Hatena::ブログ(Diary)

虹たまり

2017-07-11

Organic vegan sweetsさんの焼き菓子と

[][][]Organic vegan sweetsさんの焼き菓子と櫻井焙茶研究所さんのお茶

Organic vegan sweetsさんのショコラクッキーとローズクッキー

櫻井焙茶研究所さんの茶葉で淹れたお茶と一緒に頂きます。

先日の百草さんの茶事で櫻井さんに頂いたブレンドの茶葉。

勿体なくて記念に取っておこうとも思ったのですが。。

やはり新鮮なうちに頂くのがベストかと思ったので、淹れちゃいました。

あづささんのショコラクッキーは一粒ひとつぶが濃厚でとっても美味しい♪

子どもたちと一緒に「美味しいね」と言い合いながら、味わって頂きました。

ローズクッキーも薫りがよく、サクッと軽い口当たりで美味でした。

もちろん、茶葉は飲みやすく美味しかったです。

何とも贅沢なおウチお茶時間となりました(^^)

ご馳走様でした。

2017-07-10

KiKusaさんのWSでつくった花環

[][][]リースその後

先日KiKusaさんのWSでつくった花環ですが。。

シュガーにイタズラされないように手の届かない棚にしばらく隠していたら、

湿気で傷んでしまい(><)大ショック&慌てて風通しの良い場所に移してしばらく乾かしていました。

そして。。ちょっと古色になってしまいましたが何とかドライになり飾っています。

その反省から、以前から気になっていたSOSOさんのくるくるハンガー(フラワーフック)を迎えることにしました。

KiKusaさんも「キレイにドライにするためには、宙に吊って乾かすのがオススメ」と言われていたので。。

部屋のどこに設置するか色々悩んでココに落ち着きました。

これからはドライをキレイにつくって残せます様に。

シュガーに触られません様に。。

f:id:biroe:20170714042913j:image

2017-07-09

sosoさん

[][][][]hacu+que展

hacuさん主催でRE-TAiL(リテイル)さんで始まった「hacu+que」展にお邪魔しました。

queさんの靴は自分も気になっていて葉書きは出したのですが、

ずいぶんとのんびり投函したので選外(予想通り)になり、フリーの時間帯で拝見しに行きました。

伺った当日は天気は良かったのですが湿気が高く、

会場はイベントに来られた沢山のお客様たちの熱気に包まれていました。

でも、hacuさんはじめsosoさんamunuuさんたちや関係者の皆様が率先して動き、

心遣いをされていたこともあり、暑い中でも混乱せずお買い物を楽しまれている姿がたくさんありました。

私も久しぶりに皆さんのお顔が見たかったので、同じ空間で3店舗+queさんの靴の出張販売をしてくださって嬉しかったです。

何より実際に皆さんにお声をかけることができて楽しかったです。

また同時期に早織さんのオープンアトリエや山中とみこさんのイベントもあって、オシャレなお客様がたくさん!でした。

リテイルさんの古い佇まいのビルはもうそれだけで雰囲気が素敵でうっとりでした。

思いがけず、nanakoさんやnanoさん!roughさんやコヅツミさんにもお会い出来てビックリ&嬉しかったです。

queさんの靴はまたご縁があれば。。

関係者の皆様スタッフの皆様、素敵なイベントをありがとうございました。

2017-07-08

日本茶の新しい展開

[][][][]お茶の時間展

百草さんではじまっていた「お茶の時間」展にお邪魔しました。

会場には、お茶の時間に用いる道具や日常づかいの茶に関するものがずらりと並んでいました。

美しく小さな道具たちの中に豊かで大きな茶の世界を垣間見た気がしました。

そして今回、櫻井焙茶研究所さんの「茶の会 | 日本茶の新しい展開」のWSに参加することができました。

茶・点前 / 櫻井焙茶研究所さん、菓子 / 菓子屋ここのつさんという何とも贅沢なWSでした。

最初に玉露を四煎淹れて、それぞれの茶葉を味わいました。

一煎目は、本当に雫ほどの湯でしたが、濃厚な風味と渋みを感じました。

二煎目は、一煎目より薫りが立って広がっていくような味わいでした。

三煎目は、わたしのイメージするお茶のイメージに一番近い味で飲みやすかったです。

四煎目は、冷茶にして新鮮な青紫蘇とすだちをブレンドして頂きました。

グラスに注がれた冷茶は透き通るようなグリーンで、飲むと爽やかな薫りとともに喉を潤してくれました。

百草さんの小さな白い部屋から見える木々の緑たちのような、美しさと爽やかさでした。

更に玉露の開いた茶葉に、ポン酢をかけて頂きました。

そうやって頂くという概念がなかったので、出された時はとても驚きました。

でも口に運んでみると、柔らかくて食べやすく、実際美味しかったです。

(私はワカメ等の海藻の頂いているように感じました)

その都度、お茶とともに菓子屋ここのつさんの和菓子たちも頂きました。

丹波大納言小豆の蜜煮は小さな楊枝で1粒ずつ味わって頂きました。

うぐいすきな粉のすはま(州浜)は手に取るとまだ温かく、出来たてを味わいました。

その後、ほうろくで煎ったほうじ茶を燻りがっことともに頂きました。

カリカリの食感と香ばしいほうじ茶がぴったりでした。

最後に一人ずつ抹茶を立ててもらって、ここのつさんのとうもろこしの淡雪とともにいただきました。

とうもろこしが瑞々しく、淡雪の繊細さと口の中で溶け合ってとても美味しかったです。

お茶や抹茶を頂いた時のそれぞれの器は、古いものだったり李朝のものだったり作家さんのものだったりと、

普段手にしないような素敵な器でした。お茶を味わうのはもちろん、それを眺めるのもとても贅沢でした。

そして、終始櫻井さんの所作やしつらえが美しく目が離せませんでした。

そして五感で感じ、お茶やお菓子を愉しむことができました。

中には遠方からいらっしゃた方もお見えでした。

偶然azusaさんにもお会いしてご一緒することができ、とても心強く嬉しかったです。

本当に貴重な「お茶の時間」を過ごすことができました。

これからの日本茶の新しい展開!に益々期待が高まりました。

いつか櫻井焙茶研究所さんにも伺ってみたいです。

櫻井さん、ここのつさん、安藤さん、ギャラリースタッフの皆様、

そしてご一緒してくださった方々に改めて感謝の一日でした。

ありがとうございました。

f:id:biroe:20170713053719j:image

f:id:biroe:20170713055437j:image

2017-07-07

七夕2017

[][]七夕2017

今年は家では特に何も用意していなかったのですが「七夕をしたい」

と言うので、急遽短冊を探しに行きました。

でも、行った先にスタンダードな短冊とこよりは既になく。。

なので、お星様の飾りの色紙を買ってきて、それに願い事を書きました。

それぞれの願いがおもしろかったです。

こっこは、今ハマっているけものフレンズの声優さんに会いたいとお願いしていました。

いっこは、コンクール(テスト)が合格するようにということと、世界平和を願っていました。

私は家族の健康とシュガーダイエット成功祈願をしました。

主人にも無理やり書かせて。。笹もなかったけれど部屋に飾りました。

この地域に住んでいて、いつも雨のイメージしかなかった7月7日。

今年はめずらしく昼も夜も晴れていました。

彦星織姫は無事に会うことができたかな。