Hatena::ブログ(Diary)

手作りボードゲームチーム たなごころブログ

2016-06-26

第6回ボードゲームフリーマーケット in 住之江に出展しました。

昨日は大阪住之江区民ホールで開催されました、
ボードゲームフリーマーケット in 住之江に出展してきました。
住之江区民ホールは住之江区役所内にあるホールです。

f:id:bg_tanagokoro:20160626234027j:image

今回もこれまでのように新しく作っているゲームの試遊や
体験イベントなどをやりたい気持ちはありましたが、
あいにくメンバーの家庭の事情で時間があまり取れなかったこともあり
過去作の再販のみで挑ませていただきました。
また当日も1名での参加となりました。

f:id:bg_tanagokoro:20160626234028j:image

どれも数がそれほど用意できなかったのもありますが、
委託を受けていたボドゲ棚の本も含めて完売となりました。
お買い上げいただきました皆さま、ありがとうございました。

f:id:bg_tanagokoro:20160626234029j:image

当日は搬入の時点では少し雨がパラついていましたが、
傘をささなくてもなんとか大丈夫な程度だったので、
当日持ち込みのある身としては助かりました。

開場前のホール下では、今年もいつもの方が
待機列の整理をして下さっていました。
毎年ありがとうございます。
開場前のアナウンスによると400名並んでいたようです。

f:id:bg_tanagokoro:20160626234030j:image

会場は今回から新しい場所に移りました。
これまでの会場は体育館のようなところで土足厳禁の床売りがメインでしたが、
今回の場所は机と椅子ありの構成でこれまでとは違った雰囲気になりました。

f:id:bg_tanagokoro:20160626234031j:image

来場者については、たくさんの人がいるという印象でしたが、
息苦しさを感じるほどではなくちょうどよい込み具合だったと思います。
たなごころのブースからは一番離れた所でわからなかったのですが
DDTさんのブース辺りは賑わっていたようです。

f:id:bg_tanagokoro:20160626234032j:image

開場直後は左隣の神戸ボードゲームショップトリックプレイさんの
ブースに人が集まり、それをのんびり眺める余裕もありました。
トリックプレイさんは独自仕入れの新作「Above and Below」を
たくさん持ち込まれていて、他にも新品、中古と盛りだくさんでした。
(横目で見ていた気になるゲームも見知った方に買って行かれてました…
フリマは甘くない…)

途中から恒例のオークションイベントがホールの一角ではじまりました。
取り仕切るのは今回もおなじみTTBさんです。
周囲を取り囲むように人の壁ができ大いに盛り上がっていたようでした。
(今回は1人出展なので、チラ見だけして戻りました)

f:id:bg_tanagokoro:20160626234033j:image

オークションが終わると今度は反対側の角のエリアでクイズ大会が始まります。
主催のくまごろさんの用意された早押しシステムは本格的でした。
(開始前に試し押しもさせてもらいました)

f:id:bg_tanagokoro:20160626234034j:image

終了1時間前の17時あたりからはようやく落ち着いたようで
人もまばらな、まったりした感じになってきました。
出展側にはこういう時間帯はありがたいです。
この辺りからは他のブースさんを回らせてもらいました。

ゲームを買えてなかったので、
最後に名古屋から参加のボードゲームショップバネストさんのブースで
中野さんに薦められるままに「Leo」を買いました。
説明でも言われていたのですが、キッズゲームながら大人が遊んでも面白そうです。
あとは本を数冊と、イベントごとに直前のニュースをテーマに
ゲームを作ってこられるあの方のゲームを購入しました。
(今回のテーマはこのイベント前日のものでした。)

f:id:bg_tanagokoro:20160626235355j:image

また見知った方々にもブースに立ち寄って頂きました。
最近はあまり外にゲームを遊びにいけず、ご無沙汰している方もいましたので、
何とか機会を作って遊びにいけるようにしたいです。

18時を過ぎたら撤収の時間です。
開始時の会場設営はお手伝いできなかったので、
終わりは椅子・机の片付けを手伝わせて頂きました。
運営スタッフの方々、今回も本当ありがとうございました。

大阪でのボドゲフリマは活気があって、
それでいて混雑しすぎない、気張りすぎない、
ちょうどよい規模感で本当によいなあと思っています。
今後も続いて開催されるのを楽しみにしております。
主催のたなやんさん、今回もありがとうございました。
お疲れ様でした!

