも正面に向かって転んだっぽい。出血は見当たらなくて、いったいどんなふうに転んだものやら。

もし息が止まってたら、ちゃんと次の行動ができたかどうかわからない。


気を取り直してたぬきやへ行き、よく呑みよくしゃべった。

みんないろいろ抱えているな。まったく抱えないひともいるけどな。

2018-08-18 寒いの気配、晴れ

| 09:19

出勤。

Mりんも。

2018-08-17 日向は暑いが日陰は涼しい、晴れ

| 09:20

朝、水やりに出て部屋の中より外が涼しいので驚く。秋が来るな。


アレサ・フランクリン逝去。

なんだか当たり前にすごい存在過ぎて、コンサートに行こうと思えば行けた(チケットを買えたかどうかはともかく)ことにまったく思い至らなかった。行きたかった。あの声を生で聴きたかった。今になって。

2018-08-16 風強く気持ちいいが暑い、晴れ

| 09:34

雲が秋仕様。


花椿の「ダルちゃん」。少し自分を投影してハラハラ読んでいる。でもフィクションとして見ているし、最後はダルちゃんが救われて終わるだろうと思っているから暗澹とはしない。

しかし読んだ後にさまざまな人の感想をTwitterで読むと結構ダメージを食らう。特に切り捨ててしまっている人の意見。

私もダルちゃんと同じように救いようがないんだなとなってしまう。

特に今日は、この主人公は全然他人に興味がない、自分のことしか考えていない、と長々と語っている人のを全部読んでしまって、相当に食らう。

他人にどうしてもちゃんと興味が持てなくて、自分のことばかり考えていて、だから自分はどこまでも独りなんだな。

人間としてダメという評価、そういう呪いに積極的にかかりにいく節がある。

私がダメなのは私がいちばんよく分かってるので、指摘されるまでもないので、勘弁してくれませんかね、という卑屈な部分。なかなかなおらない。

なおらないならなおらないで、その部分を抱えながらうまいこと生きていけるようにしたい。


朝永振一郎の、50代ぐらいで若いころを思い出して書いた文章を昼に読む。当時の挫折感も劣等感もさらけ出していて、なんだか救われる。

そして風景の描写がとてもうつくしい。

松家仁之の「火山のふもとで」は少しはこの人がモデルになっていたりしないだろうか。



プール行こうと会社を出て、スマホを見たらKちゃんからLINEが来ていた。

千葉へ。

KちゃんとN先生とTさん。神楽を見てきたとのこと。

仙台に一緒に行った大将のお店でたいへん楽しく過ごす。

日中の闇はなんだったのか。

照ったり曇ったりだな。