また来年も、関西のどこかで開催されるようですので、
まだ来られたことのない方も、次回はぜひ
いらっしゃってみてはいかがでしょうか。

f:id:bg_tanagokoro:20160626235356j:image

2016-06-24

第6回ボードゲームフリーマーケット in 住之江に出展します。

ボードゲームフリーマーケットは、その名の通りボードゲームに関するもの限定のフリーマーケットです。
中古のボードゲームや、私たちのような創作ボードゲーム、関連書籍やアクセサリー等と
様々なボードゲームの関連物が並ぶ蚤の市です。

私たちも第2回から出展していて、5回目の出展となりました。

今回は過去作、以下の3つを持ち込みます。
f:id:bg_tanagokoro:20150208004629j:image

「えんかい」             2,000円
たったひとつの合言葉だけでコミュニケーション。みんなで干支を正しい順に並べ直す協力ゲームです。
f:id:bg_tanagokoro:20150222191156j:image

「いろは」              1,500円
巻き物の上で文字の取り合いをしながら新しいいろは歌を作る、競争と共創のゲームです。
f:id:bg_tanagokoro:20150222191155j:image

「キノコハンターズ ハコイリ」    1,000円
曲がったカードの山でキノコ狩りをするバランスアクションゲームです。
f:id:bg_tanagokoro:20150222191154j:image

また今回も委託として同人フォトブック「突撃!隣のボドゲ棚」頒布予定です。
第1号 1,000円
第2号 1,000円
f:id:bg_tanagokoro:20160219210034j:image:w360


会場が落ち着いてきましたら、試遊も行いたいと思います。
イベントとしてお宝ゲームのオークションや、クイズ大会もあるようです。
よかったら遊びにいらして下さいね。


「第6回 ボードゲームフリーマーケット in 住之江」
http://www49.atwiki.jp/bgrecycler/pages/37.html

開催日 :2016年6月26(土) 14:00-18:00
会場  :住之江区民ホール(住之江区役所2階)
     〒559-8601 大阪市住之江区御崎3-1-17
最寄り駅:地下鉄四ツ橋線「住之江公園」、南海本線住吉大社」下車 徒歩10分
入場料 :無料

2016-06-19

Variety Kyotoのレンタルボックスに出品しました。

先月5月前半、京都に期間限定でオープンしたイベントスペースVariety Kyotoさんのレンタルボックスに、たなごころのゲームを置かせてもらいました。
f:id:bg_tanagokoro:20160619202108j:image

事前に納品したのは「いろは」「キノコハンターズ ハコイリ」というゲームを3つずつでしたが、ありがたいことにイベントに来られた方だけでなく、たなごころのゲームを求めて立ち寄って下さった方もおられたそうで、期間の3日目には一旦完売となったとの連絡を受けました。
急遽再版をして追加をさせてもらい、最終的に15日間で11個のゲームがもらわれていったとのことでした。

お買い上げ頂いた皆様、ありがとうございました。

また委託という形ではありましたが、Variety Kyotoさんの主催の方がイベントの前の時間などに、来られた方にゲームを紹介してくださるような機会もあったそうで本当にありがたかったです。
そして15日間お預かりいただきましたVariety Kyotoさん、大変お世話になりました!

Variety Kyotoさんは今後も不定期でイベントを行っていかれるそうです。


●おまけ
せっかくの機会なので、期間中Variety Kyotoさんで開催された「レイトショー寄席」を見てきました。
初めての寄席、初めて見る落語だったので、聞いて意味がわかるか、場違いなところで笑ってしまわないかなど不安があったのですが、落語についての様々なトークを交えつつの進行で初心者でも楽しめる寄席でした。

落語は実際に聞いてみると、古典はしみじみ面白く、今回の監修の月亭太遊さんの新作落語は初っ端から笑わずにはいられない迫力ですっかりはまってしまいました。
太遊さんの熊本弁ネオラクゴ「場末のバステト」は機会があればもう一度見たい作品となりました。
(写真はトークの様子)
f:id:bg_tanagokoro:20160619202109j:image

2016-05-01

Variety Kyotoのレンタルボックスに出品します。

5月1〜15日、京都三条京阪駅すぐ近くに小劇場Variety Kyotoが期間限定オープンします。
今回その入り口に置かれるレンタルボックスに、
たなごころのゲームを少し置かせてもらうことになりました。
f:id:bg_tanagokoro:20160501004612j:image

ご縁は昨年の8月に出展したカミックマーケット(カミケ)です。
Variety Kyotoはカミケの主催のお一人が、
京都の小劇場が次々にクローズしていくのがなんとも寂しく、
それなら「劇場をやってみよう!」と動き出した」
とのことで、今回は期間限定のオープンなんだそうです。

昨年のカミケの、ジャンルを問わない自由さやカオスさ、
そしてみんなが受け入れ合う懐の深さがとても面白く、
普段ボードゲームに馴染みのない方にもゲームを手にとってもらえる機会になればと思い、
参加することにしました。
f:id:bg_tanagokoro:20160501004609j:image

場所は三条京阪駅から徒歩2分、ビルの2階の小さな部屋。
レンタルボックスには、様々なジャンルのものが並ぶそうです。

期間中はほぼ毎日日替わりのイベントが開催されています。
寄席大喜利、トークショー、アコースティックカホンバンドのライブに、
映画を見ている人を見る会(?!)などなど、
ラインナップは突っ込みどころが多すぎるので
気になる方はVariety Kyotoのサイトへどうぞ。
f:id:bg_tanagokoro:20160501005908j:image

レンタルボックスを見るだけ、というのもOKだそうなので、
ゴールデンウィーク京都東山三条方面にお越しの方は、
ぜひのぞいてみてください。

「Variety Kyoto」  
HPhttp://varietykyoto.wix.com/mysite
Facebookhttps://www.facebook.com/Variety-Kyoto-1776695165894678/
開催日 :2016年5月1日(日)〜15日(日)
開催時間:イベント開催時間による、要確認
会場  :京都市左京区超勝寺門前町84−1 地上2階

2016-03-06

ゲームマーケット2016神戸に出展しました。

先月21日、神戸で行われたゲームマーケット2016神戸出展しました。
関西でのゲームマーケットも5回目。
神戸での開催は今回が初めてでした。
会場の神戸国際展示場の3号館は駅のすぐ側で、とてもアクセスしやすい場所でした。
f:id:bg_tanagokoro:20160305213736j:image

開場前の様子。会場西側。
f:id:bg_tanagokoro:20160306025743j:image

会場東側。
f:id:bg_tanagokoro:20160306025744j:image

たなごころの試遊卓は、会場中央の広い通路のすぐ横です。
昨年と比べ出展団体が増えたとのことで、開場前ですが場内は出展者ですでに人が多い印象でした。
会場の広さの割に天井が低かったので、入った瞬間は少し圧迫感を感じましたが、
通路が広くわかりやすいレイアウトでとても快適でした。

今回のたなごころは家庭の事情で準備に時間が思うように取れず、最低限の力での出展となりました。
本来であれば新作の量産、旧作も再版をしたい所でしたが、
やむを得ず、新作の試遊、展示のみに絞った形をとりました。

試遊卓では開場後30分程経った頃から試遊を始め、閉会まで途切れる事なく遊んで頂きました。
40~50分程度かかるゲームでしたが、多くの方に遊んで頂き、
待って頂いたり、しばらくしてまた来て頂いたりという方もいらっしゃいました。
f:id:bg_tanagokoro:20160306025742j:image

今回試遊卓では「たたらばと森」のコンセプトワークから関わってもらった、
山陰地方たたら製鉄などいろんな事に詳しい加藤さんにもついて頂いていました。
タイミングの良かった方は、試遊の横で加藤さんの熱いたたらばトークを聞いて頂けたかと思います。
遊んで頂いた皆様、話を聞いて下さった皆様、ありがとうございました。
また試遊をご希望頂きながら、タイミングが合わず試遊をして頂けなかった皆様、
申し訳ありませんでした。
f:id:bg_tanagokoro:20160305213738j:image

ブースの方でもこれまでになく、ゲームについての質問をたくさん受けました。
閉会までかなりの回数、ゲームについての説明をさせてもらいました。
(途中で喉がかれて咳き込んでしまい、ちゃんとお話ができないこともありました。
大変失礼しました。)

今回ブースではゲームの説明に加え、量産方法や価格、木駒の着色方法など、
今後「たたらばと森」を作るにあたって課題と考えている事もお話しさせてもらい、
来て頂いた方にご意見をうかがう場とさせてもらいました。
ゲームを作る方、遊ぶ方、知り合いの方、初めてお会いした方、
いろいろな方から様々なご意見を頂きました。
今後また量産を考える上での、参考にさせて頂きたいと思います。
ブースにお立ち寄り頂きました皆様、ありがとうございました。

またブースではいろいろな方から、差し入れやお土産を頂戴しました。
咳き込むブース担当を見かねて甘い飲み物を買ってきて下さった神様もおられました。
(おかげでなんとか乗り切りました。)
この場を借りまして、お気遣い頂きました皆様、ありがとうございました。

そして閉会のアナウンスまで最後の試遊が続いたため、慌てて片付けている所を、
見かけた数名の知り合いの方が手伝って下さいました。
その節はありがとうございました。とても助かりました。
f:id:bg_tanagokoro:20160305213737j:image

今回、ゲームの販売は一切行わないという、たなごころのゲームマーケット出展としては
初めての形でしたが、ありがたい事に試遊卓、ブースとも多くの方にお立ち寄り頂き、
得るものは多かったと感じています。

他の出展者の方のゲームも今回は事前調べができず、たまたまブースを見かけたり、
ご近所だったりと、出会いがあったものだけ購入する事ができました。
お隣のイエティワールドさんの「テリトリー」、DucQrewsさんの「ファンタジー武器屋横町」は
ブースが落ち着かれたら買わせてもらいたいと思っていたのですが、
どちらも完売されてGetならずでした。

開催中はほとんど他のブースを回れず、多くのお会いしたかった方に会えなかった事が心残りです。
ご挨拶にうかがえなかったお知り合いの皆様、失礼いたしました。

ブースの中から見ていても昨年と比べて女性の方が増えたなぁ、というのが印象的でした。
出展の2012年、男性率の高さに驚いた頃から比べると雰囲気は大きく変わりました。
あと小さな子連れの方、ベビーカーも何台か見かけました。
通路が広かったこともあり、ベビーカーの方もブースの前まで来て
ゲームの話を聞いてくださったのはうれしかったです。
来場者も今年は3700人と年々増加しているとのことで、
層が厚くなっているのを肌で感じました。

次は大阪でのボドゲフリマでしょうか。
「たたらばと森」も温めつつ、また新しいゲームも考えていきたいと思います。